2017年1月14日更新 232,314view

実写映画『3月のライオン』が2部作で公開!あらすじ・キャスト最新情報!

羽海野チカの人気漫画『3月のライオン』が2017年に神木隆之介主演で実写映画化されます。まだあまり情報公開がされていませんが、情報が出次第、キャストなど最新情報を更新していきます!

羽海野チカの人気漫画『3月のライオン』が実写映画化!

『ハチミツとクローバー』で知られる羽海野チカの将棋を題材にした人気漫画『3月のライオン』の実写映画が前後編の2部作で2017年に公開されることが決定しました!前編は3月18日に、後編は4月22日に公開されます。

本作は2016年10月からNHK総合にてテレビアニメとしても放送されています。主人公の高校生プロ棋士・桐山零は神木隆之介が演じます。

『3月のライオン』あらすじ

『3月のライオン』

出典: lineblog.me

主人公の桐山零は17歳のプロ棋士。プロ1年目で5段に昇格した早熟な才能の持ち主です。しかし、将棋の世界の外では、高校に1年遅れで入学し、周りに馴染めず孤立するなど、あまりうまくいっていませんでした。

また、将棋に関しても2年目になって壁にぶつかってしまいます。近所に住む川本家との交流などを通じて、零は苦悩と葛藤を抱えながらも少しずつ成長していきます。

あのシーンも!予告編が到着

見所がいっぱい詰まった、新たな予告編が公開されました。豪華なキャストが入れ替わり立ち替わり登場し、その一人一人の思いが垣間見えてくる予告編に本編がますます楽しみになりますね。

この作品の魅力はなんといっても登場人物たちがみんな葛藤しながら、成長していく様でしょう。様々な立場の人間のそれぞれの思いを抱えており、触れ合ったりぶつかったりしながら各々こたえを見つけていきます。1分30秒ほどの予告編の中にも、漫画で見覚えのあるシーンが含まれており、原作ファンの方としては早く全体像が観たいという思いが強まったのではないでしょうか。

実写映画『3月のライオン』キャスト

桐山零/神木隆之介

『3月のライオン』

(C) 2017 映画「3月のライオン」製作委員会

主人公の桐山零を神木隆之介が演じます。内にライオンを秘める若き才能あふれる棋士である零は、幼いころに両親をなくし、父の友人のプロ棋士幸田に引き取られたという過去があります。原作では、幸田の家を出て一人暮らしをしているという設定でしたが、映画ではどうなるでしょうか?

『るろうに剣心』『神さまの言うとおり』『脳内ポイズンベリー』『バクマン。』と漫画原作の映画に出演し、いずれの作品でも存在感を示していた神木隆之介。『3月のライオン』に関しては、原作のファンであるとも語っており、これ以上ないベストキャスティングといえるでしょう。原作ファンも神木くんなら納得!?

2016年は4月には門脇麦とのダブル主演作『太陽』が公開、6月には宮藤官九郎監督作品『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』に主演、8月には新海誠新作アニメ映画『君の名は。』で主人公の声をつとめました。

2017年は『3月のライオン』のほかに、『ジョジョの奇妙な冒険』の実写映画に広瀬康一役で出演することが決定しています。

その他豪華すぎるキャストも決定

川本ひなた/清原果耶

『3月のライオン』2巻

桐山零がよく夕食を一緒に食べる川本家の次女。本作のヒロインです。物語開始時は中学2年生で、9巻からは高校生になります。

クラスのいじめを止めようとする強い心を持っており、中学生にしてお金を稼ぐことの大変さを知っているなど大人びた面もありますが、恋愛に関しては小学生レベルです。

清原果耶

出典: deview.co.jp

500人ものオーディションを勝ち抜き、本作ヒロインの座を射止めたのが清原果耶です。ファッション誌『nicola』でモデルとしても活躍中の清原。役者デビュー作となった、NHKの朝ドラ『あさが来た』で女中のふゆを演じ注目を集めました。

今回演じる純真なイメージのヒロイン・川本ひなたにも期待ができそうです。

川本あかり/倉科カナ

『3月のライオン』3巻

川本家の長女あかりは20代前半ですが、母が早くになくなってしまい、父もいなかったため、ふたりの妹の親代わりのような存在になっています。家事をしながら、祖父の経営する和菓子屋を手伝う一方、伯母の経営するクラブでホステスとしても働いています。

倉科カナ02

出典: lwoyr.com

長女あかりを演じるのは倉科カナです。『名前をなくした女神』や『私が恋愛できない理由』など多くのドラマに出演する人気女優の出演に期待が高まります。

原作はずっと読んでいて、もし演じるなら、いつかは「あかりさん」を演じたいなっと思っていたので、お話を受けてとても嬉しく、ただ、とてもプレッシャーに感じました。でも、そのプレッシャーを糧にして、楽しみながら演じたいと思います。

川本モモ/新津ちせ

新津ちせ

川本家、保育園児の末っ子モモは、一見するとあかりと親子にも見えますが、姉妹です。そんな川本家の天使のような存在である川本モモを演じるのは新津ちせです。

きよらの卵のCMに登場する猫の声を当てており、映画『ピンクとグレー』に出演した子役です。

島田開/佐々木蔵之介

『3月のライオン』4巻

桐山零が参加することになる研究会を主宰するA級棋士。8段で、プロ棋士の中でも屈指の実力を誇りますが、華がないと言われています。髪の毛が薄いことがコンプレックス。後輩にはよく慕われています。

佐々木蔵之介

他の棋士からも慕われるが地味な島田開を演じるのは佐々木蔵之介です。参加に際し以下のようなコメントを出しています。

映画『3月のライオン』に参加させて頂くことを、心より光栄に思います。私が演じる島田開八段は、原作の漫画でも、とても魅力的な人気あるキャラクターの一人です。羽海野チカさんの、原作ファンの皆様のご期待に応えられるのか、島田八段のごとく胃がキリキリ痛んでおります。劇場公開、楽しみにしてください。

宗谷冬司/加瀬亮

加瀬亮

出典: eiga.com

史上初7大タイトルを制覇するなど、棋士のトップに君臨し続ける天才的な才能を持つ宗谷冬司。原作では独特な空気感を醸し出す宗谷を演じるのは加瀬亮です。『それでもボクはやってない』や『SPEC』シリーズなどが代表作にあります。個性的な独特な演技をする加瀬亮に期待したいです。

将棋の撮影は思ったより過酷で、スタジオの食堂で食券を渡す時に人差し指と中指で挟んで渡してしまうくらい疲れています。

後藤正宗/伊藤英明

伊藤英明

強面のA級プロ棋士である後藤正宗役には伊藤英明が決定しました。代表作には『海猿』シリーズなどがあり、筋肉質な綺麗な体格を持つ彼には強面が似合います。

撮影に参加したコメントを以下のように発表しています。

繊細さと豪快さを持った、憧れの大友組に参加できる喜びを感じながら、今回初めて棋士の役を演じさせて頂きました。対局の場面をやっていくうちに、ただ将棋を指すだけではなく一手一手に意味と感情があり、男と男の勝負の世界にどっぷり浸かっていくのにゾクゾクしました。

相米二/前田吟

前田吟

川本家3姉妹の祖父で和菓子屋を経営する相米二を前田吟が演じます。代表作の『男はつらいよ』シリーズのほか、ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』や『マッサン』などにも出演しています。

幸田柾近/豊川悦司

豊川悦司-2

出典: jisin.jp

棋士だった主人公・零の父親の親友である幸田柾近は、家族をなくした零を内弟子として引き取り、棋士として愛情を持って育てました。

幸田柾近を演じるのはベテラン大物俳優・豊川悦司です。若い役者たちをどっしりと脇で支えてくれることでしょう。

幸田香子/有村架純

有村架純

主人公・零を引き取った幸田家の長女・幸田香子。零を引き取った後、父親の愛情を奪われてしまったと感じており、零に対しては辛辣な態度をとるなど複雑な感情を抱いています。

そんな難しい役どころを演じるのはNHK朝ドラの主演も決定した、今ひっぱりだこの女優・有村架純です。

林田高志/高橋一生

高橋一生・画像

出典: omoshii.com

零が通う駒橋高校教師で、自身も将棋が大好きな林田高志。零の才能にもいち早く気が付きます。

林田先生を演じるのは、2016年だけでも映画『シンゴジラ』やドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』『僕のヤバイ妻』等話題作に出ずっぱりの高橋一生。イケメン名脇役として本作の演技にも注目です。

神宮寺崇徳/岩松了

岩松了

日本将棋連盟の会長を務め、第16世名人として新人の才能が育つことを楽しみとしています。釣りが趣味で陽気な性格であり、宗谷を公私共にサポートします。

そんな神宮寺を演じるのは岩松了です。ドラマ『時効警察』シリーズ等に出演しているほか、映画やドラマの脚本や監督も務めています。

柳原朔太郎/斉木しげる

斉木しげる

60歳を超えてもなお第一線で活躍する現役最年長の棋士・柳原朔太郎を斉木しげるが演じます。

大竹まことときたろうと共にコントユニット「シティーボーイズ」を結成し、近年でも約毎年のペースでライブを行っている他、俳優の活動もコンスタントに行っています。

三角龍雪/中村倫也

中村倫也

通称「スミス」と呼ばれる零の先輩棋士、三角龍雪。零を後輩としてかわいがる一方で、棋士としては一目置いています。

三角を演じる中村倫也は2005年にデビューし、2016年には2度目の映画主演を『星が丘ワンダーランド』で務めました。

松本一砂/尾上寛之

尾上寛之

攻撃的な棋風で、三角と仲がいい棋士の松本一砂は尾上寛之が演じます。

尾上は、1994年に子役としてNHK連続テレビ小説でデビューし、その後も何度も朝ドラに出演しています。『ROOKIES』の今岡忍役で一気に知名度を上げました。

山崎順慶/奥野瑛太

奥野瑛太

スキンヘッドに眉ナシという風貌の五段棋士・山崎順慶。零の新人戦の相手となります。

そんな山崎を演じるのは、奥野瑛太。2009年に俳優デビューを果たしました。未だ主役の作品はないようですが、コンスタントに俳優活動を行っており、これから注目の俳優です。

安井学/甲本雅裕

甲本雅裕

負けると家庭でDVを行うなど、かなり気性が荒い棋士の安井は、甲本雅裕が演じます。

自身は俳優として活動していますが、実の兄はTHE BLUE HEARTSのボーカル、甲本ヒロトです。甲本雅裕はNHK大河ドラマや朝ドラ等に多数出演しているほか、多くの作品に名脇役として出演しています。

川本美咲/板谷由夏

板谷由夏

川本美咲は川本家3姉妹の叔母で、将棋連盟関係者や棋士が多く利用する銀座のスナックを経営しています。

美咲を演じるのは板谷由夏です。1994年にモデルとしてデビューしましたが、1999年には女優としてもデビューし、その後多くのドラマや映画に出演しています。

二海堂晴信には染谷将太。再現度が凄すぎる!

3月のライオン 染谷将太

出典: natalie.mu

原作でもおなじみの零のライバル、二海堂晴信役を演じることになったのは、俳優の染谷将太。

細身でイケメンのイメージが強い染谷が二階堂…?と不安になった原作ファンもご安心ください!公開されたビジュアルでは、その再現度の高さがうかがえます。

特殊メイクでぽっちゃりしたキャラクターになりきっています。ますます作品を見るのが楽しみになりますね!

染谷は

いろんな意味で本当に映画の中でしか会えない二海堂くんが誕生しました。染谷の事は忘れてください、それが本望です。
引用:natalie.mu

と、意気込みを見せています。

二海堂晴信ってどんなキャラ?

『3月のライオン』6巻

自称桐山零のライバル。心友と書いてライバルと読みます。零とは幼いころから対局してきた仲で、島田の弟弟子。裕福な家の子息ですが、腎臓が悪く、長期戦になると体調が悪化してしまうことがあります。

二階堂抜きの『3月のライオン』はありえないといっていいほど、重要なキャラクターです。

神木隆之介演じる桐山零の姿が公開!

3月のライオン

2017年に公開される『3月のライオン』の新たに公開された場面写真では、主人公の桐山が桜の前で複雑な表情を浮かべながら立っているシーンが公開されました。

桐山のもつ悲しさや孤独がにじみ出た場面となっています。

桐山零役は神木隆之介以外考えられないほどのはまり役!

神木隆之介『3月のライオン』

出典: getnews.jp

今作で桐山零役に抜擢された神木隆之介は、当時まだ2歳だった1995年のCMデビューを皮切りに、1999年のテレビドラマ『グッド・ニュース』でドラマデビューを果たし、幼少期から子役・俳優として最前線で活躍してきました。そして本作である桐山零は、幼いころの境遇から将棋の道に入り中学生でプロに昇段した若手棋士です。

監督の大友啓史は、神木隆之介の幼少時からのキャリアが主人公・桐山零というキャラクターと重なるのではないかと考えたことが、起用の理由だと語りました。

『るろうに剣心』のとき、呼吸するように芝居をしていた。神木くんは演じることで救われてきたんじゃないかと思う瞬間がけっこうあって、祈りに近いような感じだった。そんな彼が零くんを演じたら、“フィクションの申し子”の実の顔がどこかでのぞかないかななんて。そういう意味じゃハマり役です

公開された画像からも主人公・桐山零の背負うものの重さがしっかりと滲み出ています。大友啓史監督も太鼓判を押す配役である神木隆之介の演技に大注目です。

監督は『るろうに剣心』の大友啓史

大友啓史

出典: eiga.com

映画『るろうに剣心』シリーズの監督として知られる大友啓史は、実は人気を博した朝ドラ『ちゅらさん』などの演出も手掛けていました。また、2016年には生田斗真主演の『秘密 ―トップ・シークレット―』と小栗旬主演の『ミュージアム』と2本の監督作品が公開されています。

映画『3月のライオン』の主題歌が決定!

ぼくのりりっくぼうよみ

©bokuriri.com

映画『3月のライオン』の主題歌と担当アーティストが決定しました!主人公・零の葛藤を描いた怒涛の前編の主題歌を担当するのは、弱冠18歳の若手ミュージシャン・ぼくのりりっくぼうよみ。

2014年に若手ミュージシャンの登竜門である「閃光ライオット」のファイナリストに選出され注目を浴び、2015年に現役高校生シンガーとしてデビューしました。『3月のライオン』の主題歌となる曲の名前は「Be Noble」。自身初の映画主題歌であり、本作のために書き下ろした曲となっています。

以下ぼくのりりっくぼうよみのコメントです。

主人公の零君が、必死に足掻き自分の居場所を求める様子に感動しました。
その姿から、Be Noble(=気高くあれ)というタイトルを思い付きました。
エンドロールに流れるこの曲とともに、
観終わった皆さんの中で、本編の余韻がより深く響いていくことを願っています。

藤原さくら

零と周りの人々が未来に向かって歩み出す後編の主題歌を担当するのは藤原さくら。2014年、高校生の時にインディーズデビューを果たしました。そして翌年には「Just one girl」が広瀬すず主演ドラマ『学校のカイダン』の挿入歌として採用され、メジャーデビューを果たしました。また、2016年には月9ドラマ『ラヴソング』に重要な役柄で出演し、主題歌も担当しました。

藤原さくらが歌う映画『3月のライオン』の主題歌は「春の歌」。ロックバンド・スピッツの曲のカバーとなっています。この曲は原作者の羽海野チカが本作のイメージソングのように位置付けている曲だとのことです。

以下藤原さくらのコメントです。

登場する人たちが、皆ひたすら人間らしく、愛おしい、「3月のライオン」。
原作がもともと大好きだったので主題歌のお話を頂き夢のような気持ちでした。
本作の原点にもなったというスピッツさんの「春の歌」に作品から受け取った
愛を込められて心から幸せに思います。

プロ棋士の世界をちょっと紹介!

『3月のライオン』8巻

『3月のライオン』は将棋のプロの世界を描いていますが、多くの方にとってあまりなじみ深い世界ではないでしょう。そこで簡単に紹介させていただこうと思います。

順位戦

プロの棋士の世界には順位戦というものがあります。勝率が高ければ順位が上がり、低ければ下がります。上から「名人」「A級」「B級1組」「B級2組」「C級1組」「C級2組」となるので、A級棋士の島田は名人の次くらいに強いということになります。主人公の桐山零は原作9巻でC級1組からB級2組に昇級しました。

棋士の収入は?

名人クラスになると1億円(実際の棋士で一番年収が多い羽生善治は約1億円)くらいと言われています。作中ではC級1組からB級2組に昇級した桐山の年収が780万となっていましたので、A級になると、最低でも年収1000万にはなるだろうと思われます。

原作漫画は未完。映画版のラストはどうなる?

3月のライオン

『3月のライオン』は中学生にしてプロ棋士となった主人公桐山零が将棋を通して他の人と触れ合い成長してゆく物語。作者は『ハチミツとクローバー』の羽海野チカです。

原作の漫画は現在進行中であり、実写映画公開のほかにも、アニメも放送されています。

原作が完結していない状態でアニメ・実写映画化が進むなか、実写映画の結末について大友啓史監督は、原作者の羽海野チカが目指すラストを聞きながら脚本すると語っています。

漫画・アニメ・実写映画と、話の結末が気になる作品です。

原作『3月のライオン』は将棋漫画というより少年の成長ドラマ!

『3月のライオン』11巻

将棋、と聞いて、「将棋とかよくわかんな~い」と思ってしまったあなた。大丈夫です。本作『3月のライオン』は将棋がわからなくても楽しめる作品です。本作で描かれるのは、「将棋」を人生のすべととらえていた少年が、周囲の人々と交流し愛を知ることで将棋と改めて向き合い、また自身に向き合っていく成長の物語です。

そういった意味で本作は、将棋漫画というよりも、少年の成長ドラマであると言えるでしょう。

『ハチミツとクローバー』同様、あたたかみのあるタッチで、かわいげのあるキャラクターが魅力的に描かれているので、ハチクロファンにはおすすめできる作品になっているだろうと思います。

映画『3月のライオン』は前編は2017年3月18日に、後編は2017年4月22日に公開されます。

この記事はこちらの特集に含まれています。

少年漫画原作の実写映画特集
参考URL
eiga.com

PAGE TOP

カテゴリー一覧