映画『シンゴジラ』にこっそり出演していたキャストまとめ【総勢328人から厳選】

2017年7月6日更新

2016年の国内映画興行収入第3位となった大ヒット作『シン・ゴジラ』。あの「ゴジラ」が久々に邦画へ復活しただけでなく、総勢328人というキャストの多さも話題に。誰がどのシーンに登場したのか、328人のキャストから厳選してまとめました。

実はあの人も?密かに『シンゴジラ』に出演していた俳優たち

約12年ぶりに邦画で製作されるゴジラ映画、『新世紀エヴァンゲリオン』で多くのファンを持つ庵野秀明が総監督・脚本を担当、2016年度興行収入第3位、など、様々な話題を振りまいた『シンゴジラ』。

『シンゴジラ』は、実はキャスティングが328人と驚く程の人数が映画に関わっていた作品でもあります。いつもは主演で活躍する俳優から、ベテランの個性派俳優まで、「この人も?」と思う出演者が目白押しの『シンゴジラ』。今回はその中から印象的な28人を厳選して選びました。

池田/斎藤工

斎藤工

多摩川を防衛線として、自衛隊員が2度目のゴジラの上陸を食い止めようとした通称「タバ作戦」。斎藤工は、「タバ作戦」に参加した自衛隊員で第1戦車中隊長の池田役で出演。戦車に乗ってゴジラと激戦を繰り広げますが、結局多摩川を越えたゴジラに戦車ごと踏みつぶされるという衝撃の結末になってしまいました。

演じる斎藤工は1981年8月22日東京都生まれ。フジテレビ系ドラマ『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』で、上戸彩と不倫の恋に落ちる北野役で人気が出ました。近年は主役級の役が多く、『シン・ゴジラ』の池田役は気づかない方も多かったとか。2017年も映画版『昼顔』の公開が6月に控えています。

西郷/ピエール瀧

ピエール瀧、電気グルーヴ

多摩川でゴジラを食い止めようと実施された「タバ作戦」。西郷は作戦を指揮する隊長として多摩川浅間神社の前線指揮所へ待機します。作戦は失敗し自衛隊側に甚大な被害が出ますが、それでも落胆する部下達を励ます頼もしい上官です。

演じたピエール瀧は1967年4月8日静岡県出身。テクノバンドの電気グルーヴのメンバーとして、1989年から音楽活動をしていますが、近年はNHKドラマ『64(ロクヨン)』、映画『アナと雪の女王』、『海賊とよばれた男』など、俳優から声優まで幅広く活動する機会が増えています。

村崎/KREVA

KREVA演じる村崎は第2戦車中隊長。多摩川河川敷でゴジラ上陸を食い止めるために実施された「タバ作戦」に参加しますが、結果として失敗に終わります。

演じるKREVAは1976年6月18日東京都出身。ヒップホップグループKICK THE CAN CREWの元メンバーで、活動休止後はソロ活動をしています。2005年に俳優として『ローレライ』でデビュー。『シン・ゴジラ』は記念すべき4作目の出演作品になります。

消防隊隊長/小出恵介

小出恵介

ゴジラ上陸のパニックで混乱する北品川。小出恵介はこの消防隊の隊長役を演じています。逃げまどう人々を誘導しながら、市民がさらに安全な避難ができるように無線で指示を仰ぐなど、正義感を感じる役です。

演じる小出恵介は1984年2月20日東京都出身。2005年の映画『パッチギ!』、2006年のフジテレビ系ドラマ『のだめカンタービレ』の個性的な役柄で注目を集めます。これまで様々なTV・映画に出演していますが、2017年も妻夫木聡主演のミステリー『愚行録』や青春ドラマ『ハルチカ』など、話題作への出演が相次いでいます。

芦田/石垣佑磨

石垣佑磨

芦田は自衛隊の第2飛行隊第1小隊長。蒲田から北品川へと移動したゴジラですが、その変形を遂げた姿を見て芦田は「目標が報告と違う!」と連呼します。さらに攻撃前に逃げ遅れた住民の存在が確認されたため、人命の安全のためにゴジラ攻撃は中止されました。

演じる石垣佑磨は1982年8月28日岐阜県出身。日本テレビ系ドラマ『ごくせん』で知名度が上がり、映画やTVドラマに出演します。2008年に暴行事件を起こして逮捕されたため、一時芸能界を自粛しましたが、その後は復帰し、本作にも出演。「目標が報告と違う!」は作中の名ゼリフとしても有名です。

避難する女性/前田敦子

冒頭、ゴジラが原因で崩落事故が発生した東京湾アクアライン。前田敦子の役は、アクアライン走行中に事故に巻き込まれた女性です。ネットの動画サイトさながらの画面で撮影された東京湾アクアラインの混乱状態の中で、不安そうな表情の彼女が一瞬映ります。

演じた前田敦子は1991年7月10日千葉県出身。AKB48のメンバーとして絶大な人気を誇り、2013年からはソロで女優や歌手活動を行っています。2017年も日本テレビ系ドラマ『銭形警部』や映画『武曲 MOUKOU』に出演するなど、女優としてのキャリアを着実に積んでいるようです。

広田静子/片桐はいり

片桐はいり

広田静子はベテランの官邸の清掃担当職員。連日ゴジラ対策のために官邸に寝泊まりしている人々のために、おにぎりを作って振る舞う、とても世話好きな性格です。

演じる片桐はいりは1963年1月18日東京都生まれ。大学在学中に、劇団ブリキの自発団に入団して女優活動を開始します。芸名は『アルプスの少女ハイジ』に由来するとの事。1980年代から多くの映画・テレビドラマに出演し、安定感のある演技で知名度を上げました。2017年は1月公開の『僕らのごはんは明日で待ってる』に出演しています。

三木幕僚長/橋本じゅん

橋本じゅん

朝霞を拠点にし、関東方面を防衛する東部方面総監。三木は朝霞駐屯地を補佐する幕僚長であり、同駐屯地の戦闘指揮所でゴジラ対策の現場指揮を担当します。

演じる橋本じゅんは1964年2月25日兵庫県生まれ。大学在学中から劇団☆新感線に参加して看板俳優として名を上げると同時に、TVドラマにも進出して全国的にも知名度を高めます。2017年もすでにNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』に出演中。4月からは波瑠主演の『あなたのことはそれほど』に出演予定です。

安田龍彥/高橋一生

『3月のライオン』林田高志(高橋一生)

©2017映画「3月のライオン」製作委員会

文部科学省に勤める男性。ゴジラ対策のため政府が設立した「巨大不明生物特設災害対策本部(略して"巨災対")」メンバーに抜擢され、「オタク」として紹介されます。当初は自分の能力に自信ありげですが、尾頭(市川実日子)と意見が食い違った時、にらまれたら及び腰になるなど、ちょっと憎めないキャラクターです。

演じる高橋一生は1980年12月9日東京都出身。90年代から俳優活動を開始し、1995年のスタジオジブリ製作のアニメ映画『耳をすませば』で声の出演、特撮映画、時代劇など幅広く出演をしています。2017年は1月クールのTBSドラマ『カルテット』で人気を集めました。同時に『おんな城主 直虎』にも出演中です。

間邦夫/塚本晋也

鉄男

安田と同じく巨災対に抜擢された国立城北大学の准教授。「学会の異端児」と紹介されます。巨災対では、生物学者としてゴジラの生態を分析を担当します。

演じる塚本晋也は1960年1月1日東京都出身。映画監督として1979年に『蓮の花飛べ』でデビューします。その後1989年の映画『鉄男』や、1999年には江戸川乱歩原作の『双生児 -GEMINI-』などを公開します。その一方で俳優として映画に出演することもあり、今回は特撮ファンとして『シン・ゴジラ』の出演を楽しんでいたようです。

立川始/野間口徹

巨災対に「変わり者」として抜擢された資源エネルギー庁の電力・ガス事業部原子力政策課長。ゴジラのエネルギー源に対して常に疑問を持ち、それが生態解明へとつながっていきます。それがヤシオリ作戦への重要な糸口へとつながっていくため、ある意味キーパーソン的な存在です。

演じる野間口徹は1973年10月11日福岡県出身。コントユニット「親族代表」で芸能活動を開始し、2007年に出演したフジテレビ系ドラマ『SP 警視庁警備部警護課第四係』で注目されます。2017年も出演作は多く、阿部サダオ主演のTBSドラマ『下剋上受験』放送後、フジテレビ系ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』に出演予定です。