2017年7月6日更新

ベン・フェルドマンの『私はラブリーガル』以来の活躍。映画『400デイズ』出演

『私はラブ・リーガル』の守護天使フレッドを演じ、人気を博したベン・フェルドマン。2015年12月公開の映画『400デイズ』に出演しています。そんな彼のプロフィールや出演作、今後の出演予定などをまとめました。

ベン・フェルドマンのプロフィール

ベン・フェルドマンは1980年5月27日生まれ、ワシントンD.C.出身のアメリカの俳優です。6歳のときに、キャンプでミュージカル『アニー』の出し物に参加するよう強く勧められたことがきっかけで、初めて演技に挑戦、高校の時には多くの演劇公演に参加するようになり、『タイムトラベラー きのうから来た恋人』の公演では主演をつとめました。その後、フェルドマンはニューヨーク州イサカ大学に進学し、演劇を専攻します。

卒業後にはニューヨーク市に移り住み、主にブロードウェイで舞台の仕事をていましたが、その後ロサンゼルスに移住し、テレビや映画の仕事をすることになります。

映画『パーフェクト・マン ウソからはじまる運命の恋』でコメディ映画出演!

コメディ映画『パーフェクト・マン ウソからはじまる運命の恋』(2005)で、ベン・フェルドマンは主演のヒラリー・ダフの相手役として出演し、その知名度を一気に上げました。

この作品は、ヒラリー・ダフ演じるホリーが失恋するたびに引っ越す母親にそれをやめさせるため、母親の「パーフェクトな彼氏」を見つけようと奮闘する物語です。このなかでベン・フェルドマンは、ホリーの計画に協力し、次第に惹かれあっていくアダムを演じました。

テレビドラマシリーズ『私はラブ・リーガル』では守護天使フレッドを演じる

ベン・フェルドマンはテレビシリーズ『私はラブ・リーガル』で、主人公を守る天使を演じています。

知的ながらもサエないルックスの弁護士ジェーンと、ファッションの事で頭がいっぱいの美女デビー。同じ日に別の理由で死んでしまったジェーンの体にデビーの魂が舞い戻り、奇跡的に一命を取り止めます。最初はジェーンのルックスにショックを受けるデビーでしたが、体に残っていたジェーンの知性が新しい人生を切り開いていきます。

ベン・フェルドマン演じる守護天使のフレッドは、天国の門でデビーに逃げられてしまったため、地上まで追いかけて彼女を見守る役どころとなっています。

フレッド役降板後もドラマ『MAD MEN マッドメン』のゲスト出演でエミー賞にもノミネート

『私はラブ・リーガル』を第4シーズンで惜しまれつつも降板した後、フェルドマンは、大人気ドラマ『MAD MEN マッドメン』の第5シーズンにコピーライターのマイケル・ギンズバーグ役でゲスト出演し、エミー賞のドラマ部門最優秀ゲスト俳優賞にもノミネートしています。

その評価もあり、第6シーズンからはメインキャストとして出演するようになりました。

ベン・フェルドマンの出演映画

『クローバーフィールド/HAKAISHA』(2008)

ニューヨークを巨大な怪獣が襲撃する、SF・怪獣・パニック映画です。記録映画のかたちをとったフィクションで、パニック状態の中、恋人を救出しようと奔走する男性ロブとそのグループの人々の姿を撮影したものです。

ベン・フェルドマンの役どころは、ロブの恋人の新しいボーイフレンドでロブの誕生日パーティーに現れてロブを不機嫌にさせ、パーティーが終わる前にニュージャージーの家に戻り、パニックからは逃れます。

『13日の金曜日』(2009)

2009年製作の『13日の金曜日』は、1980年公開の大人気ホラー映画のリブート版で、設定を一から作り直した作品です。

ベン・フェルドマンは、マリファナを探しに森へ入り、道に迷ったためジェイソンの活動拠点クリスタルレイクでキャンプをすることになった一団のメンバー、トラヴィスを演じています。

テレビシリーズ『Major Crimes ~重大犯罪課』でのゲスト出演

フェルドマンは、人気犯罪捜査ドラマ『Major Crimes ~重大犯罪課』の第2シーズン第3話『密着取材』にジェイソン・アンドリュース役で出演し、話題になりました。

ドラマの脚本執筆のため重大犯罪課のパトロールに同行していたジェイソンは、カーチェイスでの犯人逮捕に遭遇し、密着取材を続けることにします。しかし、次第に彼の存在が捜査に影響を及ぼすようになっていく、というエピソードでした。

ベン・フェルドマンの妻はミシェル・ムリッツ!2013年に挙式も

ベン・フェルドマンは2013年10月に、かねてからの婚約者ミシェル・ムリッツと結婚し盛大な結婚式を開催しました。

式にはCNNのキャスターや、『私はラブ・リーガル』の共演者たちも出席したとのことです。

ロマンスコメディドラマ『A to Z』は惜しくも打ち切りに

2014年にベン・フェルドマンが主演した『A to Z』は、放送開始早々から打ち切りが決定してしまいました。

『A to Z』は、テレビシリーズ『ママと恋に落ちるまで』のクリスティン・ミリオティと共演し、1シーズン13話まで製作される予定でしたが、第5話が放送された時点でシーズン2はキャンセルされてしまいました。

初の大作映画『400デイズ』にも出演が決定

ベン・フェルドマンは2015年12月5日公開の映画『400デイズ』に出演しています。

地下施設での400日のプロジェクトに参加した4人の宇宙飛行士が、本部との連絡の遮断、メンバーの精神異常、そして外部の異変にさらされながらプロジェクト終了の400日目を迎えるというストーリーです。

この作品でフェルドマンはプロジェクトに参加する宇宙飛行士のひとり、バグを演じています。

2016年のベン・フェルドマン出演作

テレビシリーズ『Superstore(原題)』(2015〜2016)

2015年11月から放送が開始された『Superstore(原題)』は、「Cloud 9」という大型店舗に勤める従業員たちを描く、コメディシリーズです。今のところ、2016年までのシーズンで放送しています。

ベン・フェルドマン演じるジョナは、Cloud 9の新人従業員で第一印象は最悪で、初日から同僚のエイミーに一目惚れしてしまいます。

映画『The Force(原題)』(2016)

ベン・フェルドマン演じるヘンリーと、オリヴィア・サールビー演じるダイアナのカップルは、結婚してしまえば都会住まいの自分たちの気楽な生活は終わってしまい、つまらない未来が待ち受けているのではないか、と不安に思っています。そこから、なぜそもそも相手を好きになったのかを思い出していくロマンティクコメディです。

テレビに映画にと幅広い活躍を見せてきたベン・フェルドマン。今後、さらに活躍していくのではないでしょうか。