2021年1月8日更新

アニメ映画「スラムダンク」が2021年に公開決定!過去放送のアニメは何編まで描かれていた?

アニメ映画「スラムダンク」記事サムネイル

バスケ漫画の金字塔「スラムダンク」が2021年にアニメ映画として公開決定しました!この記事では映画化の発表で騒然となった様子とともに、原作のあらすじやアニメの声優キャストなどを解説していきます。

目次

【2021年公開】20年以上の時を経て「スラムダンク」が帰ってくる!

1990年代に「週刊少年ジャンプ」で大人気を博したバスケ漫画「スラムダンク」。90年代にテレビアニメ化され、劇場版も公開してきた本作ですが、2021年に新たなアニメ映画として公開されることが発表されました。 「スラムダンク」はその人気でバスケ人口を増加させたり、バスケ選手への奨学金制度を設立したりと、大きな影響を及ぼしてきた作品。20年以上の時を超えた今でも根強いファンがいる本作なだけに、アニメ映画の内容については憶測が飛び交っています。 この記事では、映画化のニュースに騒然となった様子を交えながら、原作やアニメについて解説!アニメ映画で何編が描かれるのかまで、予想してみました。

2021年1月7日、原作者・井上雄彦がTwitterでアニメ映画化を発表!

この第1報を放ったのは、他ならぬ原作者の井上雄彦。自身のアカウントで「SLAM DUNK 映画になります!」と直筆のメッセージをツイートしたことで、一気にニュースが拡散しました。 多くのファンが喜びの声を上げる中、俳優の松坂桃李やプロボクサーの井上尚弥など、各界の著名人もこの一報に反応。原作の連載とアニメの終了からおよそ25年を経ての映画化に、一様に驚きを隠せないようです。

続けて東映アニメーションがティザーサイトをオープン

井上雄彦のツイートを受けて、制作を担う東映アニメーションも公式に映画化を発表。映画「SLAM DUNK スラムダンク(タイトル未定)」のティザーサイトと、作品公式ツイッターアカウントを開設しました。 「“新しいアニメーション映画”を制作中」とのことで、ティザーサイトや公式ツイッターにもまだ詳細は明かされていません。テレビアニメ版を制作していたのが、東映アニメーションの前身である「東映動画」だっただけに、今回の映画化にも大きな期待が寄せられています。

原作は週刊少年ジャンプの人気バスケ漫画!桜木花道の成長を描く

「スラムダンク」は高校のバスケ部を題材にした井上雄彦によるスポーツ漫画で、1990年から1996年の間に「週刊少年ジャンプ」で連載されました。累計発行部数は1億2000万部に達し、今なおバスケ漫画の金字塔として君臨しています。 主人公は赤い髪の不良・桜木花道。とんでもない身体能力の持ち主でもある彼は、バスケ部に勧誘してきた赤木晴子に一目惚れしてまったくの素人にも関わらずバスケ部に入部します。 そこで個性的な部員たちや顧問の安西先生に出会い、花道も次第にバスケに真剣に向き合うように。彼の成長する姿とともに、リアルで熱い試合シーンが人気を集めました。

これまでのアニメ「スラムダンク」シリーズを振り返ろう!どこまで描かれた?

テレビアニメ

「スラムダンク」のテレビアニメ版はテレビ朝日系列で1993年から1996年の間に放送(全101話)され、桜木花道たち湘北高校バスケ部がインターハイ出場のため試合会場へ向かうところで終了を迎えました。 原作ではその後のインターハイでの湘北高校の試合も描かれており、今回の映画化でついにその模様がアニメ化されるのではないかと予想されています。 特にインターハイ3連覇の王者・山王工業高校と激闘を繰り広げる「山王戦」は、ファン待望の一戦なのです。伝説ともいえる“桜木と流川がタッチを交わすシーン”が見られるかもしれませんね!

劇場版アニメ

原作連載とアニメ放送の最中、劇場版アニメ映画も4本公開されています。 1作目『スラムダンク』と2作目『スラムダンク 全国制覇だ! 桜木花道』は1994年3月と7月に公開。1作目は武園との練習試合、2作目はインターハイ予選4回戦の津久武戦が舞台となりました。 さらに3作目『スラムダンク 湘北最大の危機! 燃えろ桜木花道』と4作目『スラムダンク 吠えろバスケットマン魂!! 花道と流川の熱き夏』が、1995年3月と7月に公開。 3作目は緑風との練習試合が描かれ、4作目は流川の後輩・水沢イチローにスポットを当てた人間ドラマが描かれています。

メインキャラをまとめて解説!アニメ版で声優を務めていたのは?

ここからは「スラムダンク」に登場するメインキャラクターたちとアニメ版の声優を紹介。 20年以上の時が経っているだけあって、メインキャラクターを演じた声優たちのほとんどはすでに50代を超えています。しかしまだまだ現役で活躍しているベテラン揃い。声優陣が続投されるのかも気になるところですね。

桜木花道/草尾毅

湘北高校1年生の桜木花道は、元不良のバスケ部員。赤木晴子に身体能力を買われ、素人ながらバスケ部に入部し、才能を開花させていく本作の主人公です。気性が荒く喧嘩っ早いトラブルメーカーでもあります。 桜木花道の声を務めたのは、「ドラゴンボール」シリーズのトランクス役で知られる声優の草尾毅。2020年のテレビアニメ『デジモンアドベンチャー』では、城戸丈役を担当しています。

赤木晴子/平松晶子

湘北高校1年生の赤木晴子は、バスケ部主将・赤木剛憲の妹。花道をバスケの世界に誘った張本人で、彼の力を信じて応援し続ける花道の理解者です。花道に想われながらも、流川に片想いしています。 赤木晴子の声を務めたのは、アニメ『逮捕しちゃうぞ』の小早川美幸役で知られる平松晶子。2004年のテレビアニメ『ポケットモンスター アドバンスジェネレーション』では、林原めぐみの代役としてムサシ役を務めました。

赤木剛憲/梁田清之

湘北高校3年生で、バスケ部主将を務める赤木剛憲。バスケに対する熱意と厳しさにおいて右に出るものはなく、花道を含めた不良や問題児、他校の生徒からも恐れられています。 「ゴリ」こと赤木剛憲の声を務めたのは、重厚な低音が特徴の声優・梁田清之。ゲーム版『ジョジョの奇妙な冒険』では、空条承太郎の声優を担当しています。

流川楓/緑川光

湘北高校1年生の流川楓は、花道にとって「終生のライバル」。中学時代からスタープレイヤーとして活躍し、インターハイ予選では新人王を獲得しています。ニヒルで無口なタイプで女子受けが良い反面、かなりの鈍感です。 流川楓の声を務めたのは、『新機動戦記ガンダムW』のヒイロ・ユイ役や『蒼き伝説 シュート!』の田仲俊彦役で知られる緑川光。流川のようなクールで二枚目といった役どころが多い人気声優です。

三井寿/置鮎龍太郎

湘北高校3年生の三井寿。中学時代は県大会最優秀選手にも選ばれた天才シューターでしたが、高校ではケガで挫折して不良に。安西先生を尊敬しており、バスケへの情熱を思い出してバスケ部に復帰しました。 三井寿の声を務めたのは、アニメ『地獄先生ぬ〜べ〜』の鵺野鳴介役で知られる声優の置鮎龍太郎。2020年〜2021年の前後編『劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット-』では、ランスロット役を担当しています。

宮城リョータ/塩屋翼

宮城リョータは湘北高校2年生のバスケ部員。小柄ながら湘北バスケ部一のスピードを誇り、次期キャプテンともいわれる実力の持ち主です。マネージャーの彩子に想いを寄せています。 宮城リョータの声を務めたのは、声優のほか俳優や音響監督としても活動する塩屋翼。「劇団ひまわり」の元子役であり、代表作は「科学忍者隊ガッチャマン」のつばくろの甚平役です。

待望のアニメ映画化!伝説のバスケ漫画「スラムダンク」がスクリーンで蘇る

バスケファンでなくても、漫画やアニメを通して「スラムダンク」ブームを経験してきた世代には驚きの吉報が舞い込んできた2021年の年明け。まさに、待望の映画化といえます。 あの物語の続きがスクリーンに蘇るのか、はたまたまったく新しい物語が紡がれるのか、今から期待で胸が高鳴りますね!内容の詳細が明らかになるのを心待ちにしておきましょう。