2018年10月30日更新

【このすば!キャラ別迷言ランキング】不死のリッチーでも癒し系、ウィズの優しさに拍手を!

残念系美少女のオンパレードと言える異世界冒険ファンタジー『この素晴らしい世界に祝福を!』が第3期を迎えて映画化。登場シーンは微妙に少ないかもしれないですが、忘れちゃいけないのが魔法道具屋のポンコツ店主でキュートなアンデッド、ウィズなのです。

癒し力でも常識人としても、このすばキャラ中No.1!かも

文句なく「このすば!癒し系ランキングNo.1」。あるいは「このすば!常識人ランキングNo.1」。 裏と表のギャップが極限状態まで広がっているほかの3美少女に比べ、ウィズは清々しいほどに直球勝負の心優しい「美女」です。豊満なバディもわかりやすく癒し力を発揮。どこかのダメガミに爪を煎じて飲ませてあげたいほど。 魔道具店を営みながら、霊媒師的な活動にもいそしむ働き者。ですが、働けば働くほど貧乏になるというとても変わった性癖の持ち主です。その理由はどうやら、使えないものを仕入れてくることに関して、類い稀なる「才能」を持っていることにあるようで。 カズマやアクアとは、お墓での浄霊活動中に知り合って以来の仲。ただしウィズ的には、アクアが少々苦手な様子。アクアも彼女のことを、そうとう格下に見ています。

かつての異名は「氷の魔女」。ウィズの魅力を深掘りする!

ウィズはもともとが魔法使い出身。かつては冒険者のパーティに属し、アーク・ウイザードとして「氷の魔女」という異名をとっていたそうです。実際、第2期のラスボス・魔王軍幹部のハンスさんとの激闘では、美しい氷雪系魔法を駆使してカズマたちのピンチを救ってくれました。 一方、爆裂魔法も使えるというから驚き。第1期のラスボス、機動要塞デストロイア討伐クエストでも、達人であるハズのめぐみんが驚くほどの威力を発揮して街を救いました。この時は物体を別の場所に移動させるテレポート魔法まで使ってみせるなど、どちらかといえば控えめな態度とは真逆の「デキる人」なのです。 いや。正確には、「できる元・人」なのですが。

残念ポイント&迷言ランキングTOP5

実は彼女、生物学的には20歳の若さですでにお亡くなりになっています。てっとり早く言えば、腐敗していないウォーキングデッド。生前、パーティが丸ごと死の呪いをかけられてしまった時にベルディアさんやバニルさんといろいろありまして、結果的に自ら「不死者」として生まれ変わったのでした。 このように自らの意思でウォーキングデッド化した元魔法使いは、「ノーライフキング」もしくは「リッチー」と呼びます。女神であるアクアが、ことあるごとに「リッチーごときが!」と叫ぶのは、彼女にとっては不浄の存在だから。実際、アクアの神気に当てられると弱ったり透明になってしまったりします。 もっとも、女性としての品格という意味では、逆転しているような気もしますが。

名言ランキングTOP5

☆第5位「もし失敗したら、みんなで仲良く土に帰りましょう」(一緒ですよ〜) ☆第4位「今でも心だけは人間のつもりですからね」(立派に真人間ですよ〜) ☆第3位「一時は私が冒険者をやっていた頃のパーティメンバーが、川向こうでこっちに来るなと慌てる姿が見えていたのですが、持ち直しました」(渡らなくてよかったね〜) ☆第2位「消えちゃう!消えちゃう!私、消えちゃいます〜!」(半透明でも可愛いです〜) ☆第1位「ですが、ですが……管理人のお爺ちゃんは、何の罪もないじゃないですか!」(ハンスへの怒り。迫力満点ですが可愛いです〜)

「永遠の17歳」堀江由衣は、もしかするとリッチーか?

思わず抱きしめたくなりそうな豊満癒し系キャラと言えば、真っ先に思い浮かぶのが「物語」シリーズのヒロインのひとり、羽川翼。声は、ウィズを演じている堀江由衣でした。 彼女は、声優歴20年を超えてなお美貌を維持していると言われる、通称「永遠の17歳」。デビュー以来、アイドル的人気を誇ったカリスマ性と卓越した演技力は、今もまったく色あせていません。 あれ?もしかして……リアルにリッチー?

ウィズ魔道具店が、東京池袋にオープン!?

劇場版原作の可能性が高いラノベ版第5巻「爆裂紅魔にレッツ&ゴー!!」では、ウィズがテレポートを使って、カズマたちをめぐみんの故郷に送るようです。 加えて気になるのは、今回の映画化を記念して東京池袋の池袋マルイ7Fにオープンした「ウィズ魔道具店キャラポップストア出張所」。 「ガラクタや使い物にならないアイテムを多数仕入れお待ちしております♪」なんてPRされていますが、ポンコツ店主は果たしてそこにいるのでしょうか。