2018年3月16日更新

ゴーストなのに怖くない!知る人ぞ知る素敵なホラー映画4選

ホラー映画は苦手!怖くてとても見られない!そんな人たくさんいますよね。ですが、ホラー映画の中には怖いどころが素敵な気持ちになる作品がたくさんあるんです。そんなホラーが苦手な方でも楽しめる作品を紹介します。

怖くない!素敵なホラー映画をご紹介

ゴーストが出てくるホラー映画は怖くて苦手!という人もたくさんいるでしょう。ですが、ただ怖いだけでなくコメディだったり感動的な内容のホラー映画という作品も多数存在します。 そんなゴーストが出てくるけど、怖くなかったり、感動を与えてくれるホラー映画をご紹介します。

1.自殺したい青年と4人のゴーストの感動物語

2010年に公開された韓国映画『ハロー!?ゴースト』。タイトルからして、ゴースト映画なのにコミカルな印象が漂ってきます。 本作の主人公は、家族がおらず養護施設で育った青年サンマン。一人で生きることに疲れてしまったサンマンは、自殺を思い立ち何度も死のうとしますがなぜか失敗ばかり。ある日、入水自を図りますがもちろん失敗。しかも目を覚ました彼は幽霊が見えるようになっており、4人のゴーストに取り憑かれてしまいます。 困ったサンマンは霊媒師の元へ駆け込みますが、ゴーストの願いを叶えない限り、彼らから解放されはしないと言われてしまいます。しぶしぶ彼らの願いを叶えて行くサンマンですが、その願いはカメラを取り戻したり、アニメ映画を観たりといったささやかなことでした。そして4人のゴーストにはサンマンの過去に関する意外な接点があり、感動のラストへとつながっていきます。 個性豊かなゴースト達の願いを叶えるため奮闘する主人公を演じるのは、ちょっと頼りない男役には定評がある俳優チャ・テヒョン。『猟奇的な彼女』や『加速スキャンダル』でも周囲に振り回される主人公役を披露しましたが、今回は癖が強いゴースト達に憑依され、それぞれの性格になりきる彼の演技は圧巻です。

2.可愛いゴーストといったらコレ!

怖くないゴースト映画の代名詞といってもいい作品『キャスパー』。1995年公開のファンタジーコメディです。 物語の舞台はホイップ・スタッフという古屋敷。そこには少年幽霊であるキャスパーが住んでいました。屋敷には彼の他にも3人の幽霊が住んでいましたが、意地悪でキャスパーはこき扱われてばかり。 ある日、キャスパーは幽霊専門のセラピーを行なっている心霊学者ハーヴェイとその娘のキャットの存在を知ります。折しも屋敷の相続主で、そこに隠された宝物を狙った富豪の一人娘キャリガンと彼女の弁護士ディップスがホイップ・スタッフを訪れ、屋敷から幽霊を追い払おうとします。 キャスパーはなんとか画策し、キャリガンがハーヴェイを雇うように仕向けます。そして、ハーヴェイは娘を連れてホイップ・スタッフにやってきます。最初は幽霊を怖がっていたキャットですが、次第に優しい幽霊であるキャスパーと打ち解けていくのです。

3.子を思う母の愛を感じる作品

サスペンス要素も含みつつ、印象的なラストが待っている作品の『永遠のこどもたち』。スペイン初のホラー映画です。 主人公のラウラは孤児院育ち。今は夫と7歳の息子シモンがおり、一家で閉鎖された孤児院にやってきました。ラウラ達はこの孤児院を買い取り、障害をもった子ども達のための施設にしようとしていたのでした。 施設を始める準備を進めるラウラのそばで、シモンは空想上の友達を作って遊び始めます。そして施設オープンの為のパーティーが開催された日、シモンが姿を消してしまうのです。シモンの行方を探すうちに、ラウラは自分が育った孤児院にまつわる事件を知ることになるのです。 ハッピーエンドとはいえない終わり方ですが、母の子に対する愛情を感じることができる感動的な結末となっています。

4.4人のゴーストが心ない銀行マンに取り憑いてやりたい放題

『愛が微笑む時』は1993年に公開されたファンタジー映画。1950年代のサンフランシスコを舞台に一人の男性と4人の幽霊たちが繰り広げるストーリーです。そんなあらすじだけを聞くと『ハロー!?ゴースト』との既視感が否めませんね。 『愛が微笑む時』の主人公トーマスは赤ちゃんの時、偶然乗り合わせたバスが事故に遭ってしまい、命を失った4人の霊に取り憑かれてしまいます。無邪気なトーマスは4人の幽霊と仲良しに。しかし周囲から見れば見えないものと楽しそうに話す変な子でしかありません。トーマスの成長を危ぶんだ4人はしばらく彼の元を離れて見守ることにします。 成長して、30歳になったトーマスはやり手の銀行マンになっていました。そこに久しぶりに4人の幽霊が現れます。4人はそろそろ成仏の時間が迫っており、あの世に旅立つ前に生前の願いを叶えて欲しいとトーマスに頼みます。仕事を邪魔されたくないトーマスは渋々4人の願いを叶えようとするのでした。 トーマスを演じるのはロバート・ダウニー・Jr。本作でも4人の幽霊がトーマスに憑依するのですが、体を乗っ取られた状態を見事に演じ分けるダウニー・Jrの演技は見事です。 いかがでしたか?この記事を参考に自分好みのゴースト映画を見つけてください!