2017年1月25日更新 21,651view

おすすめバトルアニメランキング29選!

熱き闘いを繰り広げながら、多様なストーリ展開をするバトルアニメ。北斗の拳などの1980年代の作品から、2016年の作品まで、オススメの29作品をご紹介します!学園ものやSF、ファンタジー、まであなたの好みの作品が見つかること間違いなし!?

バトルアニメは学園ものから恋愛ものまで!

one-piece

一口に「バトルアニメ」といっても、数え切れないほど色々な物語がありますが、今回はその中からおすすめの29作品の魅力をお伝えしていきます!

年末年始やお盆休みの長期休暇や、暇を持て余した時等、空いた時間に楽しめること請け合いです。

1.ソードアート・オンライン

640-8

(C)2016 川原礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAO MOVIE Project

今よりも少し科学が進んだ時代、VRゲームは発展し、プレイヤーによりリアルな体験を味あわせるものになっていました。そんな中、オンラインゲーム「ソードアート・オンライン」の正式サービスが開始。

主人公であるキリト含め、1万人のプレイヤーはサービス開始の当日、理想的でパーフェクトな仮想空間を楽しんでいました。しかし開発者はプレイヤー達の神経と繋がっているシステムを悪用し、プレイヤー達をログアウト出来ない状態にしてしまいます。

脱出するには浮遊城アインクラッドの頂点、100層目に到達し、ボスを倒すしかない、という状況で多種多様な人々が織り成す行動とドラマには驚きや感動を与えられることでしょう。

2.HUNTER×HUNTER

ハンターハンター:1

『幽遊白書』等で有名な冨樫義博が週刊少年ジャンプで執筆している同名の漫画が原作のこの作品、1999年にはフジテレビ系列、2011年には日本テレビ系列で、それぞれアニメが制作されています。

主人公の少年ゴンが父を捜すため「ハンター」を目指すところから物語が始まるのですが、魅力的なのは広大な世界観と、「念能力」を使ったバトルでしょう。

特にバトル面では「念能力」による映像的な面白さに加え、個人毎に異なる能力(しかも条件や制限付きのものがほとんど)を使い、どのようにして相手を倒すのか、という推理めいた楽しみ方をすることも出来ます。

3.魔法科高校の劣等生

魔法科高校の劣等生:1

西暦1995年頃から現実とは違う方向へと歴史が歩んでいった世界を舞台としたアニメで、「超能力」と呼ばれていた力は体系化され「魔法」と呼称されるようになっていました。

西暦2095年、補欠である主人公とエリートの妹が国立魔法大学附属第一高等学校に入学し、学園生活を過ごしていきますが、魔法競技大会や論文コンペなど、学園らしいイベントから、海外まで絡んだ陰謀に巻き込まれる、というスリル満点の戦いまで。様々な形で視聴者を楽しませてくれます。

緻密な世界観に裏付けられた作品であり、SF好きな方も楽しめるのではないでしょうか。2017年には劇場版の公開が決定しています。

4.とある魔術の禁書目録(インデックス)

とある魔術の禁書目録:1

近未来の世界、科学の力を利用する陣営と、魔法の力を利用する陣営が対立している中で、科学側の劣等生、上条当麻の元へ禁書目録(インデックス)と名乗る少女が現れるところから物語が始まります。

禁書目録は魔法側の人間であり、その完全記憶能力をもって10万冊を超える魔道書をその身に背負う存在でした。数多の人間が禁書目録を狙ってきますが、当麻の覚醒や、仲間を得る事で切り抜けていきます。

超能力バトル、といった形で多数のキャラクターが登場。キャラクターの個性と能力バトルが合わさって、作品としての魅力はいっそう輝いています。

5.D.Gray-man

D.Gray-man:1

19世紀末のヨーロッパのような世界が舞台のこの作品は、「AKUMA」とそれに対抗する「エクソシスト」達の戦いを描いた作品です。

「AKUMA」を生み出す者、千年伯爵は世界を終わらせるために暗躍していますが、それを止めようとしているのが、主人公であるアレン・ウォーカーをはじめとする「エクソシスト」達です。「エクソシスト」は「AKUMA」を破壊することの出来る唯一の武器「イノセンス」を手に戦います。

バトルはもちろんのこと、千年伯爵とエクソシストの周りには数々の謎が散りばめられており、少しずつ明らかになっていくのも楽しみ方のひとつでしょう。

2017年現在原作の漫画が完結していませんので、展開を推理するのも良いかもしれません。

6.キン肉マン

キン肉マン:2

人間を超えた能力を持つ「超人」が存在する中で、正義の超人キン肉マンと仲間達の長い戦いを描きます。

プロレスをメインとした戦闘シーンはもちろん、ギャグを交えながらもシリアスな場面では名シーン・名ゼリフと呼ばれるものが数え切れない程出てくるところも魅力の1つでしょう。

続編として、キン肉マンの息子が活躍する『キン肉マンⅡ世』もアニメ化されており、その中では『キン肉マン』に登場したキャラクターが多数出てくるため、ファンには嬉しい作品となっています。

7.PSYCHO-PASS

サイコパス:2

人間の感情や欲望、心理傾向を計測し、数値化出来るようになった未来の世界。システムが計測する「PSYCHO-PASS」と呼ばれるその数値は幸せの指標となっていました。

全く逆の数値として犯罪を犯す状態を「犯罪係数」として測定出来るようになっており、主人公である常守朱をはじめとする公安局の刑事たちは、システムと連動している「ドミネーター」と呼ばれる拳銃を使い犯罪の発生を未然に防いだり取り締まったりしていました。

SF的な世界観と、人間ドラマ、更には世界そのものの謎に溢れた作品で、第1期ではテロリストの戦いを描きながらも世界の不審な点に言及。第2期でその謎に迫っていきます。

8.ONEPIECE

ワンピース:2

主人公であるルフィが、海賊たちの横行する大海賊時代に「ひとつなぎの財宝、ワンピース」を求めて「海賊王」を目指す物語です。「悪魔の実」と呼ばれる不思議な果実を食べる事で異能力を1つ手に入れる事ができ、ルフィは「ゴムゴムの実」で得たゴム人間になれる能力と鍛えて得た力で大海賊時代の世界を駆け上がっていきます。

段々と大きくなってくるルフィの「麦わら海賊団」は、徐々に規模の大きな争いに巻き込まれていくのですが、壮大な世界観や迫力のあるバトルシーン、人々の絆等、見始めたら止めどころを見つけるのが難しい程。世界の成り立ちについての謎、未だ明らかにならない「ひとつなぎの財宝」の正体等、謎解き要素もあり、大人気の作品です。

9.ソウルイーター

ソウルイーター:3

死神武器職人専門学校では、「職人」と「武器」を育てるため、2つをペアとして、99人の悪人の魂と1人の魔女の魂を武器に食べさせる事を試練としています。そうして出来上がった武器は「デスサイズ」と呼ばれ死神の武器になるのです。

主人公マカとその武器ソウル=イーターはデスサイズを目指しているのですが、妖しげな世界で魔女と死神の戦争の渦中に巻き込まれていき最後には月面まで行くことに・・・。

死神・武器・魔女の入り乱れる多様なバトルが見どころです。

10.ギルティクラウン

ギルティクラウン:2

西暦2039年、10年前に発生した「アポカリプスウイルス」と呼ばれるウイルスにより荒廃し、無秩序になった日本は、GHQと呼ばれるアメリカ軍を中心とした組織に統治されていました。

主人公、桜満集はふとした事で憧れていた歌手、楪いのりに出会うのですが、彼女は「葬儀社」と呼ばれるレジスタンスの一員でした。いざこざに巻き込まれGHQの最高機密である「ヴォイドゲノム」に触れ「王の能力」を宿す集はヴォイドと呼ばれる異能力者達の戦いに巻き込まれていきます。

異能力者達のバトルや、大胆なストーリー展開で視聴者に息をつかせない作品です。

11.七つの大罪

七つの大罪:5

リオネス王国の王女、エリザベスは自らの国を救うため、伝説の騎士メリオダスの率いる騎士団「七つの大罪」に助けを求めました。散り散りになっていた「七つの大罪」でしたが集結し、メリオダスに着せられていた濡れ衣を晴らすことに成功します。しかし、敵の影には魔神と呼ばれる存在が見え隠れし、世界の不穏は終わりません・・・。

ファンタジックな世界で描かれる魔法有り、異能力有り、のバトルや、「七つの大罪」を取り巻く人間模様がこの作品の魅力であり、数々の謎が残されているため、今後の展開から目が離せません。

12.fate/stay night

フェイト:2

とある地方都市「冬木」。そこにはあらゆる願いを叶える「聖杯」が数十年に1度顕現すると言われ、その度に7人の魔術師が、7人のサーヴァント(使い魔)と「聖杯戦争」を行ってきたとされています。

主人公である高校生、衛宮士郎は少しだけ魔術の知識がある一般人だったのですが、ある日同級生である遠坂凛の戦いを目撃し、聖杯戦争に巻き込まれていきます。

丁寧に作られた世界観から描き出されるストーリーが魅力を放つこの作品は、同名のノベルゲームが原作。原作の3ルートのうち2本がアニメ化、3本目のHeaven’s Feelは2017年より、劇場版として3部作での公開が予定されています。

13.ワールドトリガー

ワールドトリガー:3

人工28万人の三門市。何の変哲もない地方都市に突如異世界への門が開きました。そこから現れる「近界民(ネイバー)」と呼ばれる怪物に、人類は「ボーダー」と呼ばれる組織を作り対抗します。

主人公、三雲修はボーダーの隊員ですが、隊員の中では凡人と呼ばれるような力しか持っていません。そんな中空閑遊真と名乗る少年が現れ、事態は動いていきます。

「トリガー」と呼ばれる近界民のテクノロジーを使った戦いは、敵だけでなく、ボーダー内でも訓練として使用され、その戦いは非常に面白いものとなっています。また、修や遊真の成長も丁寧に描かれており、多数登場するボーダーのキャラクターたちとの人間ドラマも見逃せないポイントの1つではないでしょうか。

14.聖闘士星矢

聖闘士星矢:3

この世の悪を倒すため現れるという伝説の戦士、それが聖闘士(セイント)です。女神アテナに仕える彼らは、星座に守の聖衣(クロス)に守護され、戦います。

聖闘士達の内部での戦いから、地上を狙う海皇や冥王との戦い等、長い戦いを描いたこの作品、主人公である星矢達の成長や、激しいバトル、美しい聖衣等見どころが盛りだくさんです。

15.ジョジョの奇妙な冒険

ジョジョ:3

名前を略して「ジョジョ」と呼ばれる一族の戦いを描く物語で、2012年から、1部ずつアニメ化されています。

2部までは、波紋と呼ばれる特殊能力の使い手と吸血鬼の戦いを、3部からはスタンドと呼ばれる能力を持った能力者達の戦いを描いており、原作の独特な雰囲気を丁寧に表現しています。異能力バトルはもちろん面白いのですが、原作を読んで再現度の高さを楽しむ、というのも楽しみ方の1つかもしれません。

16.学園黙示録ハイスクールオブザデッド

ハイスクールオブザデッド:1

主人公、小室孝はごく普通の高校生活を送っていたが、ある日、教師と不審者の諍いを目撃します。不審者に噛み付かれた教師は突如正気を失い、不審者と同じように他の人間に噛み付き始め学校はパニックの渦に・・・。

「奴ら」と称されるゾンビ達から逃げ、生き残る術を探す孝達の物語を描くこの作品、いわゆるゾンビパニックものですが、スピーディーな展開と、苦悩しながらも状況に順応し、戦っていく高校生たちから目が離せません。

17.僕のヒーローアカデミア

僕のヒーローアカデミア:2

人類の8割が「個性」と呼ばれる超能力を持つ世界。便利なその力はヴィランと呼ばれる犯罪者達に悪用されてもいましたが、ヒーロー達が「個性」を駆使してヴィラン達を捕えていました。

主人公である緑谷出久は、「個性」が発現しない中学3年生でしたが、憧れのトップヒーロー、オールマイトに出会い、認められた事で彼の「個性」を受け継ぐことになります。ヒーロー教育の名門、雄英高校でのエリート教育。仲間達と切磋琢磨し育っていく出久の向かう先に待っているものとは!?

2016年に第1期が放送され、2017年4月には第2期の放送が予定されています。絶妙な展開と、丁寧に描かれる登場人物達、「個性」を使った熱いバトルの織り成す物語は、視聴者を楽しませてくれること間違いなしです!

18.シャーマンキング

シャーマンキング:1

500年に1度行われる霊能者たちの戦い、シャーマンファイト。主人公麻倉葉は、「楽に生きられる世界」を目指して、シャーマンファイトに参加します。

敵と戦い、時には仲間となり進んで行く葉の前に立ちはだかるは、麻倉家の祖先で最強の呼び声の高いハオ。選ばれしシャーマンだけの世界を作ろうと目論む彼を止めるべく、葉たちはシャーマンファイトと修行を繰り返していくのでした。

仲間の霊を結びつきの強い物に宿して纏う「オーバーソウル」は、アイディアもデザインも秀逸で、魅力的なバトルに彩を添えています。

19.グラップラー刃牙

グラップラー刃牙:3

闘技所の若きチャンピオン範馬刃牙。本作品では刃牙とその父、範馬勇次郎を中心として多数の格闘家達が「地上最強」を目指し、様々な条件下で戦いを繰り広げます。

筋肉を強調した独特のキャラクターデザインと、1億9千万年前の原人との戦いといったような意表をついたバトルで視聴者を惹きつけ、圧倒的な強さを持ち、地上最強の生物とまで言われる範馬勇次郎にどのようにして勝つのか、という命題をどのようにクリアするのか、という点で虜にする、格闘ものの王道のような作品です。

20.犬夜叉

犬夜叉:2

ヒロイン日暮かごめは、家が神社である事を除けばごく普通の中学生。ある日、神社の中にある井戸を通じて戦国時代にタイムスリップしてしまい、妖怪に襲われてしまいます。

逃げているうちに主人公である、妖怪と人のハーフ(半妖)・犬夜叉の封印を解きその場は難を逃れるのですが、そこから、妖怪に強い力を与えどんな願いを叶えると言われる四魂の玉を巡る争いに巻き込まれていきます。

犬夜叉・かごめと、かごめの先祖である桔梗との三角関係や、仲間の弥勒・珊瑚の恋愛模様、といった恋愛要素も楽しみつつ、圧倒的な強さを誇る妖怪として描かれる奈落との激闘も楽しめる1粒で2度美味しい作品です。

21.進撃の巨人

進撃の巨人:1

人類は突如現れた「巨人」により滅亡の危機に瀕していました。3枚の巨大な城壁の内側に残された土地だけが人類が生きることを許された最後の土地。

主人公エレンは仲間と共に壁の外に出ることを夢見ている少年でしたが、その平穏は巨人によって破られます。超大型の巨人によって破られる城壁。巨人たちによる殺戮と、目前で巨人に捕食されてしまう母。幼い少年は巨人たちへの復讐を決意しました。

壁の外を調査し、世界の謎に迫ろうとする調査兵団に入団し、巨人たちへの復讐を果たそうとするエレン。しかしその過程で世界の謎が明かされては深まっていきます。この世界の真実はどこにあるのか・・・。

グロテスクな描写で原作漫画の第1巻発売時から話題になった作品ですが、アニメではバトルシーンも秀逸。クオリティの高い作品に仕上がっています。

22.鋼の錬金術師

鋼の錬金術師:3

錬金術が発展した世界。主人公エドワード・エルリックとアルフォンス・エルリックの兄弟は錬金術を学び、幼いながらも才能の片鱗を感じさせていました。しかし父が失踪、その後1人で支えていた母が亡くなったことで、母を生き返らせようと錬金術の禁忌、人体錬成に手を染めてしまうのです。

禁忌に手を出してエドワードの右腕・右足、アルフォンスの身体を代償として失い、得るもののなかった2人は、エドワードは鋼鉄の義手と義足。アルフォンスは鎧に魂を定着させて、元の姿に戻るための方法を探していくのでした。

錬金術の大原則「等価交換」を無視して錬金術の使用を可能とする「賢者の石」の手がかりを探すうちに、軍の、引いては国の闇に足を踏み入れていきます。推理小説を読んでいるような謎解き感と、様々な錬金術師や、人造人間ホムンクルス達の戦い、名台詞の数々など、魅力たっぷりの作品です。

23.ドラゴンボール

ドラゴンボール:2

言わずと知れた国民的人気作品。七つ集めると何でも願いが叶うと言われるドラゴンボールを巡る、主人公孫悟空の戦いを少年時代から描いています。

少年時代はドラゴンボールを悪用しようとする人間たちや魔族と戦い、大人になってからは、自らがサイヤ人と呼ばれる宇宙の戦闘民族である事が分かり、宇宙規模の戦いになっていきます。

サイヤ人や、宇宙征服を狙う敵、世界の滅亡を目論む敵等との戦いをひたすら描く、THEバトル漫画と呼べる作品でしょう。

24.NARUTO

ナルト:3

忍者バトル漫画であるNARUTOは忍びの里に生まれながらも、劣等生であるうずまきナルトの活躍と成長を描いていく物語です。

早くに両親を失くし、孤児として1人で生きていたナルトですが、里の長「火影」を目指し、ひたすらに努力を続けていきます。その中で里の仲間達もナルトを認めていくのですが、世界の安定を崩し、再び戦乱を招こうとする存在と戦っていくことに。

友や大事な人との別れや、数々の激闘を通じて、忍者として、人として成長していくナルトの物語に涙する人も多いのではないでしょうか。

25.青の祓魔師

青のエクソシスト:1

主人公奥村燐は喧嘩早い以外は普通の高校生、のはずでしたが、魔王サタンと人間のハーフであった事が分かります。人間達の世界の裏側には悪魔たちの住む世界が存在しており、父代わりに育ててくれてた人を殺したサタンを倒すため、燐は祓魔師の養成学校に通うことになるのでした。

学校での仲間たちとの生活の中で、着々と成長していく燐ですが、魔王サタン以外にも世界に不穏をもたらす存在がいるようで、次々とアクシデントに巻き込まれていきます。

祓魔師養成学校という特殊な環境でありながら、楽しそうな学園生活も垣間見る事ができ、バトル以外にも楽しい要素の多い作品です。

26.FAIRY TAIL

フェアリーテール:2

世界には魔道士が溢れ、魔道士ギルドが仕事を斡旋していました。魔道士ナツとルーシィ・喋る猫のハッピーが所属するギルド「フェアリーテイル」の活躍を描く物語です。

魔導、と一言で表しますが、その種類は多種多様で、能力バトルという表現が当てはまるでしょう。次から次へと現れる新しい敵達と、対抗して強くなっていくナツ達の戦いは激しさを増していきます。

作りこまれた世界観から生み出される物語は心躍るものとなっています。

27.マギ

マギ:3

砂漠に近い町で御者をしていたアリババは富豪になる事を夢見ている少年でしたが、ある日幼い少年アラジンに出会った事から、その運命は大きく動いていきます。

マナと呼ばれる魔力が満ちている世界で、魔法有り、迷宮有り、のファンタジーな物語が展開されていきます。中盤からは世界を巡る争いに巻き込まれていきますが、アラジンとアリババ、奴隷として生きていたところをアラジン達に助けられた少女モルジアナの3人は成長し、仲間を増やしながら切り抜けていきます。

魔法の他にも精霊や、その力を利用したアイテム等、ファンタジー好きな視聴者にはたまらない作品となっています。

28.テラフォーマーズ

テラフォーマーズ:2

西暦2599年、人類は火星をテラフォーミングし、移住しようとしていました。それに利用されたのがゴキブリ、だったはずなのですが、火星の環境に置かれたゴキブリ達は人型に異常進化を遂げ、人に害を成す存在となっていました。

人類は火星を取り戻すため、特殊な手術で他の生き物の特徴を人と融合させた特殊部隊を火星に送り込みます。ゴキブリ達がその繁殖力をもって数で襲ってくる中、多数の国家の人間からなる特殊部隊の内側にも亀裂が発生し、自体は混迷を深めていきます。

「人型のゴキブリと」戦う、というインパクトだけではなく、手術を受けた人間たちとゴキブリ達の能力バトル的要素や、SF要素も相まって迫力のある作品と言えるでしょう。

29.北斗の拳

北斗の拳:4

核を用いた戦争によって文明が失われ荒廃した世界。そこに現れた「北斗神拳」と使い手ケンシロウの物語です。

婚約者を奪われ、胸に北斗七星を.象った七つの傷を付けられたケンシロウが、婚約者を取り戻すための戦い。北斗神拳の長兄役、世紀末覇王を目指すラオウとの北斗神拳最強を賭けた戦いを経てケンシロウが得るものとは!

「お前はもう死んでいる」の台詞で有名ですが、密度の濃いバトルを繰り広げており、1度は通して見る事をオススメします。

この記事はこちらの特集に含まれています。

おすすめアニメ

PAGE TOP

カテゴリー一覧