2019年12月9日更新

【ネタバレ】映画『スマホを落としただけなのに』知るとゾッとする狙われた理由と犯人の正体を徹底解説

『スマホを落としただけなのに』

2018年に公開されたサスペンス・スリラー『スマホを落としただけなのに』。現代のインターネット社会の闇を描いた本作は、若者を中心に共感を呼び、大きな話題になりました。本作の結末までの解説をネタバレありで紹介。また、続編の最新情報もお届けします!

目次

現代の闇を描く『スマホを落としただけなのに』をネタバレ解説!

2018年に公開されたサスペンス・スリラー『スマホを落としただけなのに』は、デジタルネイティブ世代の若者を中心に、大きな話題となりました。 スマホを落としたことから不気味な事件に巻き込まれて行く様子に多くの共感の声があがり、観客を恐怖に陥れた本作。この記事では、本作のポイントをネタバレありで解説していきましょう。 また、2020年2月に公開される続編『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』の最新情報も紹介します! ※この記事には『スマホを落としただけなのに』のネタバレが含まれます。本編を未鑑賞の方はご注意ください!

今すぐ無料で『スマホを落としただけなのに』を観たいならチェック

『スマホを落としただけなのに』のあらすじ

稲葉麻美の恋人・富田誠は、あるときスマホをタクシーに忘れてきてしまいます。そうとは知らない麻美は、彼のスマホに電話をかけます。スマホを拾った男が電話に出て「横浜のカフェに預けておく」と言いました。無事にスマホを受け取った麻美でしたが、それ以降、不可解な出来事に悩まされるようになります。 一方、丹沢の山中では若い女性の遺体が発見され、刑事の毒島と加賀谷が捜査を開始。2人が周囲を捜索すると、さらに複数の遺体が出てきました。遺体はどれも長い黒髪の若い女性で、髪の毛の一部が切り取られ、下腹部にはナイフで何度も刺した痕が。毒島たちは連続殺人事件と断定し、捜査を進めます。

旬の若手俳優が大集合!豪華キャストを紹介

北川景子/稲葉麻美役

恋人がスマホを落としたことから、不可解な事件に巻き込まれていく主人公・稲葉麻美。商社に務める派遣社員で、彼氏である富田との仲も順調に進んでいましたが……。 麻美を演じるのは、テレビドラマや映画も製作された「謎解きはディナーのあとで」や『君の膵臓をたべたい』(2017年)などで知られる北川景子。SNSやスマホの情報でプライバシーが侵害されていく恐怖を、リアルに演じています。

田中圭/富田誠役

麻美と結婚したいと考えている恋人の富田誠。ある日、プレゼンに向かうために乗ったタクシーにスマホを忘れてしまい、それから身に覚えのないクレジットカードの請求など、不可解な出来事に悩まされることになります。 富田を演じるのは「おっさんずラブ」シリーズや「図書館戦争」シリーズなどで知られる田中圭です。

千葉雄大/加賀谷学役

連続殺人事件を捜査する新人刑事の加賀谷学。IT業界から刑事に転職した変わった経歴の持ち主で、インターネットやコンピュータのセキュリティには詳しいようです。 加賀谷を演じる千葉雄大は、田中圭とドラマ『おっさんずラブ-in the sky-』(2019年)で共演。映画では『アオハライド』(2014年)や『帝一の國』、『亜人』(ともに2017年)などに出演している若手注目株です。

成田凌/浦野善治役

浦野善治は、麻美の知り合いの部下でITセキュリティのスペシャリストです。SNSやスマホの情報を悪用されている麻美と富田のために、浦野は安全対策に協力してくれました。 そんな浦野を演じるのは、成田凌。成田は本作での演技が絶賛されたのをはじめ、そのほか数々の作品で若手実力派俳優としての地位を確立しました。

そのほかのキャスト

主要キャスト以外にも、本作に出演している俳優陣は豪華です。 麻美の大学の先輩・武井役に要潤、麻美の友人・杉本加奈子を演じるのは、高橋メアリージュン。また、富田の先輩でかつて麻美に想いを寄せていた小柳守をバカリズムが、加賀谷の先輩刑事・毒島を原田泰造が演じています。

【ネタバレ】犯人は近くにいた!まさかあの人が……

執拗なメールやSNSの乗っ取りによって麻美を追い詰めていたのは、最初に富田のスマホを拾った人物でした。

実は、スマホを拾ったのは浦野善治。彼は、富田と麻美のネットでのトラブルを解決してくれていました。しかし、その裏の顔は長い黒髪の女性ばかりを狙った連続殺人鬼だったのです。 浦野は小柳を装って麻美に執拗にメールを送りつづけたり、彼女のSNSを乗っ取って勝手に投稿したり、麻美のスマホにコンピュータウィルスを送ったりしていました。 一連のトラブルで再び麻美が浦野を頼ったとき、彼は本性を見せ彼女を誘拐。そして自分の隠れ家で殺害しようとします。

【ネタバレ】なぜ麻美が狙われたのか?犯人の意図とは

連続殺人事件の被害者には、ある共通点がありました。それは、長い黒髪の女性で、家族と疎遠であるということです。

麻美もこの条件に当てはまります。また、彼女と富田の仲が順調であることも、犯人の気に障ったのかもしれません。さらに彼は麻美の情報を探るうち、彼女の過去に大きな秘密があることに気づきます。それがさらに興味を引いたのでしょう。 犯人は子供のころ母親に虐待されており、母親は長い黒髪でした。そのため母親と似たような髪型の女性に執着し、下腹部を刃物でメッタ刺しにして殺害。そして相手の髪の毛の一部を切り取って持ち帰っていたのです。 下腹部を刺したのは、彼が母親から「あんたなんか産まなければよかった」と言われていたからです。

【ネタバレ】暴かれてしまった麻美の過去

麻美の過去には、ある重大な秘密がありました。

本作の主人公である「稲葉麻美」の本名は、「山本美奈代」です。 山本美奈代は、学生時代から親友だった稲葉麻美と同居していました。しかし、大学を卒業後、麻美は株の投資に大失敗。美奈代の身分証明書を勝手に使い、彼女の名義で闇金融から借金をしています。その金額はすぐに膨れあがり、美奈代は「私の人生を返して!」と激怒。麻美は「私の人生をあげる」と自殺します。 自殺したとき、麻美は美奈代の身分証明書を持っていました。電車に轢かれた彼女の遺体は顔が確認できず、死んだのは山本美奈代とされます。美奈代は「麻美がくれた人生」を歩むため、彼女そっくりに整形し稲葉麻美として生きていくことに。 浦野がこのことを知ったのは、麻美のSNSのパスワードと武井(要潤)のSNSの写真フォルダに共通の名前(minayo)があったためです。武井のSNSにあった美奈代の写真と、富田のスマホにあった麻美の写真は背中のホクロが一致しており、浦野は彼女たちが同一人物であることに気づいたのでした。

【ネタバレ】続編では加賀谷が主人公に 彼はなぜ犯人の居場所が分かったのか?

警察は、Nシステム(走行中の車のナンバーを自動的に読み取るシステム)を使って犯人を追いましたが、途中でシステムが設置されていない脇道に入られてしまい、手詰まりになってしまいます。 しかし、新人刑事・加賀谷の推理で見事犯人逮捕に成功。彼はなぜ、犯人の居場所がわかったのでしょうか。

犯人は、閉園になった遊園地の地下に潜んでいました。つらい幼少期の記憶を持つ彼は、子供が楽しく過ごせるはずの遊園地に憧れを抱いていたのでしょう。 実は加賀谷も、子供のころ母親に虐待されていました。同じ境遇にあった者として、その居場所を推察したのです。 加賀谷の母親も長い黒髪で、彼もそれに対する強い執着心を持っています。また彼も、母親から「あんたなんか産まなければよかった」と言われていました。同じ境遇で育ったふたりが、殺人犯と刑事として対峙する点は非常に面白いですね。 加賀谷は続編で主役を務めます。前作で明かされた彼の過去が、どうつながっていくのか注目です。

【ネタバレ】ラストはどうなる?

犯人を逮捕した警察は取り調べをしますが、彼は事件についてなにも語りません。一方、犯人に襲われて入院していた富田は、麻美の過去を知ったことで彼女と連絡をとろうとしなくなっていました。

見舞いに訪れた加賀谷から麻美のスマホを渡された富田は、その「お気に入り」という写真フォルダに自分の写真が数多く保存されているのを見て、彼女がたしかに彼を愛していたことを知りました。 その後、彼は最初にプロポーズしたプラネタリウムで麻美に再会します。そして「新しい戸籍で新しい人生をやり直そう」と、再度プロポーズ。麻美はこれを受け入れ、ふたりは手をつないで去っていきます。 プラネタリウムには、一組の高校生カップルが残っていました。彼らが席を立ったとき、そこにはスマホがひとつ残されていて……。

『スマホを落としただけなのに』地上波初放送&続編公開!

スマホは、あなたの全てを知っているといっても過言ではありません。本作を観て、とくにパスワードの重要性に気づいた人もいるのではないでしょうか。また、本作には犯人が誰なのかを暴いていくと同時に、主人公の生活や過去が犯人によって暴かれていくストーリーも見どころのひとつです。 そんな『スマホを落としただけなのに』は、2020年1月6日よる9時からTBS系列で地上波初放送されます。お見逃しなく! また、2020年2月21日からは、続編『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』が公開となります。前作から千葉雄大と成田凌が続投、ヒロイン役は白石麻衣が努めます。中田秀夫がひきつづきメガホンを取るほか、前作で主人公を演じた北川景子と田中圭も特別出演するとのことで、こちらも見逃せませんね!