2019年11月10日更新

『俺を好きなのはお前だけかよ』の魅力を全巻ネタバレ紹介!複雑な恋愛関係のゆくえは?

俺を好きなのはお前だけかよ、駱駝、コスモス、ひまわり、パンジー、三色院菫子、日向葵、秋野桜

駱駝のライトノベル『俺を好きなのはお前だけかよ』。鈍感ではない主人公と、先の読めないストーリーが魅力のラブコメで、コミカライズやアニメ化もされて人気上昇中です。今回はそんな『俺を好きなのはお前だけかよ』をネタバレありで紹介していきます。

目次

『俺を好きなのはお前だけかよ』の魅力を全巻ネタバレ紹介!打算と純粋さが入り混じる恋愛物語

駱駝(らくだ)によるライトノベル『俺を好きなのはお前だけかよ』。2016年に刊行され、2019年にはアニメ化もされた人気作です。 ラブコメでありながら、“鈍感ではない主人公”が中心になっていたり、先の読めないどんでん返し展開があったりと、読者を飽きさせない独特の作風が魅力です。 今回は、そんな『俺を好きなのはお前だけかよ』について、ネタバレありで紹介していきます。 ※この記事は2019年11月時点までの『俺を好きなのはお前だけかよ』のネタバレを含みます。予めご理解の上、注意してお読みください。

人間関係が複雑?メインキャラクターを整理しよう

『俺を好きなのはお前だけかよ』は登場人物の名前が特徴的なため、先に1巻の登場人物5人の関係性を整理しておきましょう。本作では、メインキャラクター全員に、本名と愛称がありますので、まずは愛称で覚えてみてください。1巻の人物関係の紹介の後に、各巻のストーリーをネタバレしていきます。

1巻の人間関係を紹介

主人公は、男子高校生の通称「ジョーロ」こと如月雨露(きさらぎあまつゆ)です。モテたいがために純情な鈍感少年を演じているものの、実はブラックで欲望にまみれているジョーロには、2人の気になる美少女がいました。 1人は「ひまわり」というニックネームで呼ばれる、幼馴染の日向葵(ひなた あおい)。もう1人は「コスモス」という愛称で呼ばれる、生徒会長の秋野桜(あきのさくら)です。しかし、その2人の美少女の好きな人はジョーロの親友・大賀太陽(おおがたいよう/通称サンちゃん)という野球少年なのでした。 しかも、サンちゃんの想い人は、地味な眼鏡少女の「パンジー」こと三色院菫子(さんしょくいんすみれこ)です。さらにパンジーが、ストーキングするほど好きな相手は、主人公のジョーロだと判明します。 三角関係どころではないこじれた人間関係が、コメディタッチで描かれていきます。

『俺を好きなのはお前だけかよ』1巻あらすじをネタバレ紹介

主人公のジョーロは純情な鈍感少年を演じることで、ひまわりかコスモスのどちらかと付き合えないかと画策していました。しかし、2人が好きなのはサンちゃんだと知り愕然とします。 悲しむジョーロに近づいてきたのは、彼に対しストーカー行為を行うパンジー。とらえどころのない彼女に恐怖し、彼は逃げ出します。 そんな中、思わぬ事件が起きます。ジョーロは、サンちゃん・ひまわり・コスモスの恋模様を意のままに裏で操り3人の恋路を邪魔していた、という噂が流れ始めたのです。 悪い噂はクラス中に広まり、ジョーロは生徒会を解任され、いじめられることに。ところが、ずっと彼を見ていたパンジーだけは真相に気づき、サンちゃんを詰問します。実はサンちゃんは中学時代からジョーロを恨んでおり、彼を陥れる嘘を喧伝していたのです。 結果、サンちゃんはクラスメイトの前で真実を話して謝罪。学校でのジョーロの信用は回復できました。また、パンジーが眼鏡を外すと美少女だったと判明するのでした。

『俺を好きなのはお前だけかよ』2巻あらすじをネタバレ紹介

ジョーロは、1巻の騒動で疎遠になりかけていたひまわりとサンちゃんとの仲直りを果たします。また、パンジーも勝手にジョーロの母親と連絡を取り合う仲になっており、良くも悪くも関係が進展。 しかし、新聞部の「あすなろ」こと、羽立桧菜(はねたちひな)という女子が現れ、また別の騒動を起こします。あすなろは、ジョーロの三股疑惑についての校内新聞を執筆しており、またしても彼が悪評のせいで孤立しかけるのです。 しかし実はあすなろはジョーロに恋心を抱いており、彼を独占したいという想いから、デマ新聞を刷っていたことが発覚。歪んだ愛情表現に辟易とするジョーロでしたが、そこに助けに現れたのは、生徒会長のコスモスでした。 コスモスがあすなろの悪事を暴き、デマ新聞騒動は事なきを得ます。また、彼女は1巻の騒動以来、ジョーロが仲直りに来ないことがショックだった、とも伝えるのでした。その点も含めて和解し、メインキャラクター同士のわだかまりが完全に解消されます。

『俺を好きなのはお前だけかよ』3巻あらすじをネタバレ紹介

串カツ屋の娘「ツバキ」こと洋木茅春(ようきちはる)が、ジョーロのクラスに転校してきます。 ツバキは以前ジョーロに出会った時から好意を寄せており、パンジー・コスモス・ひまわりに対して、「ジョーロを賭けた戦い」をすると宣言。“鈍感ではない”ジョーロは、ハーレム状態を自覚し悩みはじめます。 そんな中、彼はパンジーから借りた希少本を汚してしまいます。意地になって全額弁償しようとするジョーロに対して、パンジーはその態度は誠意ではなく自己保身だと指摘し、喧嘩になるのでした。 弁償代を稼ぐために、ジョーロはツバキの串カツ屋でバイトをはじめ、クレーム対応を経験しつつ給料をゲット。目的の本が売り切れていて焦るのですが、ひまわりが本を確保してくれていました。 ジョーロは彼女のおせっかいに反発しつつ、お返しにラケットをプレゼント。パンジーにも本を返却し、仲直りすることが出来たのでした。

『俺を好きなのはお前だけかよ』4巻あらすじをネタバレ紹介

4巻は人間模様が複雑で、新キャラクターも多数登場しているため、前半と後半に分けてネタバレを紹介していきます。

4巻前半

野球部のマネージャーの「たんぽぽ」こと蒲田公英(かまたきみえ)が、パンジーに恋人を作らせたいと、ジョーロに協力を求めます。当初のたんぽぽは、その目的が野球部や将来の夢のためなどと説明していましたが、ジョーロは“裏の意図がある”と見破りました。 たんぽぽは白状し、本当の目的が葉月保雄(通称ホース)という、唐菖蒲高校の鈍感イケメンと自分が付き合うためだったと話します。ホースは中学時代に同級生だったパンジーに今でも恋心を抱いているため、彼女に恋人を作って諦めさせたかったというのです。 ちょうどその時期に、学校では図書館が廃館になる可能性が浮上。図書館のパンフレット改善のためにホースが有能な協力者として現れました。パンジーはそんなホースに対して、過去の恩を感じつつも「他人の裏の気持ちが分からない人」だと嫌悪感を抱いています。 人間模様を把握したジョーロは、人助けのつもりで、好きでもないのにパンジーに告白。すると、なんと彼女は告白を断ってしまいました。

4巻後半

パンジーは、ジョーロの告白が本気ではないと喝破し激怒した上、もしサンちゃんが甲子園に出場できたら、彼の恋人になると約束してしまったというのです。 絶句し落ち込むジョーロでしたが、サザンカやツバキ、そしてサンちゃんとの会話を通じて、パンジーへの気持ちを見つめ直します。 そして彼はパンジーの“裏の気持ちを察して”、ホースに勝負を提案。髪留め1つを1票として女子に人気投票をさせ、どちらがパンジーにふさわしい男が決めようというのです。敗者は彼女から離れるというペナルティがあり、高校野球地区大会日を期日とします。また、引き分け対策として高校野球の勝敗も、1票にカウントすることに。 ホースは男らしく条件を承諾。ジョーロは仲の良い女子が自分の投票すると踏み、勝利を確信します。ところが、ジョーロの計算が狂いました。 コスモス・ひまわり・あすなろは、恋敵であるパンジーを排除したいため、ホースに投票したのです。しかも女子3人は、ジョーロに対してその場で告白してくるのでした。

『俺を好きなのはお前だけかよ』5巻あらすじをネタバレ紹介

ジョーロは勝負の期日まで、女子たちに追いかけ回されることに。投票で不正をしないように、そして告白の回答をするようにと迫られ、逃走しながら作戦を立てます。 そしてついに決着のとき。ジョーロは投票ルールの裏をかいて、球場にいた無関係な人からも髪留めを集め、投票数を10票に増やしていました。しかしホースもルールの裏に気付いており、同様に無関係な人の髪留めを98票集めていたのです。 しかしそこから怒涛の展開が待ち受けていました。チア部や吹奏楽部などの髪留めと、野球の勝利票も加算されてジョーロは99票を獲得。そしてパンジー自身もあらためてホースに大嫌いと伝え、ジョーロへ髪留めを手渡します。両想いで決着がついたのでした。 パンジーとの交際がはじめるかに見えましたが、ジョーロは他の女子たちとのハーレムを望み、全員から怒られます。ただ、ハーレム志望というジョーロの選択には、恋人関係になることでパンジーから女友達を奪いたくない、という“裏の気持ち”も隠されているのでした。

『俺を好きなのはお前だけかよ』6巻あらすじをネタバレ紹介

主人公の姉である「ジャスミン」こと如月茉莉花(きさらぎまりか)が、大学の夏休みで実家に帰ってきました。姉に黒歴史ポエムを広めると脅されたジョーロは、パンジー・コスモス・ひまわりと共にショッピングの荷物持ちをさせられます。 また、「フーちゃん」と呼ばれる唐菖蒲高校球児とたんぽぽとの恋愛を取り持ったり、あすなろの新聞取材をしたり、ツバキの店でのバイトをするなど、青春らしい日々を過ごすのでした。 順風満帆にも見える生活でしたが、ジョーロはパンジーと両想いになったにもかかわらず、接近せずに“他の女子と平等に接する”ようにしていました。姉のジャスミンに「自分の気持ちに正直になれ」と指摘されるなど、どことなく不穏な予感も漂いはじめます。 そんな中、唐菖蒲高校の生徒会長が、ただならぬ表情で、ジョーロを待ち受けているのでした。

『俺を好きなのはお前だけかよ』7巻あらすじをネタバレ紹介

「チェリー」こと唐菖蒲高校の生徒会長・桜原桃と、クラスのリーダー格のサザンカは、同時期にストーカー被害に遭っていました。2人に借りがあるジョーロは、断りきれずに捜査を協力。 ストーカー対策のために、しばらくジョーロがチェリー、サザンカと恋人のふりをすることになります。いつもの女子メンバーは、不満げながらも承諾。ただこのことが原因で、コスモスがひまわり・あすなろと喧嘩してしまいます。 ジョーロは先日まで恋敵だったホースと連携し、チェリーのストーカーを追い詰めます。ストーカーの正体は男装した生徒会書紀リリスで、彼女はチェリーへの依存心から、さもストーカーがいるかのように演出していたと突き止めます。 一方、サザンカのストーカーは「ミント」と呼ばれる高校1年生男子でした。ジョーロは、ミントが本当のストーカーではないことも見破ります。サザンカの友達が、彼女とジョーロとの距離を近づけるために、ミントにストーカーを演じさせていたのです。 ケンカしていたコスモス、ひまわり、あすなろの3人も仲直りして、問題はすべて解決できたのでした。

『俺を好きなのはお前だけかよ』8巻あらすじをネタバレ紹介

8巻はサンちゃんが主人公のスピンオフエピソードです。 甲子園に進出したサンちゃんが体育館裏にいると、牡丹一華(ぼたんいちか)という少女が木から落ちてきました。彼女は自分の名が嫌いだと話すので、アネモネという愛称をつけてやります。 アネモネは自身を「生後4ヶ月」などと語る変わり者でしたが、野球部のマネージャーになります。彼女は野球について的確なアドバイスができたため、野球部はさらに実力を伸ばすのでした。 甲子園の決勝が迫った頃、アネモネは衝撃の事実を話します。彼女は4ヶ月前に交通事故に遭い、記憶障害が起きた結果、二重人格になっているというのです。しかも、今まで会話していた方の人格が偽物で、元々の牡丹一華は全く別の性格だと分かります。 甲子園に優勝すればアネモネの人格は保たれるのではないか、と思われましたがサンちゃんたちは敗退。アネモネの人格は消滅していきます。その後、サンちゃんは別人になった牡丹一華と、笑顔を作ってキャッチボールをするのでした。

『俺を好きなのはお前だけかよ』9巻あらすじをネタバレ紹介

焼き鳥の「ヒイラギ」こと元木智冬(もときちふゆ)は、串カツ屋のツバキをライバル視していました。過去に様々な方法で対決し152敗もしていたのですが、今度は体育祭の屋台の売上勝負を挑みます。 「売上勝負に勝ったチームの人員は、敗者に何でもお願いごとができる」というルールを聞きつけ、ジョーロはヒイラギに協力することに。勝ってハーレムを作ろうというのです。 様々な部活や生徒会を巻き込んだ商戦の結果、1770本対1785本で、ヒイラギ陣営が勝利。彼女はツバキに「友達に戻って欲しい」とお願いし、快諾されます。 ジョーロも意気揚々とお願いをする予定だったのですが、彼の参加登録情報はパンジーの企みによって事前に書き換えられたと判明。敗者扱いになってしまいます。 勝者陣営のパンジーは、敗者となったジョーロに対して「2学期の終わりに、この仲の誰か1人を選んで」と、真剣な恋のお願いするのでした。

『俺を好きなのはお前だけかよ』10巻あらすじをネタバレ紹介

年に1回の行事「繚乱(りょうらん)祭」が近づき、校内は浮足立っていました。しかし、前夜祭のイルミネーション道具が紛失してしまい、犯人候補としてパンジー・コスモス・ひまわりの3人が疑われてしまいます。 捜査を進めていくと、たしかに偶然が重なった結果、ひまわりがゴミと混同してイルミネーションを捨ててしまったと判明。ただ、発端はたんぽぽを憎む一年生・撫子や、コスモスを嫌うソフトボール部員「プリムラ」の小さな嫌がらせのせいでした。 誰が責任を取るのか、と問題が起きますが、生徒会会計「山葵」のおかげでイルミネーションを用意し直すことに成功。無事ライトアップされた夜に、生徒たちは大切な人へ花を贈り合います。 そんな中あすなろは、花言葉で「離別」の意味が込められたスイートピーを、ジョーロに渡します。新聞部で情報通のあすなろは、ジョーロの本命の女の子を見抜いたと話し、泣きながら友達に戻ると別れを告げたのでした。

『俺を好きなのはお前だけかよ』11巻あらすじをネタバレ紹介

かつてパンジーを賭けてジョーロと戦ったホースが、「繚乱祭」に訪れることになりました。彼は当初、「海外に渡るので思い出作りに来た」と話していましたが、実際は2週間の短期留学に過ぎないと分かります。 ホースの本当の目的は、ジョーロたちと仲直りすることでした。また、すでにパンジーへの想いには整理がついており、現在は幼馴染の「つきみ」が気になっていると明かします。ジョーロも和解したいと感じていたため、一緒にイベントを回って楽しむことに。 キャンプファイヤーの夜、サザンカはジョーロに本気の告白をしてきます。自身が本命ではないと自覚しつつも、いつか振り向かせて見せると語り、彼の頬にキス。 ホースは、ジョーロが今後周囲を全員敵に回し孤立するのではないかと、不穏な予言をします。困ったときには力になるとも言ってくれますが、ジョーロはまだその言葉の意味が分からないのでした。

今後もますます目が離せない!ジョーロは誰を選ぶのか

ラブコメの作品は多数ありますが、“鈍感ではない主人公”が活躍し、毎回オチが読めない展開が用意されるのは、『俺を好きなのはお前だけかよ』ならではでしょう。 一時的には王道的な「ハーレムもの」の人物関係になったものの、ただでは終わりそうにありません。「パンジー」によって、2学期末までに1人を選ぶというタイムリミットも設定されました。 ジョーロは一体誰と付き合うのでしょうか。パンジー以外の可能性もあるのか、選ばれなかったヒロインとの別れはどう描かれるのか……。完結まで目が離せません。 原作はもちろん、コミカライズやアニメ版もチェックしていきましょう!