『マンマ・ミーア!』続編、『Mamma Mia! Here We Go Again(原題)』多くのキャストが続投!

2017年10月19日更新

2008年のミュージカル映画『マンマ・ミーア!』の続編、『Mamma Mia! Here We Go Again(原題)』の製作がついに決定しました。まずは前作を復習して、続編の公開を心待ちにするのはいかがでしょうか!この記事では本作のあらすじ・キャスト・見どころなどまとめてご紹介します。

映画『マンマ・ミーア!』続編の製作が決定!

2008年公開、ABBAの楽曲を全編に使用したミュージカル映画『マンマ・ミーア!』は全世界でヒットを飛ばしました。その続編映画の製作がついに決定しました。 10年ぶりに帰ってくる続編のタイトルは『マンマ・ミーア:ヒア・ウィー・ゴー・アゲイン(原題)』になる模様。「Here We Go Again(ほら、また始まった)」とは、『マンマ・ミーア!』続編にピッタリのタイトルですね。 この記事では本作の最新情報をまとめてご紹介します。

気になるあらすじは?【前作のネタバレあり】

『マンマ・ミーア!』(2008)のあらすじ

続編のあらすじをご紹介する前に、2008年のオリジナル『マンマ・ミーア!』のあらすじを、ネタバレありで振り返ってみましょう! 舞台は美しいギリシャのエーゲ海に浮かぶ小島。そこでホテルを経営する母ドナと娘ソフィーは、二人で暮らす仲の良い親子です。ソフィーの結婚式が明日に迫り、次々と招待客が島を訪れるなか、ソフィーの「ヴァージン・ロードを父親と歩きたい」という夢を叶えるべく、ある計画が進行していました。

しかしソフィーの願いと計画をまったく知らないドナ。なんと3人の父親候補サム、ハリー、ビルが何も知らされないまま、20年ぶりにドナに会いに島へやってきます。 ソフィーの本当の父親は誰なのか結局わからないまま、ドナが3人を父親として結婚式で紹介します。

ソフィーは結婚の延期を決心し、その代わりにサムがドナにプロポーズします。ソフィーと婚約者スカイは世界を見るために旅立ち、サムとドナは結婚するというハッピーエンドを迎えました。

『マンマ・ミーア!』続編のあらすじ

どうやら続編では、オリジナルの前日譚と後日譚が語られることになるようです。 サム、ハリー、ビルの3人との出会いを描く前日譚と、前作のその後を描く後日譚のパートで構成されるとのこと。 サム・カーマイケルはアイルランド系アメリカ人の建築家で、ハリー・ブライトはイギリス人銀行家、ビル・アンダーソンはスウェーデン人の船員・作家でした。ドナがこの3人とどこでどんな出逢いをしていたのか、とても気になるところです!

『Mamma Mia! Here We Go Again(原題)』ではオリジナル・キャストが再集結!

ファンにとっては何よりもうれしいことに、続編ではオリジナル・キャストが再集結するそうです!ここで、前作に登場した魅力的なキャストを改めて振り返ってみたいと思います!

メリル・ストリープ(ドナ役)

ソフィの母親・ドナ役を演じたのは、『ディア・ハンター』『クレイマー、クレイマー』『プラダを着た悪魔』などで知られるメリル・ストリープです。

アマンダ・サイフリッド(ソフィ役)

ドナの娘・ソフィを演じたのは映画『レ・ミゼラブル』のコゼット役などでも知られるアマンダ・サイフリッド。前作では、ABBAのヒットナンバーを吹き替えなしで歌い切りました。

ピアース・ブロスナン(サム役)

Happy international peace Day

Pierce Brosnanさん(@piercebrosnanofficial)がシェアした投稿 -

5代目ジェームズ・ボンドとして知られるピアース・ブロスナンは、ソフィの父親の一人で、アイルランド系アメリカ人の建築家・サム役で出演。前作の最後で、ドナと結ばれる役所でした。

コリン・ファース(ハリー役)

2018年には日本でも公開される「キングスマン」シリーズの続編にも出演しているコリン・ファースも、ソフィの父親候補の一人として前作に出演しました。彼が演じたのは、イギリス人の銀行員・ハリーという役でした。

ステラン・スカルスガルド(ビル役)

『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』をはじめ、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ、『天使と悪魔』、『マイティ・ソー』シリーズ、『ドラゴン・タトゥーの女』など、様々な映画に出演しているステラン・スカルスガルドも、本作には父親候補の一人として出演。演じたのはスウェーデン人の船員で、紀行作家のビルという役でした。

クリスティーン・バランスキー(ターニャ役)

前作から続投するキャストとしては、ドナの親友で、3回の離婚歴を持つターニャを演じたクリスティーン・バランスキーの出演も決定済みです。

続編に登場するキャストも続々発表!

映画『シンデレラ』主演のリリー・ジェームズがドナの若い頃を演じる!

Feeling you Autumn

@lilyjamesofficialがシェアした投稿 -

『Mamma Mia! Here We Go Again(原題)』には、映画『シンデレラ』のシンデレラ役や、『ベイビー・ドライバー』のヒロイン・デボラ役などで知られるリリー・ジェームズが出演することも発表されています。彼女が演じるのは、メリル・ストリープ演じるドナの若き日とのことです。

シェールが7年ぶりの映画出演!メリルの母親役に挑戦か?

歌手で女優のシェールも、続編に出演することが明らかになっています。映画『マスク』でカンヌ国際映画祭女優賞、『月の輝く夜に』で第60回アカデミー主演女優賞を受賞するなど、女優としても高い評価を得ているシェーンですが、彼女が映画に出演するのは2010年の『バーレスク』以来となります。(なお、2011年の『Mr.ズーキーパーの婚活動物園』で声のみの出演はしています) また、シェーンとメリルの共演は1983年製作の『シルクウッド』以来となり、30年以上の時を経ての共演となります。そんな彼女が『Mamma Mia! Here We Go Again(原題)』で演じるのはドナの母親役で、既に現場ではメリルとシェーンの息がぴったりあっていたという噂もあります。シェーンの出演は、前作のファンにとっても嬉しいサプライズになったのではないでしょうか!

アンディ・ガルシアの出演も決定!

映画『アンタッチャブル』『ブラック・レイン』『ゴッドファーザー PART III』などで知られるベテラン俳優・アンディ・ガルシアも、『Mamma Mia! Here We Go Again(原題)』に出演すると言われてます。ただ、リリーやシェールとは違い、彼の役柄は2017年10月現在、明らかにされていません。

若手イケメン俳優たちも登場!

Thanks @hugoboss for having me at the #GQmenoftheyear awards last night in London!

Jeremy Irvineさん(@_jeremyirvine)がシェアした投稿 -

また、続編からの追加キャストとして、若き日のサム役で『戦火の馬』などのジェレミー・アーヴァインが出演します。

????????

Alexa Daviesさん(@alexalaura)がシェアした投稿 -

同じく、続編からの追加キャストとして、前作でジュリー・ウォルターズが演じたドナの親友の一人・ロージーの若い頃を、アレクサ・デイビーズが演じると発表されました。

続編でもABBAのヒットナンバーが満喫できる?

前作では、ABBAのベニー・アンダーソンとビョルン・ウルヴァースが全面的に音楽をプロデュースし、すばらしいサウンドトラックも製作されました。続編でも同様のヒットナンバー満載の作品となるのか気になるところです。 オリジナルでは未使用だった「恋のウォータールー」や「ノーイング・ミー・ノーイング・ユー」などの名曲が、続編で使用される可能性もあるでしょう。 お馴染みの楽曲はもちろん、こうした未使用のヒットナンバーも続々と登場することになりそうです。

『マンマ・ミーア!』続編の監督はオル・パーカー!

続編の監督と脚本を兼任することになったのは、『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』の脚本家オル・パーカー。群像劇の脚本家として定評があるだけに『マンマ・ミーア!』続編にうってつけの人材と言えるでしょう。 元々『マンマ・ミーア!』は全世界170都市で大ヒットを記録した舞台のミュージカルを映画化したものでした。 その舞台版と前作でプロデュースを手がけたジュディ・クレーマーの続投も発表されました。 前作をあれほどまでの成功に導いた人物だけに続編への期待も高まります。 本作の日本公開日は2017年現在のところ未定となっていますが、まずは前作を復習してみてはいかがでしょうか?