2017年7月6日更新

『ソードアート・オンライン』ヒロイン、アスナの8つの魅力

『ソードアートオンライン』の中で、圧倒的な美貌と強さを兼ね備えた最強ヒロイン、アスナ。嫁にしたいキャラとしても呼び声の高いアスナの魅力を8つの項目に分けてご紹介します。

『ソードアート・オンライン』の完璧ヒロインアスナの魅力に迫る!

『ソードアートオンライン』に登場する女性キャラクターの中で、その容姿と明晰な頭脳と強さそしてその良妻っぷりで人気の高いヒロインのアスナ。

攻略を優先しているはずなのに、お化けが怖くてアンデッドがでるダンジョンはパスしちゃうそんなかわいい一面ももっていたり。

今回は、その完璧ヒロインアスナを8項目に分けてご紹介していきます。

1:守られるだけじゃない強いヒロイン!

アスナは作中で最強と呼び声の高いギルドである「血盟騎士団」の副団長をつとめるほどの腕前で、レイピアを武器にしています。正面から戦うより後方から相手の隙をつく頭脳的な戦闘を得意とし、その剣先は主人公のキリトさえ見ることができないくらい速く「閃光」の二つ名をもっています。

たぐいまれなる美貌と最強ギルドの副団長という肩書から、ファンクラブが作られるなど知らない人がいないほどの有名人で、トラブルに巻き込まれないようにギルドから護衛がつけられてました。

しかし、護衛であるクラディールのアスナに対する執着心があまりにも強く、四六時中見張っているなど度が過ぎる行動が快く思ってなかったようで結局解任させました。

2:頭も切れる!

結城明日奈の家族は、父親は総合電子機器メーカー「レクト・プログレス」の社長(CEO)で、兄も同じく「レクト」の重役、母親も有名大学教授と誰もが羨む良家のお嬢様です。

当然、アスナ自身もSAO事件が起こるまで有名進学校に通い、成績も優秀とエリートコースを歩み両親の期待に応えていました。

一方SAO内では、ゲーム内からの脱出のため、第1階層攻略のボスレイド戦に参加。しかし、事前情報と違う攻撃を仕掛けてきた階層ボスに攻略レイドは半壊の危機に陥りますが、アスナの機転で再会したキリトとの協力により、階層ボスの攻撃をはじき撃破しています。

また、第75階層攻略の際、半強制的に「血盟騎士団」に加入させらたキリトの危機対処能力訓練。同行した親衛隊隊長のクラディールの裏切りと、殺人ギルド「ラフィン・コフィン」のキリト暗殺計画を察知したアスナは、犯行現場にいち早く駆けつけ阻止するなど柔軟な対応をみせています。

3:料理も上手!

『ソードアートオンライン』の世界では、スキルという現実世界の特技や技能に該当するシステムが存在し、身につけることで仮想空間上でも同じように生活することが出来ます。

アスナはその中でも「料理」スキルを極めており、仮想空間上に存在する100種類以上の味覚を解析し、西洋をモチーフにしたゲームであったがために存在すらしていなかった醤油やマヨネーズといった現実世界の調味料などを再現しキリトを驚愕させました。

「ゲーム内の死=現実の死」であるデスゲームと化したゲーム内で他のプレイヤーたちは、攻略に必要なスキルの取得のみを優先し、料理のような生活系のスキルにはほとんど手をつけていませんでした。

攻略のみを優先していたアスナが料理スキルを極めていたことは、育ちのよさと高いセンスをもっていた証明といえます。

4:芯が強い!

結城明日奈は、自分の境遇に閉塞感と将来への不安をかかえていたある日、気まぐれで兄の「ナーヴギア」とSAOを借りたことにより、SAOシステムエンジニアで開発者の茅場晶彦が起こしたSAO事件に巻き込まれます。

「ゲーム内での死亡が現実の死につながる」SAO事件で、ゲーム内のアスナは当初、命を懸けたデスゲームへの強制参加による混乱と、両親がエリートコースから外れた自分に寄せる失望により絶望に陥り、最初の町の宿屋で泣き明かす日々を送っていました。

何日たっても助けが来ない状況を知り、ただ泣いているより一刻も早く現実世界に戻ることを目標に「攻略組」と呼ばれるプレーヤーとなって狂ったようにゲームの攻略を開始していきます。

その腕と功績が買われ、SAO内最大の攻略ギルド「血盟騎士団」にスカウトされ、副団長の地位まで上り詰めていき、団長のヒースクリフにSAOの最速最強女性剣士と評されるほど活躍することとなりました

5:超美人!

作中で登場する女性プレイヤーは多くありませんが、その中でも5本の指に入るほど容姿端麗です。

最たる例として、後に恋人になるキリトの周りには、その優しい性格と強さからか事件が起こるたびに好意を抱く女性が数多く現れますが、その大半が勝てないと認め関係を羨ましがられてしまうほど。

アスナ本人はその取り巻きの女性たちと仲良くできるだけの優しさを持ち、キリトからの愛情も承知しているので、恋愛関係でもめることはほとんどありません。

6:キリトに一途!

デスゲームに巻き込まれてしまったアスナは、一分一秒でも早くクリアして現実世界に戻ろうと、寝る間さえ削って攻略していました。

彼女は仮想空間から脱出することのみを考えて行動していましたが、仮想空間でも住めば都の考えで受け入れていたキリトと、ひょんなことからゲーム内で出会い一緒に行動していきます。

始めはゲーム初心者だったアスナにβ版をやっていたキリトがいろいろと教えながら攻略していきましたが、のんびりと攻略していく姿勢に多少のいらだちを覚えます。そんな中でも何度か一緒に行動し、59層にある町「ダナク」に到着。のどかでいかにも田舎風なこの町で攻略を一時中断し木陰で休むようキリトに提案されます。

最強ギルドの副団長で「攻略の鬼」とまでよばれたアスナには、休む余裕はありませんでした。なぜなら、睡眠中でも殺される危険があり一時の油断も許されなかったからです。口論の末、あまりにも疲れていたこととキリトに諭されたことから木陰で熟睡してしまいます。

起きるまで近くで見守っていたキリトにいつしか好意を抱いていきます。

その後は、キリトのスケジュールを確認して会いに行ったり、手作り弁当を作って来たり、群れることを嫌うキリトを半ば強引に仲間に誘うなど、キリト一筋になっていきます。

7:そしてツンデレ!

物語の初期の頃、一刻も早く帰りたいという思いと最強騎士団の副団長の立場から毅然とした態度をとり、騎士団の皆にハイペースな攻略を促したりしていました。

そのひたすら攻略にまい進する姿から「狂戦士」や「攻略の鬼」と不名誉なあだ名を付けられてしまいます。

そんな中キリトと出会い、「ダナク」での出来事などから封印されていた明るい性格をとりもどし、好意を抱くようになってからは、半ばストーカーまがいなことを行うなど、恋する乙女一直線へと進み、初期のころのキツイ性格はだいぶなりを潜めます。

しかし、キリトに危害を与える者に容赦しないなど必要な時に強さを発揮していきます。

8:嫁にしたいというファンが続出!

SAOのアスナは、漫画・アニメの結婚したい女性キャラクターランキングでは常に上位にいるほどの人気を持つキャラクターです。

SAO内では最強ギルド血盟騎士団の副団長であり閃光の二つ名を持ち、トラブルメーカーのキリトをラブ一筋で献身的にサポートして戦い、現実世界では、良家のお嬢様にして大金持ち、容姿端麗、才色兼備で行動派とキャラクター設定の盛り過ぎといっていいくらいなんでもありです。

その一方で女性の恋愛感情に対しかなり鈍感なキリトに対し、ツンデレを通り越したヤンデレ状態でソードスキルを発動し包丁を突きつける姿は、ファンの間でも畏敬の念を持たれて愛されています。

このためSAOの女性キャラクターの中でも抜群の人気を誇り、「抜刀妻」・「剣業主婦」といった造語が作られるなどファンから親しまれています。

番組終了後もiPhone/Android向け大人気カードコレクションアプリ『嫁コレ』に、アニメ『ソードアート・オンライン』のアスナが新たに追加されるほどです。