2020年6月9日更新

映画『インセプション』を徹底解説!ラストシーンの意味や夢の構造に迫る【ネタバレ注意】

『インセプション』 (z)
©️Photofest/Warner Bros. Pictures/zetaimage

クリストファー・ノーランが監督・脚本を務め、2010年に公開されたSF超大作映画『インセプション』。この記事では本作のあらすじやラストシーンの意味、潜り込んでいく夢の構造について徹底解説していきます!

目次

映画『インセプション』を徹底解説!作り込まれた多層構造の夢世界

クリストファー・ノーランがメガホンをとり、2010年に公開された『インセプション』。本作はレオナルド・ディカプリオや渡辺謙など、豪華な俳優陣が出演するSF超大作映画です。 伏線に富んだ緻密なプロットで観客を魅了し続けるノーラン監督の代表作の1つといえるでしょう。 「インセプション(発端)」とは、この映画に登場する主人公たちの任務の呼称。その内容は他人の夢の中に忍び込み、ターゲットの潜在意識に何かしらのアイディアを植えつけるというものです。 この記事では、重層的な夢と現実が交錯する映画『インセプション』のあらすじやラストシーンに含まれた意味、夢の構造について徹底解説していきます。また本作のトリビアも紹介。 この記事にはネタバレが多く含まれるので、まだ観ていない方は注意してくださいね。

映画「インセプション」のあらすじを解説【ネタバレ注意!】

インセプション
©Photofest/Warner Bros. Pictures/zetaimage

映画『インセプション』の主人公は、他人の夢の中に忍び込み潜在意識から機密情報を盗み出す、産業スパイのコブ(レオナルド・ディカプリオ)。彼は実業家のサイトー(渡辺謙)からとある依頼を持ちかけられます。 その任務とは、ライバル企業の会長の息子・ロバート(キリアン・マーフィー)の夢の中に潜入し、企業を相続せずに解体するというアイディアを植えつけることでした。 任務成功の報酬はコブの暗い過去を帳消しにするという、彼には願ってもないものです。優秀な仲間を集めたコブはサイトーも含めたチームを結成し、ターゲットであるロバートの夢の中に潜入します。

第1階層:ロサンゼルスの街

ターゲットの潜在意識の深いレベルにアイディアを植えつけるために、コブたちは3階層にわたる夢の世界をデザインしました。 第1階層であるロサンゼルスの街での目的は、ロバートに「父は別の遺言状を遺している」とインプットすること。ここでコブたちは予期せぬ抵抗にあい、サイトーが瀕死の重傷を負うものの、後戻りはできないので作戦を続行します。 夢の第2階層へと潜っていくためには、眠り続けるメンバーを守り、第1階層の夢を提供し続けるメンバーすなわち「ドリーマー」が必要になります。 第1階層のドリーマーはユスフ。彼は第1階層にとどまり、チームメイトを守ってタイミングよく目覚めさせるよう任されます。

第2階層:豪華ホテル

第2階層の舞台は高級ホテル。ここでコブたちは第2段階の作戦、「ミスター・チャールズ」を開始します。その目的はターゲットであるロバートに「これは夢だ」と教え、彼の信頼を得て第3階層の夢へと導くことです。 ここでもコブたちのチームはロバートの意識による抵抗にあいますが、間一髪で第3階層に潜り込みます。第2階層ではアーサーがドリーマーとしてとどまり、第3階層の夢に入ったコブたちを守ることに。

第3階層:雪山の要塞病院

第3階層にたどり着いたコブたち。ここでの目的は、ロバートに死んだ父親からの「企業帝国を捨てて自らの道を歩め」というメッセージを植えつけることです。 ところがこの夢の中に、自殺したはずのコブの妻が現れてロバートを殺してしまいます。夢の中で死ぬと通常の場合は目が覚めるのですが、この作戦では特殊な鎮静剤を使用しているため「虚無」の世界に陥ってしまうのです。 コブとチームメイトのアリアドネはロバートを救出するため、さらに潜在意識の深い部分である「虚無」の世界に入ることに……。

第4階層:「虚無」の世界

「虚無」の世界は、コブが今は亡き妻とともに作り上げた、夢の世界の廃墟でした。コブは夢の世界に妻との思い出を閉じ込めていたのです。 アリアドネがコブの妻を殺してロバートを救出した結果、作戦は成功しました。第1階層で受けた傷により死んでしまい、「虚無」の世界に落ちていたサイトーも、コブに導かれて脱出。 夢から覚醒し現実へと引き戻すためには、高いところから落としたり水の中に放り込んだりして刺激を与える「キック」という手順が必要です。 結局全員がこのキックにより無事に夢から覚醒し、コブは子どもたちと念願の再会を果たすのでした。

登場人物たちとそれぞれの役割を紹介

ドム・コブ/レオナルド・ディカプリオ

レオナルド・ディカプリオ
WENN.com

本作の主人公は、レオナルド・ディカプリオ演じるコブ。彼は他人の夢の中に潜り込み、潜在意識から機密情報を盗む産業スパイです。 実はコブには、インセプションのテクニックを使って妻を現実の世界に引き戻した過去がありました。しかしその結果、現実と夢の区別がつかなくなった妻・モル(マリオン・コティヤール)は自殺してしまいます。 それまでの犯罪歴に妻の自殺が加わって、コブは子どもたちをおいて逃亡生活を余儀なくされたのです。

サイトー/渡辺謙

渡辺謙
©Diloreto A./Sipa USA/Newscom/Zeta Image

渡辺謙が演じたサイトーは、本作でミッションを依頼する企業家。彼は航空会社を買い取ることも出来る大富豪であると同時に、コブの犯罪歴を電話1つで帳消しに出来る権力者です。 今回の作戦にかける意気込みは並々ならぬものがあり、ミッションの成否を見極めるためコブたちのチームに同行します。

アーサー/ジョセフ・ゴードン=レヴィット

ジョセフ・ゴードン=レヴィット
©Dennis Van Tine/Geisler-Fotopres/picture alliance / Geisler-Fotop/Newscom/Zeta Image

ジョセフ・ゴードン=レヴィットが演じたアーサーはコブの長年のパートナーで、ターゲットの調査などを担当しています。知的で非常事態にも冷静に対処する、クールさが魅力のキャラクターです。 彼は第2階層の豪華ホテルでドリーマーとしてとどまります。ホテルのフロアにおける無重力空間での戦いは、本作の中でも印象的なシーンの1つです。

アリアドネ/エレン・ペイジ

エレン・ペイジ
©︎Adriana M. Barraza/WENN.com

エレン・ペイジ演じるアリアドネは、「設計士」の任務を引き受ける聡明な大学院生です。義理の父・マイルズ教授(マイケル・ケイン)からの紹介で、ミッションにおける夢の世界のデザインを担当。 彼女の名前の由来は、ギリシア神話でアテーナイ王・テーセウスを迷宮から救出した女神・アリアドネだと言われています。その名前通り、彼女はチームの窮地を救う存在に。

イームス/トム・ハーディ

トム・ハーディ
wenn.com

トム・ハーディが演じたイームスは、コブのチームにおける「偽装師」です。彼は夢の中で、ターゲットのロバートが信頼する父の秘書ピーターや金髪女性に姿を変えて、彼を困惑させます。 一方で第3階層の雪山では武装集団に1人で立ち向かうなど、豪快なアクションも披露。

ユスフ/ディリープ・ラオ

ディリープ・ラオ
©︎PHIL McCARTEN/UPI/Newscom/Zeta Image

ディリープ・ラオが演じたユスフの担当は、夢の世界を安定した状態に保つための鎮静剤を調合する「調合師」。今回のミッションは第3階層の夢まで潜る必要があったため、かなり強力な鎮静剤が使用されました。 また彼は第1階層のドリーマーでもあり、コブたちがより深い潜在意識に潜っていくための重要な役割を果たします。

ラストシーンに監督が込めた意味を解説!

インセプション
©︎Photofest/Warner Bros. Pictures/zetaimege

ラストシーンでコブはコマを回します。このコマは夢と現実の見分けがつかなくなったときに使うアイテム「トーテム」で、コマが回り続ければ夢、倒れれば現実と判断することができます。 ところがラストシーンはコマが倒れるかどうかわからないうちに暗転するため、ファンの間ではラストシーンの解釈が分かれました。 2011年の雑誌の取材でクリストファー・ノーラン監督は、ラストシーンは映画の外から曖昧さを与えるために置いたちょうどいい「キック」であると述べています。 監督はラストシーンに、映画が終わり現実に戻る観客へのキックを仕込んだということですね。

『インセプション』の製作にまつわるトリビアを紹介

インセプション
©︎Photofest/Warner Bros. Pictures/zetaimege

世界各地で撮影が行われた

本作でアーサーがホテルのフロアを飛び回るシーンは、イギリスにある倉庫で撮影が行われました。また雪山でのシーンの撮影はカナダのカルガリー。 その他にもモロッコや東京、ロンドンやロサンゼルスなど、撮影で巡った地は計6ヵ国に及んでいます。

現実味を持たせるために

クリストファー・ノーラン監督は、爆発などのシーンを通常ハリウッドで使われるオレンジ色の炎ではなく、さらに現実的に表現したいと考えていました。 パリで撮影を行った際には安全のために実際の爆発は起こすことができなかったため、俳優陣のすぐ近くで高圧窒素を使用したのだそう。 特殊効果ディレクターは「実際に演技をしている人のすぐそばで爆発を起こすのと、ただの緑のスクリーンの前で爆発が起きたものと想像して演技するのでは全く違ったリアクションになった。」と話しています。

運も味方した雪山でのシーン

カナダのカルガリーで撮影が行われた雪山でのシーン。しかし撮影が開始するまで、ロケ地には雪が全くない状態だったそうです。 撮影チームは山肌が露出した状態の現地の写真が送られてくるたびに、かなり不安になったといいます。しかしそんな心配をよそに、実際に撮影に入る時には10年に1度の大雪に見舞われ、完璧な雪山でのシーンを撮ることができました。

特殊効果はそれほど使用していない?

CGを駆使して製作されたようにみえる本作ですが、実際にはそれほど特殊効果は使用されていません。 特殊効果があまり好きではないクリストファー・ノーラン監督の意向もあって、そのまま撮影できるシーンには極力CGを使用しなかったのだそうです。

レオナルド・ディカプリオは脚本作りにも大きく関わった

俳優であるレオナルド・ディカプリオが脚本作りに関わったというのは少し不思議に感じますが、ノーラン監督が書いたオリジナル脚本に手を加えたというのは本当のようです。 レオナルド・ディカプリオは劇中のキャラクターにそれぞれに個性を与え、自身の役であるコブの設定についてもノーラン監督と何週間も議論を交わしたそう。

映画製作に関わる職業をもとにして

インタビューの中でノーラン監督は、本作に登場する人物たちは、映画製作に関わる人たちの職業をもとにしたと話しています。 ノーラン監督曰くコブはディレクターでアーサーはプロデューサー、アリアドネはプロダクションデザイナーでイームスは俳優、サイトーがスタジオでロバートたちは観客なんだそう。劇中でそれぞれが担っている役割を考えてみると納得ですね。

映画『インセプション』の精神的続編を製作中!?

『TENET テネット』ティーザービジュアル
© 2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved

この記事では、多重構造の夢が交錯するSF映画『インセプション』のラストシーンや、夢の構造について解説しました。 クリストファー・ノーラン監督が製作中の最新作『TENET』は、本作の精神的続編と噂されています。また『TENET』主演のジョン・デヴィッド・ワシントンは2つの作品の関係を、別の街に住んでいてたまに会うだけの「血のつながらない親戚」と例えていました。 内容として繋がっているわけではなくても、関係のある作品なのだとすれば今から楽しみです。常に新しい世界を創り出すクリストファー・ノーラン監督の今後が見逃せませんね!