月9ドラマ『ラヴソング』あらすじ・キャスト【福山雅治主演】

2017年8月7日更新 228874view

2016年4月からの月9ドラマの主演が福山雅治に決定!『ガリレオ』以来の福山雅治出演連続ドラマとなる新ドラマ『ラヴソング』は、福山雅治演じる元ミュージシャンが主人公の物語です。本作のあらすじ、キャストなど最新情報をまとめました。

福山雅治が主演する月9ドラマ『ラヴソング』

2016年4月11日から放送される月9ドラマは『ラヴソング』。<a href="http://ciatr.jp/persons/2406/">福山雅治</a>が2013年4月期の月9ドラマ『ガリレオ』以来3年ぶりに連続ドラマに主演することが決定しています。 <h3>視聴率</h3> 第1話(4月11日放送)10.6% 第2話(4月18日放送)9.1% 第3話(4月25日放送)9.4% 第4話(5月2日放送)8.5% 第5話(5月9日放送)8.4% 第6話(5月16日放送)6.8% 第7話(5月23日放送)6.8% 第8話(5月30日放送)7.4% 第9話(6月6日放送)8.0% 最終話(6月13日放送)9.3%

新月9ドラマ『ラヴソング』あらすじ

40代独身の主人公神代広平(福山雅治)は、過去にプロデビューしたこともある元ミュージシャン。20年前に1曲だけヒット曲を出しましたが、それ以外にヒット曲を出すことができず、レコード会社との契約が切れ、現在は音楽業界から離れ、現在は企業カウンセラーをしています。 イケメンの神代広平は多くの女性と恋愛をしてきましたが、過去の恋愛の影響から、心を許すことができず、音楽も恋愛も中途半端な日々を過ごしていました。そんな神代広平の元に天賦の才を持つ歌うたいの女性が現れて……。 ※記事の最後で、前回までのあらすじをネタバレ紹介しています。

新月9ドラマ『ラヴソング』キャスト

神代広平/福山雅治

『ガリレオ』以来3年ぶりの連続ドラマ出演となる福山雅治。2014年には映画『るろうに剣心 京都大火編 / 伝説の最期編』に出演していましたが、2015年は歌手活動に専念していました。2016年は俳優としての活動もしていくようで、秋には『バクマン。』の大根仁が監督し、福山雅治がパパラッチの主人公を演じる映画『SCOOP!』が公開予定です。 以下、福山雅治のコメント。 「待ちに待った西谷監督とのドラマ作りがどんな作品になるのか、その期待に胸が昂ぶっています。人が人を想う時、日常の風景が、そして人生が輝き出すような、そんな作品になれば。この春どんな「ラヴソング」を演じることができるのか、皆様に楽しんでいただけるよう、僕自身も楽しみながら精一杯頑張ります。」

佐野さくら/藤原さくら

1995年12月30日生まれ、現在20歳の新人シンガーソングライター<a href="http://ciatr.jp/topics/124138">藤原さくら</a>が月9ドラマ『ラヴソング』のヒロインに大抜擢!本作が女優デビュー作となります。YUIに憧れてシンガーソングライターを志し、高校時代からインディーズで活動してきた藤原さくらは、2015年3月にメジャーレーベルからミニアルバムを1枚リリース。映画『タイヨウのうた』で大ブレイクを果たした憧れのYUI同様、本作でブレイクを果たすことはできるのでしょうか? 藤原さくらが演じる佐野さくらは、児童養護施設育ちで、他者とコミュニケーションを取るのが苦手という女性。大型車の整備の仕事をしていましたが、職場でのある出来事がきっかけで企業カウンセラー神代広平の元を訪れることになります。吃音症であることが第1話で判明しました。 以下、藤原さくらのコメント。 「オーディションに合格したと聞いた時は、全く信じられなくて、つい最近まであれは夢だったのではないかと疑っていたんですが、少しずつ実感が湧いてきました。演技のことはまだ右も左も分かりませんが、今回オーディションの時に演じてみて、純粋にすごく楽しいなと感じたのでその気持ちを忘れずに学んでいきたいと思います!」

中村真美/夏帆

夏帆が演じる中村真美は、佐野さくらの姉がわりとでもいうような登場人物。児童養護施設の頃からの付き合いで、現在はキャバクラに勤めており、佐野さくらと一緒に暮らしていますが、どうやら結婚が近づいているようで……。 コメディエンヌとしての才能を開花させつつある夏帆。2008年の映画『うた魂♪』などでも才能は垣間見えましたが、2015年の映画『海街diary』では美人四姉妹の三女を完璧な演じ、笑わせにいくのではなく緊張をほぐす笑いを提供していました。また、『海街diary』の演技が評価され、日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞しており、2016年公開の映画『ピンクとグレー』ではこれまで演じたことがないタイプの役に挑戦、演技の幅を広げています。

天野空一/菅田将暉

藤原さくら演じるヒロインの児童養護施設時代からの幼なじみ天野空一を<a href="http://ciatr.jp/topics/11563">菅田将暉</a>が演じます。ヒロイン佐野さくらに思いを寄せており、中学、高校時代は補導されるような問題児でしたが、現在は調理師になることを目指して専門学校に通っているようです。 菅田将暉は2016年1月公開の映画『ピンクとグレー』で夏帆と共演、ほか、2016年だけで6本の映画に出演することが決定している引っ張りだこの俳優です。

増村泰造/田中哲司

田中哲司
(C)2012「世界最後の日々」製作委員会

神代広平が大学時代に組んでいたバンドのベーシストにして現在は耳鼻科の外科医として働いている増村泰造を<a href="http://ciatr.jp/topics/120039">田中哲司</a>が演じます。2014年に仲間由紀恵との結婚を発表したことでも話題になった名バイプレイヤー田中哲司、2015年には有村架純主演映画『ビリギャル』で主人公の父を好演していました。

笹裕司/宇崎竜童

歌手、作曲家として有名な<a href="http://ciatr.jp/topics/129111">宇崎竜童</a>が、神代たちのバンドがライブをしていたライブハウスのオーナー笹裕司を演じます。音楽活動と並行して、俳優、映画監督としても活動しており、2015年には映画『グラスホッパー』やドラマ『天使と悪魔-未解決事件匿名交渉課-』などに出演しています。

宍戸夏希/水野美紀

神代に思いを寄せる昔のバンド仲間宍戸夏希を水野美紀<が演じます。言語聴覚士をしていることが第1話で判明、吃音症のヒロイン佐野さくらにも関係していくだろうとことが予想されます。水野は2016年は1月期の連続ドラマに『逃げる女』『家族ノカタチ』と2本に出演。NHKの『逃げる女』では主演をつとめています。

滝川文雄/木下ほうか

『スカッとジャパン』のイヤミ課長でおなじみの木下ほうかの出演が決定しました。佐野さくらの上司滝川文雄を演じます。『スカッとジャパン』は毎週月曜夜8時からの放送ですので、4月から6月は2時間連続で木下ほうかの姿を見ることができます。

星田和夫/渋川清彦

2015年は10本の映画、5本のドラマに出演するなど引っ張りだこだったバイプレイヤー渋川清彦の出演も決定。存在感のあるバイプレイヤーとして有名ですが、2015年には2本の主演映画に出演、2016年4月2日にも主演映画『下衆の愛』の公開が控えるなど、主役を演じることが増えつつある昨今です。

野村健太/駿河太郎

ドラマ『半沢直樹』に伊勢島ホテルの湯浅社長役で出演し知名度を上げた駿河太郎の出演も決定。ちなみに、半沢直樹の父を演じた笑福亭鶴瓶は、駿河太郎の実の父です。