2018年1月12日更新

アニメ『けいおん!』声優一覧まとめ

2009年から放送されたアニメ『けいおん!』。2010年には2期が放送、2011年には映画も公開された大ヒットタイトルです。さらに、作中に登場する楽器が飛ぶように売れるなど社会現象にもなり、当時はまだ無名だった出演声優たちを一躍有名にしました。今回は、『けいおん!』で注目を集めた声優陣をまとめました。

人気アニメ『けいおん!』でブレイクした声優たち

2009年4月から放送された、”かきふらい”による4コマ漫画を原作とするアニメ『けいおん!』。私立桜が丘女子高等学校(桜ヶ丘高校)を舞台に、廃部寸前の軽音楽部に入部した少女たちの3年間を描きます。 深夜帯に放送されたアニメながら、その反響は大きく、作中に登場するガールズバンド「放課後ティータイム」関連楽曲の売り上げも好調。第4回声優アワード授賞式では、歌唱賞を受賞しました。 さらに、キャラクターが使用した楽器は、追加生産が必要になるほどの売り上げになるなど社会現象を巻き起こしました。 こうした一連のブームは、当時まだ新人(無名)だった出演声優たちへも注目を集め、一躍人気声優へと押し上げました。今回は、『けいおん!』で声優を務めたキャストをご紹介します。

平沢唯/豊崎愛生

本作の主人公で、担当楽器はギターの平沢唯。楽器の演奏経験が全く無い状態で軽音楽部に入部してしまい、一時は辞退しようとしますが、澪たちの演奏に胸を打たれて入部を決意しました。 絶対音感と相対音感という天性の才能を持っており、3年間ギターの練習に没頭したおかげで、技術面は驚くべき成長を見せました。 性格は天然でドジっ娘体質、ライブでもほとんど緊張しないため、メインボーカルとMCも担当しています。 平沢唯の声を担当した豊崎愛生は、徳島県出身、1986年10月28日生まれの声優・歌手です。2006年に『RED GARDEN』女子生徒役でデビューすると、翌年には『ケンコー全裸系水泳部 ウミショー』役で初レギュラー&初主演を果たしました。 平沢唯役で大きく知名度を上げ、ソロ歌手デビュー後は声優ユニット「スフィア」としても活動。2011年からは、バラエティ番組や情報番組などへのタレント出演もあり、ますます活動の幅を広げています。 癒し系のふんわりした雰囲気と声が魅力で、『めだかボックス』黒田めだか役や『シドニアの騎士』科戸瀬イザナ役などで知られています。

秋山澪/日笠陽子

秋山澪は唯と同級生の軽音部員で律とは幼馴染、担当楽器はベース。文芸部への入部を希望していましたが、律に強引に誘われて軽音楽部に入部しました。 小学生の頃は重度の人見知りでしたが、律の提案で男口調で話すなどの工夫を経て、多少緩和された様子。 しかし、その後も恥ずかしがり屋な部分は治っていません。一方で、とても真面目な性格のため、部長の律に代わって部員をまとめることもあるしっかり者です。 秋山澪の声を演じた日笠陽子は、神奈川県出身、1985年7月16日生まれの声優・ナレーター・歌手です。三石琴乃に憧れて声優を目指し、2007年に『スケッチブック~full color's~』根岸みなも役でデビューしました。 『けいおん!』出演以降、主要キャラクターを演じることが増え、アニメだけではなく吹き替えやナレーションもこなす人気声優に。 新人時代から歌唱力に定評があり、『進撃の巨人』のエンディングテーマを担当したことをきっかけに歌手デビューを果たしました。 他にも『IS<インフィニット・ストラトス>』シリーズの篠ノ之箒役、『戦姫絶唱シンフォギア』シリーズのマリア・カデンツァヴナ・イブ役など話題の作品に次々と出演しています。

田井中律/佐藤聡美

田井中律は唯と同級生の軽音部員で澪とは幼馴染、担当楽器はドラムス。部員の中で唯一、最初から軽音部に入部することを決めており、1年生から3年生まで部長を務めました。 ボーイッシュな口調で話し、演奏同様に性格も色々な意味でパワフルです。 部活関係の届け出などを忘れる大雑把さもありますが、周囲への細かい気配りが得意。部内の空気を盛り上げようとする部長らしいしっかりとした一面もあります。 田井中律の声を担当した佐藤聡美は、宮城県出身、1986年5月8日生まれの声優・ナレーター・歌手です。2007年、『かみちゃまかりん』ミッチリアン3役で声優デビューを果たしました。 『FAIRY TAIL』ウェンディ・マーベル役を始め、自身の性格に似た物静かで温和な性格のキャラクターを演じることが多くあります。 そのため、明るくパワフルな田井中律役にキャスティングされた際は本人も周囲も驚いたそうです。 その他の出演作は、『氷菓』千反田える役や『きんいろモザイク』烏丸さくら役などがあります。

琴吹紬/寿美菜子

琴吹紬は唯と同級生の軽音部員で、担当楽器はキーボード。合唱部に入るつもりでしたが、軽音部の部室で繰り広げられた澪と律の駆け引きを気に入って入部しました。 家には執事がいる大企業の令嬢で、おっとりした性格。軽音部の活動も最初は一歩引いたところから見ていましたが、次第に好奇心旺盛な一面を覗かせ、積極的に参加するようになります。 琴吹紬の声を演じた寿美菜子は、兵庫県出身、1991年12月21日生まれの声優・歌手です。 2006年、豊崎愛生と同じく『RED GARDEN』に出演、生徒CとグレースA役で声優デビューしました。 歌唱力にも定評があり、『けいおん!』関連楽曲のコーラス・レコーディングは、全て一発OKだったのだとか。 ソロ歌手デビュー後は、声優ユニット「スフィア」を結成するなど精力的に活動しています。 『けいおん!』以降、次々と出演作が決まり、『TIGER & BUNNY』カリーナ・ライル/ブルー・ローズ役や『響け!ユーフォにアム』田中あすか役などの代表作が生まれました。

中野梓/竹達彩奈

軽音部唯一の後輩部員で、担当楽器はリズムギター。小学生からギターを学んでいたため、演奏技術は確かなものを持っています。 新入生歓迎ライブを見た際、唯に憧れて入部しましたが、3年生の技術が乏しすぎたため逆に教える立場になってしまいます。 入部当初は、緩んだ雰囲気に激高することもありましたが、次第に愛着を持つようになり、3年生卒業の際は寂しさを吐露する場面もありました。 中野梓の声を演じた竹達彩奈は、埼玉県出身、1989年6月23日生まれの声優・歌手です。2008年、OVA『Kiss×sis』のヒロイン・住之江あこ役で声優デビューしました。 『けいおん!』は、軽音部の初期メンバー4人の役でオーディションに参加していたのだとか。 結果、中野梓の声を担当したことで知名度が上がり、歌手としてもソロやユニットで活動しています。 代表作は、『俺の妹がこんなに可愛いわけない!』高坂桐乃役や『ソードアソート・オンライン』シリーズのリーファ/桐ケ谷直葉などがあります。

山中さわ子/真田アサミ

桜が丘高校の音楽教師で、軽音楽部の顧問を務めるほか、唯たちが3年生に進級した際にはクラス担任になりました。桜が丘高校の卒業生であり、軽音楽部の先輩。バンド名を決められない唯たちに痺れを切らして、放課後ティータイムと名付けた人物でもあります。 美人で物腰も柔らかい人気教師ですが、それは過去に軽音楽部でメタルを演奏していたことを隠すためのもの。ギターを手にしたり眼鏡を外すと、豹変してエキセントリックなキャラクターになります。 山中さわ子の声を演じた真田アサミは、長野県出身、1977年9月8日生まれの声優です。1999年に『デ・ジ・キャラット』のオーディションで大賞を獲得し、主人公のデ・ジ・キャラット役でアニメデビューを果たしました。 甘いもの好きをネタにされることが多く、ラジオ番組にゲスト出演した際、1ホールのケーキを食べながら収録させられたこともあります。 代表作は、『ローゼンメイデン』シリーズの桜田ジュン役や『魔法少女リリカルなのは』シリーズのヴィータ役、『さよなら絶望先生』シリーズの常月まとい役など。少年、少女から成人女性まで幅広い年齢層の役柄を演じています。

平沢憂/米澤円

唯の1つ年下の妹で、姉たちの在学中はサポートに回り、卒業後に軽音楽部に入部。担当楽器はギターですが、数日練習しただけで唯の演奏技術を上回る才能を見せました。 トレードマークのポニーテールを下すと姉妹は瓜二つで、無邪気で人懐こい性格も同じのようです。ただし、唯とは違って器用で呑み込みも早い「出来た妹」なうえ、年上であるはずの唯に勉強を教えるという優秀ぶりです。 平沢憂の声を演じた米澤円は、大阪府出身、8月30日生まれの声優・歌手です。 2005年、『MAJOR 1st season』同級生役でデビュー。『けいおん!』出演後は、徐々に主要キャラクターの声を担当することも増えました。 2014年にはYoutube上で歌手デビューすることを発表し、さらに活動の幅を広げています。 2012年に放送された『Another』では、九官鳥のレーちゃん(メインは赤沢泉美役)の声を担当しました。大の鳥好きというだけあって、人間が出しているとは思えないようなクオリティの鳴き声を披露しています。

真鍋和/藤東知夏

唯の幼馴染で、桜が丘高校の生徒会役員(後に生徒会長)を務めています。唯に高校での部活動を勧めた人物でもあり、良き理解者として影ながら応援する友人思いのキャラクターです。 軽音楽部のメンバーとも、1年生のクリスマス会をきっかけに親交を深め、お互いに名前で呼び合う仲に。部活関係の書類の提出を怠った律のフォローをしたり、3年生時には前任から「秋山澪ファンクラブ」会長を引き継ぐなど、メンバーたちとの接点が多くあります。 真鍋和の声を演じた藤東知夏は、兵庫県出身、7月16日生まれの声優・ナレーターです。 中学生の時に見た『デジモンアドベンチャー02』に影響を受け、エイベックス・アーティスト・アカデミーに入学。在学中に受けた『けいおん!』のオーディションに合格し、真鍋和役で声優デビューを果たしました。 憧れの声優は、坂本千夏と折笠富美子だそうです。主な出演作は、『ギルティクラウン』キョウ役や『段ボール戦機W』ユキ役など。デビューからあまり期間が経っていないので、今後の活躍に注目したい声優の一人です。

鈴木純/永田依子

鈴木純は憂の中学校からの同級生で、桜が丘高校へ進学後は憂と梓と同じクラスに。「かっこいい感じがする」と、憂と一緒に軽音楽部を見学しましたが、入部はせずジャズ研究会に所属しました。 ジャズ研究会は内部抗争が激しく、その中で鍛えられているため、担当楽器のベースもなかなかの腕前を持っています。憂や梓だけではなく、放課後ティータイムからチケットを配られたりするなど、メンバーたちとも交流があります。 鈴木純の声を演じた永田依子は、大阪府出身、1984年2月27日生まれの声優です。 2006年に『ふしぎ星の☆ふたご姫 GYU!』カロリ役でデビューし、鈴木純の声を担当したことで知名度を上げました。 その他、『Kiss×sis』三国美春役や『DOG DAYS』ジョーヌ・クラフティ役でも知られています。 2012年以降、新規の出演作は無く、続編が制作されたタイトルも全ての役を降板。引退の発表はしていないので、ファンの間でも心配されているようです。

豪華声優に彩られる『けいおん!』をご覧あれ!

見てきたように、アニメ『けいおん!』では、非常に豪華な声優達が活躍しています。アニメの内容だけでなく、声優のファンになるのも良いかもしれません。