© Twentieth Century Fox Film Corp.

『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』あなたが知らない事実30!

2017年11月29日更新

1983年公開旧3部作最終章『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』。今作には様々な制作秘話や秘密がたくさん隠されていました。そこで今回は、今作におけるあなたが知らないであろう事実30を紹介します。

『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』トリビアをご紹介!

大人気スペースオペラ「スター・ウォーズ」第三作目であるエピソード6は、新三部作の一作目『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に続く重要な作品! そんな今作について、あなたがもしかしたら知らないトリビアをご紹介!

1.あの有名偽タイトルの由来!?

『レッドハーベスト』

ネタバレを避けるため、今作が“ブルー・ハーベスト:ホラー・ビヨンド・ザ・イマジネーション”という偽タイトルをつけて撮影されていたことはとても有名です。

この偽タイトルはダシール・ハメット1929年の小説『Red Harvest』(血の収穫)を文字ってつけられたそうです。

『Red Harvest』は黒澤明『用心棒』に影響を与えた作品、そして『用心棒』はスターウォーズに影響を与えた作品です。

2.リチャード・マーカンドはクレジットだけ!?

『スター・ウォーズ:ジェダイの帰還』ポスター

今作の監督はリチャード・マーカンドですが、全てのシーンの監督をしていた訳ではなかったようです。

ジョージ・ルーカスがいくつかの場面で監督を務めていたり、『帝国の逆襲』の監督アーヴィン・カーシュナーはマーカンドのアシスタントが実際は監督を務めていたと仄めかしたことがあります。

マーカンドはキャストとあまり関係が上手くいっていなかったと言われています。

3.パルパティーンは『タクシー・ドライバー』のキャラクターの名前が付けられる予定だった!?

『タクシードライバー』

パルパティーンが『エピソード5 帝国の逆襲』で初登場したとき、彼はホログラムでした。この時はエレイン・ベイカーが演じていましたが、今作ではイアン・マクダーミドが演じています。

また元々はマーティン・スコセッシ監督『タクシー・ドライバー』のキャラクターにちなんだ名前が付けられていましたが、法的な衝突を避けてパルパティーンに変更されたそうです。

4.スティーブン・スピルバーグがメガホンを取る可能性があった!?

スティーブン・スピルバーグ

リチャード・マーカンドは監督候補のファーストチョイスではありませんでした。

スティーブン・スピルバーグ、デヴィッド・クローネンバーグ、デヴィッド・リンチなどが彼よりも有力な監督候補だったそうです。

5.イウォークは何語を話している!?

イウォーク

エンドアに住むイウォークは時々タガログ語を話しますが、ほとんどの場合、彼らの会話はモンゴルで話されているカルムイク語からインスパイヤーされた言語を使っています。

6.イウォークにはそれぞれ名前があった!?

『スター・ウォーズ』 イウォーク

『ジェダイの帰還』の作中、イウォークそれぞれの名前はおろか“イウォーク”という言葉が発せられることさえありません。

しかし、エンドクレジットにはその両方が記載されています。

7.イウォークのモデル!?

イウォークはエンドアのシーンが撮影された北カリフォルニアレッドウッドフォレストのネイティブアメリカンのミウォーク族がモデルです。

8.エンドアの由来!?

聖書

エンドアは聖書に出てくる、イスラエル王国最初の国王サウルがペリステとの最後の戦いに臨む前に訪れた村が名前の由来です。

9.ウーキー族はテクノロジーが進み過ぎていた!?

『スター・ウォーズ』チューバッカ

イウォークたちは最後の最後にスターウォーズの世界に入ることが決まったキャラクターです。

元々イウォークのパートはウーキー族が担う予定でしたが、チューバッカがミレニアム・ファルコンを操縦したり、宇宙船を修理出来るほど知能が高かったため、あのプロットでウーキー族を登場させるのは無理があると判断したそうです。

10.C-3POがナブーと言っていた!?

『スター・ウォーズ』C-3PO

今作でC-3POがイウォークに対して“ナブー”と言う場面があります。

後に『エピソード1 ファントム・メナス』でナブーはルーク・スカイウォーカーとレイアの母であり、アナキンの妻、パドメ・アミダラの故郷であることが明かされます。

11.ジョン・ウィリアムズの息子が今作に関わっていた!?

ジョン・ウィリアムズ

エンディングでイウォークが歌う曲はスターウォーズの音楽を担当しているジョン・ウィリアムズの息子ジョセフ・ウィリアムズ(バンド、トトのリードヴォーカル)が歌詞を書いています。

12.特別編で追加を断念したシーンがあった!?

『スター・ウォーズ』 ダース・ベイダー

1997年にリリースされたスターウォーズ特別編はオリジナルにはなかったシーンが追加されていました。

ジョージ・ルーカスと脚本家のローレンス・カスダンはエンディングにコルサントの祝賀シーンを追加することを計画しましたが、当時はまだコルサントという惑星の名前がついていなかったため断念していたそうです。

13.ジャバを動かすのは一苦労だった!?

『スター・ウォーズ』 ジャバ・ザ・ハット

フルサイズのジャバ・ザ・ハットを動かすためには6人必要だったそうです。

14.シスの椅子は手動だった!?

『スター・ウォーズ』 パルパティーン

パルパティーンの椅子は電動で回るように作られていましたが、上手く作動しませんでした。そのため、カメラの見えないところで合図が出され、イアン・マクダーミド自身が足で椅子を動かしていたそうです。

15.ラジオ放送されていた!?

1996年、ラジオ局NPRでラジオ版の『ジェダイの帰還』が放送された時、ヨーダは『ガープの世界』『愛と追憶の日々』などで知られるジョン・リスゴーが演じていました。

16.『エピソード6 ジェダイの復讐』だった!? 

今作のタイトルは元々“Revenge of The Jedi”(ジェダイの復讐)だったそうです。

一説によると、スタートレックの映画第2作のタイトルが『The Vegenance of Khan』(カーンの逆襲)、この作品と差別化を図るためにタイトルが変更になったと言われています。

17.特別編のために新たな撮影をした唯一のキャストとは!?

1997年に公開された特別篇には新たな映像が数多く追加されていましたが、新たに撮影に臨んだキャストはただ一人、ジャバの宮殿の奴隷ウーラを演じたフェミ・テイラーだけです。

18.ジャバの宮殿のレイアの衣装が派手だった理由!?

『スター・ウォーズ』 レイア姫

キャリー・フィッシャーが前2作のレイアの衣装が男性的過ぎだったとクレームを入れていたそうです。そのため今作でレイアがジャバの宮殿で身に着けていた衣装が女性的なものになったと言います。

19.女性キャラクターをとことん削除!?

『スター・ウォーズ』は女性キャラクターが少ないことで有名ですが、反乱軍の戦闘機に乗っていた女性パイロットが編集段階でカットされていたそうです。

その理由はまだ明らかになっていません。

20.設定がある女性キャラクターはレア!?

『スターウォーズ:ジェダイの帰還』

『ジェダイの帰還』はレイア以外に初めてバックグランドのある女性キャラクター(モン・モスマ)が登場したスターウォーズ作品だと言われています。

ちなみに前2作で名前がある女性キャラクターはレイアだけです。

21.あの賞金稼ぎの声はETと同じ!?

『E.T』

賞金稼ぎのブーシの声はパット・ウェルッシュが務めていました。彼女は1982年公開スティーブン・スピルバーグ監督『E.T』でETの声を担当しています。

22.撮影最終日に葬儀シーン!?

ダース・ベイダー

ダースベイダーの葬儀は『ジェダイの帰還』最後の最後に撮影されたシーンだそうです。

23.ダースベイダーは殺陣が下手だった!?

『スターウォーズ』 ライトセイバー

ダースベイダーのスーツアクターはデヴィッド・プラウズが務めていましたが、殺陣が下手だったため、ライトセイバーの格闘シーンはボブ・アンダーソンが演じていました。

24.有名なセリフは元々違うセリフだった!?

『スターウォーズ』 アクバー提督

アクバー提督の有名なセリフ“It’s a trap”(罠にはまった)は元々“It’s a trick”というセリフだったそうです。

25.マーク・ハミルのはずれた予想!?

『スターウォーズ』 ルーク・スカイウォーカー

『ジェダイの帰還』製作中、マーク・ハミル(ルーク・スカイウォーカー)はルーク・スカイウォーカーがダークサイドに堕ちることを予想していたそうです。

26.悲しいエンディングが用意されていた!?

ジョージ・ルーカス

映画初期のエンディング構想は、ルーク・スカイウォーカーが友人たちを残して一人歩き去っていく場面だったそうです。

しかし、ハッピーエンディングを好んだジョージ・ルーカスによってこのアイデアは却下されることになりました。

27.ハン・ソロが死ぬ可能性があった!?

『スターウォーズ』 ハン・ソロ

ハリソン・フォードは今作でハン・ソロを殺してほしいと思っていたそうです。ローレンス・カスダンはこのアイデアを気に入っていましたが、ジョージ・ルーカスには全くその気がありませんでした。

28.オビ=ワンが蘇生する可能性があった!?

『スターウォーズ』 オビ=ワン

採用されなかったアイデアと言えば、オビ=ワン・ケノービを蘇らせるアイデアもあったそうです。

29.結婚式シーンが計画されていた!?

映画のフィナーレと言えば、セレモニーでルーク、チューイー、ハンがメダルを授与されるシーンですが、ハンとレイアの結婚式の構想もあったそうです。

30.『ジェダイの帰還』のポスターにジョージ・ルーカスの手!?

『スターウォーズ:ジェダイの帰還』

『ジェダイの帰還』のポスターでライトセイバーを持っている手はマーク・ハミルのものではなくジョージ・ルーカスの手だと言われています。