2017年7月6日更新

C-3POの意外な設定・秘密まとめ13!【『スターウォーズ』のおしゃべりロボット】

『スターウォーズ』シリーズから生まれた、R2-D2と共にロボット史上最高に愛されているC−3POの意外と知られていない設定、裏側にwarpedfactor.comからの記事を基に迫ります!

C-3POって?スター・ウォーズになくてはならない存在!

『スターウォーズ』 C3-PO

2015年12月18日(金曜日)18時30分の全世界で同時刻一斉公開される『スター・ウォーズ』シリーズ最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』にも出演が決定しているシリーズの人気キャラクターがC-3POです。『スター・ウォーズ』シリーズを知らなくても”あの金色のロボット”と言えばだいたい伝わるのではないでしょうか。600万を越す宇宙言語に精通した通訳ロボットであるC-3POはいつもR2-D2と共に様々な事件に巻き込まれ、『スター・ウォーズ』シリーズの狂言回しとしての役割も担っているのです。

そんなC-3POの知られざる12の事実を紹介します。

【1】C-3POは中身と声優は別人が担当!

『スターウォーズ』C-3PO

ジョージ・ルーカスはアンソニー・ダニエルズをこの上なくC-3POに適役だと気に入りました。彼の身長が高くすらっとした体格やパントマイムに優れた身体の動かし方がぴったりだと思ったのです。ですが、全て撮り終えて観た後、ルーカスは何かおもしろいロボットっぽい効果を加えられないかとC-3POの全てのセリフを全く別のアメリカ人俳優による吹き替えに取り替えたのでした。(この手法はデイビッド・プロウズ演じるダース・ベイダーに施したものと同じでした。)

最終的にはルーカスは音響デザイナーのベン・バートや他のスタッフ達にに説得され、ダニエルズの音声の方がしっくりくるという結論に至りました。おかげで結局ダニエルズの声で全てのセリフを取り直すはめに。ベン・バートがその後の音声と動作の一致作業を丁寧に行ったプロの仕事の功績があり、今日のC−3POが誕生したのでした。

【2】C-3POの身長は?

『スターウォーズ』 C-3PO

R2-D2といつも並んでいる印象のC-3PO。そのせいか身長をイメージしづらいのかもしれません。C-3POの身長はずばり1.67メートルです。成人男性と大体同じくらいですね。

【3】銀色の右足と赤色の左腕について

『スターウォーズ』 C-3PO

旧三部作のC-3POが右足は銀色であった事実は長年ファンたちの疑問であり、新三部作のC-3POの右足が金色であったため何か秘密が明かされるものとされていました。しかしその謎は明かされず、様々な憶測が飛んでいます。現在も詳細はわかっていません。

そんなC-3POが新作『スターウォーズ7』において左腕が赤色になっていることが明らかになりました。ルーク・スカイウォーカー、アナキン・スカイウォーカーも最終的に片腕を失いましたが、果たしてC-3POも腕を失ったのか、その謎は『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』で明かされます。

【4】C-3POが世に誕生するまで

『スターウォーズ』 C-3PO

ジョージ・ルーカスが一番はじめに『スターウォーズ』の構想を書き留め、発表した1973年の14ページの原案にはC−3POもR2-D2も登場してはいませんでした。しかし、その翌年に形になった132ページの長さの脚本の初稿にはARTWO DETWOとSee Threepioとして彼らがすでに登場しています。その中でルーカスはC-3POを背が高く細身で、使い古された人間型のロボットとして、R2-D2はインペリアルスペースフォートレス(帝国軍宇宙要塞)にて働く造船/修理ロボットとしてそれぞれ描いています。

帝国軍がアークイレの戦艦から攻撃を受けた時、C-3POは真っ先に脱出を試みようとします。一方、R2-D2は自らの職務を放棄して良いものか一瞬悩みますが結局2体のロボットは砂丘の国であるウータパウに不時着し、"ルーク・スターキラー"に出会うのでした。

1975年にはジョージ・ルーカスは初稿に手直しを入れ、題名を『スターキラーの冒険、エピソード1:スターウォーズ』というように名付けました。その中で、2体のロボットは反乱軍宇宙戦士として描かれ、ウータパウにやはり不時着するのでした。そしてジャワという何者かに捕獲されるという設定だったのです。

多少の直しと紆余曲折はあったものの、このようにして後に世界で愛される有名なロボット達がこの世に誕生したのでした。

【5】C−3POとR2−D2のモデルは黒澤映画

『隠し砦の三悪人』

ルーカスは黒澤明の『隠し砦の三悪人』(1958)からC−3POとR2−D2のヒントを得たと言われています。劇中に出てくる太平と又七という農民の身分は低い出ながらも殿様と姫様のお供をし、戦いに勇敢に向かっていき、かつ映画の中で重要な笑いの要素を担当した2人をモデルにしました。その影響から2体のロボットもどこかスターウォーズの中で笑い担当の傾向があり、かつ2人に重要な場面で物語の流れを語らせるように映画を撮っています。

【6】C-3POの当初の設定

『スターウォーズ』 C3PO

ルーカスはC−3POの顔を完璧に無表情にすることによって、観客が彼の気持ちを背景や環境から推測するように描写したかったと言われています。そして、性格は中古車セールスマンのように客をいい気分にさせるためであればなんでも言うような、そんなお世辞ロボットとして書き上げました。

【7】デザインのモデルは他の映画のロボット

『メトロポリス』

アートディレクター、ラルフ・マッカリーによる最初のC-3POのデザインは1927年の映画『メトロポリス』に登場する”Maschinenmensch”(ドイツ語で”機械人間”という意味)をモデルに描かれました。

【8】スーツアクターのアンソニー・ダニエルズはしぶしぶ引き受けた?

後にC-3POを演じる事となるイギリス人俳優、アンソニー・ダニエルズは当初オーディションに向かうのがあまり乗り気では無かったようです。

彼は当時を振り返り、「事務所がロボットのオーディションに行けって言うんだ。冗談じゃない、僕はロボットの役なんてやれるか!!と言ったよ」と言いました。

とにかく事務所の人間にジョージ・ルーカスに会うように説得されしぶしぶ向かいました。ルーカス監督に会い、脚本を読む事で実際にC-3POの役柄を悪くないなと思ったアンソニーですが、やはりロボットの役をやりたいかどうか決めきれずにいました。そこで上のマッカリーによるイラストを見た彼は、C-3POの何とも言えず哀愁漂う表情に、この役をおもしろく演じる事は役者としての腕が試されているかもしれないとやる気が涌いてきたという逸話が残っています。運命の出会いですね。

【9】全シリーズに出演している唯一の功労者

スターウォーズ

厳密に言うならば、アンソニー・ダニエルズは全スターウォーズシリーズで出演を果たしているただ1人の俳優です。

R2-D2を演じたケニー・ベイカーはエピソード3までの全てを演じていることになっていますが、実際のところエピソード3での彼の動きのほとんどはエピソード2撮影時に撮られたものを使用し、残りの大半はCGIを組み合わせて作成されたものなのです。

しかし、さらに付け加えるならばダニエルズは2008年のCGI長編アニメ『スターウォーズ/クローンウォーズ』でも声の出演を果たしていますから、この勝負はダニエルズに軍配があがると言えそうですね。

【10】スター・ウォーズのスピンオフでも多数登場!

『スターウォーズ』

ダニエルズのスターウォーズへの貢献は以上に留まりません。正式に紹介するならば、彼はたくさんのスピンオフ作品でも声を務めています。

1978年のTV版『スターウォーズ/ホリデー・スペシャル』、『The Story of the Faithful Wookiee(原題)』、前3部作のラジオシリーズ、ディズニーアトラクションのスター・ツアーズ、13作にも及ぶアニメシリーズ、テレビゲーム等々、挙げればきりがないほどアンソニー・ダニエルズは正真正銘世界で唯一のC-3POなのです。

【11】カメオ出演経験もあるC-3PO

レイダース 失われたアーク ハリソン・フォード

キュートな2体の仲良しロボットはインディ・ジョーンズシリーズの『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』(1981)にてエジプトの象形文字を形取り出演しています。

【12】C-3POに始まりC-3POに終わる

『スターウォーズ ジェダイの帰還』

C-3POは全編を通して欠かせないキャラクターであるだけでは無く、彼は物語の一番初めと終わりのセリフを発しているという非常に重要な役割を務めています。

1977年のエピソード4ではC−3POがR2-D2に

「聞こえたかい?メイン原子炉がとめられちゃった。絶対やられる。もうメチャクチャだ。今度ばかりは王女様も逃げられないよ。」

と言うところからストーリーが始まり、約30年後の『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(2005)では、記憶を抹消されるシーンで

「あっ、だめ!」

と言って物語を締めくくっているのです。さらにおもしろいことに、どちらのシーンも宇宙船タンティヴIV内で起きており、同じセットで撮影がされています。

【13】『フォースの覚醒』ではC-3POの衣装が作りなおされていた

『スター・ウォーズ フォースの覚醒』

第一作の『エピソード4/新たなる希望』から最新作『フォースの覚醒』の全てにおいてC-3POを演じている俳優のアンソニー・ダニエルズですが、J.J.エイブラムスからフォースの覚醒への出演依頼を受けた時に、快諾したもののスーツの作り直しを要求したそうです。

「いろんな場所が着ずらいんだよ。着心地が悪いと不快になるだろ。J・J(エイブラムス監督)からまたあの衣装を着てくれと頼まれた時は『いいけど新しいの作ってくれる?』って言ったんだ。40年もたっているから変更するべきだと思うよ。臭くなってきていたしね、それで3Dプリントしてもらったんだ」
引用:news.mynavi.jp

こう語っています。インタビューによると声だけの出演をほのめかしたJ.J.に対してアンソニーはすかさずNOと言ったそうで、彼のC-3POに対する思い入れが伺えますね。『フォースの覚醒』では登場シーンはさほど多くないですが、旧シリーズと変わらぬ癒しの存在としてスター・ウォーズの世界を彩っています。