スティーヴン・アメル、『ARROW/アロー』のオリバー・クイーンの筋肉が凄い!

2017年7月6日更新

甘いマスクに加え、そのがっちりとした鋼鉄の肉体…世の女性がこぞって夢中になるスティーヴン・アメルの魅力に今回は迫ってみたいと思います!

スティーヴン・アメルとは?

スティーヴン・アメルは1981年にカナダのオンタリオ州トロントで生まれました。著名な俳優のロビー・アメルとは従兄関係にあります。

2004年にテレビシリーズ『クィア・アズ・フォーク』でデビューして以降、テレビドラマを中心に活動してきました。

人気ドラマに続々出演

デビューはなんとゲイ役!ドラマ『クィア・アズ・フォーク』(2004年)

同性愛や宗教、虐待等の社会問題を若者に投影して放映されたドラマです。実際に性癖をカミングアウトした俳優を起用した事などが話題を呼び、大人気となりました。

『リ・ジェネシス バイオ犯罪捜査班』(2007年)

カナダのトロントにあるバイオテクノロジー研究機関であるNorBACの主任科学者デビッドとその他の研究員を中心に展開される物語です。ウイルス性疾病、伝染病、遺伝子操作などに関わる問題の調査などをして働くかたわら、時には政府関係者やカルト集団、テロリストと対峙するというストーリーになっています。

『ヴァンパイア・ダイアリーズ』(2010年)

ヴァンパイアにまつわる様々な事件や、若者達の恋愛・友情、家族の絆などを描いた本作は、10代20代の若者に圧倒的な支持を受けて大ヒットしました。ヴァンパイアの他、魔女、人狼、幽霊も登場します。スティーヴン・アメルはブラディ役で出演しています。

ブレイクのきっかけはDCコミック作品『ARROW/アロー』の主役、オリバー・クィーン役への抜擢

人気海外ドラマ『ARROW/アロー』で、表面上は億万長者のプレイボーイながら、実は鋼鉄の肉体と弓矢を武器に一人悪と戦う主人公・オリバー・クイーンを熱演したスティーヴン・アメルは、その演技力は勿論の事、一切のCGや加工をしていないながら、余りにも美し過ぎる筋肉やその肉体が話題になり、女性からの熱狂的な支持を受けるようになりました。

船の難破事故により、孤島で5年過ごすことになった主人公オリバー・クイーンはそこでのサバイバルを経て、高い戦闘能力を得ます。生まれ育った街に戻ったオリバーは、父との誓いを果たすために街を牛耳る資産家や権力者を一掃する戦いを始めます。

敵が銃を使ってくる中、オリバーは弓を使います。オリバー曰く、銃は感情に左右され、弓矢は忍耐を要求されるとのことで、自身の自制のために弓矢をしているようです。

作中では、トレーニングシーンが描かれており、先述の肉体美は、トレーニングシーンで見ることができます。

映画『ミュータント・タートルズ2』に出演決定!

2016年6月3日全米公開予定の『ミュータント・タートルズ2』に、スティーヴン・アメルの出演が決定しています。前作に引き続きミーガン・フォックスなどメインキャストも出演するとのことで、さらにパワーアップした作品が期待できます。

妻はカサンドラ・ジーン!プライベートでは子供も産まれ、お父さんとしての顔も

2012年12月にはカリブ海のとニューオリンズで、モデル兼女優のカサンドラ・ジーンを挙式を挙げました。その後も結婚生活は順調な様で、2013年の10月には第一子であるマヴィ・アレクサンドラ・ジーン・アメルを出産しています。

大物2人の間に生まれたサラブレッド、マヴィちゃん。将来が楽しみです。

肉体美の秘密は?シーズン3まで公開されている海外ドラマ『ARROW/アロー』では弓矢を美しく放つ!

スティーヴン・アメルは、ウェイトリフティング、ヨガ、ランニングなどで体を鍛えているとのことです。

ですが、それよりも最も効果のあるトレーニングは、海外ドラマ『ARROW/アロー』の1日12時間という過密スケジュールの撮影だそうです。

スティーヴンは『ARROW/アロー』のオリバーを演じる上で弓矢を使う事を受け、弓矢自体はほとんどがCGの為に『どうすれば美しく弓矢を放てるか』という点に比重を置き、弓矢を放つ演技の練習も始めました。努力の結果、短時間で引き方や早く打つコツを習得し、美しい構えで放てるようになったといいます。

その他、スティーヴンの生まれながらの役者魂エピソードはこんなところにも。物語の設定上「5年前」と「現在」という時間軸の異なった2役を、頻繁に交代しなければならない撮影の中で、見事に2役を演じ分けています。

海外ドラマ『ARROW/アロー』では、是非スティーヴンの魅せる圧倒的な演技力を感じて下さい。