2019年8月27日更新

『ソードアート・オンライン アリシゼーション』第3クールに備えよう!前半のあらすじをおさらい

ソードアート・オンライン9 アリシゼーション・ビギニング (電撃文庫)

人気アニメ「SAO」シリーズの最新作『ソードアート・オンライン アリシゼーション』の後半「アリシゼーション War of Underworld」が2019年10月からスタート。後半の見どころと、前半のあらすじをまとめてご紹介します。

アニメ『ソードアート・オンライン アリシゼーション』前半のあらすじをおさらい!第3クールからの続きが気になる

2009年の刊行以来高い人気を集めている川原礫による小説を原作としたアニメ「ソードアート・オンライン」シリーズ。2018年10月からはアニメ3期目となる『ソードアート・オンライン アリシゼーション』が、全4クールで放送されています。 前半2クールの放送が2019年3月に終わり、同年10月からはいよいよ後半の2クールがスタート。分割クールでの放送とあって、前半の記憶が薄れつつあるという人もいるのではないでしょうか。もしくは前半のあらすじをふまえたうえで後半を視聴したいという人もいるでしょう。 今回の記事では、前半の全24話を振り返りつつ後半の見どころを紹介します。

アニメ「ソードアート・オンライン」シリーズとは?

アニメシリーズは、2012年に第1期『ソードアート・オンライン』、2014年に第2期『ソードアート・オンラインⅡ』が放送されました。第1期で原作小説4巻まで、第2期で5~7巻の内容がアニメ化されています。 また、第3期にあたる『ソードアート・オンライン アリシゼーション』は、原作の9〜18巻にあたる内容を描いている作品です。 本シリーズは、主人公のキリトがVRMMORPG(大規模多人数同時参加型オンラインRPG)「ソードアート・オンライン(SAO)」をプレイ中に起きた「SAO事件」を軸に進んでいきます。SAOクリア後も、同事件に関連するVRMMORPG関連の出来事に巻き込まれていくキリトの活躍を描くストーリーです。

「アリシゼーション」はシリーズ最新のエピソード!

アニメ『ソードアート・オンライン アリシゼーション』は原作小説9~14巻の「アリシゼーション」編と、それに続く「アリシゼーション新章アンダーワールド大戦」編を描く作品です。時系列としては、前作アニメ『ソードアート・オンラインⅡ』内で描かれた「死銃事件」の半年後となります。 原作小説の時系列では上記の順番になりますが、『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』も含めると、こちらがアニメ3期の少し前のエピソードに該当。ただ、「アリシゼーション」とは直接的なつながりはないので、劇場版を観ていなくてもストーリーを追う分には問題ありません。 本作はアニメ1・2期から続くストーリーです。過去のキリトの活躍や、彼と関わる人物を知っているほうが、より作品も楽しめるでしょう。

【ネタバレ】「アリシゼーション」前半のあらすじをおさらい!

アリシゼーション・ビギニング編

キリトこと桐ヶ谷和人(きりがやかずと)は、ラースというベンチャー企業のフルダイブ実験機のテストダイバーを引き受け、「アンダーワールド」というゲームをプレイしていました。そんなある日、キリトは「死銃事件」の残勢力に夜道で襲われ、昏睡状態に。 次にキリトが目を覚ますと、そこは「アンダーワールド」の世界でした。キリトはログアウトが出来ないまま、人間に親しい感情を持つNPC(ノンプレイヤーキャラクター)のユージオとともに、このアンダーワールドを生きていくことに。 キリトの記憶から抜け落ちていたアリスという少女のことや、この世界のルールである禁忌目録の謎を追い、キリトたちはゲーム内で2年以上の時を過ごします。そしてついにアンダーワールドを司るセントラル・カセドラルへとたどり着くのでした。 一方、現実世界では、病院から意識不明のまま行方不明となったキリトを追って、アスナこと結城明日奈が行動を開始。彼女はラースの研究施設に潜入、そこでアンダーワールドにダイブしているキリトと再会するのでした。

アリシゼーション・ライジング編

セントラル・カセドラルで整合騎士たちとの戦いを繰り広げるキリトとユージンを、カーディナルという少女が救います。彼女は、キリトたちにアンダーワールドの成り立ちや、人界を統べるアドミニストレータの過去、迫りくる危機について語るのでした。

アドミニストレータが、人界の人々を兵器に変えようと画策していることを知り、彼女との対決に改めて気合を入れるキリトとユージン。苦難を乗り越え、キリトとユージン、アリス、カーディナルはカセドラル最上階のアドミニストレータのもとへとたどり着きます。 壮絶なキリトとアドミニストレータとの一騎打ちの末、数々の修羅場をくぐってきたキリトはなんとか勝利するのでした。しかし、勝利と引き換えにキリトはユージオという大事な相棒を失ってしまうことに。 その後、キリトは現実世界のラースとの音声接続に成功します。しかし、ラースを襲撃した何者かによって主電源が切られてしまい、キリトはぼやけていく意識のなかで最後にアスナの姿を目にするのでした。

2019年10月「アリシゼーション」後半の見どころを解説!アスナとキリトはどうなる!?

アニメ前半の最終回、ラースは何者かに襲撃されている様子で、キリトの身にも異変が起きました。原作では、ここからしばらくキリトは心神喪失状態が続きます。そんななか、アンダーワールドでは人界とダークテリトリーによる戦争が勃発。アリスは元整合騎士として、人界のために戦うことを決意します。 序盤はアリスの活躍するシーンが楽しめそうです。また、原作ではアスナやリーファ、シノンといったこれまでキリトとともに死線をくぐってきた仲間たちが、次第にアンダーワールドに関わっていくことになります。前半ではほとんど観ることができなかった、ヒロイン・アスナの活躍も見どころとなるでしょう。 さらに、ラース襲撃を企てた謎の人物もメインキャラクターとして登場。アドミニストレータの次なる敵として、キリトの前に立ちふさがることになりそうです。この人物の正体や襲撃の目的など、前半で謎のまま終わってしまった部分が多数あります。その答えを知るためにも、アニメ後半も見逃せません。

人気キャラは当然続投!

キリト/桐ヶ谷和人

本作の主人公で、16歳の高校生です。キリトはゲーム中でのプレイヤーネームであり、アリシゼーションの舞台であるアンダーワールドでの名前です、現実世界での名前は桐ヶ谷和人。 VRゲーム内での超人的な活躍と高校生らしい精神性のギャップがファンの共感を呼びました。彼の持ち味は圧倒的な反射神経で、彼の代名詞であるソードアート・オンラインのエクストラスキル「二刀流」を手にした理由もゲーム中最高の反応速度を持っていたためでした。 また、身体能力だけはなくゲームのシステムに気づき、見抜くセンスにも長けており、たびたび明かされていない仕様のスキを突いたテクニックで周囲を驚かせます。その結果、ソードアート・オンライン以外には実装されていない二刀流を他のゲームでも実現しています。 キリトを演じるのは松岡禎丞。2009年にデビューし、2012年にキリト役で大ブレイクを果たします。ナイーブでどこかはかなさが感じられる声質と、キャラに関するインタビューで涙するほどの真摯さが生む繊細な演技、仕事に全力で当たる姿が愛されている人気の声優です。

アスナ/結城明日奈

本作のメインヒロインで、マザーズ・ロザリオの主人公も務めます。17歳の高校生で、キリトの恋人です。 ソードアート・オンライン脱出のために必死にゲーム攻略に励み、第一線で活躍する剣士へと成長します。その過程でキリトと出会い、彼と相思相愛になりました。 ソードアート・オンライン攻略後はゲーム「アルブヘイム・オンライン」に囚われるもののキリトに助け出され、現実世界でもキリトと結ばれています。 マザーズ・ロザリオでは主役として活躍、アルブヘイム・オンライン最高の剣士「絶剣」ことユウキと出会い、堅い絆でつながりました。同作の最後ではユウキの開発した必殺のオリジナルソードスキル「マザーズ・ロザリオ」をただ一人受け継いでいます。 アスナを演じるのは戸松遥は2007年にデビューし、2008年の『To LOVEる』ララ・サタリン・デビルーク役でブレイクしました。2013年にはソードアート・オンラインも含む多数の作品でヒロインとして活躍したことが評価され、第7回声優アワード助演女優賞を受賞しています。

アリシゼーション編のカギを握る新キャラクター達

ユージオ

ユージオ(画像右)は仮想世界「アンダーワールド」におけるキリトとアリスの幼馴染。天職(アンダーワールドにおける生まれ持った職業)は木こりで、ギガスシダーという巨木を切り倒すためにキリトと共に毎日斧をふるっていました。 キリトと共にギガスシダーを切り倒した後は、世界の秩序を守る整合騎士を目指します。亜麻色の髪と細い体が目立つ少年です。 ユージオを演じるのは島﨑信長。1988年生まれの男性声優で、2009年にデビュー。アニメ初主演は2012年放送のテレビアニメ『あの夏で待ってる』でした。 ゲームブランド「TYPE-MOON」作品のファンで、2016年には同ブランドのソーシャルゲーム『Fate/Grand Oder』アニメ版主人公(ソーシャルゲームではボイスなし)の役を射止めます。他の代表作に『ダイヤのA』降谷暁役、『SDガンダム三国伝 Brave Battle Warriors』孫権ガンダム等もあります。

アリス

アリス(画像左)はアンダーワールド内にあるルーリッド村の村長の娘。キリトとユージオの幼馴染で、村一番の神聖術(魔法のようなもの)の使い手です。 キリト、ユージオと3人で村の外の天然氷を採りに行った際、アンダーワールドのおきてに反して禁忌の地「ダークテリトリー」に触れてしまったため、連行されてしまいました。それから数年後、アリスは整合騎士の一人として自信と同じく禁忌を犯したキリトとユージオの前に現れます。 アリスを演じるのは茅野愛衣。2010年にデビューし、翌2011年『あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。』本間芽衣子(めんま)役で初ヒロインを射止めます。 代表作には『ノーゲーム・ノーライフ』白役、『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』弓さやか役等。アニラジパーソナリティとしても活躍し、ラジオ「ノーラジオ・ノーライフ ゲーマー兄弟がラジオをするそうです。」にて、第1回アニラジアワードの2部門を受賞しました。

監督は『魔法科高校の劣等生』の小野学が担当!

『ソードアート・オンライン アリシゼーション』の監督を務めるのは小野学です。代表作に『トランスフォーマー ギャラクシーフォース』、「咲 -saki-」シリーズ、『魔法科高校の劣等生』などがあります。 本シリーズでは新たな仮想世界である「アンダーワールド」や人間の思考を加速させるVR装置「ソウル・トランスレーター」などの新たなガジェットが多数登場し、「ソードアート・オンライン」シリーズ中でも複雑な設定をしています。 小野の代表作の一つ『魔法科高校の劣等生』では、複雑に練りこまれた設定をCG風映像を使用しテンポよく語る演出が好評を受けました。果たして小野はどのようにアリシゼーションの世界観を映像化し、いかに複雑な設定を説明するのでしょうか?

加速する「SAO」シリーズ、「アリシゼーション」の結末も見逃せない

前半の24話を終え、まだたくさんの謎が残されているラースとアンダーワールド。現実世界で昏睡状態となってしまったキリトは無事に現実に戻ってくることができるのか、アンダーワールド自体が一体どうなってしまうのか。 2019年10月からスタートする後半『ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld』でその結末を見届けましょう。