2019年9月25日更新

映画『Red』で夏帆をとりまく三人のキャストが決定!【妻夫木聡・柄本佑・間宮祥太朗】

『Red』
©2020『Red』製作委員会

直木賞作家・島本理生による、官能的な大人の世界を描いた小説『Red』が2020年2月21日に実写映画化。主演に夏帆を招き、彼女をとりまく三人の男を妻夫木聡・柄本佑・間宮祥太朗が演じます。本作のあらすじやキャストなど最新情報を紹介!

目次

映画『Red』は2020年2月21日に公開 濃密な大人の恋愛がテーマ

島本理生原作の小説『Red』を実写化した同名映画が2020年2月21日(金)、遂に公開されます。本作は、家庭、仕事、そして夫婦関係に悩む女性と3人の男性の関係性が、センセーショナルな世界観で描かれた作品です。 この記事では、刺激的な展開に加えて、夏帆・妻夫木聡・柄本佑・間宮祥太朗という豪華俳優陣が集まった注目作について、最新情報を紹介していきます。

【あらすじ】原作は賛否両論。あなたは共感できるか

『Red』の主人公・村主塔子は妻であり、母でもある普通の女性。 しかし、心のどこかでは家庭内での自身のあり方、社会に出たいという思い、そしてそれを理解してくれない夫という鎖の中で生きていたのです。そんな時、かつての思い人・鞍田秋彦と再会。そこから塔子は鞍田と社会的には許されない関係に陥り、次第に自由に美しくなっていきます。 しかし鞍田にはある秘密があり、彼女らの関係は、想像もできない結末へと向かってゆくのでした。 原作者である島本は小説『ナラタージュ』(2017年10月7日に松本潤・有村架純主演で映画化)も手がけた直木賞作家です。彼女の描く世界観にどっぷりハマる人もいれば、共感できない人もおり、それは本作でも同じなよう。 原作の読者の中には、塔子の行動に理解できない人もいれば、幸せを追い求める彼女の姿に思わず自分を重ねてしまう人もいます。映画版ではどんな感想が出てくるのか、楽しみですね。

主演キャストは夏帆 「塔子は自分にとって、とても挑戦した役」

村主塔子役

家庭を持ちながらも、鞍田と不倫関係に陥ってしまう主人公・村主塔子を演じるのは、夏帆。2007年の主演映画『天然コケッコー』にて数々の新人賞を受賞して以来、『砂時計』(2008年)や『海街diary』(2015年)などの作品に出演しています。 清純なイメージのある夏帆ですが、ここまで濃密な恋愛映画に出演するのは初めてとのこと。監督である三島有紀子から、キャスティングを受けた際には「監督の覚悟を感じた」と同時に、役柄の塔子について「彼女の生き方は賛否があると思うが、鞍田との恋愛を楽しんでほしい」と公式にコメントしています。

妻夫木聡が、大人の色気全開で最低男に挑む「『Red』は人間の本能的な部分に問いかけてくるお話」

鞍田秋彦役

塔子を新たな世界に引きずり込む男性・鞍田秋彦を妻夫木聡が演じます。妻夫木は、映画『ウォーターボイーイズ』(2001年)、『悪人』(2010年)、『怒り』(2016)年など話題になった出演作を挙げればキリがないほどの国民的俳優。そんな妻夫木が40歳手前にして挑戦したかった作品が「大人の恋愛」だったそう。 そのため、三島から話を受けた際には「この巡り合わせが嬉しかった」と公式にコメント。危ない色気をまといながら、塔子の気持ちを代弁するかのように近づいていく鞍田を、どのように演じてくれるのか楽しみですね。

柄本佑が演じるのは、塔子に恋する同僚「現実でやってはいけない恋愛を疑似体験して」

小鷹淳役

塔子が入社することとなる会社の同僚で、彼女に恋心を抱く小鷹淳役には、柄本佑がキャスティングされました。柄本はその高い演技力が評価され、2018年には映画『きみの鳥はうたえる』にて第92回キネマ旬報ベスト・テン及び第73回毎日映画コンクールにて主演男優賞を獲得。2019年8月23日には主演映画『火口のふたり』が公開され、注目を集めました。 そんな柄本は本作について、「なぜこういう映画が生まれるか。どこかでみんなちょっとだけ憧れてしまうところがあるのか。だけど、それを現実ではやってはいけない。そんな映画を2時間、疑似体験して、その恋愛を楽しんで頂きたいなと。映画っていうのはそういう夢のあるものなんだなと思います。」と公式にコメントしています。 三島が「観察眼がある目をしているのに、緊張を解くのが上手く、色気があり、人間の複雑さと深みを表現してくれる人を探していた」際に、当てはまったのが柄本だったそう。妻夫木とはまた違った色気で、魅了してくれることでしょう。

間宮祥太朗「自分が演じた真と同じ轍(てつ)を踏まない様に」

村主真役

間宮祥太朗
©︎ciatr

塔子の夫で、古い常識に捉われがちな男性・村主真役は間宮祥太朗が演じます。2018年には『半分、青い。』で朝ドラに出演し、老若男女問わず知名度がアップ。デビュー10周年という節目を迎えた2019年には主演ドラマ『べしゃり暮らし』や映画『飛んで埼玉』、『ホットギミック ガールミーツボーイ』などの話題作に出演しています。 そんな間宮は、本作への出演を通して「自分はまだ結婚したことも、子供も持ったこともないが、いつか来るその時のために、この事を覚えておかなければいけないと痛感した」と公式コメントで語っています。 三島いわく「イマジネーションに溢れ、周りを愛することと周りに愛されることを心から素直にできる稀有な存在」である間宮。彼ならではの真がどの様にスクリーンに現れるのか、楽しみですね。

映画『Red』であなたは何を思うのか

『Red』
©2020『Red』製作委員会

刺激的なテーマと豪華俳優陣が集結した映画『Red』。おそらく私たちの境遇や感性によって、感想はバラバラでしょう。妻夫木が語った様に“人間の本能的な部分に語りかけてくる”作品である本作に、あなたは何を思いますか? 映画『Red』は2020年2月21日、全国にて公開されます。