2020年6月17日更新

【おそ松さん】末っ子トド松の可愛さにハマる!本性や声優情報まで紹介

トド松徹底解説記事サムネイル

六つ子が大人になった姿を描くギャグアニメ『おそ松さん』。末っ子のトド松は、世渡り上手で甘え上手、女子力も高い人物です。そんなトド松のプロフィールや可愛さあふれるエピソードの数々、声優の情報などを紹介します。

目次

『おそ松さん』末っ子・トド松は愛されキャラ!その可愛さにメロメロ

アニメ『おそ松さん』に登場するトド松は、おそ松たち六つ子の末っ子です。イメージカラーはピンクで、愛称は「トッティ」。兄たちに比べると若干目が大きく愛らしい風貌で、皆に可愛がられています。 甘えん坊な彼ですが、実は計算高いかなりのしたたか者です。腹黒い一面も持ち合わせており、その本性にちなんで「ドライモンスター」との異名も。 この記事ではそんな可愛くて要領のいい末っ子・トド松について、兄たちとのエピソードや声優情報などを含め徹底解説していきます!

六つ子でいちばん私服がおしゃれ!

トド松は六つ子の中でとくにおしゃれ。外出時にはハットを被り、洋服はネクタイ×シャツ×ハーフパンツなど、センスを感じます。差し色はもちろんピンクです。 六つ子で色違いの松パーカーを着ている時も、ニット帽を被って、さらにデニムをロールアップさせており、兄たちとは一線を画しています。 トド松はよくスマホ見ているので、ファッションについてしっかり情報を入手しているのでしょう。

トド松と1番仲が良いのはカラ松?

トド松は超ナルシストなカラ松に対して、しばしば辛辣なツッコミを入れています。 第1期の2話では釣り堀に光るズボンを履いてきたカラ松を「いったいよねぇ~」とぶった切り、5話では次男を救出するのに100万払うのは高額だと驚くなど、キレのあるツッコミを連発しました。 しかし決して不仲というわけではない様子。2人で釣りに行く場面や、15話で不細工な精霊に尽くすカラ松をトド松が必死に止めようとする場面などをみると、むしろ仲が良さそうです。 一方のカラ松も、兄弟同士でプレゼント交換をした際には、トド松のプレゼントだとわかると「フフン、トッティのだ。安パイ」と発言。末弟にかなりの信頼を寄せていることがわかります。 14話で発表されたトド松の兄弟ランキングでカラ松が1位だと聞くと、本人は大喜びしていました。

トド松はコミュ力も高い!リア充まであと1歩

おそ松をはじめとする兄たちと同様、トド松もニートで童貞です。しかしながら彼はコミュニケーション能力が高く、女の子との会話もそつなくこなします。世渡り上手で服装もおしゃれなので、六つ子の中ではダントツにリア充だといえそうです。 六つ子でハローワークに出かけた際も、トド松は窓口の女の子を口説いていました。

スタバァコォヒィーでバイトを始める

第1期の7話では、トド松が本物のリア充を目指すことになります。自らを慶應ボーイと詐称して、今時の若者に人気のカフェ「スタバァコォヒィー」でバイトを始めるのです。 そこでもトド松は持ち前のコミュニケーション能力を発揮。バイト仲間の女の子たちとも打ち解け、数週間後には合コンに誘ってもらえるまでになります。 しかし兄たちの妨害に遭い、本物のリア充になるには至りませんでした。リア充まであと1歩?のトド松を見ていると、応援したいようなこのままでいて欲しいような、複雑な気持ちになります。

兄たちも知らないトド松の本性が暴かれる!

第1期の14話「トド松のライン」では、兄たちが知らないトド松の様々な一面が明らかになりました。トド松はジム通いに加えて囲碁クラブに通ったり、富士山へ登山に行った経験もあるのに、兄たちには何ひとつ話していなかったのです。 報告がなかった事を寂しがるおそ松達と、報告する必要性を感じていない冷めたトド松。こうした両者の温度差から、どこまで兄弟に話すべきかのライン(境界線)を話し合うことになりました。 しかし話が進むうちに兄たちが煩わしくなったトド松は、実はへそのしわフェチだった事や「兄弟ランキング」の発表など、要らぬ情報までぶっちゃけ始めます。トド松の地雷を踏み戦慄した兄たちは、この話題を強制終了させたのでした。

ビビりのトド松が可愛い

ドライで腹黒いといわれているトド松ですが、実はとてもビビりでメンタルは強くない模様。夜中のトイレに限らず、暗い場所や怖い場所では、何かにつけて兄たちにくっついています。 第1期の19話『時代劇おそ松さん』ではビビり代官・トド松として登場しますが、イヤミ越後屋をとことん疑いまくり、中身が爆弾ではないかとビビりまくるのです。やがて「チョロ松兄さ~ん」と、またしても兄を呼ぼうとします。 兄たちはそんなビビりなところも含めて、トド松が可愛くて仕方ないのです。

花男パロディ「F6」で女子力の高さを見せつける!

アニメ『おそ松さん』1話では六つ子たちが『花より男子』のパロディで、「F6」となって登場します。 舞台は(B)びっくりするほど(L)ルックスのよい生徒のみが通うことができるBL制の学校。ここで彼らはリアル頭身のイケメンアイドル学生グループとなって登場します。 F6においてもトド松はの担当は可愛いキャラです。テーマカラーはやはりピンクで、髪色もピンク。他の5人よりも目が大きく愛らしい風貌であることは変わらず、ダントツのアイドル顔です。 さらに屋内でも日傘を差すなど高い美意識を持ち、女子以上に女子力を発揮しています。性格もより一層あざとくなり、危機回避の必殺技として上目遣いを炸裂。

「じょし松さん」ではあざとく計算高いトド子に

同じくアニメのネタの1つとして、六つ子の公式女体化ver「じょし松さん」が存在します。 その名の通り六つ子が女体化するわけですが、ここではなぜか姉妹ではなく仲良し女子6人グループという設定に。トド松は「トド子」と呼ばれる女の子となり、声優は変わらず入野自由が担当しています。 トド子もトド松同様におしゃれですが、いわゆるモテ風のこなれた雰囲気ではありません。髪型は三つ編みでベレー帽を被り、カーディガンの色は薄いピンク、丈が長めのフレアスカートに白のロゴ入りバッグ……。ふんわりとした「森ガール風」のファッションを披露しています。 しかしふんわりしているのはファッションだけです。あくまでもトド松の女性版であるため、トド子もあざとく計算高い性格をしています。

トド松の声を演じたのは声優・入野自由(いりのみゆ)

アニメ『おそ松さん』で末っ子のトド松を演じたのは、声優の入野自由(画面中央)です。 彼は1988年2月19日生まれの東京都出身で、幼少の頃は児童劇団に入団していました。1995年にアニメ『逮捕しちゃうぞ』のショウ役で声優デビューを果たしており、若手ながら確かなキャリアを積んでいます。代表作ともいえる『千と千尋の神隠し』でのハク役を演じたのは、なんと中学生の時でした。 2011年のインタビューによると、幼少期から多くの作品に出演していた入野にとって、仕事は生活の一部になっていたそうです。また学校に行っている間は、行事や部活などにも積極的だったといいます。 「仕事も私生活もどっちに依存してもダメ。両方あっての自分という感覚があるんです」とも語っている通り、幼少期から文武両道な入野。『おそ松さん』の六つ子たちとはかけ離れた人生のようです。

皆に愛されるのも納得!末っ子トド松の魅力は止まらない

この記事では、六つ子の末弟で皆に可愛がられるトド松について解説しました。トド松は美容や可愛いものが大好きで、さらに私服もオシャレという女子力の塊です。 しかも六つ子の中では、コミュ力が断トツ。そんな器用そうな彼が未だに童貞でニートなのは、松野家に生まれた宿命なのでしょうか。 可愛さと腹黒さで上手に世渡りしていくトド松から目が離せそうにありません!