Supplied by LMK

『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』レイアとハン・ソロの恋路はいかに!あらすじ・登場人物【ネタバレ】

2017年11月30日更新

2015年12月18日にファン待望のシリーズ最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が公開となります。最新作の公開を前に、『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』のあらすじとキャストをおさらいします!

『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』

エピソード4から3年後、反乱軍にデス・スターを崩壊された帝国軍の逆襲の物語が描かれています。シリーズ最新作の公開を前に、『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』のあらすじとキャストをおさらいしておきましょう。

『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』あらすじ

『スターウォーズ 帝国の逆襲』

前作の戦いから3年が経過。要塞を反乱軍に破壊された銀河帝国は、反乱軍への攻撃をより一層強めていました。そのため反乱軍は氷の惑星ホスに拠点を移動。しかしルーク・スカイウォーカーを探していたダース・ベイダーによって基地の存在が帝国軍側に知られてしまいます。 帝国軍はさっそくホスへの戦闘態勢を整えますが、提督のミスによって敵に存在を気づかれてしまします。ハン・ソロとチューバッカは、レイア・オーガナとC-3POを連れて基地から脱出。ソロの旧友ランド・カルリシアンが住む惑星へ向かいます。しかし先手を打ったダース・ベイダーにより、ランドはすでに帝国側と取引をしていました。そのため一行はベイダーへ売り渡されてしまいます。 一方、ヨーダを師としてジェダイの修行をしていたルークはソロやレイアの危険を察知。ヨーダの忠告を受け入れず、ジェダイの修行も途中で放棄して彼らのもとへ向かいます。向かった先でダース・ベイダーと対決。戦いの末、ルークはベイダーからある衝撃的な事実を知らされるのでした。

『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』のあなたが知らない20のこと

1.レイア姫はハン・ソロより1フィートも背が低かった?

レイア姫を演じるキャリー・フィッシャー。ハリソン・フォードとの共演シーンのほとんどを箱に乗った状態で撮影しています。なぜならフィッシャーはハリソン・フォードより1フィート、つまり30センチも身長が低かったからです。

2.ヨーダのオスカー獲得を狙っていた?

ジョージ・ルーカスはヨーダを操作するフランク・オズがアカデミー最優秀助演男優賞にノミネートされるために数千ドルのキャンペーン費用を投入したと言われています。最終的にヨーダが俳優ではなく人形だと判断されたことをルーカスは不当に感じていましたが当のフランク・オズは全く気にかけていなかったのだとか。

3.アマゾン川流域の人々はジェダイ語を話す?

ヨーダのような話し方をする種族は地球上ほとんど存在しません。ヨーダの言葉は目的語、主語、動詞の順に並んで構成されているのです。しかしほんの僅かながらこのような文章構成で話す種族がアマゾン川流域に住んでいるといいます。

4.ジョージ・ルーカスは謝罪していた?

ジョージ・ルーカス
Joseph Marzullo/WENN.com

公開当初、スター・ウォーズ史上最悪の作品だと考え関係者に対し頭を下げて回っていたジョージ・ルーカス。本作に対する世間の讃辞をみて初めて見識を改めたのです。

5.オビ=ワンのギャラは1日で数100万ドル?

眼の手術のためエピソード5への出演が危ぶまれたアレック=ギネスでしたが1日で撮り終えることで契約に合意。1979年9月5日、午前8時30分にスタジオ入りし午後1時には全ての撮影を完了させました。アレック・ギネスは数百万ドルといわれる映画収益の25%をたった一日で稼いだのです。

6.スター・ウォーズシリーズ最長!

スターウォーズ ジェダイの帰還
© Twentieth Century Fox Film Corp.

『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』の撮影に要した期間は全部で180日。これはスター・ウォーズシリーズの中でも最長の撮影期間です。

7.ベイダーはイタリア語でトイレの意味?

ダース・ベイダーの意味はオランダ語でDark(暗黒)、Father(父親)。イタリアではラード・フェンナーという名前に変更されています。これはなぜでしょう?イタリア語の「ベイダー」はトイレを意味するからです。

8.ルークはほとんどひとりぼっちだった?

ルーク・スカイウォーカー
© & TM Lucasfilm Ltd. COPYRIGHT_NOTICE: © & TM Lucasfilm Ltd. WRITER_EDITOR:

ルーク・スカイウォーカーは他のメインキャラクターたちと別行動をとることが多くほとんどのシーンを単独で撮影しました。ルーク、ハン・ソロ、レイア姫、チューバッカ、CP3O、R2D2、全てのキャストが揃うのは病院のベッドのシーンだけです。

9.最高のヴィラン3位にランクインしたダース・ベイダー

ダース・ベイダーはアメリカン・フィルム・インスティテュートにおいて最高のヴィラン(悪役)第3位に選ばれました。

10.クラウド・シティのランド、元々はハン・ソロ役のオーディションを受けていた?

ハン・ソロの昔なじみ、クラウド・シティのランドを演じるビリー・ディー・ウィリアムズ。1977年公開の『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』でハン・ソロ役のオーディションを受け落選しています。それから3年、本作においてハン・ソロの友人ランド役での出演が決まったのです。

11.惑星ベスピンのクラウド・シティは1920年代の“機械時代”のデザインを基にしている?

本作に登場する惑星べスピンのクラウド・シティは1920年代のアール・デコ様式をモデルにしています。

12.ハリソン・フォードはハン・ソロを殺したがっていた?

ハリソン・フォードの3作目(エピソード6)への出演は不確定な要素でした。エピソード5においてハン・ソロがカーボン・フリーズされたのが主な原因です。 マーク・ハミル、キャリー・フィッシャーと次々に契約が成立していく中ハリソン・フォードだけがサインを拒否。カーボン・フリーズのシーンも既に撮り終えハン・ソロというキャラクターをこのまま死なせることまで提案したのです。しかしルーカスは次作においてもハン・ソロがヒーロー的な役割を担っていることを説明し結局はハリソン・フォードにサインさせました。

13.全く別のストーリーになる可能性があった?

ダース・ベイダーとの闘いによって右手とライトセーバーを失くしたルーク・スカイウォーカー。企画段階で上がったストーリーの中にはこのようなものもあります。皇帝の戦利品として回収されたルークの手とライトセーバー。 帝国はルークの手を基にライトセーバーを操るルークのクローン開発に着手するのです。ルークのクローンの死後、ライトセーバーはルークの未来の妻、マラ・ジェイドに贈られました。

14.「帝国の逆襲」の死者数はスター・ウォーズシリーズ最少?

「帝国の逆襲」における死者の数は全部で67人。これはスター・ウォーズシリーズの中でも最少記録です。

15.ルークが顔に傷を作るシーンを追加した?

マーク・ハミルは1977年自動車事故に遭い顔に形成手術が必要なほどの傷を負いました。撮影中に傷があってもおかしくないようにジョージ・ルーカスは急遽顔に傷を負うシーンを追加。当初ドロイドに傷を手当てしてもらうシーンもありましたが最終的にはカットされました。

16.ダース・ベイダーには城があった?

意見は様々ですが、溶岩に囲まれベイダーのペットであるガーゴイルでいっぱいの極めて不吉な要塞なのだとか。

17.スタンリー・キューブリックによってダメにされるところだった?

スタンリー・キューブリック監督が撮影を行っていたエルステリー・スタジオで大規模火災が発生し『シャイニング』のセットを焼き尽くしました。「帝国の逆襲」は「シャイニング」と同じスタジオで撮影が予定されていたのです。 一からセットを組み直さないといけない上にキューブリックは再考が必要だと言い訳して撮影を引き延ばすため『シャイニング』のスケジュールは大幅に遅延しました。

19.もともとダース・ベイダーはルークの父親ではなかった?

#ThrowbackThursday - It's okay, guys. It's just a practice duel. Ben will be fine. #StarWars #BehindTheScenes #BTS #tbt

Star Warsさん(@starwars)がシェアした投稿 -

脚本を書いたリー・ブラケットの草案でルークは実の父親と出会い、双子の身の安全を図るため生き別れになったことを知ります。(ルークの妹もルーク同様ジェダイになる特訓を受けます。)そしてルークの父、アナキン・スカイウォーカーはルークにジェダイナイトの宣誓をさせるのです。 “我が人生を自由と正義のために捧げる” オビ=ワン、ヨーダ、アナキン、ルークがライトセーバーをクロスさせ剣に誓います。

20.ルークが雪洞でライトセイバーを引き寄せるシーンには逆再生を使用?

雪洞の中ルークがフォースの力を利用して離れた場所にあるライトセイバーを手にします。このシーンはマーク・ハミル扮するルークがライトセイバーを投げ逆再生することで引き寄せているように見せることに成功しました。

『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』キャスト

ルーク・スカイウォーカー

#ThrowbackThursday - Yet another example of the excellent jackets worn in #StarWars.

Star Warsさん(@starwars)がシェアした投稿 -

アナキン・スカイウォーカーとパドメ・アナキンの息子。父親がかつてジェダイの騎士であったことを知り、自身もジェダイとなる事を決意しました。R2-D2と共にジェダイマスターであるヨーダの元に向かい、ジェダイとなるための修行を始めるのです。

ルーク・スカイウォーカー役:マーク・ハミル

前作『新たなる希望』に引き続きマーク・ハミルが演じています。がルーク役を演じています。本作撮影の直前にマーク・ハミルが自動車事故を起こし、顔に傷を負ってしまいました。序盤にルークが襲われるシーンは傷のせいで変化した見た目に整合性を持たせるためのものです。

ルーク・スカイウォーカー吹き替え声優:島田敏

『40歳の童貞男』などでマーク・ハミル役を演じた島田敏がルーク・スカイウォーカー役を担当しています。

ハン・ソロ

#ThrowbackThursday - Han's so cold. #StarWars

Star Warsさん(@starwars)がシェアした投稿 -

ルークとオビ=ワンとの出会いをきっかけに、チューバッカとともに反乱軍側に引き込まれた密輸商人。レイアに対して何度も愛を迫ります。はじめは断られっぱなしでしたが次第に距離を縮めていきます。

ハン・ソロ役:ハリソン・フォード

ハリソン・フォード
Euan Cherry/WENN.com

ハン・ソロはハリソン・フォードが演じています。彼の代表作とも言える『ブレード・ランナー』の公開2年前に公開されたのが本作『帝国の逆襲』です。

ハン・ソロ吹き替え声優:磯部勉

ハン・ソロの吹き替え声優を担当したのは『トゥモローランド』『オーシャンズ11』シリーズでジョージ・クルーニー役を演じた磯部勉です。

レイア・オーガナ

Leia Organa: Senator. Princess. General. Fashion Icon. #StarWars #FashionWeek

Star Warsさん(@starwars)がシェアした投稿 -

惑星オルデランの女王であり、帝国元老院の議員。はじめは反目しあっていたハン・ソロと冒険を続ける中で次第に心惹かれていきます。

レイア・オーガナ役:キャリー・フィッシャー

女優デビー・レイノルズの娘であるキャリー・フィッシャーがレイア姫を演じました。本作『帝国の逆襲』公開時に、キャリー・フィッシャーは23歳でした。

レイア・オーガナ役吹き替え声優:高島雅羅

ジュリア・ロバーツ、デミ・ムーアの吹き替え声優も演じている高島雅羅がレイア・オーガナ役の声優を務めています。

ダース・ベイダー

ダース・ベイダー

冷酷非道なシスの暗黒卿。本作ではルークとライト・サーベルで戦いますが、その際にルークの右腕を切断し、ある衝撃的な事実を告げます。

ダース・ベイダー役:デビッド・プラウズ

デビッド・プラウズがダース・ベイダー役を演じました。デビッド・プラウズには強い訛りがあったので、声優はジェームズ・アール・ジョーンズが担当しています。 本作『帝国の逆襲』からアクションシーンが苦手であったデビッド・プラウズの代わりにボブ・アンダーソンがスタントシーン時にスタントをしました。ボブ・アンダーソンは本作にて端役での出演もあるそうです。

ダース・ベイダー役吹き替え声優:大平透

ハクション大魔王の声優も務める大平透がダース・ベイダーの吹き替え声優を務めています。

オビ=ワン・ケノービ

『スターウォーズ』 オビ=ワン

ジェダイの騎士。前作でフォースと一体となり、守護霊のようにルークを支える存在となります。アレック・ギネスが演じています。

オビ=ワン・ケノービ役:アレック・ギネス

すでに実力とキャリアを兼ね備えた名優であったアレック・ギネスがオビ=ワン・ケノービを演じています。前作への出演を後悔していたというアレック・ギネスは本作『帝国の逆襲』への出演を拒んでいたそうですが、ジョージ・ルーカスたっての希望で出演したとのこと。

オビ=ワン・ケノービ役吹き替え声優:納谷悟朗

『ルパン三世』1代目の銭形警部の声優を担当した納谷悟朗がオビ=ワンの声優を担当しています。

R2-D2

『スターウォーズ』R2-D2

ルークと共にジェダイマスターであるヨーダの元に向かいます。高度な頭脳を持ち、ハッキング技術などにも長けていますが、機械語しか喋れずC-3POの力を借りてコミュニケーションをとります。

R2-D2役:ケニー・ベイカー

R2-D2を演じたケニー・ベイカーは112cmという身長を活かし、実際に中に入って演じました。

C-3PO

『スター・ウォーズ』C-3PO

600万を越す宇宙言語を話す翻訳ロボットで、非常にやかましい性格。R2-D2と共に物語における狂言回しとしての役割も果たしています。

C-3PO役:アンソニー・ダニエルズ

C-3POを演じたのはアンソニー・ダニエルズです。1日中C-3POの中に入ることを余儀なくされたアンソニー・ダニエルズは境遇面の違いからケニー・ベイカーとの仲は悪いそうです。

C-3PO役吹き替え声優:野沢那智

ブルース・ウィリス、アル・パチーノの声優を担当した野沢那智がC-3PO役を担当しています。

ヨーダ

Great. Warrior. #StarWars #ThrowbackThursday

Star Warsさん(@starwars)がシェアした投稿 -

生ける伝説と呼ばれるジェダイ・マスター。ルークの師としてジェダイの教えを説きます。年老いているとは言え、その力は沼に沈んだ宇宙船を浮かすことができる程度には保たれています。ですが、ヨーダは仲間のピンチを助けに向かうルークを止めることができませんでした。

ヨーダ役:フランク・オズ

クッキーモンスターの声優を担当したフランク・オズがヨーダの声優と操作を担当しています。

ヨーダ役吹き替え声優:辻村真人

長らく忍たま乱太郎で学園長先生の声を担当した辻村真人がヨーダの声を演じています。

チューバッカ

ウーキー族でのチューバッカは<a href="http://ciatr.jp/topics/50832">ハン・ソロ</a>とともにオビ=ワンらに雇われた密輸商人です。ハン・ソロとは固い友情で結ばれており、いつでも一緒に行動しています。

チューバッカ役:ピーター・メイヒュー

チューバッカ役はピーター・メイヒューが演じています。身長は2m20cmという高身長が採用の決め手だったそうです。

ランド・カルリシアン

ハン・ソロの旧友であり、彼らの助けを快く受け入れて自らの星に匿いますが、事態は思わぬ方向に向かいます。

ランド・カルリシアン役:ビリー・ディー・ウィリアムズ

日本人とも結婚経験のある俳優のビリー・ディー・ウィリアムズがランド・カルリシアン役を演じます。

ランド・カルリシアン役吹き替え声優:若本規夫

ランド・カルリシアン役吹き替え声優を『サザエさん』の穴子さん役でお馴染み、若本規夫が担当しています。

『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』の見どころを紹介!

『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』を観る前に、ココに注目して欲しいという見どころをネタバレ無しでご紹介します。

人間ドラマが深く、分かりやすくなっている

「エピソード4」からスタートしたスター・ウォーズシリーズは、のちにエピソード1~3で描かれる明かされていない過去の事実が裏に存在しながらストーリーが展開されるために、情報を整理するのがとても大変なのが特徴に挙げられます。今までのあらすじが文字として流れてくるオープニング・クロールを理解するだけでも大変! しかし、本作では前作「エピソード4」で世界観や人間関係をあらかた説明したという事もあり、各登場人物のドラマにしっかりと焦点が当てられているために、人間ドラマとしても楽しめるようになっています。ハン・ソロやレイア姫などの旅の仲間は勿論、マスター・ヨーダとの関係性にも注目です。

派手さ、エンタメ性が大幅アップ!

前作から3年の時間が経過しているという事もあり、映像技術が発展したのでしょう。ライトセーバーでの立ち回りやド派手な爆発など、演出がパワーアップしており、より目で楽しむことが出来るようになっています! 旧三部作の真ん中に位置していて、中だるみしやすいと言われる2作目であるのにもかかわらず、シリーズの中でも評価は最高と言っても良いほど。海外の映画雑誌の歴代映画ランキングでは上位の常連です。是非期待して鑑賞して頂きたいです。

『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』の感想評価を紹介!

『スターウォーズ』 ヨーダ

toshibakuon ヨーダが登場。ルークの修行やハンソロの活躍、ベイダーとルークの関係性など盛りだくさん。戦闘ロボットはなぜあんなに脚が長いのだろうか?暗黒面におちるのか、そして冷凍ハンソロの行方は次回に持ち越し。
thewavecatch31 三部作の 二作目は 作品のテンションを落とす 悪役側の勢力や 勢いが増し 主人公側が窮地に陥り、其々が苦悩する という流れになると 刷り込まれた 作品です

何と言っても ダースベイダーとルークの親子関係の暴露 ハンソロが捕まる ヒーロー達が 窮地に陥る 陰の要素が強く ルークは また修行を始め 自分を見つめるなど 内省的な要素も強い

でも ここがなければ 三作目が存在しないというのを いつしか学んだ 作品です

ただ ハンソロとレイアの仲が深まる 明るいシーンもあります

『スター・ウォーズ』は9部作の1編に過ぎなかった!という衝撃的なニュースとともに公開された初期3部作の2作目が『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』です。 3部作の中継ぎということでヤキモキさせる展開や窮地といった完結編の準備としての側面が強い作品です。終盤で明かされる真実は視聴者に強烈な衝撃を与え、この一幕は未だに語りぐさとなっています。