2017年7月6日更新

『ギャラクシー街道』あらすじ・キャスト、感想評価まとめ【2年ぶりの三谷監督新作】

日本を代表する映画監督、三谷幸喜の待望の新作映画『ギャラクシー街道』の公開が決定しました。前作の『清洲会議』は時代物でしたが、今作は一転ギャラクシーな世界を表現し、コミカルなストーリーで三谷ワールドが全快となりそうです。

初のSFコメディで新境地開拓か?!『ギャラクシー街道』あらすじ

スペースコロニー「うず潮」と地球を結ぶスペース幹線道路「ギャラクシー街道」の中央に店を構える小さなハンバーガーショップ、サンドサンドバーガー・コスモ店を舞台に繰り広げられる三谷幸喜コメディ。

ハンバーガー店主ノアは人生に悩んでいました。ノアの妻ノエは、ノアの元恋人レイの出現に戸惑っていました。ノアを中心に展開される群像劇に、パニックになると電磁波を出すパートタイマーのハナやスペース国土交通省の役人ハシモト、白塗りの謎の男などが絡んできて……。

三谷監督、初挑戦となるSFコメディの仕上がりは?

三谷幸喜監督曰く、会話劇と言えるSFとのことですが、注目すべきは台詞の長回しではないでしょうか?

長台詞というのは言うまでもなく演技力を問われるものですので、上手な俳優を中心に選んだとか。設定は宇宙人とは言っても「人」には変わりはありませんから、すばらしい演技力が発揮されて人間味溢れる宇宙人群像劇となったようです。

キャストも個性派揃いで見ごたえ十分な仕上がりに期待が高まります。

『ギャラクシー街道』注目のキャストはこの人たち!

主人公・ハンバーガー店主ノア:香取慎吾

ご存じSMAPのメンバー香取慎吾がハンバーガー店主の主人公ノアを演じます。香取慎吾は2013年の『人類資金』以来、2年ぶりの映画出演になります。

ノア妻のノエ:綾瀬はるか

香取慎吾演じるノアの妻ノエを演じるのは綾瀬はるか。2015年は是枝監督作品『海街diary』に主演して話題を呼びました。2016年はNHKドラマ『精霊の守り人』に主演することが決定しています。

ノアが今も思いを寄せる元恋人レイ:優香

ノアの元恋人レイを演じる優香は、2014年には『WOOD JOB! 〜神去なあなあ日常〜』で伊藤英明演じる飯田よきの妻みきを好演していました。2016年には竹野内豊主演の映画『人生の約束』に出演予定です。

ノエに思いを寄せるリフォーム業者の宇宙人メンデス:遠藤憲一

綾瀬はるか演じるノエに思いを寄せる宇宙人メンデスを遠藤憲一が演じます。遠藤憲一は2015年公開の映画『木屋町daruma』で四肢のないヤクザを演じ絶賛されています。

スペース警備隊ハトヤ隊員:小栗旬

スペース警備隊ハトヤ隊員を演じるのは小栗旬。ハトヤ隊員とは正義の味方キャプテンソックスの仮の姿という設定です。小栗旬は2016年には『信長協奏曲』『テラフォーマーズ』と2本の映画に出演することが予定されています。

ハトヤ隊員の恋人マンモ隊員:秋元才加

小栗旬演じるハトヤ隊員の恋人マンモ隊員を、元AKB48の秋元才加が演じます。秋元才加は2015年11月公開の映画『媚空 -ビクウ-』に主演しています。

トチヤマ隊長:阿南健治

ハトヤ隊員の上司でバツイチのトチヤマ隊長を阿南健治が演じます。阿南健治は大河ドラマ『新選組!』などで知られています。

まぐろバーガーが大好きなカエル型宇宙人ズズ:西川貴教

カエル型宇宙人ズズを演じるのはT.M.Revolutionの西川貴教。映画出演は2008年の『コラソンdeメロン』以来7年ぶりになります。

スペース国土交通省の役人ハシモト:段田安則

スペース国土交通省の役人ハシモトを演じるのは演技派俳優の段田安則。意外にも映画出演は2012年の『臨場・劇場版』以来3年ぶりになります。

謎の男:浅野和之

段田安則演じるハシモトにまとわりつく謎の男を浅野和之が演じます。2015年は映画『脳内ポイズンベリー』に岸役で出演していました。

スペース客引きゼット:山本耕史

スペース客引きゼットを演じるのは山本耕史。2015年は堀北真希との結婚が話題になりました。

スペースコールガールのイルマ:田村梨果

スペースコールガールのイルマを演じるのは田村梨果。聞き覚えのない方もおおいでしょうが、ミラクルひかるといえばピンとくるかもしれません。今回は芸名のミラクルひかるではなく、本名の田村梨果で出演するようです。

スペースドクターのムタ:石丸幹二

スペースドクターのムタを演じるのは石丸幹二。劇団四季で活躍していた俳優で、2015年は大河ドラマ『花燃ゆ』を含む6本のドラマに出演しています。

ノアの良き相談相手であるコンピューター「堂本博士」:西田敏行

香取慎吾演じるノアの相談相手である、人の心を持つコンピューター「堂本博士」を西田敏行が演じます。ハマちゃんとスーさんのコンビでおなじみの映画『釣りバカ日誌』ではハマちゃんを演じていましたが、2015年10月から始まるドラマ『釣りバカ日誌』では、スーさんを演じることが決定しており話題になっています。

怒られるとすぐパニックになるスペースパートタイマーのハナ:大竹しのぶ

パニックになると強力な電磁波を出すスペースパートタイマーのハナを大竹しのぶが演じます。2015年は是枝監督の映画『海街diary』に綾瀬はるから4姉妹の母親役で出演しました。

『ギャラクシー街道』感想評価まとめ

肯定派感想評価

Daiki_Kinoshita 脚本と監督 三谷幸喜 2015年公開

マジックアワーや有頂天ホテルのようた爆発力は正直なかったが、コメディーとしての伏線(フリ)がしっかり張り巡らされていた。 そして終盤に誰もが笑う、一発があった。

traumereiii ちょっと落ち込んでいたので、こんな時は笑える映画を観たほうがいいと思ってレイトショーに行きました。

レイトショーのせいか、広いシアターに観客がまばら。でもそのほうが気楽でよかったです。

寂れたハンバーグ屋さんを営む夫婦と来店する客達のお話。

三谷さんのはこういうオムニバス形式が増えましたね。

本当に喜劇で、とくに何って得るものはなかったですが、細かなところがいちいち可笑しくて、劇場なのに声出して笑ってしまいました。 そしたら周りの観客も笑ってて、何だか一体感。

喜劇は1人で観るより誰かと観るほうが一層楽しいみたいです。

みんな評価していますが、エンケンさんが怪演でした。素晴らしい。 ヤスケンさんとエンケンさんは際どい役を本当に振り切って演じてくれます。

あとは、ラストの綾瀬はるかが可愛くて可愛くて、夢を喜々として語る姿があんなに無邪気なアラフォーはいるのでしょうか。心が洗われるようで、元気をもらいました。

否定派感想評価

nerikiriko そのうち笑えるかと思い見ていたらそのまま終わってしまいびっくりした。 有頂天ホテル、ステキな金縛りなど面白いのが当たり前と思っていただけにがっかり感が凄まじい。
southpumpkin 三谷幸喜作品はずっと観てきており(『12人の優しい日本人』や『笑いの大学』まで)映画に没頭する前からファンでした。『ステキな金縛り』辺りから「なんじゃこりゃ!!」という批判が噴出していたのは見逃せません。しかし口を揃えて「三谷幸喜がスベってる」と言うのが全く理解できませんでした。批判する奴は頭の固いやつだ、とすら思っていたんです。今回でやっとわかりました。三谷幸喜はスベってます。 宇宙に浮かぶ寂れたハンバーガーショップで巻き起こる群像劇…、となれば過去の三谷幸喜であれば大興奮だったはずなのです。 まずは笑いのツボが本当に全くわからない。つまらない映画も楽しめる映画鑑賞を心掛けて、人よりは多くのつまらない映画、つまらないコメディも観てきていますが、今回はもう全くわからない。大竹しのぶが叫び声をあげてビリビリになるとは一体何のこっちゃ。ひとつの笑いが組み合わさって二次、三次と笑いが波状的に広がるのが『ラヂオの時間』だったとするなら、本作は完全に一次止まり。一次も一次で、全く面白くない。しかもゼロなら良いのですが、これがマイナスに作用するのが良くない。山本耕史の件は完全にド下ネタなんですが、映画のコンセプトと全く合わない。別に宇宙でやらなくても良かったような低レベルのド下ネタをファミリー、カップル向け映画でやるというのはむしろ犯罪なのではないか。つまらない下ネタはセクハラなのを理解していない。なんで観客の僕が後ろに座ったファミリーの心配をしなきゃいけないのか。合わせて物語のピークとなる卵の件も結局最悪。二人でトイレに入るのも最悪。笑えそうなポイントが全てマイナスに働くセクハラとも言える下ネタでカバーされているのです。 後付けでもなんでもいいからピタゴラスイッチのようにピースが繋がるエンディングすらも皆無。登場人物の心境に各々変化が全くないまま物語が終了。西川が歌を歌い、エンディングを告げる最後の瞬間まで信じていた三谷幸喜に完全に裏切られました。 僕はとうとう『古畑任三郎』や『ラヂオの時間』『みんなのいえ』で掛かった魔法(呪い)から解かれたと言えます。次回もフジテレビからの潤沢な資金援助を得て超豪華キャストを使った映画を撮るんでしょうけど、映画館では絶対に見ない事をここに誓いましょう。 今年公開ワースト、今年鑑賞した映画ワーストも見えてきます。プリキュアでも観りゃよかった。

Twitterでの投票結果はこちら