2016年7月公開のミニシアター映画が異常に豊作な件について

2017年7月6日更新

独自のスタイルで、様々なジャンルの映画を提供する全国のミニシアター。いわゆる大作とは異なった良質な作品に出会えることもしばしばです。そこで、2016年7月にミニシアターで公開予定の魅力的な作品をご紹介します。

ふたつの“国”と“愛”の間で揺れる心【7月1日公開】

脚本は『17歳の肖像』のニック・ホーンビィ、監督は『ダブリン上等!』のジョン・クローリー。

1950年代、アイルランドで暮らす少女エイリシュは、姉の助言によりたった一人でニューヨークへ出稼ぎに行くことを決意します。デパートで働きながらニューヨークの都会生活に次第に慣れ、恋もするエイリシュでしたが、ある時故郷から悲しい知らせが届き……。

主役のエイリシュを演じたのは、2007年公開の『つぐない』に出演し当時13歳でアカデミー助演女優賞にノミネートされたシアーシャ・ローナンです。本作でも移民少女の成長を瑞々しく丁寧に演じ、高い評価を得ています。

相手役の青年にエモリー・コーエン。そのほか、ドーナル・グリーソン、ジュリー・ウォルターズなどが出演しています。

40年前のフィルムに秘められた真実【7月2日公開】

カンボジアの新鋭ソト・クォーリーカーの初監督作品。

カンボジアの首都プノンペンに住む女子大生のソポンは、ふと寄った古い映画館で40年前の映画に若き日の母親が出演していたことを知ります。しかし、女優時代を語りたがらない母。フィルムに関して調べていたソポンは、ある真実にたどり着き……。

主役のソポンを演じたのは、マー・リネットです。母親の少女時代も兼ねています。大御所ディ・サーベットらが脇を固め、カンボジアの辛い歴史を背景に、1本のフィルムをめぐる感動のヒューマン・ストーリーが誕生しました。第27回東京国際映画祭において国際交流基金アジアセンター特別賞を受賞している話題の作品です。

踏まれてもくじけない“雑草魂”メアリーの逆転劇【7月2日公開】

ランドスケープデザイナーであるメアリー・レイノルズの実話を、ビビアン・デ・コルシィの脚本・監督により映画化しました。

アイルランドの田舎で育ったメアリーの夢は、英国王立園芸協会主催「チェルシー・フラワーショー」で金メダルを獲ること。そのために、有名ガーデンデザイナーに弟子入りするものの、資金集めに苦労したり、自身のデザインを盗まれたりと全くうまくいきません。それでもメアリーは、大会に出場し……。

数々の障害にぶつかりながらも決して諦めないメアリーを演じたのは、エマ・グリーンウェル。最高峰の豪華なフラワーショーにおいて、メアリーはどんな策で臨んだのか?エリザベス女王も感動したというその庭とは?権威ある「チェルシー・フラワーショー」の歴史を変えたメアリーの奮闘劇です。

『はじまりのうた』監督の最新作【7月9日公開】

『ONCE ダブリンの街角で』『はじまりのうた』と傑作音楽映画を立て続けに作り上げているジョン・カーニー監督の最新作『シング・ストリート 未来へのうた』が7月9日に公開されます。

1985年のアイルランド、ダブリンが舞台。14歳の少年コナーの日常は、転校や家庭崩壊の危機などで散々なものになっていました。そんなコナーの支えは兄と一緒に観るロンドンのバンドのミュージックビデオ。

ある日、街で大人びた少女ラフィナにひとめぼれしたコナーは、自分のバンドのPVに出ないかとラフィナを誘います。しかし、バンドなどやっていないコナーは慌ててバンドを結成して……。

伝説的なアルゼンチンタンゴペアの軌跡【7月9日公開】

ヘルマン・クラル監督による、マリア・ニエベスとフアン・カルロス・コペスのドキュメンタリー。

ふたりは10代で出会い、約50年に渡りペアを務めた伝説的なアルゼンチンタンゴダンサーです。長い間には愛と憎しみが交差し、何度も別れがあり、その度にまたお互いの手を取り合ってきた最高のペアでしたが……。

2016年現在、80代になったマリアとフアンが出演し、ふたりが積み重ねた愛と葛藤の日々を語ります。また、若き日のふたりを再現した情熱的なダンスシーンなども交え、ドラマティックなドキュメンタリー作品となっています。

平和を見つめ直すドキュメンタリー作品【7月16日公開】

『いしぶみ』

(c)広島テレビ

杉村春子の語りで製作された1969年の原爆ドキュメンタリー『碑』(いしぶみ)に感銘を受けた枝裕和監督が、2015年に戦後70周年特別番組として『いしぶみ~忘れない。あなたたちのことを~』を手掛け、さらに劇場用に再編集したものが本作。

広島市内の土手で作業中、原子爆弾の投下を間近で受けた旧制・広島二中の321人の生徒たちは、全員がその命を奪われました。遺族の証言や手記から汲み取った彼らが残した言葉を、広島県出身である綾瀬はるかが切々と語ります。ナビゲーターとして池上彰も出演しています。

世界を魅了した夭折の歌姫【7月16日公開】

『アイルトン・セナ 音速の彼方へ』のアシフ・カパディア監督による、イギリスの歌手エイミー・ワインハウスのドキュメンタリー映画です。

2011年に27歳という若さで亡くなった、ハスキーな歌声が持ち味のエイミー。2006年発売のセカンドアルバム『バック・トゥ・ブラック』が世界的なヒットとなり、2008年の第50回グラミー賞では5部門受賞という快挙を成し遂げたスターです。

そんな成功の傍ら、プライベートではスキャンダルも多かったエイミー。本作では、未公開の貴重な資料に加え、父親のミッチ・ワインハウスやセカンドアルバムを手掛けたマーク・ロンソンなども出演し、エイミーの知られざる素顔に迫ります。第88回アカデミー賞にて長編ドキュメンタリー賞を受賞しました。

世代の違う2組のカップルが織りなすハートフルコメディ【7月22日公開】

ノア・バームバック監督による、ミドルとヤング、2組のカップルを描いた作品です。

40代のジョシュはドキュメンタリー映画監督ですが8年間も新作が完成せず、妻との結婚生活にも何かが足りないと思うようになっていました。そんな時、20代のエネルギッシュなカップルと出会い、刺激を受け……。

ミドルエイジ夫婦の夫ジョシュを演じたのはベン・スティラー、妻のコーネリアはナオミ・ワッツが演じます。20代カップルのジェイミーにアダム・ドライバー、ダービーにアマンダ・サイフリッドというキャスティング。世代の違うカップルが織りなす、くすっと笑えて心あたたまるコメディドラマとなっています。

天才ギタリストの全てが詰まったドキュメンタリー【7月23日公開】

2014年に66歳でこの世を去った、スペインのギタリスト、パコ・デ・ルシア。

息子のクーロ・サンチェスが監督を務め製作した、パコのドキュメンタリー作品。7歳でギターを手にし、12歳にしてプロのフラメンコ・ギタリストとしてデビューしたパコは、ジャズやフュージョン音楽でも活躍し、世界を魅了したギタリストです。

家族だからこそ記録できたパコの貴重な映像の数々、そしてチック・コリアやカルロス・サンタナ、ジョン・マクラフリンなど、音楽界の重鎮たちのインタビューで構成された本作は、天才ギタリストの成功や苦悩、プライベートな素顔まで、パコの全てが詰まった映画となっています。

あたたかい涙が溢れる老夫婦の純愛物語【7月30日公開】

本作が監督デビューとなるチン・モヨンが、老夫婦に密着し仲睦まじい姿を描いたドキュメンタリー。

結婚76年目を迎えた98歳のチョ・ビョンマンと89歳のカン・ゲヨルは、ペアルックをたのしみ、いつも手をつなぎ一緒に出かけ、毎日を幸せに暮らしていました。しかし、老いによる体の変調、心配事などが増え……。

2014年、韓国で公開されると、あたたかい理想の夫婦像が感動を呼び、口コミで観客動員数が急増。韓国ドキュメンタリー映画史上最高の480万人に達したといいます。世界中の映画祭で上映され、第21回ロサンゼルス映画祭最優秀ドキュメンタリー作品賞ほか、多くの賞を獲得。その話題作が、日本にもいよいよ上陸です。