『スター・ウォーズ』シリーズが好きな人にぜひおすすめしたい映画10選

2017年5月23日更新 3039view

SF映画の金字塔と呼ぶにふさわしい『スター・ウォーズ』シリーズ。2016年時点でシリーズ7作にスピンオフ1作を数える、その世界観に大いにハマった人にも触れてほしい映画を、いくつかご紹介しましょう。

映画『スター・ウォーズ』とは?

star-wars-the-force-awakens-the-saga-tribute-trailer-extended-722634

映画『スター・ウォーズ』は1977年に製作(日本公開は78年)された、ジョージ・ルーカス監督による一大スペースオペラとして、全世界に熱狂的ファンを生みました。2016年時点でシリーズ7作、そしてスピンオフ1作(『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』)が製作されています。

この壮大なスペースロマンにハマった人向けに、関連作品をいくつか抜粋します。

『スター・ウォーズ』の世界観が好きな人には

1.シリーズの生みの親ジョージ・ルーカスの出世作【1973年】

maxresdefault

amemiyas2 古き良きold americaの魅力が詰まっている、青春映画。街のそこかしこを走るヴィンテージカーに、ロックンロール。ローラースケートに乗ってハンバーガーとコークを運んでくれるレストラン。プラム。見知らぬ女の子が急に車乗り込んできちゃったり、こんな時代が本当にあったのかと思うほど私にとっては夢のような光景が広がっている。この作品はこれからも色褪せることはないだろうな。こんな青春、私も送ってみたかったぜ。。 girsのファッションが最高にcute♡ ジョン・ミルナーがめちゃくちゃかっこいい!! すがすがしい気分でエンディングを観終わると、最後のテロップでちょっと「あっ…」となります。

『スター・ウォーズ』を生んだジョージ・ルーカスが29歳で監督した若者青春群像劇。BGMにオールディーズを使用し、時代設定となった1960年代を再現しており、若者役に後の『スター・ウォーズ』でハン・ソロを演じるハリソン・フォードが顔を見せています。

2.『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の監督出世作【2011年】

whentheycry 『GODZILLA』に大抜擢されたギャレス・エドワーズ監督作品。 低予算ながらも丁寧な作りなのが好印象だったけど、もっとモンスターが暴れるような映画を楽しみにしてたら二人の男女のロードムービーだった。
gohanumai DVDで鑑賞 モンスター映画じゃなくて、モンスターがいる世界のロードムービー。常に予感をさせつつ、人が住んでいた痕跡を残す風景が美しくて好きでした。邦題に地球外生命体ってついてるけど、人間の思惑とは関係なく既に地球の生態系のひとつとして定着しつつあるモンスター(つまりもう地球内だと思う)なアプローチが面白いと思った。ゴジラ続編もそういうテイストが含まれるのかなと思うと楽しみ!

2016年12月に全世界で公開予定のスピンオフ『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の監督ギャレス・エドワーズが、2011年に1万5,000ドル(約120万円)という低予算で製作したエイリアン侵略もの。

この作品で手腕を認められたエドワーズは、『GODZILLA/ゴジラ』を経て『ローグ・ワン』製作とつながります。

とにかくSF映画が好きでたまらない人には

3.『スター・ウォーズ』と対を成すスペースオペラ【1979年】

potunen たぶん、当時はこの映像が見所やったのかな。ディレクターズエディションを見たから、それなりに見応えはあったし雰囲気好きやったけど、ストーリーがちょっと分かりにくい。たぶんこういうことやろな、という想像はつく。でも基本的に話し合い?で解決してるのいいよね。

宇宙船USSエンタープライズ号に乗り込むクルーたちの冒険を描いた、1966年開始のテレビドラマ「宇宙大作戦」に端を発した映画版で、2016年時点でリブート作も含め13本作られています。

4.SFドラマのキャストが本物の宇宙ヒーローに!【1999年】

Waon 2016.09.17[77作目] DVD。かなり笑える作品だった。コミカルで、ユーモアがあって、ジョークがきいていた。今となっては少しちゃちな作りも良かった。家族で楽しめる作品。
ayamilky 笑った!面白い!! スタートレックやスターウォーズのファン達を彷彿とさせる! 星を助けて欲しいって宇宙人に頼まれたのはスペースものをやった俳優達でしたって話。 トニーシャルーブを知るきっかけになった作品です。ティムアレンはこういうコメディうまいですね!

放送終了から20年経っても人気のSFドラマのキャストが、本物の宇宙人からヒーローと勘違いされ、本当の銀河戦争に駆り出されてしまうというコメディ。設定そのものは『スター・トレック』をもじっていますが、再起を図ろうとする大人のドラマにもなっている点がポイントです。

父と子のつながりが好きな人には

5.惑星間を旅するSFアドベンチャー【2014年】

lessmore 地球絶滅危機の原因と救済が宇宙を通じて描かれている。 スケール感が大きいので難しく感じる作風がクリストファー・ノーランらしい。 メッセージは人類のエゴと救済のための愛であろう 人類を救う為に宇宙に飛び出す人たちさえも・・・

解りやすく描かれているのは、偽りの情報を送り続けて救出に来た人を裏切ってまで生き延びようとするマン博士、その名もヒュー・マン博士は人間らしさを象徴するように描かれていて監督の意図が伝わってくる。

反して愛が危機を救う事も描かれている。

映画を観ているあなたが主人公

kinoshitaaaaaa 大変おもしろかったです。僕の好きな宇宙の不思議な感じが全て詰まった宇宙好きにはたまらない作品です。

地球に代わる新天地を求めて宇宙に旅立った主人公と、地球に遺してきた娘との時空を超えた父娘愛を描いたクリストファー・ノーラン監督のSFドラマ。

ワームホール理論などの複雑な要素を盛り込みつつも、画力で見せきるノーラン演出に注目です。

6.ビンボー親子と宇宙生物の交流、香港版『E.T.』【2008年】

main

edinburghttt シュー・チャオ君だと思ってたけど、まさかの女の子…^^;びっくりした笑、映画の内容は、再生能力を持つ宇宙犬をたまたま手に入れたチャウ親子の話。感動で終わるのかと思いきやまさかだった。なにこれ。結果として、7号(犬の名前)と同じもんだったらなんでも良かったの?途中の友達の女の子はインパクト強すぎ笑、すっごい浅い映画。もし気になる人は終わりだけどうぞ。チャオ君のかわいさに★★。

『少林サッカー』や『西遊記~はじまりのはじまり』などで知られるチャウ・シンチーによる、『E.T.』をモチーフにしたハートフルSFドラマ。貧しい親子と、彼らが偶然見つけた地球外生命体”ミラクル7号”との心の触れ合いが描かれます。

『スター・ウォーズ』のパロディやオマージュ作品が観たい人には

7.細部まで『スター・ウォーズ』をパロったコメディ【1987年】

screen-shot-2015-02-06-at-10-54-26-am

thewavecatch31 ジョンキャンディ リックモラリス の悪ふざけ満載!

そして それを監督が 煽りまくり 幼少期は 大好きでしたよ! アニメの感覚でした! スタウォーズネタが 満載で いい!

後半の 悪?の軍団の 地球の酸素を奪う際の 吸え!吸え!吸え!と ダースヴェイダーのパロリはツボでしたね 笑

ビルプルマンの ダメっぷりもいい!

コメディ映画の鬼才メル・ブルックスが手がけた、ジョージ・ルーカス公認のパロディムービー。登場キャスト全員が『スター・ウォーズ』のキャストをもじっていますが、中でもジャバ・ザ・ハットをパロったピザ・ザ・ハットが秀逸。

8.何が何でも『エピソード1』が観たい!スター・ウォーズオタクたちの大騒動【2009年】

Kyohei_Fukuba 全編にスターウォーズ愛が溢れてる 笑えるし感動するしオチもよくて最高 スタートレックネタがわからんかったけど笑
KuRooNeKo 大人の男たちが馬鹿やってるのほんと好き。何度みても面白い

1998年に、新作『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』を死ぬ前に観たいと願う末期ガンの友人の願いを叶えようとする、スター・ウォーズマニア達の騒動を描いたコメディ。

ジョージ・ルーカスの公認を得て製作されており、レイア姫役のキャリー・フィッシャーやダース・モール役のレイ・パークなど、本家『スター・ウォーズ』シリーズのキャストもゲスト出演しています。

『スター・ウォーズ』でのハン・ソロ役のハリソン・フォードが良かった人には

9.熱狂的マニアを生んだSFカルトムービー【1982年】

eru3 DVD:2015.08.23

昔の映画なのにあまり古い感じもせず、しっかりと作り込まれているSF。 日本と中国が混じったような近未来の町が舞台だった。 最後の方は狂気がすごくてちょっと怖い部分もあったけど、全体的に渋かった。

Hayato_Watanabe まず、世界観がツボ!! 1981年の作品で2019年の未来を描いているが、映像がとにかくかっこいい。

人間の勝手な都合で作られる、人間と同等もしくはそれ以上の能力と知能を持ったロボット。そしてそのスペックの高さ故、4年という限られた人生を強いられる。その中での葛藤、焦燥、悲しみ、愛など様々な感情を抱いている。人間よりも人間らしく生きる彼らは、生きる意味を強く訴えかけてくるよう…

2019年を舞台に、人造人間“レプリカント”を追うバウンティ・ハンターのデッカードの活躍を描いたSFアクション。1982年の公開時は注目されませんでしたが、徐々にファンを増やしカルト・ムービーとして認知されました。

2017年11月に続編が公開予定となっており、デッカードを演じたハリソン・フォードも引き続き続投します。

『ローグワン』の主演女優フェリシティ・ジョーンズが素敵だと感じた人には

10.アドレナリン爆発、ノンストップカーアクション【2016年】

麻薬組織から恋人を救うべく、主人公が高級車を駆使して高速道路を疾走するカーアクションムービー。主人公役にニコラス・ホルトが、恋人役をフェリシティ・ジョーンズが可憐に演じています。とにかく車大好き&カーチェイス大好きな人にもってこいな映画です。