2019年11月12日更新

ジャナはレイたちの救世主?「スカイウォーカーの夜明け」に登場する弓の名手に迫る【スター・ウォーズ】

スターウォーズ スカイウォーカーの夜明け、ジャナ
© Walt Disney Studios Motion Pictures/zetaimage

「スター・ウォーズ」シリーズのエピソード9「スカイウォーカーの夜明け」に新たに登場するジャナについて、予想も交えて明らかになっている情報を一挙に紹介します。

目次

弓矢の名手ジャナとは一体どんなキャラクターなのか?

「スカイウォーカー・サーガ」を締めくくるにふさわしい、壮大な物語が展開されそうな「スター・ウォーズ エピソード9/スカイウォーカーの夜明け」。次々と新キャラクターが発表される中、ナオミ・アッキー演じるジャナにも注目が集まっています。 レイたちの旅の途中から仲間になるというジャナ。重要な役割を担ったレジスタンスの一員で、ランド・カルリジアンの娘という噂もあります。 ここではジャナについて明らかになっている情報をまとめ、さらに劇中での活躍を予想や、キャスティングされた新進気鋭の女優ナオミ・アッキーにもフォーカスしていきましょう。

ジャナはレイたちの救世主?エピソード9での活躍を予想

ジャナはレジスタンスの一員で、弓矢の名手。フィンとともにオーバックに乗って、ファースト・オーダーとの戦いを指揮するようです。オーバックとは、惑星パサーナに生息する馬型の生物。パサーナは砂漠の惑星で、原住種族は「アキ=アキ」と呼ばれています。 ジャナはレイたちの旅の途中で仲間になる重要な役割を担った人物ともいわれ、登場するタイミングも仲間がちょうど助けを求めている時だといいます。さらに、この壮大な物語のラストに必要なスキルを得るため、長い時間をかけてきたようです。となると、惑星パサーナでのファースト・オーダーとの戦いで大いに活躍してくれそう! ジャナについては、以前からランド・カルリジアンの娘なのでは?という噂がありました。演じるナオミ・アッキーもこの質問には特に否定せず、その可能性はなくもないといったところ。ジャナがランドの娘で、フィンとも何か関係があるとすると、ますますその動向が気になりますね。

演じるのはナオミ・アッキー!7ヶ月間の乗馬訓練でオーバックを乗りこなせるように?

ナオミ・アッキー
©Cordon Press/Sipa USA/Newscom/Zeta Image

ジャナを演じるのは、1992年11月2日生まれのイギリス人女優ナオミ・アッキーです。演劇学校「セントラル・スクール・オブ・スピーチ・アンド・ドラマ」で演技を学び、2015年に短編映画で女優デビュー。キャリア初期は『ドクター・フー』(2015)や『The Five (原題)』(2016)など、テレビドラマシリーズに出演していました。 2016年には映画『レディ・マクベス』でアンナ役を務め、その演技が評価されて翌年の「英国インディペンデント映画賞 (BIFA)」で新人賞を受賞しています。こうした経歴を経て、2019年に「スカイウォーカーの夜明け」でジャナ役に抜擢されました。 ジャナ役の準備期間には、馬に似たオーバックを乗りこなすため、7カ月の間に週3回も乗馬訓練が行われたといいます。訓練は「デビルズ・ホースメン」という牧場で行われ、終わり頃には手を離したまま馬に乗り、キャッチボールもできるようになったとか!劇中での活躍がますます楽しみになるエピソードです。

戦士ジャナ、「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」での大活躍に期待

スターウォーズ スカイウォーカーの夜明け、ジャナ
© Walt Disney Studios Motion Pictures/zetaimage

先日アメリカの雑誌「Vanity Fair」で発表されたジャナの場面写真は、颯爽とオーバックにまたがった勇ましい戦士の姿でした。弓矢を構え、実に凛々しい表情。激しいアクションシーンもあるようなので、期待が高まります。 レジスタンスの勝利のために一体どのようなスキルを獲得したのかも気になりますが、彼女が本当にランド・カルリジアンの娘なのかどうかも早く知りたいものです。壮大な物語のラストに絡む大活躍を期待して待ちましょう!