2017年3月10日更新 125,674view

モンスターズ・インクの少女ブー、衝撃の秘話10選

2001年のディズニーピクサー作品『モンスターズ・インク』に登場する少女ブーにはあまり知られていない秘話や裏話がたくさん隠されていました。今回はモンスターズ・インクの少女ブー、衝撃の秘話10選を紹介します。

1.ブーは怖がらせ屋のエキスパート!?

ブーの初期設定は現在知られているものとはかなり異なるものだったそうです。

ある時点のブーは乳児ではなく幼児で、モンスターと共にチームを組む怖がらせ屋のエキスパートでした。幼児のブーは9歳年上のイタズラっ子の兄から日常的に驚かされていたため、人を驚かせるスキルを身に付けた少女だったようです。

2. ブーの本名!?

ブーの限られたキャブラリーによってマイクとサリーは彼女のことを“ブー”と呼び、劇中ブーの本名が明かされることはありませんでした。しかし、映画の中にブーの本名のヒントが隠されていました。

まず、ブーの描いた絵に“メアリー”というサインが書かれていました。また、ブーの声を担当した赤ちゃんの名前がメアリー・ギブスです。

3.ブーの部屋にピクサーキャラクターが登場!?

ピクサー作品には過去に登場したキャラクターや未来に登場するキャラクターが隠れていることで知られています。それは『モンスターズ・インク』も例外ではありません。

ブーの寝室にルクソーJrのボール、ジェシー(『トイ・ストーリー2』)ニモ(『ファインディング・ニモ』)などのおもちゃが隠されていました。

4.ブーが唄っていたのはディズニーの名曲だった!?

サリーとマイクがブーをトイレに隠すシーンでブーは歌を唄っていました。その時、ブーが唄っていたのは1991年のディズニーアニメ『美女と野獣』の挿入歌『美女と野獣』です。

5.『トイ・ストーリー3』にブーが登場している!?

ファンの間で、『トイ・ストーリー3』にブーが登場しているという都市伝説が広がっていました。サニーサイド保育園チョウチョ組にいた少女のひとりが少し成長したブーだと推測したようです。

その少女は青い猫のぬいぐるみで遊び(ブーがサリーにつけたニックネームがにゃんにゃん)、“ブー”という言葉を発していました。

しかし、『トイ・ストーリー3』の監督リー・アンクリッチはこの少女がブーと同一人物であることを否定しました。

6.ブーの声は遊びながら録音していた!?

『モンスターズ・インク』が制作されていたとき、ブーの声を担当したメアリー・ギブスは2歳半でした。録音ブースに立たせてセリフを読ませるには小さすぎたため、彼女が遊んでいる音声を録音して対応していたそうです。

7.ブーの声が他のピクサー作品でリサイクルされていた!?

いくつかブーの泣き声や叫び声が他のピクサー作品に再利用されていたそうです。2015年のピクサー作品『インサイド・ヘッド』のライリー・アンダーソンの幼少期にブーの声が再利用されていました。

『インサイド・ヘッド』のクレジットにはメアリー・ギブスの名前がしっかり記載されています。

8.『モンスターズ・インク』続編にブーは登場する予定だった!?

元々『モンスターズ・インク』の続編はプリクエル(『モンスターズ・ユニバーシティ』)ではなく、10年後の設定で製作される予定だったそうです。

プロットは、マイクとサリーがブーの誕生日を祝うために人間世界へと向かう。しかし、ブーの家族はすでに引っ越していてブーがいるはずの部屋には老婆が寝ていた。ふたりはブーの新居を探すため冒険へ出かける。ふたりは人間世界をさまよいブーを発見するが、ブーは成長してモンスターを信じなくなっていた。マイクとサリーが元の世界へ戻る方法はただひとつ、ブーをもう一度笑わせることだけだった。

『モンスターズ・インク』の感動的なエンディングを台無しにしたくないと感じたジョン・ラセターがこの案をボツにしたそうです。

9.ブーが少年なる可能性があった!?

『モンスターズ・インク』制作初期段階の時、ブーのキャラクターは少女ではなく8歳の少年になる可能性がありました。その時につけられた名前はレイモンドだったそうです、

10.ブーは森の魔女!?

ピクサー作品の世界は時代が異なるだけで全部繋がっているという説があります。その説を膨らませたファンは『メリダとおそろしの森』に出てくる森の魔女がブーだと推測しました。

(注:ここから先は推測です。)
『モンスターズ・インク』の後、ブーはずっとサリーに再び会いたいと願い続けていた。年を取ったブーはサリーとマイクがモンスターズ株式会社からブーの家に訪れる時に使ったドアから、タイムトラベルの方法を開発。鬼火がサリーと会える方法だと思い込んだブーは千年前のスコットランドに向かった。

これは仮説にすぎませんが、魔女の部屋にサリーの木彫りの絵がある、ドアが閉まる度に魔女が消えるなど全く根拠がない訳ではありません。

この記事はこちらの特集に含まれています。

ディズニーキャラクター特集
ピクサー特集

PAGE TOP

カテゴリー一覧