宮藤官九郎監督のおすすめ映画4選

2017年7月6日更新

『あまちゃん』や『池袋ウエストゲートパーク』『木更津キャッツアイ』など、独自の世界観を表現している脚本家の宮藤官九郎。多くのテレビドラマや映画の脚本を手がけていますが、脚本以外にも俳優やミュージシャンとしての活動をしていたりと多彩な宮藤官九郎の映画監督作品。その多彩さを活かして、どの作品も監督独自の世界観で表現されていて、宮藤官九郎ファンなら楽しめること間違いなしの映画ばかりです。ここまで、自分の個性を発揮している監督も珍しいかもしれません!

人気TVシリーズの映画化。ぶっ飛んだストーリーはさすがクドカン!

mazda620 安定な作品。 出演陣がいみわからないくらい豪華。 どんな映画だったか思い出しても やっさいもっさいしかでてこない おじー(じょーじ)のやっさいもっさいうますぎてやばい うっちー(岡田)相変わらずきもくってすき。

互いに愛し合っている弥次さんと喜多さんは、喜多さんのヤク中を治すため、お伊勢参りの旅へ出る

Skoskoo_ 初っ端から飛ばしてます!わっしょいわっしょい!クドカン映画で1番自由で好き勝手してるんじゃないかと

中年パンクバンドを引き連れて全国ツアーをすることになったOLのハイテンションコメディー

kroro12 大学に入学した時振りに見た。クドカン面白い、あおいちゃん可愛いっていう感想は当時と同じかそれ以上に強く思った。 それに加えて今回は、俺もいくつになっても少年心を忘れない大人になっていたいなあとか、後半の病院での件が結構ジーンときたりなどと、「社会人」や「大人」に対して考えたり面白さを感じたりする場面があった。自分の大学生活の終始に見れたので、その「差」を認識出来たのが感慨深い

妄想ばかりしている中学生の住む団地に、シングルファーザーが引っ越してきた直後に殺人事件が発生してしまい

nonbiri_yo 超くだらない映画でしたw中学生の男の子の妄想が測り知れなくて面白かった。そして最後はちょっとブラックな感じ。妄想だと思っていたのに、実はその裏で現実が着々と進行してて、急に現実に引き戻される。っていうか主役の円山くん他妄想に出てくる人々がみんなすごく体を張っていて、これ恥ずかしくなかったのかなぁ?とかそんなことばかり思いながら見てしまったww最初の方なんて特にねww