『スラムダンク』のアイドル、流川楓の活躍を見ていこう!

2017年7月6日更新

大人気バスケ漫画『スラムダンク』の主要キャラクター流川楓。トッププレイヤーとして全国にも名を馳せる名選手の、これまでの努力や仲間との関係性を見直してみませんか?

流川楓のプロフィール

主人公・桜木花道と同じ湘北高校に通いバスケ部に所属している流川楓。バスケをやっている時以外はずっと寝ていて、睡眠を妨害されると誰かれかまわず殴りつけてしまうほど、睡眠が趣味でバスケ以外には無頓着な男です。

口癖は「どあほう」と口が悪く無礼な行動が多い流川ですが、人一倍負けず嫌いで売られた喧嘩は必ず買います。またバスケのこととなると、熱くなり誰にも止められません。普段のやる気のなさとスイッチが入った時のギャップがたまらないと、女子に大人気で流川非公式のファンクラブまであるそうです。

流川はあの世界的バスケプレイヤー・マイケルジョーダンがモデルになっていることは有名な話でしょう。左腕に付けたリストバンドやフォーム、赤のユニフォームなど一致する箇所は多く作者・井上雄彦もかなり意識していたようですね。

高校一年生ながら全国トッププレイヤー

桜木と並ぶ湘北高校のエースで10年に1人の逸材とも言われるほどの才能を持っています。どこからでも点数が取れるオフェンスの鬼とも呼ばれ、他校ライバルから恐れられています。

しかしそんな流川の弱点は、自分の力のみ信用し一人で試合を進めてしまうところ。協調性に欠けていて最初はチームプレイで上手く回そうという自覚が足りませんでした。

安西先生にもっとバスケの力を磨きたいと、アメリカ留学の話しをしますが、まだ早いときっぱり断られます。最初は納得できずモヤモヤしていましたが、次第に世界がだめなら日本一になるとやる気を漲らせました。

なぜスタープレイヤーが湘北高校へ?

高校に入る前から富ヶ丘中学校でスタープレーヤーと名が知られ有名で、様々な強豪校から誘いがありました。しかし流川はそれらの強豪校には入らず、「家から近いから」というなんともあっさりした理由でバスケが弱い湘北高校に入学したようです。

桜木が湘北高校に入った理由も、他に行く学校がなかったからというものだったので偶然が偶然を呼び才能あるメンバーが揃い、しかもあの安西先生が監督となれば怖いものはなしですよね!

桜木花道との関係

流川と桜木の最初の出会いは学校の屋上でした。流川が堀田ら不良グループと喧嘩をし、そこに桜木軍団も現れたところで初対面します。同級生の赤木晴子も屋上に駆けつけ血を流す流川を心配しますが、冷たくあしらった為、桜木がカチンときて流川を殴りました。しかしあっけなく流川にやり返された桜木は一方的にライバル心を燃やしていくことになります。

桜木は晴子の事が好きだったために、こんなに怒ったのでしょう。しかし晴子は流川の事が好きという三角関係に…。ちなみに流川は晴子の事はなんとも思ってないようです。

練習試合ではスーパープレーヤー流川の背中を追う桜木。持ち前の才能で流川に追いつこうと必死に喰らいつく姿を見て安西先生は、流川は「新戦力」で桜木は「新鮮力」と称賛するほど、バスケでも良きライバルとしてお互い切磋琢磨していました。

流川楓の活躍

インターハイ出場をめぐる大事な湘北高校と陵南高校の対決は、安西先生不在、主将の赤木は怪我という最悪な状態で臨みます。前半は陵南が6点リードと苦しい展開でしたが、体力温存していた流川が後半に動き出し立て続けにシュートを連発し湘北が20点ものリードを広げていきました。

陵南も負けじと点を追い、かつて一人で47点取った仙道と流川の1対1に。しかし仙道相手にはかなわず一気に2点差に詰め寄られてしまいます。残り時間数秒となった時に、ボールを取った桜木がスラムダンクでシュートを入れ見事に勝利!流川の怒涛の得点稼ぎと、抜群のチームワークによって勝利できたのでしょうね。

高校No.1プレイヤー沢北栄治との対決

山王工業高校の沢北とのエース対決は、ファンの間でも有名で通称「山王戦」と呼ばれ原作漫画では25~31巻(最終巻)と長きに渡り描かれた伝説の試合です。前半から熱い試合が繰り広げられ湘北の仲間たちが次々に点を入れ、流川と沢北の1対1に沢北がボールを奪い点を入れると負けじと流川も点を取る接戦が続きます。その後お互い体力温存のため一旦交代させられました。

前半戦は湘北2点リードで終え後半再開。開始早々に沢北が3ポイントを決め逆転されます。山王が本気を出し沢北にブロックされ流川も思うようなプレーができず、点差は一気に山王20点リードとなりました。

しかしこんなところで負けられないと仲間たちも力を取り戻し、遂に流川がダンクを決め点差1桁にそれを見た沢北も負けじとシュートをしまた点差が開いていき・・・接戦が続きラストは残り1秒で桜木がシュートを決めあの山王から勝利を奪ったのです。

バスケット日本代表に?

インターハイ終了後に流川はその才能を評価され、全日本高校選抜のメンバーに選ばれました。流川は嬉しくて原作最後のシーンで、「JAPAN」の文字が入ったユニフォームを桜木に見せつける場面もあり日本一になるという夢に一歩近づいたことでしょう。

また、原作終了後の黒板漫画では前々から計画して一度は諦めた、アメリカ留学を再び目指し英会話を学ぶ姿も描かれていました。

流川楓の声優は誰?

流川の声優は緑川光が担当し、1968年5月2日生まれの声優・俳優・ナレーターで声優を目指すきっかけとなったのは小学生の頃に、『機動戦士ガンダム』が好きで見ているうちに興味を持ち声優を志したようです。

1988年に『キテレツ大百科』の侍、高校生役で声優デビューし、『SLAM DUNK』の流川楓役や憧れの『新機動戦士ガンダムW』のヒイロ・ユイ役などの2枚目役を経て活動の場を広げていきました。

1993年にアニメ初主演となる『蒼き伝説 シュート!』の田仲俊彦役を務め、2003年には『爆竜戦隊アバレンジャー』の爆竜トップゲイラー役で出演し声優以外にも俳優として戦隊ものにも挑戦しています。

趣味はG-SHOCKやNIKEの靴、自身が過去に演じたキャラクターグッズなどありとあらゆるものを集めてコレクションすることが好きなようです。自宅のコレクションルームは凄いんでしょうね!