2020年4月28日更新

【けいおん】田井中律(りっちゃん)はドラム担当の元気っ子!おでこが可愛いムードメーカーの魅力

田井中律 サムネイル

軽音部・部長の田井中律(りっちゃん)は、ドラムを担当する元気っ子ですが、実は可愛い一面もあるようです。また、いつも前髪を上げているスタイルの律が、髪をおろすとても美人。そんな彼女の魅力をエピソードとともに紹介します。

目次

『けいおん!』田井中律(りつ)の元気いっぱいな魅力を紹介!まずはプロフィール

『けいおん!』は、私立・桜が丘女子高等学校にある廃部寸前の軽音部に、田井中律を始めとする4人の生徒が入り、部活動に励む青春ストーリーです。 田井中律はショートヘアに黄色いカチューシャをしている活発な女の子。あだ名は「りっちゃん」です。 さわやかな笑顔とお調子者なキャラクターで、みんなのムードメーカー的な存在。廃部寸前だった軽音部に秋山澪や琴吹紬、平沢唯をほぼ強制的に入部させ、なんとか部を再建させ部長になりました。 また、当時吹奏楽部の顧問をしていた山中さわ子を強制的に顧問にさせたりとなかなか強引な人物です。

ドラムを担当楽器に選んだ理由は?好きなドラマーが意外

律がドラムを選んだ理由は、おおざっぱな性格で細かい楽器が苦手ということから。 そして律が使用しているドラムはYAMAHAのヒップギグ。金属ハードウェアが収納できる持ち運びがスムーズなドラムです。16インチと小さいサイズの非常にコンパクトなドラムで、小柄な律にはぴったり。 ちなみに。律が好きなドラマーは実際のバンド「The Who」のキース・ムーンだそう。女子高生なのに、なかなか渋い趣味をしていますね。

学園祭に出られない!?部長・律の大失態

田井中律は、軽音部の部長として部を盛り上げるムードメーカー。ただし、基本は大ざっぱな性格のため、部の事務作業などはいい加減なもの。2年生時の学園祭の際は、そのせいで学園祭に出れなくなるという危機一髪の状況に陥りました。 学園祭本番直前、律の怠慢で、軽音部は講堂の使用届が出ていないと注意されます。後で出すように言われますが、その後風邪をひくなどのハプニングもあり、結局出さずじまいに。 風邪が治った直後、生徒会の真鍋和(のどか)が、講堂の使用届の件で血相を変えてやってきました。届出がない以上使用はできないと言う生徒会長に、律は何度も頭を下げます。 すると和は軽音部をかばい、彼女の信頼のおかげで、ギリギリで使用を許可してもらいました。そんな和の姿を見ていた律は、この件以来、彼女とも仲を深めていくようになります。

澪とケンカ?仲直りのキッカケは

律は、幼馴染の澪をはじめ周囲をイジって楽しむ反面、自分がイジられることには慣れておりません。また、澪がいないと途端に寂しがる一面を見せます。 学園祭直前、唯がギターの弦を替えるために楽器店に行ったときのこと。ベースを見ていた澪を連れ出そうとした律は、彼女から思わぬ反応をもらい、変な空気になります。その後も、学校で唯や和と楽しそうにしている澪を見つけ、その場に乱入。これに対し澪は激怒し、それ以降の軽音部はギクシャク、彼女はドラムに身が入らず帰宅します。 次の日、律は風邪で休んでいました。彼女が変に澪に突っかかっていたのは、具合が悪かったせいだったのです。お見舞いに行った澪は、もう怒っていないことを告げ、待ってるから早く直せと彼女を励まします。 「パワーの無いドラムは物足りない」と言われた彼女は、安心して眠りにつくのでした。幼なじみでリズム隊同士の2人らしい仲直りです。

前髪を下したりっちゃんが可愛い!

田井中律の髪は唯と同じ茶髪のショートカット。律の髪は外ハネが特徴で色素も薄めです。 普段はカチューシャで前髪を挙げている律ですが、時折見せる前髪を下ろした状態の律が美少女だとファンから大絶賛。そして唯にそっくりで間違えられる事も話題になりました。 ちなみに原作では、オシャレに興味がなく面倒くさがりな性格もあり前髪を簡単に束ねていますが、逆にアニメ版では大きな鏡を見て髪を整える仕草をしたりと、人並みにオシャレに興味はあるようです。

律に彼氏がいる!?

田井中律に彼氏がいるという疑惑がいっとき話題に。 それは、作中で軽音部のメンバーが和気あいあいと話している中、彼氏の話題になった事から始まります。「律に彼氏なんて出来るわけ……」と言う澪に、顔を赤くしたのです。 なんとも意味深な反応にファンは「もしかして」という展開になっていきました。律には彼氏がいるのか否か騒がれましたが、結局はいなかったようです。

律のお調子者らしい名言を紹介!

あまりの金額の多さにオラ気が動転してしもうて

部室掃除をしていた軽音部は、顧問の山中さわ子先生の古いギターを見つけます。売って部費にするよう言われた一同が楽器店に行くと、買取価格はなんと50万円でした。 金額の大きさに動揺した律は思わず、「買取価格は1万円だった」と先生に嘘の報告をしてしまいます。その後、部員全員で土下座して謝ったときの、彼女のとっさの一言です。 もちろんそこまで悪気があったわけではないのでしょうが、ついつい目の前の大金に目がくらんでしまったんですね。

リコピン

修学旅行に行った軽音部の4人は、同じ部屋に泊まります。消灯時間後、彼女たちは興奮のせいか、なかなか寝つけないでいました。これは、そんな中で律が小声で言った、特に意味のない一言です。 深夜テンションになると、何が面白いわけでもないですが、思わずツボに入ってしまう経験はないでしょうか。このときの彼女たちはまさにそのような状況であり、澪以外は笑いを抑えきれずにいました。 その後、自由行動で道に迷ったときに不穏なムードが流れていたときには、逆に澪だけが「リコピン」にツボってしまうという展開もありました。

紙切れなんかに、私達の未来は決められないぜ!

これは高校卒業近くなり、進路調査票に何を書けばいいのかわからずにいる時の律の言葉です。唯とともにふざけながら話していましたが、核心をついている言葉ですね。 3年生になっても未だ進路を決めておらず、しかも近いうちに学園際ライブも控えているなど、複雑な思いがこの言葉を生んだのかもしれません。

さわちゃん 今までありがとう 田井中律(部長)

『けいおん!!』(2期)第24話にて卒業式の寄せ書きです。3年間の軽音楽部の部長として、そして田井中律本人の気持ちのすべてを込めた言葉です。

田井中律の声優は佐藤聡美(さとうさとみ)

田井中律の声優は佐藤聡美です。1986年5月8日生まれの青二プロダクション所属。 2007年放送の『かみちゃまかりん』で声優デビューを果たし、2008年『地獄少女 三鼎』御景ゆずき役や、2009年『けいおん!』田井中律役でグンと知名度が上がりました。 主な出演作品は2015年放送の『暗殺教室』神崎有希子役や2014年放送『魔法科高校の劣等生』柴田美月役などがあります。