WENN.com

ロバート・デ・ニーロ出演のおすすめ映画16選

2017年9月27日更新

役作りを惜しまないストイックな俳優ロバート・デ・ニーロ。誰もが知る名優が出演する名作映画の数々のうち、特に観ておきたい作品をまとめています。

ロバート・デ・ニーロとは

ロバート・デ・ニーロ

未だに語り継がれるほどの名作である「ゴッドファーザー PARTII」にてアカデミー助演男優賞を受賞したのが1974年。

それから40年余りハリウッドにとどまらず世界の映画界の第一線を走り続けている、もはや「生きる伝説」と言っても過言ではない俳優ロバート・デーニーロ。渋くて威厳のある演技の印象のある彼ですが、コミカルで親しみやすいキャラクターも多く演じています。また、是非初期の若くカッコ良い頃のデニーロも観て欲しい!きっと彼の魅力に虜になってしまうことでしょう。

数々の名作に出演していますが、これは観ておきたい!というものを厳選してまとめています。

【1】映画史でNo,1コンビ?ロバート・デ・ニーロ×マーティン・スコセッシによる歴史的傑作!

Qua_moon デニーロがかっこいい。特にラストの銃弾戦。途中から出て来た子役の頃のジョディフォスターが幼いのに蠱惑的で目が釘付け。
Daiki_Kinoshita 監督:マーティン・スコセッシ 1976年公開

全体を通してモノローグが多く、主人公の病んだ精神状態が現れていた。 手紙を書くシーンと回想シーンの繋がりで構成されていて、後半で手紙を書き終えるとそのままクライマックスへと向かう。 クライマックスの事件現場を真上から撮影した画は、実際に天井をくり抜いたそう。

デニーロの役作りが凄まじい。

正義のために自らを奮い立たせる男が向かう先は…?

【2】役作りで27kg増量!デニーロの役者魂に震えるほどの驚きを覚える一作

shin777 デニーロ恐るべし! ショーペシの演技も良い。 白黒なのも良かった。
hitomisnotebook スコセッシにデ・ニーロ ペシと来たら言うことない ラモッタの猜疑心が解る自分がやだな 創り手の心意気というか気迫が半端無くスゴックいい映画 やはりペシは好きな役者さん この人の気の触れた演技は恐すぎ デ・ニーロの役者魂に拍手

シルベスター・スタローンの『ロッキー』と共に語り継がれる伝説的ボクシング映画です。

【3】役作りのため舞台の街に数ヶ月前から暮らすという徹底ぶり。ベトナム戦争と題材にした衝撃作

TORABISU777 ベトナム戦争を舞台にした映画。 人生観が変わると称されるほど深く染み渡るディープな作品。俺はこれを観てからと言えば、だいぶ物腰が柔らかくなった。 少し長いけど一生に一回は必ず観ておくべき。おすすめ。

デニーロ最高!!!

ririri511 ベトナム戦争で揺れ動く若者達の心。 戦争の残虐さと兵士達の心に刻み込まれた傷がリアル…。 ロシアンルーレットでの賭けは言葉が出てこない。 3時間長くて観るの辛かったが観て損は無かった。

3時間の超大作ながらダレない展開に、デ・ニーロの素晴らしい演技が光る秀作です。

【4】言わずと知れた映画史の伝説的映画。最高峰の俳優陣による最高の演技の応酬

sony_jordan アルパチーノもデ・ニーロも格好良すぎ!!二つの時代を行き来する演出も素晴らしい。アルパチーノの孤独が凄い描写で感動的な作品に。
Ken_Chang ドンとなったマイケル、ドンになるまでのヴィトー、お互いの半生を交互に追いかけます

ファミリーのために、己の背負う運命のために、悲痛なまでに冷酷になっていくマイケルを演じるパチーノ先輩、ずっしりと重厚に叙事詩として作られたヴィトーパートを演じる若きデニーロ先輩も最高の演技です

言うことなしの続編

PART1に負けず劣らずの大傑作!偉大な俳優陣に囲まれながら、ロバート・デ・ニーロも最高の演技を披露しています。

【5】映画ファンに長きにわたって愛される不朽の名作!

HMworldtraveller 生きることの重み、なんでもない日常がとても素敵なものであることに気づかせてくれる作品。いい作品だと思います。ラストが切ない。主演2人の演技が自然で上手い。ひきこまれてしまう。
ririri511 これが実話というのが凄い。 デニーロの圧巻の演技に脱帽。ロビン・ウィリアムズから滲み出る温かいオーラもセイヤー博士にぴったりでした。 1日1日を大切に生きようと思えるような深い作品でした。 命は与えられ奪われる物ってセリフは考えさせられる・・・。

非常に深いメッセージが詰まったドラマ映画。徐々に症状が変わるごとに変化するデニーロの演技の変化に脱帽です。

【6】マイケル・マンの最高傑作。渋カッコイイ男たちのアツい物語

taichimachima たまらんですねえ。デ・ニーロとアル・パチーノコンビ。 強盗集団を率いるデ・ニーロ、それを追う刑事アル・パチーノのダブル主人公的な映画なんですが、この2人一緒に写ってるシーンがひとつもないのに驚きました。当時はフェイクなのでは?との声もあったとか(笑) 白昼の銃撃戦と、レストランで2人が会話するシーンは特に必見です。ああ、もう、かっこいい!
pikkapikkarun27 パチーノとデ・ニーロがかっこいい!!

とにかくこのオヤジたちに魅せられた。

デニーロ渋すぎる!と言う声多数!息をも飲む壮絶な銃撃戦は素晴らしい!の一言では済まされないほどに凄まじいです。

【7】ラスベガスを舞台にした愛と欲望をリアルすぎるまでに描いた作品

Mitsuko_Kishi 人間らしくて見てていらっとするところがかなりあったが、完全にジンジャーに感情を持っていかれた。 カジノという場を使って人間の欲望、愛情をうまく描いている作品!
Kazuo_Kato デ、ニーロ最高

カジノを舞台とした裏表交えた入り乱れる人間模様を描いた傑作映画。天才的な賭博の才能を持つ主人公をデ・ニーロが熱演!

【8】ギャング映画だけじゃない!ロバート・デ・ニーロがコメディアンに扮した喜劇映画

taichimachima ご存知マーティン・スコセッシ、ロバート・デ・ニーロコンビによる作品。デ・ニーロが演じるのはコメディアンを目指す青年。初めは彼が無名から成り上がるストーリーかと思っていたのですが、話が進むにつれ彼の行動はエスカレートしていき、最後はとんでもないことになります(笑) タクシー・ドライバーの翌年公開と聞くと、なるほどなと思います。この時代の映画ってホント色々とカオスですよね。 見どころはやはり、ギャング映画では絶対観ることのできないデ・ニーロの演技でしょう。そして10分近い長セリフもすごいです。いやあ、この人すごいなあ。

マーティン・スコセッシと再タッグをし、『タクシードライバー』と対になるような役柄をデ・ニーロが演じた快作です。

【9】元祖どんでん返し!奇妙な佇まいのデ・ニーロの迫力に恐怖すら感じる一作

yuki12241 原作が、悪魔の書だかなんかと呼ばれていてかなり恐ろしいと聞いていたので、かなり怖~いホラーを予想していたのですが、どちらかというとミステリー映画でした。今となってはもうありがちな作風ですが、シンプルに面白いです。 探偵が依頼人のためにジョンという男を探していくうちに、恐ろしい事件が起きていくという巻き込まれ型を基礎としています。 悪魔崇拝的要素もありますが、エクソシスト系とは少し違って宗教寄りなので、狂気は凄いですがやはりあまり怖くないです。 ミッキー・ロークの代表作とされる本作ですが、彼のいい焦りっぷりに終始ハラハラさせられました。ロバート・デ・ニーロの不敵な笑みにも注目です!!

人間には、知ってはならないことがある。

【10】すがすがしい気持ちになれる、刑事と犯罪者による軽快なバディ・ムービー!

Ken_Chang ぶっきらぼうで人嫌いの賞金稼ぎと少し変わり者の会計士とが、ギャングとFBIから逃げ回るうちに友情を育む、所謂バディムービーの傑作

機転の効いた見事なラストはほんとうに爽快っ!

tategoto 2004.9月以前に鑑賞 何度観たかわからない^_^ 脚本、キャスト、音楽、プロット全て大好きです!完成度高いのに派手になりすぎてないとこもイイ♪ 来世でも観たい(笑)

名作ぞろいの逃走劇の中でも非常に高い評価を得ています。あらゆる映画が本作にオマージュを捧げるほど偉大な一作です。

【11】一部の隙もない完璧な映像に魅せられる、ギャング映画の至宝の一つ

Tomochika_Nakano ロバート・デ・ニーロ×マーティン・スコセッシの最高タッグの傑作マフィア映画。 マフィアの生態みたいなものがまざまざと描かれてる。気持ちいいくらいアウトローで下品。だからこそのリアル。
waruitottori 冒頭からジョーペシがこわすぎ。ちびる。デ・ニーロもあたりまえだがちょーこわい。アガりはしないが、テンポはよいので展開が気になる。

数あるデ・ニーロのギャング映画の中でも最高峰のクオリティを誇っています。数々の映画監督が手本として崇める傑作、見逃す手はありません。