三谷幸喜映画俳優出演回数ランキング【最多出演の三谷幸喜ファミリーは誰?】

2017年7月6日更新

日本を代表する映画監督・脚本家の三谷幸喜は自身の作品に同じ俳優を起用することで有名です。みんなが知っているあの俳優から、名前は知らないけどそういえばいつも見かけるあの俳優まで。今回は三谷幸喜が監督をした7作品についてkinenote.comを元に出演回数をカウントしました。

三谷幸喜監督映画に一番出演した俳優は誰??

三谷幸喜

映画作品の監督・脚本だけに留まらず、舞台・ドラマでもその才能を遺憾なく発揮する三谷幸喜は今や日本を代表する映画人であるといえます。三谷幸喜はまた自分の作品に同じ俳優を多く起用することでも有名です。三谷幸喜監督作品を観ていると「あれ?この人前にも出てきたことがある!」と思った人も多いのではないのでしょうか。

今回は三谷幸喜監督作品『ラヂオの時間』(1997)、『みんなのいえ』(2001)、『THE 有頂天ホテル』(2006)、『ザ・マジックアワー』(2008)、『ステキな金縛り』(2011)、『清州会議』(2013)、に加え最新作『ギャラクシー街道』(2015)について出演回数を数えました。

出演俳優についてはkinenote.comの各映画ページにおけるキャスト欄に準拠しております。ノンクレジットによる出演は回数にカウントされていない可能性もあります。

5位 3回出演 おなじみの三谷組!

香取慎吾

【出演作品】 『みんなのいえ』(2001)、『THE 有頂天ホテル』(2006)、『ギャラクシー街道』(2015)