『スラムダンク』厚い人望の持ち主、安西先生を見ていこう!

2017年7月6日更新

1:安西先生のプロフィール

安西先生 プロフィール

主人公・桜木花道らが所属している湘北高校バスケ部の顧問の安西先生。下の名前は光義(みつよし)です。「ホッホッホ」という特徴のある笑い方をし、身長は175㎝と高齢ながら背が高いですが、少し小太りなところがチャームポイントでもあり可愛さがあります。

普段は全く動くことがなく「ケンタッキーおじさん」と部員達からからかわれていますが、試合になると一瞬にして勝負師の顔つきに変わり大事なところでは的確な指示を出し、試合の最後まで監督として諦めず勝ちを取りに行く姿に部員達も信頼を寄せているでしょう。

2:みんなから信頼される人望

安西先生 信頼

出典: festy.jp

穏やかな物腰で「白髪仏」と呼ばれるほど温厚な人柄で、部員達の相談には必ず乗り的確なアドバイスをし絶大な信頼を集めています。部員たちの力を信じいつでも諦めずに監督として、ここぞという時のみに助言し彼らを助けお互いを信じているからこその信頼関係はとても深いものですね。

ファンの間でも心に響く言葉を受け、自分自身とも重ね合わせた人が多いのではないでしょうか?

3:安西先生は”白髪鬼”だった?

安西先生 白髪鬼

出典: festy.jp

湘北高校バスケ部の監督をする前は、名門大学で「白髪鬼」と呼ばれるほどの鬼監督で有名でした。現在の「白髪仏」とは全くの別人で、まるでヤクザのような先生で当時の安西先生を知る陵南高校の田岡監督でさえも未だに恐れる存在だったようです。

「白髪鬼」から「白髪仏」に変わっていった理由は、大学時代に教えていた谷沢という選手に期待を込めるあまり逆に追い詰めてしまい、谷沢は薬物に手を染めボロボロになり事故死してしまったことに起因しています。その事件がきっかけで一方的な思いは伝わらない、変わらなければと指導方法を変え今があるということですね。

4:安西先生は名言多し

安西先生 名言

安西先生は作品の中で、沢山の名言を生んでいることで有名なのでいくつかご紹介していきます。

最後まで…希望をすてちゃいかん。あきらめたらそこで、試合終了だよ。
引用:eiga.com

これは一番有名な名言ではないでしょうか?諦めてしまえばできることもできないという意味で、三井との感動的なシーンが蘇ります。

お前の為にチームがあるんじゃねぇ、チームの為にお前がいるんだ!!
引用:eiga.com

全て自分のため・自分中心ではなく、自分自身を取り巻く環境のために自分がいて自分勝手な行動ばかりしていてはいけないと、とても胸に突き刺さる言葉ですね。

安西先生…!!バスケがしたいです……
引用:eiga.com

これは三井の名言ですが安西先生との名シーンとしてファン以外でも知られている言葉で、怪我でバスケから遠のいていた三井が仲間の活躍する姿を見て安西先生に本音を吐いたシーン、誰もが感動したのではないでしょうか?

5:安西先生のたぷたぷしたかわいい表情・動作

安西先生 タプタプ

かなりぽっちゃりした体型で、タプタプした二十顎を花道が触っているシーンがあり、それを見たファンが気持ちよさそうで触ってみたい!可愛い!と話題になりました。そのタプタプ二十顎が実際に触れることになり、アニメ化20周年を記念して安西先生のアゴをタプタプできる「安西先生タプタプカウンター」が2014年に全国を巡回しファンを楽しませました。

原作が終わった後の黒板マンガでは、ダイエットを始めた様子も描かれていて作者・井上雄彦からも愛されていたのでしょうね。

6:安西先生の声優はだれ?

西村知道

安西先生の声を務めるのは西村知道です。1946年6月2日生まれ千葉県出身の俳優・声優で、日本大学芸術学部映画学科を卒業後に声優として活動を始めました。長いキャリアを持ち様々な役をこなしますが、特に渋い声を活かし老人役や温厚な人柄の役が多いことで有名です。

ここ最近ではアニメ『日常』に出演し、普段出ないようなアニメだったのでファンは驚いたことでしょう。その他には1989年『らんま1/2 熱闘編』の薬菜館主人役、1996年『ゲゲゲの鬼太郎』のぬらりひょん役、2002年『NARUTO -ナルト-』のハチダイ役、2011年『日常』の江木正晴役など多岐に渡って出演しています。