2022年8月8日更新

『グレイマン』ネタバレあらすじの感想解説!結末の気になる評価は?【Netflix映画】

『グレイマン』
© NETFLIX, INC. AND IT'S AFFILIATES, 2022. ALL RIGHTS RESERVED.

ライアン・ゴズリング&クリス・エヴァンスを主演に迎え、世界的ベストセラー小説「グレイマン」シリーズを、ルッソ兄弟監督により映画化したNetflix映画『グレイマン』。機密情報を入手してしまった凄腕暗殺者が、所属していた組織に命を狙われるアクションスリラーです。 配信が始まるとすぐ、SNSで「笑えるぐらいド派手で最高」「こういうライアン・ゴズリングが見たかった!」と大きな話題になりました!

この記事では、映画『グレイマン』の作品情報やあらすじ、結末までのネタバレを紹介していきます。

AD

映画『グレイマン』の作品情報

作品名 『グレイマン』 原題「The Gray Man」
劇場公開日 Netflix配信日 2022年7月15日 2022年7月22日
上映時間 129分
ジャンル アクションスリラー
監督 アンソニー・ルッソ&ジョー・ルッソ(ルッソ兄弟)
キャスト ライアン・ゴズリング , クリス・エヴァンス , アナ・デ・アルマス , ジェシカ・ヘンウィック , ジュリア・バターズ

『グレイマン』30秒で分かるあらすじ

服役中のコート・ジェントリー(ライアン・ゴズリング)は、CIA管理官に見込まれ、秘密暗殺組織シエラのコードネーム・シックスに転身。18年後、“グレイマン(見えない存在)”として凄腕暗殺者となったシックスでしたが、ある一件でCIAの裏切りを知りCIAから追われる身になります。 シックス暗殺の指揮を任されたのは、残虐な暗殺者ロイド・ハンセン(クリス・エヴァンス)。高額な懸賞金をかけられたシックスは、工作員のダニ・ミランダ(アナ・デ・アルマス)の助けを借りて、世界各地で命を狙われながらも、人質に取られた少女を救うため過酷な戦いに挑みます。

『グレイマン』結末までのネタバレあらすじ

【起】シエラ・シックスの逃亡

連邦刑務所での服役中、CIA管理官のドナルド・フィッツロイにスカウトされ、出所と引き換えに秘密暗殺者に転身したコート・ジェントリー。 18年後、バンコクでダイニング・カーという男の暗殺を命じられますが、彼は死の間際、自分が「シエラ・フォー」であることを明かし、CIA本部長のデニー・カーマイケルを倒せと言ってシックスにデータチップを渡しました。シックスはデータチップをポストに投函し、逃亡します。 シックスがデータチップを手に入れ逃亡したことを知ったカーマイケルは、暗殺者ロイド・ハンセンにシックス暗殺を指示。部下のスザンヌ・ブリューワーをその補佐につけます。

AD

【承】捕らわれた少女

シックスを探すため、ロイドはシックスと親子同然であるドナルド・フィッツロイの姪、クレア・フィッツロイを人質に。シックスを助けるためタイにヘリを送ったフィッツロイでしたが、クレアが捕らわれた写真を見せられ、裏切らざるを得なくなります。 両親を失い、心臓に疾患を抱えるクレアは、以前シックスがフィッツロイに頼まれて護衛についたことのある少女でした。 フィッツロイの指示によりヘリで襲われたシックスは、トルコへ不時着しなんとかオーストリアの首都ウィーンへ。そこでパスポート偽造業者のラズロ・ソーサを訪ねるも罠にかけられ、ロイドに襲われます。

【承】カーマイケルの正体と、プラハの街中で起こる激闘

工作員のダニ・ミランダに助けられたシックスは、彼女の運転でチェコの首都プラハへ。そこでは、元CIAロンドン支局長のマーガレット・ケイヒルが隠居生活を送っていました。シックスは、フォーから受け取ったデータチップを彼女の元へ送っていたのです。 ケイヒルの解析により、データの中身はカーマイケルの悪事の証拠であることが判明。民間人の犠牲も厭わずに、未許可の暗殺や拷問などを行なっている映像がおさめられていました。 しかしそこへ、シックスを狙う暗殺集団が襲撃。逃げ出したシックスは警察に捕まり、手錠でベンチに片手を繋がれてしまいます。そこへ、ロイドが指示を指揮する暗殺集団の全チームが集合。 シックスは、プラハの街中や、そこを走る路面電車内での銃弾戦を制し、逃亡に成功します。しかし、ロイドには奥の手が。それはフリーランスのタミル人暗殺者アヴィク・サンでした。

AD

【結末】シックスの過去と、ロイドとの決着

病院でサンに襲われたシックスとミランダは、激しい肉弾戦の末、データチップを奪われてしまいます。 手当の最中、ミランダに服役していた理由を聞かれたシックスは過去を語り始めます。父親が息子たちを鍛える中で、弟のことを激しく殴るようになったため父親を殺したのだと。

そしてシックスとミランダは、クレアを救うためにクロアチアへ。クレアを救い出すことに成功するも、フィッツロイドは死亡。一方、サンと戦ったミランダでしたが、データチップをミランダに渡して去るのでした。 シックスはロイドと1対1の勝負になり、激しい肉弾戦が始まります。シックスの勝利が決まった瞬間、ロイドの補佐スザンヌがロイドを殺害します。その後、全ての責任は死んだロイドへ。データチップはカーマイケルの手に渡り、情報は抹消されました。 怪我を負い監禁されていたシックスは逃亡し、保護されていたクレアを救出します。

『グレイマン』の感想・評価【ネタバレなし】

総合評価
3.5

吹き出し アイコン

20代女性

最高なアクション映画!頭を空っぽにして楽しめるジェットコースタームービーが大好きなので、大当たりでした。テンポの良さと、迫力満点のアクションシーンに大満足。映画館で見るのがおすすめです。

吹き出し アイコン

30代男性

ストーリーは内容が薄い印象もありましたが、アクションは楽しかったです。最初は「よくあるスパイ映画か」と思いなかなか興味が持てなかったのですが、主人公が窮地に陥るたびにハラハラさせられて、気付けば夢中になっていました。

吹き出し アイコン

30代女性

ライアン・ゴズリングとクリス・エヴァンス、「007」のアナ・デ・アルマスと、キャストも豪華すぎる!また、アクションの撮り方がバラエティ豊富で、新鮮な演出やカメラワークが多く、さすがルッソ兄弟だと思いました。

吹き出し アイコン

20代男性

タミル人暗殺者役のダヌーシュは初めて知りましたが、彼のアクションが素晴らしかった!一番の衝撃は、MCUでキャプテン・アメリカを演じたクリス・エヴァンスが、イメージとは正反対のサイコな悪役にバッチリはまっていたことでした。

AD

【評価】Netflix史上最高製作費をつぎ込んで正解?

ルッソ兄弟の会社「AGBO」が製作し、Netflix映画として劇場上映&独占配信された映画『グレイマン』の製作費は2億ドルで、2021年の『レッド・ノーティス』と並んでNetflix映画史上最高額の作品となりました。しかしながら、批評家の評価は賛否が半々といったところ。 とはいえNetflixが発表する「Netflix Top 10」によると、初登場から2週連続で「最も視聴された映画」のグローバルトップ1を獲得。世界93か国で映画のトップ 10にランクインするなど、非常に高い注目を集めました。

豪華キャストが揃い、監督も映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』などで高い支持を得るルッソ兄弟が務めているため、ある意味ヒットは約束されていたとも言えます。 その上で製作費をつぎ込んだのは正解で、豪華な大作が配信されたことで、多くのNetflix会員に「会費を払い続ける価値」を感じされることに成功したのではないでしょうか。 続編とスピンオフの企画が進行中であることも明らかになっているため、今後「グレイマン」ユニバースは予想を超える名作になっていくのかもしれないと、期待も高まります。 ただ続編やスピンオフがあることは事前に明かされていなかったので、組織との決着がつかなかった結末にモヤモヤした方も多いかもしれませんね。

AD

【感想】大味だけど贅沢なアクション大作

アクション映画好きとして、興奮するシーンがいくつもある映画でした。特に、プラハでの片手を拘束されたままの銃撃戦と、路面電車を使った戦闘シーンは、派手さと新鮮さを併せ持つ名シーンです。おしゃれな演出や撮影方法も多く、最後までワクワクしました。 一方ストーリーはいい意味で単純明快、悪く言えばひねりがありません。しかし弟を守るために父親を殺害したシックスが、再び家族同然のクレアを守るために真っ直ぐに目的を果たそうとする姿からは、「大切な人を守る行動の尊さ」と「守るべき存在がいる者の強さ」を感じました。 また世界中を飛び回る映像の豪華さや、ド派手なアクション、誰もが知るキャストの共演などとにかく贅沢。それだけでなく、主人公が窮地に陥っては解決していくという面白さもありました。娯楽作品としてその贅沢さを楽しむには、最高のアクション大作です!

映画『グレイマン』をネタバレあらすじでおさらいしよう

Netflix史上最高額の製作費となったアクションスリラー映画『グレイマン』は、その製作費の高さにも頷ける豪華な作品。 「ツッコミどころが多い」という声もありましたが、主人公の現実離れした体力と身体能力、「グレイマン(見えない存在)」なのに白昼の街中でド派手に戦うなどといった点は原作通りです。 ネタバレあらすじをおさらいして、気になったシーンがあればぜひもう一度視聴してみてください。