三谷幸喜監督映画興行収入ランキング【邦画コメディのド定番】

2017年7月6日更新

日本を代表する映画監督・演出家・脚本家である三谷幸喜は多くの映画作品を残しています。そこでこの記事では三谷幸喜監督映画作品に絞り興行収入をランキングにしてご紹介いたします。あなたの好きな作品は何位でしょうか?

邦画コメディの代表監督三谷幸喜の映画興行収入ランキング

長い間、日本映画ではアメリカやイギリスのようなみんながスクリーンに向かって腹抱えて笑えるようなコメディ・喜劇映画は生まれないなんて言われていました。きっと日本人の国民性も影響しているのだと思います。そんな常識を打ち破ったのが三谷映画ではないでしょうか。

ただ単に笑えるだけでなく、そこには人間模様も多く絡んできて感動も生まれる、まさに日本版喜劇とはこれだ!と決定づけたと言っても言い過ぎではないでしょう。 三谷ファミリーと言われるほど、出演者が毎回かぶることを揶揄する人もいますが、それだけ信頼し合った関係で、役者も楽しんで演じているからこそ生まれる楽しさがそこにはあるのです。

この記事では三谷幸喜映画6作品を興行収入で順位付けをしましたのでご紹介します。

6位:三谷幸喜の原点とも言える作品

興行収入:4億円

ksy5 いいねー!おもしろい! 愛と大人の事情とラヂオドラマの物語。 三谷さんやっぱりすごいわ。 生放送はノッコさんの我儘じゃない、三谷さんの我儘や。ラジオドラマ制作に携わったことある人だと更に楽しめると思う。 みるべし。
YukiSato 三谷幸喜最初の映画ながら、さすが三谷映画。 味のある名優が、素晴らしい脚本との相乗効果で楽しませてくれる。 驚きや感動はないまでも、間違いなく楽しめる。 それにしても、俳優ってのは年取らないなあ。

記念すべき三谷幸喜監督作品第1作目となったのが『ラヂオの時間』です。三谷幸喜が脚本・演出を務めていた東京サンシャインボーイズという劇団の舞台作品であった『ラヂオの時間』を三谷幸喜自身が映画化したのが本作です。デビュー作から舞台で培ったテンポは抜群です。

5位:特異な配役に抜群のセンスはまさに三谷流

興行収入:12.5億円

Naoko_Kanehira ザ・職人気質!の衝突が見応え満点。 田中直樹が意外とwとても良かった! 主役はもちろん、周りのキャストの性格や家を建てる背景やその経緯も設定も丁寧で、しかも笑える!流石三谷作品! 万人が楽しめる作品を作る日本人監督・脚本家として、右に出る者はいないと言えます。
nanaichi12 田中くんの演技が良かったです。 いい作品だったなァー。

ココリコ田中直樹や八木亜希子という奇抜なキャスティングがハマっていると言えます。特に八木亜希子のほんわかとした演技が印象的です。『ラヂオの時間』や『有頂天ホテル』にも同じキャラクターが登場しており、世界観を共有していると言えます。

4位:三谷幸喜は時代劇も撮れちゃう

興行収入:29.6億円

makifuji12 大泉洋がかっこいいなんて・・・(笑) テンポもいいし笑えるし、正直日本史苦手で実際の人物とか分からない私でも楽しめました。 笑える歴史映画は大好き!(2014/05/30)
Yusuke__Sato 三谷幸喜作品!毎作欠かさず見てます。安定の三谷ファミリーの俳優陣と、大泉洋などの豪華な顔ぶれ!時代物ということでそこまでテンポよく進んでいたわけではないがさすが三谷幸喜といった感じで、笑えました。伊勢谷友介のちょい役と存在感もたまりませんでした。

三谷幸喜と言えば2004年大河ドラマ『新選組!』や2016年大河ドラマ『真田丸』など時代劇も非常に得意であるといえます。本作は時代劇✕群像劇でまさに三谷幸喜らしい作品であるといえます。

3位:コメディ好きには外せない一本

興行収入:39.2億円

Kazuya_Akanuma ミタニ作品で一番好き。 何処かコミカルで、お洒落で、何と無く異国を思わせつつ、「古き良き」を感じさせてくれる面白い映画。
amemiyas2 めも。 三谷作品の中でもどストライクな1本。 "守加護"っていう街の名前からして、三谷さん流石だと思った。

最初から最後まで趣向を凝らしたストーリー展開で、飽きないし、盛大な悪ふざけ感が本当に可笑しい。 基本的にはコメディだけど、村田がラッシュを観るシーンとか、高瀬允とのやり取りのシーンは不意打ちでジーンときますネ。 終わり方が大好き。

佐藤浩市、妻夫木聡ら三谷幸喜ファミリー主役級の役者が総出演。それぞれの役者が楽しんで演技をしているのが観ていても分かり、楽しくなります。

2位:常連三谷組の西田敏行が大活躍?

興行収入:42.8億円

Hiroshi_Kimura 面白くもあり最後はすごく感動。ステキって言う言葉がすごく合ってる映画。死をマイナスに感じない。
Samurai1632 中井貴一にやられた。笑えるところもたくさんあって流石三谷幸喜と言った感じ。
awp80656 思い切り笑って ちょっぴり泣ける

素敵な作品です♪

名優、西田敏行が演じるのは死んだ落ち武者。見事な怪演であるといえます。三谷幸喜は『12人の怒れる男』のオマージュ『12人の優しい日本人』でも脚本を務める法廷モノの名手であり、この作品がその裏付けとなっています。

1位:超豪華三谷ファミリー大集合!

興行収入:60.8億円

saeko たーのしい! 三谷幸喜ワールドは見飽きない 泊まってみたいけど泊まってみたくないような 大晦日の特別感にわくわくする
mazda620 三谷さんの作品のなかで 1.2にはいる好きな映画。 この作品がいちばん 三谷さんのつくった映画だあっておもう しらないところで いろんな人が繋がって 知らないばしょで起きてることが 知らないばしょに関わって 自然なおもしろさをだしてる エンディングが好き

圧倒的に大ヒットをしたのが三谷ファミリーが総出演とも言える群像ドタバタコメディ『THE有頂天ホテル』です。これを観ずして三谷幸喜は語れないでしょう。

新作『ギャラクシー街道』はランキングのどこにランクインするか…?

2015年10月24日公開なのが三谷幸喜最新作『ギャラクシー街道』。三谷幸喜お得意の群像劇は宇宙SFとどのような化学反応を見せるのか。そして、この興行収入ランキングのどこにランクインされるのか。その動向に注目されます。