『モンスターズ・インク』のキャラクター一覧まとめ

2017年11月28日更新

2001年に公開したピクサーの大人気アニメーション『モンスターズ・インク』。大きいものから小さなものまで、愉快で個性的なキャラクター(モンスター)たちをご紹介したいと思います。

モンスターと少女の交流を描いた感動作『モンスターズ・インク』

【あらすじ】モンスターズ株式会社は、人間界の人間の子供を怖がらせて子供の悲鳴を採取、そのエネルギー利用してモンスターズ・シティに電力を供給する会社です。 人間の子どもは危険なためシティに連れ帰ることが禁止されていましたが、ある日、人間界で仕事をしていたモンスターズ株式会社の社員・サリーの後を追い人間の子ども・ブーがシティに来てしまいました。 モンスターの世界を舞台に、子供を怖がらせることを生業としたモンスターと無垢な少女の交流を描いた感動作『モンスターズ・インク』のキャラクターを紹介します。

サリー

この映画の主人公で、モンスターズ・インク社内一の怖がらせ屋。本名はジェームズ・P・サリバン。悲鳴エネルギー獲得量はいつもトップでみんなの憧れの的です。見た目と違い性格はとっても優しくて温厚。モンスター世界の「人間の子供を愛してはいけない」という掟を初めて破ってしまいます。

マイク

サリーの親友でもあり、相棒でもあるモンスター。お調子者なおしゃべりで、とてもそそっかしい性格です。サリーの毎朝のトレーニングに付き合い、パーフェクトなアシスタントぶりを見せるも、書類整理が苦手で事務担当のロズが苦手です。

ブー

ひょんなことからモンスターの世界へ入り込んでしまったかわいらしい女の子。好奇心旺盛で泣くことはほとんどなく、よく笑います。初対面のサリーを怖がることもなく、またサリーを助けるためにランドールにつかみかかるような気の強い一面もあります。

実は、ブーの部屋にはファインディング・ニモの人形とトイ・ストーリー2のジェシー人形もあるので注目です。

ランドール

陰湿で狡猾な性格が特徴で、カメレオンのように体色を周囲の風景と同化させます。モンスターズ・インク社内2位の実績なので、サリーをライバル視しています。1位になるために手段を択ばない冷徹な一面があります。

ファンガス

赤い体と三つ目に眼鏡をかけている機械に詳しいランドールのアシスタント。気弱な性格なので、ランドールの命令に従って行動します。

ウォーターヌース

現モンスターズ・インク社長。ファンガスが開発した悲鳴吸引マシンを使って、誘拐した子供から悲鳴エネルギーを無理やり取ろうとする腹黒い男です。

セリア

マイクの彼女でもあるモンスターズ・インクの受付レディ。スレンダーボディの美しいモンスター。ブーを元の世界に戻す時の協力者でもあります。

ロズ

モンスターズ・インク社で事務を担当しているナメクジ型のおばさんモンスター。無愛想でスローな口調が印象的。実は現社長のウォーターヌースの陰謀を探っていたCDAの隊長。NGシーンではおちゃめな一面を見せています。

CDA

黄色い防護服を着ている子供検疫局の隊員たち。間違って持ち帰ってしまった子供の靴下などを処分し、消毒するのが仕事です。

ジェリー

作業開始のカウントダウンを担当している絶叫フロアのマネージャー。指が7本あるので、カウントダウンは7から始めます。

イエティ

ヒマラヤで暮らす気の良い雪男。雪玉でレモン味のアイスを作っています。