スクール・オブ・ロックの子役&キャストの現在まとめ!

2017年7月6日更新

2003年の映画『スクール・オブ・ロック』は洋楽好きならたまらないロックが満載の映画です。2014年に、天才アンドリュー・ロイド・ウェバーによりミュージカル化が発表され、2015年12月の開幕を待っている状態です。日本公演も期待される『スクール・オブ・ロック』の本家本元映画版をおさらいしましょう。

まずはスクール・オブ・ロックを紹介!

『スクール・オブ・ロック』は、2003年に公開されたアメリカ映画です。主人公デューイ(ジャック・ブラック)は心からロックを愛する男。しかしその熱すぎる思いが邪魔をして、ギターリストとしてバンドでパフォーマンスする時に、あまりにも身勝手過ぎてしまうのです。彼は自ら結成したバンド「No Vacancy」を首になってしまいます。

ルームメイトで親友のネッド・シュニーブリー(マイク・ホワイト)は元ロッカーで、今は臨時教員として働いています。彼にはパティ・ディ・マルコ(サラ・シルヴァーマン)という彼女がいて、どちらかというと尻に敷かれていました。パティは、デューイがアパート代を支払わないのなら、追い出してとネッドに言いました。

仕事はない。あるのは借金だけ。デューイは途方に暮れてしまいます。

ある日デューイは、ホレス・グリーン学院の校長ロザリー・マリンズ(ジョアン・キューザック)という人からの電話をうけとります。それはネッドが探していた臨時教員の仕事の電話でした。デューイはネッドのふりをして学校に面接に行き、臨時教員として職にありつきました。

ホレス・グリーンは超名門の私立小学校です。そこの四年生をデューイは受け持つことになりました。音楽の時間に、彼はクラシック音楽を上手に奏でることができる才能豊かな生徒たちを目にして、ある考えが浮かびました。彼らのクラシック音楽の才能を生かして、ロックバンドを結成するのです。

こうして生徒は「スクール・オブ・ロック」というバンドを結成することになりました。デューイは音楽の授業にかこつけてロックのイロハを子供たちに教えていきます。教材といって彼は、生徒たちに様々なロックを聞かせます。宿題はロックCDをきくことです。有名なギターリストの映像も見て学びます。

そんな型破りな授業をするデューイに、最初は戸惑いを隠せない生徒たちでしたが、ありのままの自分たちを認めてくれるデューイを、少しずつ好きになっていきます。いつしか心がつながったデューイと生徒たちは、バンドバトル出場にむけて猛練習を始めるのでした。

最近見なくなった?ジャック・ブラックの現在は?

1969年8月28日生まれのアメリカ合衆国の俳優ジャック・ブラックは、ティム・ロビンスの監督デビュー作『ボブ★ロバーツ/陰謀が生んだ英雄』で、映画デビューをかざります。1994年に、俳優カイル・ガスとコメディ・バンド"テネイシャスDを結成し、ミュージシャンとしても活躍しています。

2003年の『スクール・オブ・ロック』の出演後、リメイク映画『キング・コング』、『タイタニック』のケイト・ウィンスレットと共演をした『ホリディ』、『テネイシャスD 運命のピックをさがせ!』などに出演しています。

また、アニメ映画『カンフー・パンダ』では主人公のポーの声を演じています。2016年1月に本国アメリカでは公開予定の『カンフーパンダ3』でもポーの声を担当しています。

2015年に本国アメリカで公開された映画『グースバンプス』というホラー映画に出演しています。本作はR・L・スタイン作の児童小説ホラーアンソロジーシリーズ『グースバンプス』を映画化したもので、テレビ版『ミステリー・グースバンプス』はNHKが1998年4月7日から1999年3月16まで放送していました。

映画版『グースバンプス』の日本公開は、2016年1月の予定です。

校長先生の12年間

映画で校長役を演じたジョーン・キューザックは、1962年10月11日生まれのアメリカ合衆国の女優さんで、五人兄弟全員が俳優という俳優一家に生まれました。1980年に映画デビュー後、様々な映画に出演。コメディエンヌとしての演技には定評があり、数々のコメディ映画に出演しています。

2003年の映画『スクール・オブ・ロック』に出演後、『アイス・プリンセス』『私の中のあなた』などに出演しています。

映画『トイ・ストーリー2』ではジェシーの声を担当し、アニー賞を受賞。再度『トイ・ストーリー3』でジェシーを担当しています。

2018年公開予定の『トイストーリー4』でもジェシーを演じます。

クラスの優等生サマー役のミランダ・コスグローヴが可愛く成長?!

1993年5月14日生まれのアメリカ合衆国の女優です。『スクール・オブ・ロック』で優等生サマー役を演じ、映画の中では歌うことができなかったミランダ・コスグローヴですが、現実の世界では歌の才能があり、シンガーソングライターとしても活躍中です。

テレビドラマ『icarly』では主役をつとめ大人気となりました。同ドラマの主題歌「リーヴ・イット・オール・トゥ・ミー (Leave It All to Me)」で歌手としてデビューしています。

天才ギタリスト、ジョーイ・ゲイドスの現在は?

1991年4月18日生まれのジョーイは、3歳でギターをはじめます。8歳の時にミシガンで「day jams」とよばれるキャンプに参加。ミュージックビデオを作製したのをみた『スクール・オブ・ロック』の関係者が彼に声をかけました。彼が10歳の時のことです。

その後、演技の道ではなく、音楽家として順調に活躍中のようで、テレビの音楽番組にジャック・ブラック、ジョン・メイヤーなどと出演したり、アルバムをリリースしているようです。

ドラマーのフレディ・ジョーンズは12年間で太った?

1988年12月3日イリノイ州に生まれたケヴィンは、3歳からドラムをはじめ小学5年生になるまでレッスンを受けたことがありませんでした。彼の素晴らしいドラマ―としてのパフォーマンスは、観客からスタンディング・オベーションが起こるほどです。

2003年の映画出演後は、俳優として公共の場にでることはなく、高校のジャズバンドのメンバーで演奏をしたり、ガレージバンドを結成しながら音楽活動をしています。

バンドでコーラスを務めた3人の現在

ケイトリン・ヘイル

マルタ役のケイトリンは、1991年2月9日コネティカットで生まれました。

2013年アリゾナ州立大学でジャーナリズムとマスコミュニケーションを専攻し、卒業しています。彼女は2007年の映画『アクロス・ザ・ユニバース』でルーシーの妹役で出演しています。

アリーシャ・アレン

アリシア役のアリーシャは、1991年4月28日ニューヨーク州で出身です。4歳からコマーシャルなどに出演。6歳の時に、子供番組『ブルーズ・クルーズ』に出演、その後『Out of Box』というテレビ番組でレギューラを務めました。

現在、シンガー、バレリーナ、女優として活躍中で、2015年現在アメリカのテレビ番組『Yo Gabba Gabba! 』でCheeboの声を担当しています。

マリアム・ハッサン

トミカ/ソングバードを演じたマリアムは、1993年1月27日ブルックリン出身です。彼女は、映画『スクール・オブ・ロック』出演後、『Las Cubarauis』というドキュメンタリー映画に作曲家として携わっています。

一番キャリアを伸ばしたのは実はこの人!サラ・シルバーマン。

ネッドの恋人パティを演じたサラ・ケイト・シルバーマンは、1970年12月1日ニューハンプシャー出身のユダヤ系アメリカ人です。

17歳の時、ボストンでスタンダップ・コメディーをはじめた彼女は、しばしば人種差別、宗教など論争になりがちなタブーな題材を取り扱います。

2003年の『スクール・オブ・ロック』出演以前から多数の映画、テレビで活躍してきた彼女は、2007年に自身の名前がついたホームコメディ番組『サラ・シルバーマン・プログラム』で、視聴者数180万という大成功を収めます。

サラが出演してきた主な映画、『メリーに首ったけ』『プロポーズ』『エボリューション』『レント』『荒野はつらいよ 〜アリゾナより愛をこめて〜』テレビ番組、『サタデー・ナイト・ライブ』『名探偵モンク』などがあります。

10周年記念にはみんなで集まり、パーティーを開催!

2013年に、映画『スクール・オブ・ロック』から10周年目を迎えて主演メンバーが集まりました。当時小学生だった子供たちもすでに大学などを卒業している年齢で、また俳優業に戻りたい子もいたそうです。

スクール・オブ・ロック2の噂は?

2013年10周年リユニオンの時に、ジャック・ブラックは『スクール・オブ・ロック2』についてきかれ、「続編をやるのは厳しいと思う」と答えています。というのも、彼にとってこの映画は最高の出来上がりだったからとのこと。

ジャック・ブラックの考えはちょっと残念ですが、2015年12月6日にブロードウェイ・ミュージカルとして『スクール・オブ・ロック』が開幕します。日本でも公演があるといいですね。