2020年4月27日更新

マーベル・アベンジャーズ作品はこの順番で 時系列を完全網羅して新作に備えよ!

アベンジャーズ エンドゲーム
©Supplied by LMK/zetaimage

マーベル作品をチェックしてる人、気になる人の永久保存版!「アベンジャーズ」全体を把握するだけでも大変な「マーベル・シネティック・ユニバース」作品を、まだ公開されていないものも含めて紹介。新作を観る前に是非チェックしておきましょう。

目次

MCU作品は一体どの順番で観るべき?「アベンジャーズ」シリーズの時系列や公開順を完全解説

ロバート・ダウニー・Jr.、クリス・エヴァンス『アベンジャーズ/エンドゲーム』
©Supplied by LMK/zetaimage

2008年の『アイアンマン』からスタートした「マーベル・シネティック・ユニバース(MCU)」。アメコミ人気を牽引してきたマーベルヒーローたちがスクリーンに並び立つこの一大企画は、スタートから10年以上が経過した2019年にフェーズ3までを終え、一区切りがつきました。 2020年4月現在、すでに公開されているMCUの映画は23作品。2020年11月公開予定の『ブラック・ウィドウ』から、MCUはフェーズ4に突入します。 今回は、これからMCUを観始めようという人がフェーズ3まで把握するための最短ルートから、『アベンジャーズ エンドゲーム』(2019年)に涙した人の復習に最適な時系列順まで、MCUをより楽しむためにおすすめの観る順番を紹介します。 新作に備えて振り返るもよし、見逃した作品をチェックするもよし、MCU作品が気になる人のために永久保存版です。

MCUを今すぐ観たい!シリーズの全作品の配信状況をチェック!

MCUの基本的な考え方「フェーズ」ってなに?

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン
© Walt Disney Studios Motion Pictures

MCUの作品を分類するときによく使われる「フェーズ」という言葉、どんな意味か知っていますか? 「フェーズ」とは、英語で「段階」「局面」という意味。ビジネスなどでは過程の一区切り、という意味でよく使われます。 MCUでは、「アベンジャーズ」シリーズを各フェーズの最終段階とし、そこにたどり着くために各ヒーローの単体映画を製作。同じフェーズ内の作品どうしがストーリー面で関わってきたり、後につづくフェーズの伏線が存在したりしています。

【初心者から上級者まで】おすすめの観るべき順番&時系列を整理

まずは、これまでのMCU全作品を短くまとめた動画を紹介します。観たことがない人は、ここでヒーローやヴィラン、そして世界観や雰囲気をざっくりと把握できるはずです。 全作品鑑賞済み、でも忘れている部分もあるという人には、復習になるでしょう。

MCU最短ルート!コスパ重視でフェーズ3まで知りたい

これまでMCU作品を全然観ていない。でもこれから観てみようかな、と考えている人向けに、フェーズ3完結までの最短ルートを紹介します。 「エンドゲーム」の公開前に、監督であるアンソニー&ジョー・ロッソ監督が最低限復習したいのであれば、と挙げたのは3作品。これに「エンドゲーム」を加えて、公開順に並べてみましょう。 ■『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014年) ■『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年) ■『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018年) ■『アベンジャーズ エンドゲーム』(2019年) 最初の2作品を観ておけば、特にキャプテン・アメリカ/スティーブ・ロジャースについて理解したうえで、「エンドゲーム」に挑めるでしょう。 ciatr編集部としては、ヴィランであるサノスの背景がわかる『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014年)も観ておくこともおすすめしたいです。 ただし1つだけ注意点が。「エンドゲーム」に登場するヒーローたちの顔と名前だけは、事前に知っておいたほうがいいでしょう。

もう少し深く楽しみたいならフェーズ3までの最重要ポイントを把握

サノス、インフィニティストーン
©MARVEL STUDIOS/DISNEY

全作観るのは無理でも、重要なポイントを押さえてフェーズ3までのMCUを楽しみたいという人もいるのではないでしょうか。そんな人には、「インフィニティ・ウォー」および「エンドゲーム」で重要なアイテムとなっているインフィニティ・ストーンが登場する作品をチェックしておくことをおすすめします。 また、MCUの人気を牽引してきたアイアンマン/トニー・スタークとキャプテン・アメリカのオリジン、そして2人の関係性も同時に把握していきましょう。おすすめの鑑賞順は以下のとおりです。 ■『アイアンマン』(2008年) ■『マイティ・ソー』(2011年) ■『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011年) ■『アベンジャーズ』(2012年) ■『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014年) ■『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年) ■『ドクター・ストレンジ』(2016年) ■『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018年) ■『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019年) 全部で9作ありますが、インフィニティ・ストーンの威力を知っておくと、最後の2作がスムーズに理解できると思います。また、アイアンマンとキャプテン・アメリカの軌跡を把握しておけば、「エンドゲーム」がより感動的になるはずです。

※2020年5月現在、『アイアンマン』(2008年)はディズニープラスで配信されていません。

MCU大好き!時系列順にもう一度観たい!

アベンジャーズ インフィニティウォー
©MARVEL STUDIOS/DISNEY

『アイアンマン』からMCUを追いつづけ、「エンドゲーム」で涙した皆さんには、時系列順にもう一度観てみるのもおすすめです。すでに顛末を知っているからこそ楽しめる、伏線や隠しネタも見つかるでしょう。 以下に、MCUの時系列を整理してみました。【】内は劇中の年代です。 1. 『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』【1940年代】 2. 『キャプテン・マーベル』【1990年代】 3. 『アイアンマン』【2008年】 4. 『インクレディブル・ハルク』【2008年】 5. 『アイアンマン2』【2010年】 6. 『マイティ・ソー』【2011年】 7. 『アベンジャーズ』【2012年】 8. 『アイアンマン3』【2013年】 9. 『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』【2013年】 10. 『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』【2014年】 11. 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』【2014年】 12. 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』【2015年】 13. 『アントマン』【2015年】 14. 『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』【2016年】 15. 『ドクター・ストレンジ』【2016年】 16. 『スパイダーマン:ホームカミング』【2017年】 17. 『マイティ・ソー バトルロイヤル』【2017年】 18. 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』【2010年代】 19. 『ブラックパンサー』【2018年】 20. 『アントマン&ワスプ』【2018年】 21. 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』【2018年】 22. 『アベンジャーズ/エンドゲーム』【2023年】 23. 『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』【2023年】

※2020年5月現在、『アイアンマン』(2008年)、『インクレディブル・ハルク』(2008年)、『スパイダーマン:ホームカミング』(2017年)、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(2019年)はディズニープラスで配信されていません。

MCU作品を公開順/フェーズごとに紹介!

ここからはMCU作品を公開順に、それぞれのあらすじ、見どころを紹介していきましょう。 ※以下は、各作品のネタバレと捉えられる可能性のある内容になっています。ご注意ください。

【フェーズ1】「アベンジャーズ」メンバーを紹介する段階

『アベンジャーズ』ロバート・ダウニー・Jr.、クリス・エヴァンス
©MARVEL STUDIOS/zetaimage

『アイアンマン』からスタートしたMCUは、まずは2012年に製作が予定されていた『アベンジャーズ』に向けて、各ヒーローのバッググラウンドを紹介する段階でした。ここで、それぞれの単体映画を製作しておくことによって、「ヒーロー大集合!」のインパクトが増します。 また、いきなりアベンジャーズが集合する映画を撮ってしまうと、個々のヒーローについて掘り下げられず、観客が置いてきぼりになってしまう危険性も。しかし「フェーズ」という大きな区切りを設けたことで、MCUの世界観をしっかりと説明したうえで“お祭り映画”としてのアベンジャーズを成功させることができました。

1. 『アイアンマン』(2008年)

パワードスーツを着込む新たなヒーロー誕生!

ロバート・ダウニー・Jr.『アイアンマン』
© TM &2007 Marvel2007 MVLFFLLC. All rights reserved.

MCU記念すべき第1作目は『アイアンマン』です。 トニー・スタークは巨大軍事企業スターク・インダストリーズの社長。トニーはテロリストの襲撃により心臓に重傷を負いますが、インセン博士とともに開発したアーク・リアクターを胸に埋め込むことで一命を取り留めます。同時にそれと連動するパワードスーツの開発にも成功し、それからはアイアンマンとしてテロリストと戦うことを決意します。 本作は日本のヒーローものではあまり見られない設定が面白いです。主人公がすでに社長として成功していたり、変身するでもロボットに乗るでもなくパワードスーツを着込むヒーローというのはなかなかに新鮮です。 またロバート・ダウニー・Jrの抜擢が大成功を収めたことで、後のMCUでも新たなスターを見つけてくるという方向性が踏襲されています。

2. 『インクレディブル・ハルク』(2008年)

ハルクの背負った悲しき運命が描かれる

『インクレディブル・ハルク』
©MARVEL STUDIOS/zetaimage

天才科学者ブルース・バナーは自らの肉体を使った実験に失敗し、感情が高ぶると緑色の巨人ハルクに変身するようになりました。変身を抑えるために感情を抑制しながら、自らの身体を戻す方法を探していたバナーでしたが、ハルクの力に魅せられたブロンスキーがもう一人のハルク・アポミネーションとなったことで、超人ハルクとして立ち上がります。 本作ではハルクの持つ悲しき宿命にスポットが当てられており、『キングコング』のようなモンスター映画に通ずるものがあります。本作ではエドワード・ノートンがブルーズ・バナー/ハルク役で出演。もちろん他の俳優と同じく『アベンジャーズ』にも出演する予定でしたが、本作の脚本をめぐってノートンとマーベル・スタジオの間に不和が生じ、彼は以降のMCU作品には参加していません。 その後、ハルク役はマーク・ラファロに。いまではすっかりラファロのイメージが定着していますね。

3. 『アイアンマン2』(2010年)

ウォーマシン&ブラック・ウィドウが初登場!

『アイアンマン2』ロバート・ダウニー・Jr
©MARVEL STUDIOS/zetaimage

3部作となっている「アイアンマン」シリーズの2作目。 アイアンマンは世間にヒーローとして認知されつつありました。そんなアイアンマンを脅かす敵として、スターク一族を恨み、自らアーク・リアクターを作り上げたウィップラッシュが立ちはだかります。その背後では、スターク・インダストリーズのライバル会社の社長ジャスティン・ハマーも暗躍しており……。 本作では、以降のMCUでも重要な役割を果たすドン・チードル扮するウォーマシンが初登場。ハマーが送り込んでくる強力なドローンを前にして、アイアンマンとウォーマシンとが共闘するシーンでは前作よりさらに迫力を増したロボットアクションが楽しめます。

4. 『マイティ・ソー』(2011年)

アイアンマン、ハルクに続くヒーローは北欧神話の神

『マイティ・ソー』クリス・ヘムズワース
©MARVEL STUDIOS/zetaimage

「マイティー・ソー」シリーズ第1弾。 神の世界アスガルド、父オーディンからの王位継承を控えたソーは、命令に背いたことで彼の怒りを買い、地上へと堕とされます。最強の武器ムジョルニアも失ったソーは女性天文学者ジェーンのもとで地上の生活に馴染んでいきますが、その頃アスガルドではソーとは義兄弟のロキがオーディン暗殺を企てていました。 主役のソーを演じたクリス・ヘムズワースと、ロキ役のトム・ヒドルストンは当時は駆け出し俳優でした。その一方ヒロイン役のナタリー・ポートマン、オーディン役のアンソニー・ホプキンスといったスターが脇を固めています。日本からも浅野忠信が出演しており、この異色のキャスト陣に注目して見るのも面白いかもしれません。

5. 『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011年)

ひ弱な青年スティーブはいかにして「キャプテン」になったか

『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』クリス・エヴァンス
©MARVEL STUDIOS/zetaimage

本作はメーベルヒーローの中でも王道を行くキャプテン・アメリカを主役に据えての第1作目。アベンジャーズへと続く前日譚に相応しいキャプテンの出自が描かれています。 1942年、ニューヨークに住む青年スティーブ・ロジャースは何度も軍隊に志願するものの、身体がひ弱なであるために入隊を拒否され続けていました。スティーブの心の素質を見抜いたアースキン博士は、密かに進められていた「スーパーソルジャー計画」の候補者にスティーブを抜擢。実験により新たな力に目覚めた彼はキャプテン・アメリカとして活動し始めます。 キャプテン・アメリカの強靭な肉体と盾を使ったアクションを観てるだけでも爽快感があり、さらにひ弱なスティーブが星条旗を背負い、キャプテンと呼ばれるまでの成長物語も見ごたえがあります。続編のさらなるスケールアップも期待させるような作りで、鑑賞後すぐに次の一本へ手を伸ばしたくなること間違いなしです。

6. 『アベンジャーズ』(2012年)

ついにマーベルヒーローたちが夢の共演を果たす

アベンジャーズ
© Walt Disney Studios Motion Pictures

これまで登場したマーベルヒーローたちが夢の共演を果たした「アベンジャーズ」シリーズ第1弾。 アスガルドの神ロキは地上の王となるため、地球侵略をもくろむ宇宙人種族チタウリと手を組み、平和維持組織シールドが保管していた謎のエネルギー体・コズミックキューブを奪い去りました。地球存亡の危機を前にシールド長官のニック・フューリーはアベンジャーズ計画を発動し、冷凍睡眠から覚めたキャプテン・アメリカやアイアンマンらを集結させます。 本作の見どころはついに集まったマーベルヒーローたちでしょう。幾度かの衝突を経て、ついにニューヨークに並び立つアベンジャーズには胸が躍ります。仲間割れを挟むことでヒーロー同士の戦いも見れるところは流石のマーベルといったところです。

【フェーズ2】新たなヒーローの登場とアベンジャーズの変化

アントマン
©DISNEY

フェーズ2では、すでに登場しているヒーローたちのさらなる活躍と、新たなヒーローたちの誕生が描かれました。 特に『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』や『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』では、今後のアベンジャーズに影響を与えるキャラクターが登場したり、大きな事件が起こったりしました。

7. 『アイアンマン3』(2013年)

すべてを失ったトニー・スタークの最後の戦い!「アイアンマン」シリーズ完結編

『アイアンマン3』
(C)2013 MVLFFLLC. TM & (C)2013 Marvel. All Rights Reserved.

シリーズ完結編となった本作では、アイアンマンことトニー・スタークの最後にして最大の戦いが描かれています。 アベンジャーズの戦いから1年。見えざる敵が再び襲来することを恐れるトニーは、不眠症とパニック障害に悩まされ、一心不乱にパワードスーツを量産していました。一方でアメリカ国内もマンダリンが率いる爆破テロ組織の脅威にさらされ、さらに自宅で襲撃を受けたトニーはすべてを失ってしまいます。 遠隔操作&自動操縦可能なアイアンマンスーツをマーク42まで開発したトニーは、最後の戦いでその戦力を総動員。トニーは大量に開発した新しいパワードスーツを次々と着用、損傷すればすぐさま捨てて次のスーツに着替えて戦います。その姿はロボット好きにはたまらないでしょう。

8. 『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(2013年)

アスガルド滅亡を前にソーを助けるのは前作の敵ロキ!?

オーディン,マイティ・ソー ダーク・ワールド, アンソニー・ホプキンス
©MARVEL STUDIOS/DISNEY

『アイアンマン3』と同じころ、神の国アスガルドも滅亡の危機に瀕します。かつて宇宙を自らが支配するダーク・ワールドへと変えようとしたダーク・エルフの目論見は、アスガルドの神々によって阻まれました。 ですが、ロンドンで起こった重力異常を調査していたソーの恋人ジェーンは、図らずしてダーク・エルフの力をその身に宿してしまいます。異変に気付いたソーは、ジェーンをアスカルドへと連れていきますが、宇宙のどこかではその力を感じたダーク・エルフの領袖マキレスが目を覚ましていました。 アスガルドの世界がはっきりと描かれるのは本作が初めてで、さらに敵対していたロキとの共闘などシリーズファンには嬉しい展開が盛り込まれています。

9. 『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014年)

キャプテンたちを追いつめる謎の暗殺者ウィンター・ソルジャーの正体は!?

ウィンターソルジャー キャプテン・アメリカ シビルウォー
©Supplied by LMK/zetaimage

『アベンジャーズ』から2年後、シールドの長官ニック・フューリーはソ連の暗殺者ウィンター・ソルジャーとその部隊の襲撃を受け、スティーブにUSBメモリを託して命を落とします。自身が所属するシールドすら信じられない状況に陥ったスティーブは、アベンジャーズの仲間であるブラック・ウィドウとともにシールドから逃亡し、USBに隠された秘密をたどっていきます。 「キャプテン・アメリカ」シリーズ第2作目はMCUの他作品と比べてストーリーが秀逸です。アメリカンヒーローの王道を行く前作に比べ、敵の正体がわからないままスティーブが追い込まれていくサスペンス調のストーリーにはハラハラしっぱなし。敵対するウィンター・ソルジャーは果たして何者なのか見逃せません。

10. 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014年)

とにかく楽しい要素盛りだくさん! MCUでも異彩を放つ現代のスペースオペラ

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』
©︎Supplied by LMK

MCU10作目にして初めて登場したヒーローがガーディアンズの面々です。ファンの間でも知られていなかった彼らは、本作の大ヒットで一躍超人気ヒーローの座を獲得しました。 宇宙を股に掛けるトレジャーハンターのピーター・クイルは盗み出したオーブをめぐり、賞金稼ぎのロケットたちやオーブを狙う女暗殺者ガモーラと争います。ですが、暴れるピーターたちは警察に逮捕され刑務所行きとなり、脱獄するために仕方なく協力関係を結ぶことになります。 「GotG」では唯一地球人の血が入ったお調子者なリーダー・ピーター、可愛らしい見た目に反して凶暴なロケット&グルートのコンビ、宇宙最恐の女暗殺者ガモーラなど、実に個性的なキャラクターが宇宙を舞台に大暴れします。SF要素もありながら一貫してコミカルな作風は、さながら現代版スペースオペラ。アクションとしての完成度も高く、MCU内でも屈指の傑作と言えます。

11. 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015年)

最強のAI・ウルトロンがアベンジャーズに立ちはだかる

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン 、ウルトロン
©MARVEL STUDIOS

アベンジャーズとヒドラ残党との戦いは激化の一途をたどっていました。アベンジャーズは東欧ソコヴィアにあるヒドラの研究施設への襲撃作戦により、残党を率いていたストラッカーを捕縛し、ロキの杖を奪還することに成功します。杖を解析したスタークはその力を使って、世界を守るためのウルトロン計画を実行に移しますが……。 「アベンジャーズ」シリーズ第2作目は、アイアンマンやソーのようなスーパーヒーローじゃないメンバーが大いに活躍します。ドラマの部分でもホークアイとロマノフの物語が一つの軸となっています。 また、アベンジャーズに新たに加わるスーパーアンドロイド・ヴィジョンや、後のスカーレットウィッチ・ワンダの動向にも注目したいところです。

12. 『アントマン』(2015年)

シリーズ最小、1.5cmのヒーロー・アントマン

アントマン
©DISNEY

『アントマン』は「GtoG」と並ぶコミカルな作風が特徴で、主役のスコット・ラングは『40歳の童貞男』でお馴染みコメディ俳優のポール・ラッドが演じています。劇中には小さくなるという唯一のギミックを生かした戦い方で視聴者の笑いを誘う場面も多く用意されています。 窃盗で捕まったスコット・ラングは、出所後もその前科が理由で定職に就けずにいました。娘のためにもお金が必要なラングは、やむを得ず窃盗団仲間とともに富豪の屋敷に忍び込みます。ラングが偶然見つけた奇妙なスーツを着込むと身体がアリサイズまで縮小し、さらに屋敷の主ハンク・ピム博士からアントマンになって欲しいと依頼されます。 アイアンマンやキャプテンアメリカがマーベルヒーローのメインストリームならば、かなりの脇役となりそうなアントマン。これから先どんな活躍の場が用意されているのかも楽しみです。また、アントマンならではのミクロ視点な映像も刺激的です。

【フェーズ3】アベンジャーズの戦いは最終局面へ!

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』ヴィン・ディーゼル(ベビー・グルート)
©︎Supplied by LMK

MCUの大きな区切りとなるフェーズ3。ここでも新たなヒーローたちが登場し、アベンジャーズはサノスとの最終決戦に向けて強化されます。これは同時に、アベンジャーズ初期メンバーの離脱を見越した補填の意味合いも。 フェーズ3の最終作『アベンジャーズ/エンドゲーム』で、キャプテン・アメリカを演じるクリス・エヴァンスらの降板が決定しており、今後のMCUを担うキャラクターの存在感が高まっています。

13. 『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年)

「インフィニティ・ウォー」へと繋がる重要な内部戦争

シビル・ウォー
©︎Supplied by LMK

「キャプテンアメリカ」の第3作目は事実上『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の続編。シビル・ウォー=南北戦争の名の通り、アベンジャーズ同士の内部戦争が描かれています。 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の戦いから約1年後、ヒドラ残党との戦いで市民に被害を出したスティーブ率いるアベンジャーズは国際社会からの非難にさらされ、チームを国際連合が管理するためのソコヴィア協定が支持を集めていました。この協定をめぐって、スティーブとトニーの意見は決裂しアベンジャーズは二つに分裂することに……。 本作の見どころは間違いなくヒーロー対ヒーローの戦い。これだけシリーズを重ねても既視感を感じさせないアクションシーンのアイデアは賞賛に値します。本格的な戦闘が初となるヴィジョンとブラック・パンサーが加わったことでバトルシーンはより魅力を増しました。

14. 『ドクター・ストレンジ』(2016年)

実力派ベネディクト・カンバーバッチ扮する最強の魔術師が誕生!

ベネディクト・カンバーバッチ『ドクター・ストレンジ』
©️Supplied by LMK/zetaimage

ニューヨークで働く傲慢な天才外科医スティーヴン・ストレンジ。突然の事故によって両手がマヒし、外科医生命を絶たれたストレンジは治療法を探してネパールのカトマンズにあるカマー・タージに辿り着きます。そして不思議な力を持つエンシェント・ワンによって魔術の世界へといざなわれます。 魔術を描く新しい映像表現、万華鏡のように幻想的に移り変わる多次元空間、さらにディザスタームービー顔負けの崩壊するニューヨークなど、現実では味わえない映像が見どころです。

15. 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(2017年)

ピーターの父エゴと心を読む宇宙人マンティスが初登場!

ガーディアンズオブギャラクシー リミックス
©MARVEL STUDIOS

宇宙でも名が知れてきたガーディアンズは、ゾヴリン星人・アイーシャの依頼を受けてアニュラス電池を守るために怪物アブリスクと戦っていました。怪物を倒したクイルたちはその報酬として懸賞金がかけられているガモーラの義妹ネビュラの身柄を引き受けゾヴリン星を去ります。ですが、手癖の悪いロケットが電池をくすねていて……。 シリーズ第1作目同様のハイテンションなスペースオペラで、ガーディアンズたちのアクションと、キャラクター同士の横の絡みが相変わらず最高です。前作のヒットでMCU屈指の人気ヒーローとなったガーディアンズたちをさらに好きになることでしょう。

16. 『スパイダーマン:ホームカミング』(2017年)

マーベルヒーロー1の人気を誇るスパイダーマンがついにMCU本格参戦!

『スパイダーマン:ホームカミング』
©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.

マーベル1の知名度を誇るヒーローでありながら、権利の関係でごたついていたスパイダーマンですが、本作で満を持してMCUに参戦することになりました。 クイーンズに住む高校生のピーターは「シビル・ウォー」での戦いでトニーに見出され、特製のスパイダースーツを受け取りました。憧れのアベンジャーズ加入を目指しピーターはより一層ヒーロー活動に励むものの、トニーから色よい返事はもらえません。不満を募らせたピーターは一人で危険な敵に挑みますが……。 注目したいのはこれまでのMCUにはない新しさです。ピーターを見出したトニーとの師弟関係はこれまでのヒーローたちの横の関係とは違った面白さを引き出しています。さらに、ピーターの高校生ゆえの過ちやトニーへの反発はさながら青春映画のようで、MCUとして新鮮さを感じる切り口です。

17. 『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017年)

死の女神ヘラがアスガルドに「終末の日」をもたらす

マイティ ソー バトルロイヤル
©MARVEL STUDIOS/DISNEY

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』での戦いの後、アスガルドには再び危機が迫っていました。アスガルドを我が物にしようとする恐るべき死の女神ヘラにソーが立ち向かいますが、あっさりと武器・ムジョルニアを破壊され、辺境の星まで飛ばされてしまいます。囚われの身となったソーが闘技場での相対したのは、アベンジャーズの仲間ハルクでした。 「ソー」シリーズとしては3作目にあたる本作は、「エイジ・オブ・ウルトロン」の後の物語。原題では『Thor:Ragnarok』となっており、アスガルドの“ラグナロク=終末の日”が描かれます。「キャプテンアメリカ」シリーズの3作目と同じくアベンジャーズ寄りの作品で、MCUとしての山場になるであろう『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』へと繋がる重要なエピソードとなっています。

18. 『ブラックパンサー』(2018年)

「シビル・ウォー」にも登場したブラックパンサーの正体がついに明らかに!

『ブラックパンサー』ティ・チャラ(チャドウィック・ボーズマン)
©MARVEL STUDIOS/DISNEY

本作では、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で初めてその姿がお披露目となったブラックパンサーの誕生と活躍が描かれます。 アフリカの秘境にありながら、世界最高のテクノロジーを持つ超文明国ワカンダ。ここでしか採掘できない特殊な鉱石ヴィブラニウムには、世界を変えてしまうほどの力が秘められていました。父の突然の死によって王位を継いだティ・チャラは、漆黒のスーツを身にまとい、ヒーロー「ブラックパンサー」としても任務を負うことに。果たして彼は、ヴィブラニウムを狙う敵から祖国を、そして世界を守ることができるのでしょうか? キャストやスタッフのほとんどがアフリカ系で製作され、アフリカの文化なども取り入れて絶賛された本作。第91回アカデミー賞では作品賞をはじめとする6部門にノミネート。作曲賞や衣装賞など3部門で受賞を果たしました。

19. 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018年)

MCU10年の集大成! 最強のヴィラン・サノスとの戦い

アベンジャーズ インフィニティウォー
©Supplied by LMK

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』では、満を持してアベンジャーズにガーディアンズ・オブ・ギャラクシー、スパイダーマン、ドクター・ストレンジらが加わり、60名以上のキャラクターが参戦する大規模な作品となりました。 着々とインフィニティ・ストーンをあつめるサノス。彼の計画を阻止するためヒーローたちはチームを組んで各地で奮闘しますが、圧倒的な力を持つサノスを前に苦戦を強いられ……。 これまで以上に豪華キャストが揃った本作は、迫力の戦闘シーン、胸に迫るストーリーはもちろん、特にガーディアンズの参戦によって、これまでの「アベンジャーズ」よりも笑いの要素が増えている点も魅力です。

20. 『アントマン&ワスプ』(2018年)

アントマンのサイドキック・ワスプが登場!

アントマン&ワスプ
©MARVEL STUDIOS

「アントマン」シリーズ2作目となる本作では、タイトルにもなっている新たなヒーロー・ワスプが登場。初代アントマンのサイドキックを務めていたワスプを、エヴァンジェリン・リリー扮するホープ・ヴァン・ダインが引き継ぎ、新たな脅威に立ち向かいます。 突然ふたりの前に全てをすり抜ける謎の美女・ゴーストが出現。アントマン誕生の鍵を握るピム博士の研究所が狙われてしまいます。それが敵の手に渡れば、世界のサイズが操られてしまう可能性がーー。 アントマンとワスプはユニークなパワーとチームワークで“秘密”を守りきることができるのでしょうか。 前作同様、アントマンでしかできないミクロながらも迫力のあるアクションと、面白い映像が盛りだくさんの本作。今回は完璧すぎるヒロイン・ワスプも加わり、彼らの軽快な会話と絶妙なコンビネーションも楽しむことができます。

21. 『キャプテン・マーベル』(2019年)

女性ヒーロー単独主役は初! 最強クラスの能力を持つキャプテン・マーベル

キャプテン・マーベル
©︎MARVEL STUDIOS

MCU初の女性ヒーロー単独映画『キャプテン・マーベル』は、90年代の地球を舞台に記憶喪失に苦しむ女性、キャロル・ダンバースが自分の“記憶”を巡る旅のなかで能力に目覚めていく物語。そんななか、地球は2つのエイリアンの戦争に巻き込まれてしまいます。果たして彼女は記憶を取り戻し、地球を救うことができるのでしょうか。 『ルーム』でアカデミー主演女優賞を受賞したブリー・ラーソンが主人公キャロル・ダンバース/キャプテン・マーベル役を務め、監督はアンナ・ボーデンとライアン・フレエックがコンビ。スタッフも女性が中心となり、新たな女性ヒーロー像を示してくれるのでは、と期待が高まっています。 圧倒的な能力を持つキャプテン・マーベルが目覚め、地球はピンチを脱することができるのでしょうか。 また、本作ではサミュエル・L・ジャクソン演じるおなじみのニック・フューリーが若く、眼帯もしていない姿で登場します。

22. 『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019年)

ついに描かれるアベンジャーズとサノスの戦いの結末は!?

アベンジャーズ エンドゲーム
©Supplied by LMK/zetaimage

MCUの集大成ともいえる『アベンジャーズ/エンドゲーム』。前作「インフィニティ・ウォー」で多くのヒーローを失ったアベンジャーズは、仲間と宇宙の未来を取り戻すため、再びサノスに立ち向かいます。 MCU11年間の集大成である本作は、まさに衝撃の連続。「インフィニティ・ウォー」以上の迫力で展開される戦闘シーンにファンは胸が熱くなること必至です。第1作目『アイアンマン』から本シリーズを追ってきた人にとっては、涙を禁じえない作品になっています。

23. 『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(2019年)

アイアンマンの後継者はスパイダーマン!?

スパイダーマン ファー・フロム・ホーム.ミステリオ
©2019 CTMG.  © & ™ 2019 MARVEL.

フェーズ3の締めくくりとして2019年6月に公開されたスパイダーマン単独2作目「ファー・フロム・ホーム」。 アベンジャーズの一員としての戦いを終え、学校の旅行でヨーロッパにやってきたピーター。友達との休暇を思い切り楽しむ予定だった彼のもとにニック・フューリーが現れ、ヨーロッパ各地で起こっている自然災害の原因を調査せよとの任務を与えられてしまいます。そんなピーターの前に謎のヒーロー・ミステリオが登場し、協力を申し出てくるのですがーー。 「エンドゲーム」で心に傷を負ったピーターは、本作でヒーローとして大きく成長しました。

【フェーズ4】MCUの未来は誰に託されるのか?

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』
©2019 CTMG.  © & ™ 2019 MARVEL.

フェーズ3で「インフィニティ・サーガ」と呼ばれる大きな物語が幕を閉じました。しかし、MCUは今後も新たなストーリーを紡ぎ続けていきます。 2019年8月23日(現地時間)にアナハイムで開催されたディズニーのファンイベントD23 Expoで、MUCフェーズ4以降の作品ラインナップが発表されました。2020年1月現在わかっている時点での最新情報をお伝えしましょう。

24. 『ブラック・ウィドウ』(2020年11月6日全米公開予定)

アベンジャーズ初期メンバーの単独映画がようやく登場

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン、 ブラックウィドウ、ブラック・ウィドウ
© Walt Disney Studios Motion Pictures

アベンジャーズの初期メンバーでありながら、フェーズ4でようやく単独映画の公開が決定したブラック・ウィドウ。本作では、彼女がスパイとして活動していた過去を描きつつ、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』直後のエピソードが語られます。 また本作のヴィランは、「タスクマスター」を名乗る傭兵兼戦闘教官のトニー・マスターズ。さらにロシア版キャプテン・アメリカとも言えるレッド・ガーディアンことアレクセイ・ショスターコフ、ブラック・ウィドウと同じスパイ養成施設出身のエレーナ・ベロワが登場します。 過去の物語が今後のMCUにどのような影響をもたらすのでしょうか。

25. 『エターナルズ (原題)』(2021年2月12日全米公開予定)

豪華キャスト集結で新たなヒーローチームを描く

100万年前、宇宙の原始的存在である“セレスティアルズ”に誕生したエターナルズ。遺伝子操作実験によって生まれた彼らは、超人的な能力を持ち、不死に近い長寿の種族となりました。一方で同じくセレスティアルズに生み出されたディヴィアンツは、人類の脅威となる存在で、エターナルズは彼らから人類を守ることを使命としています。 本作が注目されるもっとも大きなで理由はその豪華なキャスト。アンジェリーナ・ジョリーやリチャード・マッデン、サルマ・ハエック、マ・ドンソク、キット・ハリントンなど有名俳優が集結します。

26. 『シャン・チー・アンド・ザ・レジェンド・オブ・テン・リングス (原題)』(2021年5月7日全米公開予定)

アジア系ヒーローの活躍に期待!

MCU初のアジア系ヒーロー、シャン・チーの映画が制作されることも発表されました。 タイトルにある「テン・リングス」とは、『アイアンマン3』でトニー・スタークを誘拐したテロ組織。同作ではテン・リングスの首領マンダリンをインド系イギリス人の俳優、ベン・キングスレーが演じましたが、彼は偽物でした。本作で登場する“本物の”マンダリンは、トニー・レオンが演じることが発表されています。 カンフーの達人である主人公シャン・チーを演じるのは、中国系カナダ人俳優のシム・リウ。本作の制作が決まった時点からシャン・チー役を熱望していたという彼は、自身のTwitterに驚きと喜びの声を投稿しています。

27. 「スパイダーマン」3作目(2021年11月5日)

スパイダーマンは新たなアベンジャーズを率いることになるのか!?

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』
©2019 CTMG.  © & ™ 2019 MARVEL.

マーベル・スタジオとソニー・ピクチャーズの共同製作となる「スパイダーマン」の単独3作目も公開が予定されています。 前作「ファー・フロム・ホーム」で大きな成長を遂げたピーター。3作目では、彼にどんな困難が襲いかかるのでしょうか。「ファー・フロム・ホーム」のエンドロール後のシーンでは、あの名キャラクターが復活しましたので、3作目に登場してくれることも期待したいですね。 「スパイダーマン」の3作目は2020年4月現在、タイトルを含めてすべてが謎に包まれています。続報を待ちましょう!

28. 『ソー:ラブ・アンド・サンダー (原題)』(2022年2月11日全米公開予定)

ソーの後を継ぐのは元カノ!?

MCUのヒーローのなかで、初めて単独映画4作目が制作されることになったソー。『ソー:ラブ・アンド・サンダー (原題)』では、なんと『マイティ・ソー:ダーク・ワールド』でヒロイン、ジェーン・フォスター博士を演じたナタリー・ポートマンがカムバックします。 しかも彼女が演じるのは女性版ソー!発表が行われたサンディエゴコミコンでは、彼女がムジョルニアを手にするなどの光景も見られました。 監督は「バトルロイヤル」のタイカ・ワイティティが続投し、ソー役のクリス・ヘムズワースやヴァルキリー役のテッサ・トンプソンも登場します。

29. 『ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス (原題)』(2022年3月25日全米公開予定)

ワンダも登場で話題に

ベネディクト・カンバーバッチ演じる魔術師、ドクター・ストレンジの単独2作目となる『ドクター・ストレンジ イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス (原題)』も、フェーズ4の作品として制作されます。 以前から主演のカンバーバッチとスコット・デリクソン監督が続投すると発表されていた本作ですが、エリザベス・オルセン演じるスカーレット・ウィッチも登場することが明らかに。 しかしスコット・デリクセンは監督を降板し、製作総指揮として残留すると発表されました。 スカーレット・ウィッチは、ディズニーの動画配信サービスDisney+で『ワンダヴィジョン (原題)』というドラマシリーズが制作がされることも発表されており、「ドクター・ストレンジ」2作目はドラマから直接つながる物語になるのだとか。 ドラマ「ワンダヴィジョン」の詳細も謎に包まれているので、詳しい情報を待ちたいですね。

【フェーズ5以降】MCUはどこまで広がる?

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』ゾーイ・サルダナ、デイヴ・バウティスタ、クリス・プラット
©︎MARVEL STUDIOS

2019年7月のサンディエゴコミコンでは、フェーズ5以降に制作される作品も発表されました。フェーズ5以降には、あの人気ヒーローの続編や大人気作のリブートなどが予定されています。

30. 『ブラックパンサー2 (仮題)』(2022年5月6日全米公開)

大人気アフリカ系ヒーローの第2作目

『ブラックパンサー2 (仮題)』に関しては、フェーズ4に含まれるのかフェーズ5になるのかはっきりとはわかっていません。 監督のライアン・クーグラーの続投が発表されており、主演のチャドウィック・ボーズマンも続投する見込みとのこと。オコエ役のダナイ・グリラやナキアを演じたルピタ・ニョンゴ、シュリ役のレティーシャ・ライトらの続投も期待されています。 WE GOT THIS COVEREDは、本作のヴィランは海の王者ネイモア・サブマリナーになると報じていますが、正確なことは不明です。

31. 『キャプテン・マーベル2(仮題)』(2022年夏公開予定)

最強女性ヒーローの続編が決定!

ブリー・ラーソン
©WENN.com

『キャプテン・マーベル』の続編の製作も明らかになっています。しかしこの最強女性ヒーローの続編については、2020年4月現在ほとんど情報がありません。 すでにわかっていることは、ブリー・ラーソンが続投するということと、続編は現在が舞台となるということ。そして前作の監督アンナ・ボーデンとライアン・フレックは続投しない見込みで、マーベル・スタジオは女性監督を探しているということです。 「現在」というのは「エンドゲーム」後の2023年と思われますが、2022年に公開予定となっていますので、フェーズ3終了時点よりも現実世界とのズレが少なくなりますね。

32. 『ブレイド (原題)』(公開日未定)

「元祖マーベル映画」がオスカー俳優主演でリブート!

1998年から2004年にかけて三部作が公開され、大人気を博した「ブレイド」シリーズ。 ハーフヴァンパイアの主人公ブレイドがヴァンパイアハンターとして邪悪なヴァンパイアと戦う本作は、マーベル映画不遇の時代に異例の大ヒットを記録し、「元祖マーベル映画」と称された作品。 サンディエゴコミコンでマハーシャラ・アリ主演で本作をリブートすることが発表され、会場は驚きに包まれました。

33. 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーVol.3 (原題)』(公開日未定)

祝監督復帰!3作目はロケットの物語に?

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』ブラッドリー・クーパー(ロケット)
©︎Supplied by LMK

過去の不適切なツイートを理由に、シリーズ成功の立役者であるジェームズ・ガン監督が解雇され、制作が延期になっていた『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3 (原題)』ですが、監督は無事に復帰し、2020年ごろから撮影が開始されるものと見られています。 メインキャストの5人は続投する見込みで、監督が解雇前に完成させていた脚本が使用されることになるようです。しかし、解雇されていた間にガン監督は「脚本がボツにならなかったのことには安心したが、ロケットの物語を終わらせることができなかったのは、自分にとって最大の損失だ」とDEADLINEに語っていました。 「ロケットは私自身」と語る監督は、3作目でロケットの物語に区切りをつけたい意向があるようで、その点は脚本が変更になるかもしれません。

MCUの時系列や公開順を復習して最新作に備えよう!

『アベンジャーズ/エンドゲーム』
©️Supplied by LMK

アメコミ界の帝王マーベルが誇るさまざまなヒーローが揃い、フェーズ3でいったん区切りをつけたMCU。改めて振り返るとそのスケールの大きさには驚かされます。フェーズ4以降も、これまでに登場したヒーローの続編や新キャラクターの単独映画など、多くの期待作が予定されています。 おなじみのヒーローのさらなる活躍はもちろん、新たなヒーローの登場も待ちきれませんね!