秋山澪、『けいおん』のベーシストが可愛すぎ!魅力を紹介

2017年7月6日更新

大人気アニメ『けいおん!』に登場する、つり目と黒髪ロングが特徴の放課後ティータイムのベーシスト、秋山澪。真面目だけど実は乙女でドジっ子な澪の魅力をかわいいシーン、楽曲とともに紹介します!

放課後ティータイムのベーシストである秋山澪

秋山澪

出典: sp.natalie.mu

秋山澪はガールズバンド、放課後ティータイムのベーシストです。楽曲によってはメインボーカルを務めています。左利きのため楽器はレフティのFENDERジャズベースを使用しています。

かなりの恥ずかしがり屋でベースを選んだのもギターは目立つからという理由でした。しかし、バンド内ではしっかり者でメンバーのツッコミ役になることが多いです。

桜ヶ丘高校入学当初は文芸部に入部希望でしたが、幼馴染の律に軽音部に引っ張り込まれ、唯、紬とともにガールズバンドが結成されました。

日常が魅力的アニメ『けいおん!』

秋山澪

出典: natalie.mu

『けいおん!』は軽音楽部のアニメですが、ずっと音楽の話をしているわけではありません。女子高校生のゆるくてほのぼのする日常も魅力です。

部室では練習ではなくお茶をしていることが多く、お菓子が大好きな普通の高校生です。澪も練習しなくてはと思いつつ、つい誘惑に負けてしまう一面を見せています。

幼馴染の律との掛け合いはテンポがよく、気の置けない仲であることがわかります。大人っぽい澪も軽音部でふざけあっているときは年相応の振る舞いでほほえましいです。紬にケーキのいちごを食べられ、固まったままポロポロと涙をこぼす場面も。

『けいおん!』の曲を作詞するのは秋山澪

けいおん

出典: gigazine.net

演奏もかっこよく、技術の高さも人気の理由です。作詞はなんと主に澪が担当しています。澪の作る詩は独特の感性で女の子らしい詩となっています。クールな雰囲気からは想像つかない詩を書いちゃうのも澪のかわいさです。

作中での演奏シーンもあり、1年生の時の学園祭は唯が声を枯らしてしまったため、澪がボーカルをすることに。不安な澪をみんなが励ましているシーンは感動的です。本番では演奏は成功したものの舞台で転ぶという失態をし、トラウマになってしまいました。

3年生の時の学園祭では澪はステージ上で堂々としており、成長が感じられます。そして、ライブで完全燃焼し部室で5人ぼーっとし、その後感極まる姿に胸が熱くなります。

エンディングのボーカルも担当

けいおん

出典: sp.natalie.mu

アニメのエンディングは澪がボーカルを務めています。オープニングがポップな曲なのに対し、エンディングは重めでクールな曲となっており、澪の声にぴったりです。

作中では怖い話にうずくまったり、部室におやじ顔のぬいぐるみを持ちこんだりと実は乙女な澪ですが、エンディングではいつもとは違うかっこいい澪が見られちゃいます。さらにエンディングは衣装も凝っており、曲のイメージに合ったかっこよくかわいい衣装です。

桜ヶ丘高校には澪のファンクラブも存在する

秋山澪

学園祭の演奏の影響で桜ヶ丘高校には澪のファンクラブが発足しました。桜ヶ丘高校は女子高なのですが、澪は美人でかっこよく女子が憧れる存在です。

アニメ中にはファンクラブでお茶会をするシーンがあります。恥ずかしがり屋の澪は初めあまり乗り気ではありませんでしたが、みんなのために何かしようと考え始める姿が素敵です。お茶会では緊張のあまり全くクールではなくなってしまい、お風呂に入ったらどこから洗いますか?という質問に、シャワーヘッドと回答するシーンは秀逸です。

お茶会の最後には澪が作ってきた詩を読むシーンがあり、ときめきシュガーの詩が読まれました。しかし、澪のファンでも澪の独特の詩にはついていけず、温度差が生まれてしまいます。

澪はほぼドククラゲ!?

秋山澪3

出典: www.tbs.co.jp

澪とポケモンのドククラゲにいったいどんな関係があるのでしょうか。お互いのプロフィールが関係しているようです。

秋山澪は1月15日生まれのB型で、身長は160cm、体重54kg。対してドククラゲの高さは1.6m、重さ55.0kg。澪がほぼドククラゲというのは身長と体重のことのようです。ドククラゲって意外と大きいんですね。

ドククラゲ

そんな秋山澪の体型にもかわいさの秘密があります。アニメのキャラクターは細いことが多いですが、澪はリアリティのある柔らかそうなボディなのです。女性にとっては親近感が持ちやすいですね。合宿では水着のシーンもあり、澪のスタイルの良さがわかります。制服もかわいいですが、ライブの衣装や私服も注目です。

秋山澪の声優は?

日笠陽子

秋山澪の声優は日笠陽子(1985年7月16日)です。澪の人気はこの方の歌唱力があってこそといっても過言ではありません。日本ナレーション演技研究所の出身で、2007年に『スケッチブック 〜full color's〜』の根岸みなも役でアニメデビューしています。

その他の出演作には『IS〈インフィニット・ストラトス〉』篠ノ之箒役や『生徒会役員共』天草シノ役などがあります。澪は初めてのメインキャラクターのため、分身であり、我が子のように感じているそう。

日笠陽子本人のキャラクターも魅力的で、趣味や特技が多く、資格もいくつか有しています。「てへぺろ」という言葉を作り出した方でおちゃめな性格であることがわかります。