2019年7月11日更新

「ナルニア国物語」シリーズ徹底解説&Netflix版最新情報 続編4作目の行方は【あらすじ・キャスト】

『ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島』
©Fox-Walden/zetaimage

C・S・ルイスのファンタジー小説『ナルニア国ものがたり』を原作とした人気映画シリーズ「ナルニア国物語」。今回はこれまで映画化されてきたシリーズのあらすじ・キャスト、さらには続編4作目の噂やNetflixで配信される新シリーズについて解説します。

目次

世界中にファンを持つ「ナルニア国物語」の映画シリーズを徹底解説!

C・S・ルイスのファンタジー小説『ナルニア国物語』を原作とした映画「ナルニア国物語」シリーズ。原作、映画ともに本シリーズの世界観を愛するファンは多くいます。 そして2019年、気になる続編に関する最新情報が!第3章まで映像化されていた映画シリーズの続編は、第4章としてではなく、Netflixで新たなシリーズとして始動するといいます。 ここでは第3章までの映画シリーズ概要とあらすじ、キャストをまとめ、Netflixの新シリーズ情報もあわせて紹介していきます。

誰もが心のどこかに持っている冒険心を映像化した物語

『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』
©Walt Disney/zetaimage

壮大なスケールと夢のあるファンタジーとして絶大な人気を誇る「ナルニア国物語」シリーズ。言葉を話すライオンや多くの架空動物たち、一丸となって悪に立ち向かう子どもたちの勇敢な姿に心躍り、物語に引きこまれていきます。 「ナルニア国物語」シリーズは、イギリスの作家C・S・ルイスによる児童文学『ナルニア国ものがたり』を原作としたファンタジー映画です。舞台は戦時中のイギリス、疎開先の家から別世界の王国ナルニアへ足を踏み入れたペベンシー兄弟4人の活躍を描いています。原作は全7巻が刊行されています。 2019年現在は、小説1作目を基にした2005年公開の「ライオンと魔女」、2作目を原作とした2008年の「カスピアン王子の角笛」、3作目「朝びらき丸 東の海へ」を原作とした2010年の「アスラン王と魔法の島」までが公開され、シリーズを通してメインキャストも続投しました。

映画『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』概要&あらすじ

C・S・ルイスの「ナルニア国ものがたり」シリーズ第1作『ライオンと魔女』の映画化作品。 ニュージーランド出身のアンドリュー・アダムソン監督によって、ニュージーランドでロケが敢行されました。日本では2006年3月4日に公開されています。

映画「第1章:ライオンと魔女」のあらすじ

戦乱を避け、田舎に疎開して来たイギリス人のペベンシー4兄弟。ある日、自宅のクローゼットから偉大なる王アスランが作ったナルニア国へと迷い込んでしまいます。 そして、その国から春を奪った白い魔女を倒すため、ライオンのアスランとともに勇敢に立ち向かっていくのでした。

映画『ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛』概要&あらすじ

日本では2008年5月21日に公開されたシリーズ第2章。原作は「ナルニア国ものがたり」シリーズ第2作目『カスピアン王子のつのぶえ』で、監督とメインキャストが続投しました。

「第2章:カスピアン王子の角笛」のあらすじ【第1章のネタバレあり】

白い魔女を倒して現実世界に戻っていたペベンシー家の子どもたち。 しかし1年後、角笛の音に導かれて再びナルニア国へ戻ってみると、そこではすでに1300年もの時間が経過しており、平和だった魔法の国は暴君ミラースに支配されていたのでした。

映画『ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島』概要&あらすじ

前2作のアダムソン監督がプロデューサーとなり、新たにマイケル・アプテッドが監督を務めた第3章。 原作は『ナルニア国ものがたり』の第3作目『朝びらき丸 東の海へ』です。日本では2011年2月25日に公開されました。

「第3章:アスラン王と魔法の島」のあらすじ

ペべンシー家の子どもたちは親戚の家に預けられ、そこで見つけた壁にかかった一枚の絵の中に吸い込まれて、再びナルニアに戻っていきます。 ナルニアの海を漂っていた兄妹を救ったのは、すっかり大人になったカスピアンでした。王となったカスピアンは航海の途中で、消息不明のナルニアの七卿を探していました。

続編「ナルニア国物語」4作目は消滅!?最新情報を紹介

2016年8月にはシリーズ続編となる第4作目の製作スタートというニュースが報道されました。プロデューサーのマーク・ゴードンによれば、すべてがオリジナルで新しいチームで作られ、原作4作目『銀のいす』の映画化作品となる予定でした。 トライスター・ピクチャーズやマーク・ゴードン・カンパニーなど3社が出資することが決まり、『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』のデヴィッド・マギーが脚本を書き上げていたといいます。 ところがこれ以来、この続編の話は頓挫しまったようで、ぷっつりと音沙汰がなくなってしまいました。そのうちに、2018年になって今度はNetflixが「C・S・ルイス・カンパニー」と契約を結んだという情報が入ってきたのです。

Netflixで新たな映画&テレビシリーズの制作が決定

2018年10月、Netflixが独自に「C・S・ルイス・カンパニー」と複数年にわたる契約を結び、新シリーズを製作することが明かされました。Netflixは原作全7巻すべての映像化権を獲得したようです。 映画とテレビシリーズ化が予定されており、クリエイターとしてピクサーのアニメ映画『リメンバー・ミー』の共同脚本を手がけたマシュー・オルドリッチの名が挙がっています。 エンタテインメント・ワンのマーク・ゴードンがテレビシリーズの制作総指揮と映画プロデューサーを務め、映画とドラマ両方につながるシネマティック・ユニバースのようなシリーズが考えられているようです。

“ナルニアの友”ペベンシー4兄弟のキャストを紹介

長男ピーター/ウィリアム・モーズリー

『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』ピーター、スーザン、ルーシー
© Walt Disney Pictures/zetaimage

本シリーズの主人公ペベンシー4兄弟。その長男ピーター(写真中央)を演じたウィリアム・モーズリーは1987年4月27日生まれのイギリスの俳優。ピーターは兄弟のまとめ役で、ナルニアの一の王であり“英雄王”です。 モーズリーは1998年にテレビドラマ『Cider with Rosie』に出演した後に『ナルニア国物語』のオーディションを受けて、数千人の候補者の中から見事ピーター役に抜擢されました。

長女スーザン/アナ・ポップルウェル

『ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛』スーザン、ルーシー
© Walt Disney Pictures/zetaimage

ペベンシー兄弟の長女スーザン(写真左)を演じたのはアナ・ポップルウェル。1988年12月16日生まれのイギリスの女優です。スーザンは角笛の女王で、“優しの君”と呼ばれています。 ポップルウェルは2003年の『真珠の耳飾りの少女』出演を経て、『ナルニア国物語』のオーディションを受けてスーザン役に選ばれました。2016年には原作者C・S・ルイスと同じ名門オックスフォード大学に通っています。

次男エドマンド/スキャンダー・ケインズ

『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』白い魔女、エドマンド
© Walt Disney Pictures/zetaimage

ペベンシー兄弟の次男エドマンド役(写真右)は、1991年9月5日生まれイギリス出身の俳優スキャンダー・ケインズが演じました。エドマンドは円卓高位騎士で、会議と裁判を司る正義王です。 ケインズは9歳でイギリスの名門劇団ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーの舞台『マクベス』に出演するなど、そのキャリアは15年以上。『ナルニア国物語』出演後は名門ケンブリッジ大学へ進学。現在は俳優を引退し、政治の分野で活躍しています。

次女ルーシー/ジョージー・ヘンリー

『ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島』
©Fox-Walden/zetaimage

ペベンシー兄妹の末っ子で次女ルーシー役(写真左から3番目)はジョージー・ヘンリー。1995年7月9日生まれのイギリス出身の女優です。無邪気で聡明なルーシーは、人間でないものともすぐに友だちになれます。 オーディションで2000人の中からルーシー役に選ばれましたが、すでにキャリアを積んでいた他の兄弟役とは違い、本作がデビュー作でした。2019年には24歳の大人の女性に成長しています。

シリーズに登場するその他のキャラ&キャスト

アスラン/声:リーアム・ニーソン

ナルニア国の創造主で、ペベンシー兄妹を助けるライオンのアスランの声は、『シンドラーのリスト』で有名な北アイルランド出身の俳優リーアム・ニーソンが担当しました。アスランは原作では全巻に登場する唯一のキャラクターです。

白い魔女/ティルダ・スウィントン

ナルニア国の支配者である白い魔女を演じたのはティルダ・スウィントン。 1960年11月5日生まれのイギリスの女優で、1980年代はイギリスで活躍していましたが、ダニー・ボイル監督の『ザ・ビーチ』でハリウッドデビューを果たしました。

カスピアン10世/ベン・バーンズ

ナルニア国王カスピアン10世は、1981年8月20日生まれのイギリスの俳優ベン・バーンズが演じました。本シリーズには2作目『カスピアン王子の角笛』から出演して世界的に有名になりました。

ユースチス・スクラブ/ウィル・ポールター

ペベンシー兄弟のいとこユースチスを演じたウィル・ポールターは、1993年1月28日生まれのイギリスの俳優です。本シリーズでは『ナルニア国物語/第3章: アスラン王と魔法の島』に出演しました。

タムナス/ジェームズ・マカヴォイ

タムナスはシリーズ第1章『ライオンと魔女』に登場するフォーンで、ルーシーが一番初めに出会ったナルニア人。 タムナスを演じたのは、『スプリット』や『ミスター・ガラス』で知られるスコットランド出身の俳優ジェームズ・マカヴォイです。

リーピチープ/声:エディ・イザード&サイモン・ペッグ

リーピチープはアスランとナルニア国を守って戦う勇敢なねずみ。 第2章『カスピアン王子の角笛』ではコメディアンのエディー・イザード、第3章『アスラン王と魔法の島』では俳優のサイモン・ペグがリーピチープの声を担当しました。

映画「ナルニア国物語」4作目中止にがっかりしないで!Netflixの新シリーズに期待!

2018年の12月には、長女スーザンを演じたアナの30歳の誕生日祝いでペベンシー4兄弟たちが再集結した様子がSNSでアップされ話題に。長男ピーターを演じたウィリアムはこの年31歳になり、「ほぼ15年前にこの3人に出会い、僕の人生は永遠に変わった」とコメントしていました。 このシリーズの見所は壮大なファンタジーの舞台となる美しい大自然の風景や、本物と見紛うほどのリアルな動物たち。また、4人兄弟の成長が感じられる点が最大の魅力。 続編となる第4章の製作が消滅したのは残念ですが、Netflixの新シリーズにも期待が高まります。これを機会にぜひ今一度、ナルニアの世界へ飛び込んでみてはいかがでしょうか?