2019年7月2日更新

「ジュマンジ3」はどこがパワーアップ?キャスト一覧&見どころを解説【前作以上に騒がしい!】

『ジュマンジ/ネクスト・レベル』ジャック・ブラック、ケヴィン・ハート、ドウェイン・ジョンソン、カレン・ギラン
©Supplied by LMK/zetaimage

2017年、世界中で大ヒット中を記録した『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』。その人気映画の続編『ジュマンジ/ネクスト・レベル』が2019年12月13日に公開されます!今回は作品のあらすじやキャストなど、その詳細を紹介します。

目次

待望の続編『ジュマンジ/ネクスト・レベル』が2019年12月13日公開!

1995年に映画第1作目が製作され、2017年に公開された続編『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』も大ヒットを記録した人気シリーズ「ジュマンジ」。新たな世界観で生まれ変わったさらなる続編『ジュマンジ/ネクスト・レベル』が、2019年12月13日に公開されます! 続編はいったいどんな作品になるのでしょうか?少しずつ明らかになってきた『ジュマンジ/ネクスト・レベル』のキャストや詳細を、シリーズのおさらいを交えながら紹介していきます。

『ジュマンジ/ネクスト・レベル』のあらすじ

前作から2年。ゲーム“ジュマンジ”の世界で友情を育んだスペンサー、フリッジ、マーサ、ベサニーの4人でしたが、いまは別々の道を歩んでいました。彼らを恋しく思ったスペンサーは、前作で破壊したゲームを密かに修理します。 ある日、マーサ、フリッジ、ベサニーの3人は彼の家を訪ね、スペンサーが再び“ジュマンジ”に入ってしまったことを発見。ゲームに入って彼を救出しようとしますが、そのときなぜかスペンサーのお祖父さんであるエディとその友人マイロも“ジュマンジ”にやってきてしまいます。 勝手のわからないおじいちゃん2人を連れて、スペンサー、そしてゲームに入るときに行方不明になってしまったベサニーを探すマーサ(ローズ)と、フリッジ(オベロン教授)ですが、バグが発生しているゲームは以前よりも難易度の高いものに。 果たして彼らは無事にゲームをクリアし、現実世界に戻ることができるのでしょうかーー!?

「ジュマンジ」シリーズをふりかえり!

ロビン・ウィリアムズ主演の第1作目『ジュマンジ』(1995)

「ジュマンジ」シリーズの第1作目は、は1995年に公開された、今は亡き名優ロビン・ウィリアムズ主演の『ジュマンジ』です。本作では、“ジュマンジ”はボードゲームとして登場しました。 1995年、ある邸宅に引っ越してきたジュディとピーターのシェパード姉弟は、屋根裏部屋で太鼓のような音がする不思議な木箱を見つけます。“ジュマンジ”と書かれたその木箱を開けて見ると、中身はすごろくのようなボードゲームでした。 ボード上にはすでに2つの駒がありましたが、動かせないため2人は仕方なく新しい駒を使ってゲームを始めます。すると、止まったマスに書いてある通り、巨大な蚊やサルの群れが現れ、2人は大混乱。 そして、あるマスに止まると、26年前にゲームに吸い込まれたアラン・パリッシュが大人になった姿で外に出てきました。アランの事情を理解した2人は一緒にゲームを終わらせようとしますが、そのためにはもう1人のプレイヤーが必要でーー。

現代的にアップデートされた第2作目『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』(2017)

ジュマンジ (プレス)

2017年に公開された第2作目『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』では、“ジュマンジ”はファミコンのようなレトロなテレビゲームとして登場します。 学校の地下室で居残りをさせられていた高校生4人。偶然その地下室で“ジュマンジ”というテレビゲームを発見し、プレイしようとしたところゲーム機に吸い込まれてしまいました。そして、選択したキャラクターに変身し、ジャングルに放り込まれてしまうのです。 実際の姿とは似ても似つかない姿に変身させられてしまった4人。ゲームをクリアしなければ現実世界に戻ることができません。 そんな4人はそれぞれのキャラクターに与えられているスキルを活かしながら、必死に難航不落なゲームに挑み、現実世界に戻ろうと奮闘します。 なお、1作目、2作目ともに、1982年に出版された絵本が原作になっています。

「ジュマンジ3」の登場人物・キャストを紹介【アバター編】

※ここから先は『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』のネタバレが含まれます!作品を未鑑賞の方はご注意ください!

スモルダー・ブレイブストーン博士/ドウェイン・ジョンソン

ドウェイン・ジョンソン
©︎Adriana M. Barraza/WENN.com

ゲーム「ジュマンジ」内の最強キャラクターであるスモルダー・ブレイブストーン博士は、勇猛果敢な冒険家。彼のスキルは勇気、クライミング、スピード、ブーメラン、そしてキメ顔、さらに弱点はなし、というチートキャラです。 ブレイブストーン博士を演じるのは、“ロック様”ことドウェイン・ジョンソン。元プロレスラーの彼は、「ワイルド・スピード」シリーズや『ランペイジ 巨獣大乱闘』(2018)などでアクション作品を中心に大活躍している人気俳優です。 『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』について、ジョンソンは「今まで演じてきたなかで、一番楽しめるキャラクターだった」と語っています。

シェリー・オベロン教授/ジャック・ブラック

ジャック・ブラック
©2018 HPA / Hutchins Photo/Newscom/Zeta Image

地図専門家で考古学、古生物学の知識を持っているシェリー・オベロン教授は、冴えないながらもゲーム攻略には欠かせないキャラクター。弱点は持久力です。 ジャック・ブラックは、中身が今どきの女子高生であるオベロン教授役を演じるために、ゲーム内に入る前のべサニーを演じたマディソン・アイゼマンを質問ぜめにしたとか。その成果もあり、オベロン教授の女子っぷりは必見です。

フランクリン・“ムース”・フィンバー/ケヴィン・ハート

ケヴィン・ハート
©Patricia Schlein/WENN.com

ムース・フィンバーは、ブレイブストーン博士の助手で動物学者です。彼のスキルは動物に関する知識と、武器運び。パワーとスピード、また、ケーキというちょっと変わった弱点も。 演じるのは、コメディアン、俳優として活躍しているケヴィン・ハート。代表作に『最‘狂’絶叫計画』(2003)などがあります。また、コメディ映画『セントラル・インテリジェンス』以来、ジョンソンとは2度目の共演となりました。

ルビー・ラウンドハウス/カレン・ギラン

カレン・ギラン
©Admedia, Inc/PMA/AdMedia/Sipa USA/Newscom/Zeta Image

ルビー・ラウンドハウスは、タフでセクシーな美女戦士。空手、合気道、太極拳、さらに“ダンス・ファイティング”といった格闘系スキルを持ち、弱点は毒、というキャラクターです。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のネビュラ役などで知られるカレン・ギランが、ルビーを演じています。ギランは「私自身の不器用さを楽しみながら演じることができた」と語りました。

ジェファーソン・“シープレーン”・マクドノー/ニック・ジョナス

途中からスペンサーたちに合流するパイロットのシープレーン。彼はスペンサーたちよりも先にゲーム内に入ってしまったらしく、残りのライフは1(スタート時は3)と後がない状態です。彼のスキルは飛行機操縦とマルガリータづくり。蚊が弱点です。 シープレーンを演じるのは、2000年代にアイドルグループ「ジョナス・ブラザーズ」の一員として注目を集めたニック・ジョナス。俳優としては、テレビシリーズ『ジョナス』や、映画『キャンプロック2』で存在感を見せつけました。

キャスト・登場人物【現実世界編】

ジュマンジ

スペンサー・ギルピン/アレックス・ウルフ

アレックス・ウルフ
©Image Press Agency/Sipa USA/Newscom/Zeta Image

ゲーム内に入る前のスペンサーは、ゲームオタクの気弱な高校生。“ジュマンジ”内に入り、無敵のブレイブストーン博士となったことに戸惑いますが、ゲームの知識を活かして仲間たちを引っ張っていきます。 そんなスペンサーを演じるアレックス・ウルフは、2006年に子役としてミュージカル映画『The Naked Brothers Band: The Movie(原題)』でデビュー。2018年にはホラー映画『ヘレディタリー/継承』にも出演しています。

べサニー・ウォーカー/マディソン・アイスマン

べサニーはセルフィーとおしゃれが大好きで、スマホ依存の今どきの女子高生。授業中に友達とビデオ通話していたため、罰として地下室の掃除をすることになります。ゲームのキャラクターとして女性の名前と勘違いし“シェリー”・オベロン教授を選択しますが、“シェリー”は“シェルドン”の愛称で、中年男性のキャラクターなってしまいパニックに。 現実世界でのべサニーを演じるのは、テレビシリーズやテレビ映画、短編映画などで活躍しているマディソン・アイスマンです。

アンソニー・“フリッジ”・ジョンソン/サーダリウス・ブレイン

サーダリウス・ブレイン
©WENN/zetaimage

アメフト部のスーパースター、フリッジはスペンサーの幼なじみですが、中1の頃から彼を無視しています。勉強は苦手で、アレックスにレポートを代筆させたことがバレて一緒に罰を受けることになりました。 フリッジを演じるサーダリウス・ブレインは、さまざまなテレビシリーズや映画で活躍。映画での大きな役は本作が始めて。ちなみに、他の高校生役キャストが18歳から20歳なのに対して、ブレインは撮影当時30歳でした。

マーサ・カプリー/モーガン・ターナー

モーガン・ターナー
©Adriana M. Barraza/WENN.com/zetaimage

勉強が得意なマーサは、真面目で地味な女子。勉強以外のことに興味がなく、体育の授業なんてムダと教師に言い放ち、居残りの罰を受けることになります。そして他の3人とともに“ジュマンジ”の世界へ。セクシーな戦士ローズになってしまいます。 マーサを演じるモーガン・ターナーは、多くのテレビシリーズで活躍。いくつかの映画にも出演しています。

アレックス・ヴリーク/コリン・ハンクス

コリン・ハンクス
©Adriana M. Barraza/WENN.com/zetaimage

アレックスは、スペンサーたちがゲームを発見する20年前にゲーム内に入ってしまった少年でした。アバターはシープレーン。ゲームオーバーになるのを恐れてゲーム内に留まっていた彼は、クリア後はゲームをプレイし始めた20年前に戻ります。現実世界では大人になって登場しました。 大人になったアレックスを演じるコリン・ハンクスは、テレビシリーズ「ロズウェル/星の恋人たち」(1999〜2001)や『FARGO/ファーゴ』(2014)などで知られています。 ちなみに、ゲームに引き込まれた当時のアレックスは、メイソン・グッチオーニが演じています。

エディ/ダニー・デヴィート

ダニー・デヴィート
©FayesVision/WENN.com/zetaimage

『ジュマンジ/ネクスト・レベル』から登場するスペンサーの祖父エディ。彼は、スペンサーが修理したゲーム“ジュマンジ”の世界になぜか入り込んでしまいます。 エディを演じるのは、『ツインズ』(1988年)や『ジュニア』(1994年)などでのアーノルド・シュワルツネッガーとの共演や、『バットマン リターンズ』(1992年)のペンギン役でなどで知られるダニー・デヴィート。2018年には、実写映画『ダンボ』にもサーカスの団長役で出演しました。

マイロ/ダニー・グローヴァー

ダニー・グローヴァー
©Jaime Espinoza/WENN.com/zetaimage

やはり続編「ネクスト・レベル」から登場するマイロは、エディおじいちゃんの友人で、彼も“ジュマンジ”の世界に入ってしまうことになります。 そんなマイロを演じるのは、『カラーパープル』(1985年)や「リーサル・ウェポン」シリーズ、『ソウ』(2004年)、『ドリームガールズ』(2006年)などへの出演で知られるダニー・グローヴァー(グラヴァーとも)です。

?/オークワフィナ

ニューヨーク出身のラッパー/女優のオークワフィナも、本作に出演しています。その役柄は不明ですが、予告編をみると、彼女はどうやらゲーム内のキャラクターのようです。 2014年にアルバム『Yellow Ranger』を発表したオークワフィナは、ラッパーとして活躍をつづけるかたわら、コメディエンヌとしても頭角を現し、2018年には映画『オーシャンズ8』、『クレイジー・リッチ!』などのヒット作にたてつづけに出演しました。

『ジュマンジ/ネクスト・レベル』の見どころは?前作からすべてがパワーアップ!

ゲームにバグ発生!ロック様がおじいちゃんに?

ジュマンジ

中身はひ弱なゲームオタクであるブレインストーン博士を演じたドウェイン・ジョンソンや、今どきの女子高生がプレイするオベロン教授を演じたジャック・ブラックなど、前作ではギャップのあるキャラクターがヒットの要因となりました。 本作でジョンソンが演じるブレインストーン博士の中身は、現実世界ではダニー・デヴィートが演じるエディおじいちゃん。ゲームの世界に入ってしまったことも、マッチョな体型になってしまったことも、わけがわからないまま突き進むことになりそうです。 本シリーズの魅力である「見た目と中身にギャップのあるキャラクター」はそのままに、さらにひねりを加えた大騒ぎになりそうですね!

「全員が生きて帰るのは不可能」って本当? 新ステージ追加で難易度爆上がり!

『ジュマンジ/ネクスト・レベル』ジャック・ブラック、ケヴィン・ハート、ドウェイン・ジョンソン、カレン・ギラン
©Supplied by LMK/zetaimage

前作では主にジャングルが舞台となっていたゲーム“ジュマンジ”の世界。本作では、前作と同じジャングルに加え、砂漠、氷山、吊り橋と、さまざまなステージが出現し、無理ゲーレベルの難易度に。 しかも今回はゲームに詳しいスペンサーがいないため、マーサとフリッジは、おじいちゃん2人を連れて彼とベサニーを探し出し、ゲームをクリアしなければなりません。 アトランタ、カルガリー、ハワイなど、さまざまなロケ地で撮影された本作は、前作以上の迫力ある映像にも注目です。

「ネクスト・レベル」はシリーズ4作目?『ザスーラ』との関連は明かされるのか?

1作目の『ジュマンジ』が1995年に公開された後、2005年に同じ原作者の作品を映画化した『ザスーラ』が公開されました。登場人物は全く違うものの、「ボードゲームで起こったことが現実でも起きてしまう」という共通点から『ジュマンジ』の“精神的続編”といわれている本作は、「ウェルカム・トゥ・ジャングル」が公開されると、シリーズに含まれるのか立ち位置があいまいに。 2019年2月、「ジュマンジ」シリーズに出演するジャック・ブラックは自身のYouTubeチャンネルに投稿した動画で「『ジュマンジ/ネクスト・レベル』はシリーズ4作目」と語り、『ザスーラ』とほかの作品に関連があると語りました。 しかし、このブラックの発言の真意は不明。はたして作品内でそのつながりを見ることはできるのでしょうか……?

第3弾『ジュマンジ/ネクスト・レベル』は2019年12月13日公開!

前作の主要キャストが全員カムバックする『ジュマンジ/ネクスト・レベル』。前作からすべてがレベルアップしている続編は2019年12月13日に公開。冬休みに絶対オススメの1本です!