俳優ロバート・シーハンが面白すぎる!映画『ムーン・ウォーカーズ』出演

2017年7月6日更新

映画『ムーン・ウォーカーズ』出演、1988年1月7日生まれ、アイルランド出身の俳優ロバート・シーハンについて、プロフィール、出演作品などをご紹介します。

ロバート・シーハンのプロフィール

robert sheehan04

ロバート・シーハン(Robert Sheehan)は、1988年1月7日生まれ、アイルランド出身の俳優です。

3人兄弟の末っ子で、小学生の時、演技に興味を持つようになり、16歳の時、英国国立劇場で『ザ・クリップル・オブ・アイニッシュマーン』の障害のある少年を演じました。

海外ドラマ『Misfits/ミスフィッツ 俺たちエスパー!』ネイサン役で一躍人気に

Misfits ミスフィッツ-俺たちエスパー!

『Misfits/ミスフィッツ 俺たちエスパー!』は、2009年より放送されているイギリスのテレビドラマです。シーズン5まで製作されており、ロバート・シーハンはシーズン1~2に出演しています。

社会奉仕活動を命じられた5人の若者が雷に打たれ、超能力を身に付けます。ケリーは人の心を読む能力、サイモンは透明人間になる能力、カーティスは時間を遡る能力、アリーシャは男を欲情させる能力。ロバート演じるお調子者のネイサンの能力は当初は明らかにされません。

一緒に雷に打たれた観察官が凶暴化し襲い掛かってきたため、5人は彼を殺し、死体を埋めてしまいます。

死体遺棄の事実を隠したまま、5人は適当に能力を使いつつ日々を過ごします…。

ロバートは本作で、2011年には英国アカデミー賞テレビ部門助演男優賞、2012年にはアイルランド・アカデミー賞助演男優賞にノミネートされています。視聴者からは、ネイサンが面白いという声が多く、ロバートシーハンの人気を一気に高めました。

ロバート・シーハン出演映画

『ソング・フォー・ア・ラギー・ボーイ』(2003)

Song for a Raggy Boy

出典: alchetron.com

1939年、聖ジュドゥ感化院を舞台にした作品です。ロバートはオーリー58役を演じています。

『サマー・オブ・ザ・フライング・ソーサー』(2008)

Summer of the Flying Saucer

アイランド制作のファミリー・ムービーです。ロバートはダニー役を演じています。

『キリング・ボノ』(2011)

Killing Bono

アイルランドの若いロッカー、マコーミック兄弟を描いた物語。ロバートは弟のアイヴァン・マコーミックを演じています。

『シャドウハンター』(2013)

シャドウハンター

カサンドラ・クレアのベストセラー小説『シャドウハンター』シリーズを原作とするファンタジー映画。

ロバートはクラリーの友人サイモン・ルイス役を演じています。

『ムーン・ウォーカーズ』出演決定

アポロ月面着陸が捏造映像であったとする都市伝説に基づいたブラックコメディです。

宇宙開発競争に後れをとっていると焦ったアメリカ政府によって捏造映像を撮れと指令されたCIA諜報員キッドマンが、借金まみれのプロデューサー・ジョニーをスタンリー・キューブリック監督の代理人と勘違いしたことから起こる騒動を描いています。

キッドマン役は『ヘルボーイ』シリーズのロン・パールマン、ジョニー役は『ハリーポッター』シリーズのロン役のルパート・グリントが演じており、ロバートは、ジョニーと協力してキューブリック監督に扮装し、CIAから大金を騙し取ろうとするレオン役で出演しています。

日本では2015年11月14日公開となっています。

ロバート・シーハンの趣味・特技

KillingBono02

出典: www.nme.com

ロバートは音楽の才能があり、アイルランドの楽器であるバウロン、ティン・ホイッスルのほか、バンジョーを弾くことができます。

『キリング・ボノ』では、バックコーラス、ソロパートのシーンがあります。

ロバート・シーハンの今後

robert sheehan03

ロバートの今後の出演作としては、2016年には、ラブロマンス『ザ・スタティスティカル・プロバビリティ・オブ・ラブ・アット・ファースト・サイト』、SFフィクション『ゲオストーム』、2017年には『ディ・ハーブニヒツ』の公開が予定されています。

主演クラスの作品が続くため、どのような仕上がりになっているか、公開が待ち遠しいですね。