映画『レインマン』のあらすじ・キャストまとめ【ネタバレあり】

2017年7月6日更新

80年代を代表する映画の1本『レインマン』はトム・クルーズとダスティン・ホフマンを主演に迎え、アカデミー賞作品賞を始めとする多数の賞を受賞しました。サヴァン症候群の兄レイモンドとその弟チャーリーの交流を描いた作品の魅力を今回は大紹介します!

トム・クルーズ・ダスティン・ホフマン共演作品『レインマン』

1988年に公開された映画『レインマン』。主演にトム・クルーズとダスティン・ホフマンを迎えた今作はアカデミー賞作品賞を受賞しました。

本作は自由奔放な弟チャーリーとサヴァン症候群を持つ兄レイモンドの交流を描いた傑作ロードムービー。今回はそんな名作の魅力を大紹介します!

映画『レインマン』あらすじ【ネタバレ注意】

『レインマン』1

チャーリー(トム・クルーズ)は中古の高級車のディーラーを経営している青年。なかなか売り上げが伸びずに困っている彼のもとに、いい関係を築けていなかった父の訃報が届きます。

彼は彼女のスザンナと共に父親の遺産を手にするために故郷に帰ることに。しかしチャーリーは父親の遺産が全てサヴァン症候群を持つ兄レイモンド(ダスティン・ホフマン)の信託財産として運用されることを知るのです。

『レインマン』2

何とか遺産を手に入れたいチャーリーはロサンゼルスまで旅行に行こうとレイモンドを施設から連れ出します。レイモンドはサヴァン症候群を持っているため、普通にコミュニケーションをとることはできませんが、抜群の記憶力を持っていました。

そんなレイモンドのことを気に入ったスザンナは彼の世話をします。しかし旅行の目的が遺産を奪い取ることと知ったスザンナは怒って立ち去ってしまうのです。

『レインマン』3

兄の世話をしなければいけなくなったチャーリーですが、彼の世話を行っているうちに様々な記憶がよみがえります。そして辛いときに一緒に歌を歌ってくれたレインマンというニックネームの男がレイモンドであると気づくのです。チャーリーは兄と接しているうちに本当に愛情が湧いてきて、遺産目的ではなく、本当の後見人になることに。

『レインマン』4

そしてチャーリーの意思を知ったスザンナが彼らの元に戻ってきます。途中立ち寄ったラスベガスのカジノではレイモンドの抜群の記憶力で大金を獲得。またレイモンドはある女性に恋をします。チャーリーが2人をひっつけようとしますが、上手くいきません。

『レインマン』5

出典: www.ansa.it

兄弟は失われた時間を埋めるかのように、共に様々なことに挑戦。しかしレイモンドは社会不適合者と診断されます。チャーリーは兄とつきっきりでいるか、それとも病院に戻すか選択を迫られることに。

結局レイモンドは病院に戻されますが、以前のように1人ではありませんでした。

『レインマン』出演キャスト

レイモンド・バビット/ダスティン・ホフマン

『レインマン』6

サヴァン症候群を持つレイモンドを演じたのは名優ダスティン・ホフマン。彼は1937年8月8日カリフォルニア州出身の俳優です。今では名優と言われるホフマンがブレイクするきっかけとなった作品は1967年の映画『卒業』。彼はベン・ブラドック役を演じ、アカデミー賞主演男優賞にノミネートされます。

その後1979年の映画『クレイマー、クレイマー』で子育てに奮闘するサラリーマン、テッド・クレイマーを好演しアカデミー賞主演男優賞を受賞しました。今作『レインマン』でもサヴァン症候群を持つレイモンドという難しい役柄を演じ、再びアカデミー賞主演男優賞受賞します。

チャーリー・バビット/トム・クルーズ

Tom Cruise Wallpaper @ go4celebrity.com

チャーリーを演じたのは言わずと知れた大スター、トム・クルーズ。彼は1962年7月3日ニューヨーク州出身の俳優です。

彼を一躍スターダムに押し上げた作品と言えば1986年の映画『トップガン』。トムは戦闘機のパイロットであるピート・ミッチェルを演じ、世界的に大ブレイクを果たしました。

その後1989年の映画『7月4日に生まれて』でのロン・コーヴィック役、1996年の映画『ザ・エージェント』でのジェリー・マグワイア役でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされます。

近年も精力的に活動をし、2015年には自身の代表作である「ミッション:インポッシブル」シリーズの最新作『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』でイーサン・ハント役を演じました。

スザンナ/ヴァレリア・ゴリノ

『レインマン』8

チャーリーの恋人スザンナを演じたヴァレリア・ゴリノは1966年10月22日生まれのイタリア・ナポリ出身の女優です。

キャリア当初イタリア国内で活躍していた彼女が世界的知名度を得ることになった作品が1986年のイタリア映画『Storia d'amore』。彼女は主役のブルナを好演し、見事ヴェネツィア国際映画祭女優賞を受賞し注目を浴びます。

その後今作『レインマン』に出演したことで世界的知名度を獲得。活動の拠点は主にイタリアに置き、近年でも2015年の映画『あなたたちのために』にアンナ役で出演を果たしています。

レインマンの意味とは!?

『レインマン』9

当初チャーリーはレイモンドのことを全く覚えていませんでした。というのも2人が交流していたのはチャーリーが2歳、レイモンドが18歳の頃だったからです。

その後レイモンドは施設に入れられたので、大人になったチャーリーは兄がいるということも知りませんでした。

2歳の頃のチャーリーはいつも一緒に歌を歌ってくれるレイモンドのことをレインマンと呼んでいました。彼がレインマンと呼んでいた理由はとてもシンプルなもの。2歳のチャーリーの耳にはレイモンドではなくレインマンと聞こえていたからです。

ダスティン・ホフマンのお気に入りのシーンとは!?

名作映画と評される今作にはたくさん名シーンがあります。おそらくファンの方も1つや2お気に入りのシーンがあるでしょう。

お気に入りのシーンを持っているのはキャストも同じ。名優ダスティン・ホフマンはあるシーンがとても気に入っているのだそうです。

そのシーンとは電話ボックスでチャーリーが電話をしている最中にレイモンドがおならをする場面。

実はこのシーン少しアドリブが入っていて、ホフマンは本当におならをしたのです。このユーモアあふれるシーンがホフマンのお気に入りのシーンなのだそうですよ。

レインマンのモデルとなった人物とは!?

Kim Peek

レインマンのモデルとなった実在の人物がいます。それはサヴァン症候群を持つキム・ピーク。

映画の原作を執筆したバリー・モローは1986年にピークと初めて出会いました。その時に目の当たりにした彼の驚異的な能力に圧倒されて小説を書き上げることにしたそうです。

今作でアカデミー賞脚本賞を受賞したバリー・モローはオスカーのトロフィーをピークに贈っています。

またダスティン・ホフマンも役作りを行う上で彼と長い時間を一緒に過ごしたそうです。ホフマンはピークの父親に世界にキム・ピークという存在を伝えるとも約束していました。

ピークは映画公開後、死を迎えるまでの約20年間世界中を旅して、その驚異的な能力で人々を驚かせてきました。

『レインマン』のCiatrユーザーの感想・評価を紹介!【ネタバレ注意】

真の兄弟愛について描いた作品

arsktm お金欲しさに、父親の遺産相続人である自閉症の兄を施設から連れ去った弟が、兄と旅をしていくうちに本来あるべき兄弟の絆を取り戻す話。名作だと思います。見て損なし。映画のタイトルからどんな内容なのか想像もできなかったけど、観ていくうちにタイトルの意味が分かってきます。自閉症の症状がどういうものなのか丁寧に表現されていました。真の兄弟愛、素敵でした。兄弟、姉妹の関係について考えさせられました。

音楽が抜群にいい!

pleiades_gin ストーリー 主人公・チャーリーはロサンゼルスで高級車のディーラーをしているが、事業が行き詰ってしまっている。 そんなとき長年連絡を取っていなかった父親の訃報が届く。父はチャーリーに車と薔薇の庭木を相続し、残りは信託財産に預けることを遺言に記していた。 チャーリーは相続者に会いに行くが、そこで存在わ知らなかった自閉症の兄・レイモンドと出会う。

音楽が抜群にいい。シーンにぴったりフィットする選曲とタイミングで流れてくる。

そしてトム・クルーズ演じるチャーリーの焦り具合はナイス。 ダスティン・ホフマンの演技は完璧だね。ラストシーンはグッときた。

エレベーターのシーンが切なくて素敵

utakatafish ダスティン・ホフマンすごいなぁ エレベーターのデートがすごく切なくていいなと思った、一番好きなシーンかもしれない

ムッキムキのトム・クルーズしか知らなかったので、この頃の美しきトム・クルーズは新鮮で神々しかった