ロバート・パティンソンのあなたが知らない16のこと!【『ハリーポッター』セドリック・ディゴリー役】

2017年11月30日更新

『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』『リメンバー・ミー』などに出演、『トワイライト』シリーズのエドワード・カレン役としてお馴染みのロバート・パティンソン。今回は彼のあなたが知らない16のことを紹介します。

ロバート・パティンソンとは

ロバート・パティンソンは1986年5月13日生まれのイギリス俳優です。『トワイライト』シリーズのエドワード・カレン役を演じたことで知られています。 ロバート・パティンソンは15歳の時に演技の道に入りました。アマチュア劇団で経験を積み、2004年のテレビ映画『ニーベルングの指環』でデビュー、2005年の映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』のセドリック・ディゴリー役で注目を集めます。 2008年に公開された『トワイライト〜初恋〜』から始まる『トワイライト』シリーズで、主人公の恋人エドワード・カレン役で大ブレイク。最終章の『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part1』と『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part2』では、それぞれ出演料が20億円を超え、『A級リスト俳優』の仲間入りを果たしました。

1.「ハリポタ」のセドリック・ディゴリー役で注目を浴びる!

ロバート・パティンソンは『ハリー・ポッター 炎のゴブレット』でセドリック・ディゴリーを演じた事で注目を浴びました。彼が演じたセドリックは、主人公のハリーより上級生で、「三大魔法学校対抗試合」にホグワーツ代表選手として参加します。正義感の強い性格で、そのイケメンっぷりにかなり人気が出たのですが、キャラクターは映画の中で残念な結末を迎えてしまいます……。

2.原作ファンはエドワード・カレン役に大反対だった!?

『トワイライト』シリーズ、エドワード・カレン役として確固たる支持を得ている現在では信じ難いことですが、『トワイライト ~初恋~』でエドワード・カレン役がロバート・パティンソンに決まった当時、75,000もの反対署名が集まっていたそうです。

3.見事な腹筋は描かれたものだった!?

2009年公開『ニュームーン/トワイライト・サーガ』で見事な6パックの腹筋を披露したロバート・パティンソン、噂によるとその時の腹筋はメイクアップアーティストがエアブラシで描いたものだったそうです。

4.R-Patzことスパンク・ランサム!?

ロバート・パティンソンのニックネームと言えば“R-Patz”ですが、かつて“スパンク・ランサム”とも呼ばれていたことがあるそうです。 スパンクという言葉には精液という意味もあるため、アメリカ人はこのニックネームをポルノスターのような名前に感じるようです。

5.エドワード・カレンの瞳はカラコンで再現されていた!?

『トワイライト』シリーズ、エドワード・カレンの燃えるような瞳は、金色のコンタクトレンズによって再現されていたそうです。

6.俳優を辞めようとしていた!?

ある時、ロバート・パティンソンは仕事があまりにもなかったため、俳優を辞めることを真剣に考えていました。その数日後、トワイライトのオーディションが決まったそうです。

7.状況が一転し、多忙の日々!?

『トワイライト ~初恋~』出演後は状況が一転。『リメンバー・ミー』『ニュームーン/トワイライト・サーガ』『エクリプス/トワイライト・サーガ』の撮影期間中、ロバートの休日は、およそ3日ほどしかなかったそうです。

8.エドワード・カレンとは全く違う性格!?

ロバート・パティンソンはエドワード・カレンとは違い、全くロマンティックではないそうです。

「今までの人生でしたロマンティックなことを何ひとつ思い出せない」 とテレビ番組の出演の際に語っていました。

9.音楽の才能がある!?

ロバート・パティンソンはピアノとギターを演奏することが出来ます。『トワイライト~ 初恋~』では彼の歌った曲“ネヴァー・シンク“が使用されていました。 『トワイライト~ 初恋~』の監督キャサリン・ハードウィックは彼の歌があまりにも感動的で泣いてしまったそうです。

10.女性に大人気のブランドがなぜ人気があるのか分からない!?

噂によると、ロバート・パティンソンは女性に大人気のUGG(アグ)のブーツがなぜ流行っているのか分からないと語っていたそうです。

11.姉のおもちゃだった!?

ロバート・パティンソンには2歳年上の姉がいます。幼い頃よく姉にドレスを着せられ、妹のクラウディアとロバート・パティンソンは人々に紹介されていたそうです。