プラダを着た悪魔

The Devil Wears Prada
2006年 アメリカ 110分
rating 4 4
2422 110

「プラダを着た悪魔」のあらすじ

大学を卒業し、ジャーナリストをめざしてNYにやってきたアンディ。オシャレに興味のない彼女が、世界中の女性たちが死ぬほど憧れる仕事を手にしてしまった! それは一流ファッション誌“RUNWAY”のカリスマ編集長ミランダ・プリーストリーのアシスタント。しかし、それは今まで何人もの犠牲者を出してきた恐怖のポストだった! ミランダの要求は、悪魔的にハイレベル。朝から晩まで鳴り続けるケイタイと横暴な命令の数々、その上「センス、ゼロ!!」と酷評され、アンディはこの業界が努力とやる気だけでは闘えないことを思い知らされる。キャリアのためとはいえ、私生活はめちゃめちゃ。カレの誕生日は祝えないし、友達にも愛想をつかされる。この会社で、このままでいいの? 私って、本当は何をしたいんだっけ?

「プラダを着た悪魔」のスタッフ・キャスト

「プラダを着た悪魔」の感想・評価・ネタバレ

  • Hayato_Watanabe
    Hayato_Watanabe 4 8月1日

    人の積み重ねてきたもの、本質は、そう簡単に変えられるものじゃない。どんなに着飾ってメイクしても。 道に迷うのは仕方ない、必死にがむしゃらにもがいてでも。 アンハサウェイがどんどん綺麗になってく姿にワクワクしつつ、最後には気づかされる有るべき姿。

  • jasmin
    jasmin 4 7月27日

    自分の夢や仕事と周りの人間関係は本当に大きく影響し合うなと常日頃思いますが、 まさにそれが映画の中で描かれていて共感しました。 また、この映画のように 最終目標に向けての一つのステップとして 一時的に身を置く場所もあると思いますが、 そこでのタスクに忙殺されて 本来の目標を見失ってしまうということも 往々にしてあるかと思います。 一時的と思って始めて、 本当にその時の成長の為にだけ必要な場所として終わることもあれば、 一時的ではなく半永久的なものになることもあると思いますが、 それが最終目標に取って代われるならばそれはそれでよいと思います。 でも、大切なのは全ての選択は 何者からの強制でも仕方のないものでもなく、 自分で決断しているのだと認め、忘れないこと。 そう思い出させてくれる映画です。

  • Masaki
    Masaki 5 5月11日

    ファッション、そして仕事を題材とした言わずと知れた名作。とても素敵な映画でした。

関連する記事

「プラダを着た悪魔」に関連する作品