2017年7月6日更新

クリフ・カーティス出演のおすすめ映画・ドラマまとめ【『ラスト・ナイツ』出演】

クリフ・カーティス
©Brian To/WENN.com

多様な人種を演じ、その度に見るものにインパクトを残してきたクリフ・カーティス。彼の名前は知らなくても顔を見たことがあるという人は多いのではないでしょうか?話題のドラマ『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』や映画『ラスト・ナイツ』に出演している、彼のこれまでの出演作を紹介します。

目次

クリフ・カーティスのプロフィール

1968年6月27日、ニュージーランドのロトルアで 9人兄弟の1人として生まれました。ニュージーランドのドラマスクールを卒業した後、スイスのドラマスクールに入学してさらに演技力を磨き、帰国後すぐにアカデミー賞受賞作品『ピアノ・レッスン』に出演。幅広い民族の役柄を演じることで有名で、これまでコロンビア人、アラブ人、ラテン人、ペルシャ人、メキシカンアメリカン、チェチェン人などを演じています。

また俳優業だけではなく、故郷ニュージーランドの映画産業発展にも貢献しており、若手映画人育成などを目指し、2004年ニュージーランドにプロダクションを設立しました。

クリフカーティスの出演おすすめ映画10選

『ピアノ・レッスン』(1993年)

クリフ・カーティスの映画デビュー作品。ピアノを学ぶマオリ族の一人として出演しています。

『モアイの謎』(1994年)

ケビンコスナー製作の話題作。

労働者階級の「たん耳族」の一人として出演。モアイ作りという重労働に励む役柄でした。

『トレーニング デイ』(2001年)

デンゼルワシントン主演作。アロンゾ(デンゼル・ワシントン)からお金をもらい、ジェイク(イーサン・ホーク)を殺そうとするラテン系ギャング、スマイリー役として出演。

出演シーンは短いながらも、ジェイクを殺めようとするシーンは息を飲むほどの恐ろしさで、見るものに強い印象を残しました。

『マジェスティック』(2001年)

『ショーシャンクの空に』の監督を務めたフランク・ダラボン、主演はジム・キャリー。

1950年代、赤狩りが吹き荒れる時代が舞台の感動作。

共産主義者とつるしあげられたあげく、記憶をなくして田舎町にたどり着いた脚本家のストーリー。

ジム・キャリーが演じる主人公ピーター書いた脚本の中で、クリフはハンサムな王子役として出演しました。

『クジラの島の少女』(2002年)

マオリ族出身の作家ウィティ・イヒマエラの原作をニュージーランドの女性監督ニキ・カーロが映画化し、2002年トロント国際映画祭観客賞、2003年サンダンス映画祭ワールドシネマ部門観客賞、ロッテルダム映画祭観客賞を受賞した名作。

マオリ族の伝説を背景に、民族の誇りや家族の絆、少女の成長を描き出したヒューマンドラマ。

クリフ・カーティスは主人公のマオリ族少女の父親、ポロランギとして出演。

『ニューオーリンズ・トライアル』(2003年)

ジョン・グリシャムの『陪審評決』(新潮文庫)を映画化した法廷サスペンス映画。

陪審長に選ばれる予定だった元軍人役として出演。

『ファウンテン 永遠につづく愛 』(2006年)

鬼才ダーレン・アロノフスキー監督が、現実と精神世界を超えた永遠の愛を描いた作品。

16世紀のスペイン大航海時代、21世紀の現代、そして26世紀の未来、と3つの時代が交錯する中、クリフは16世紀の世界でアリエル隊長として出演しています。

『正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官』(2009年)

ロサンゼルスの移民税関捜査局(I.C.E.)を舞台に、「不法移民」をめぐる現状を描いた映画。

ハリソン・フォードが演じる主人公マックスの同僚ハミッド役として出演。

『ジャックはしゃべれま1,000』(2012年)

エディーマーフィー主演のドタバタコメディー。

口先だけで生きてきた主人公(エディー・マーフィー)が、一言しゃべることになぜか寿命が縮んでいく話。

寿命が縮むきっかけを作った人気スピリチャル祈祷師、ドクターシンジャ役として出演。

『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』にトラヴィス・マナワ役で出演

『ウォーキング・デッド』は、ゾンビが発生したアメリカを舞台に、生き残った者たちの戦いを描いたドラマ。

そのスピンオフとなるシリーズ『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』でクリフ・カーティスは、主人公トラヴィス役として出演しています。

初回放送では、なんと本家の視聴者数を上回る1010万人の視聴者を獲得し、アメリカのケーブルテレビ局の初回放送最多視聴者数を塗り替えました。

『ラスト・ナイツ』出演

『CASSHERN』『GOEMON』でおなじみ紀里谷和明監督が5年の歳月をかけて完成させた、初のハリウッド進出映画『ラスト・ナイツ』。

「忠臣蔵」を題材に描かれたこの映画にクリフ・カーティスも出演しています。

『シン・シティ』『トュモロー・ワールド』などでおなじみのイギリス人俳優クライヴ・オーウェンや、『ミリオンダラー・ベイビー」でアカデミー賞を受賞した名優モーガン・フリーマンも出演した話題作。

日本では2015年11月14日に公開予定です。

クリフ・カーティスの今後

2016年はクリフ・カーティスにとって飛躍の年になりそうです。

映画では、『ウォーターワールド』『モンテ・クリスト伯』のケヴィン・レイノルズ監督の話題作、歴史宗教ドラマ『Risen』に出演しており、2016年に公開予定です。

古代ローマ軍隊長がイエス・キリスト復活の調査を命じられるというストーリーで、主演はジョセフ・ファインズ。

またドラマでは、上述の『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』のシーズン2の製作が既に決定していて、もちろんクリフ・カーティスも出演予定とのこと。

今後のクリフ・カーティスの活躍からますます目が離せません!