2019年10月24日更新

イルミ=ゾルディックの強さや噂を解説!「ハンターハンター」で最も不気味な念能力者

『ハンターハンター』イルミ

「ハンターハンター」に登場するイルミは、ゾルディック家の5人兄弟の長男です。暗殺者としては超一流ですが、キルアに対しては異常な執着を見せます。まだまだ謎の多いイルミの強さや、彼にまつわる噂を解説していきます!

目次

イルミ=ゾルディックの不気味な強さや噂を解説!キルアやヒソカとの関係は?【HUNTER×HUNTER】

イルミ=ゾルディックは伝説の暗殺一家ゾルディック家の殺し屋の1人で、5人兄弟の長男です。主人公ゴンと旅をするキルアの兄で、キルアに暗殺を教えた師匠のような存在でもあります。 ほとんど表情が変化しない無感動な人物ですが、大きく表情が変化することもあります。その際は恐ろしい形相になるなど、いつもとの落差もあって非常に不気味です。初登場時は名前を偽り、能力で外見を変えていました。 執事のツボネによると、キルアが父親似なのに対してイルミは母親似。彼女いわく「野心を持っている」そうで、ゾルディック家の中にあっても異質で不気味な人物です。

イルミは、キルアを溺愛し過ぎてやばい!ゆがんだ愛情で支配していた

イルミの特徴として真っ先に上がるのが、弟キルアへの度を越した愛情です。しかし、その愛情は非常に歪んでいます。キルアは勝てない相手とは絶対に戦わないように行動しており、イルミの教育のせいだと思われていました。なんと、イルミはキルアの頭に針を埋め込んで洗脳し、強敵と戦えないようにしていたのです! キルアは針を自力で取り出して洗脳から逃れましたが、弟を守るためにここまでするイルミの行動には寒気がします。イルミはキルアに殺されても、罪悪感で自分のことを忘れられなくなるなら構わないと感じているようです。 目的のためなら、キルアを完全な操り人形にしても構わないと考えたこともあるイルミ。このせいで、読者からはキルアへの愛情を疑問視する声も上がりました。しかし、そもそもキルアの意思を完全に無視しているのがイルミです。彼にとって、キルアが自分の支配下にいることが大事なのでしょう。

ヒソカに95点と言わしめたイルミの強さや念能力を解説

イルミは現在のところ、まともに戦ったシーンがありません。そのため、どのくらい強いのかはっきりしませんが、ヒソカの採点では95点をつけられています。これは、ハンター協会の最高幹部十二支んの三人ギンタ(90点)、カンザイ(85点)、ピヨン(77点)を超える点数。 ボディーガードで武闘派と見られるカンザイよりも上なので、プロハンターの中でもトップクラスに強い可能性が高いです。キメラアントとの戦いで成長したキルアですら、怒ったイルミのオーラを感じて顔が引きつっていました。 念能力は操作系で、針を刺した相手を操作できるという、ほぼ防ぎようのない能力を使います。念を込めた針を刺された相手は、廃人になる代わりに限界を超えた能力を発揮。針を抜いても元に戻ることはありません。針を刺した相手の肉体を変形させたり、自分の顔を変えて変装することも可能です。

イルミが持っている花が意味深!?死亡説も浮上

「ハンターハンター」の36巻ではイルミが幻影旅団に入団したことが判明します。そして、この表紙でイルミが花を持っていることには、深い意味が隠されているのではないかと話題になりました。36巻の表紙は、12巻と同じようにデフォルメされた幻影旅団のメンバーが描かれています。 死亡して欠番になっている団員がいた位置には、花が描かれていました。この花は、団員が死んだことを表している可能性が高いです。しかし、なぜかイルミは花を手に持って描かれています。花を持っている団員は、イルミだけです。 そのため、イルミは団員に死を届ける裏切り者だと暗示しているのではないかといわれています。また、イルミが花を持っていることは、イルミの死を暗示しているとも考えられるでしょう。作者が「ネタバレ。あえてね。」とカバーでコメントしているのも、この花についてのことかもしれません。

イルミがヒソカに殺される!?幻影旅団の行く末は……

36巻の表紙がイルミの死を暗示しているといわれていますが、他にもイルミの死亡フラグと取れるものは多いです。 イルミが幻影旅団に入団した理由は、ヒソカから依頼を受けたからでした。なんと、ヒソカは自分を殺すようにイルミに依頼していたのです。 ただし、ヒソカはイルミに実際に殺してほしいわけではなく、標的の幻影旅団にイルミを加入させることで全員と戦いたいと考えているようです。シャルナークとコルトピを殺した時にヒソカは「あと10人……♪」と独白していますが、この時点でイルミが加入していないと人数が合いません。 更に、劇場版の特典だったハンターハンターの0巻で、「幻影旅団は全員死ぬ」と作者がコメントしていることからも、イルミ死亡説は濃厚なのでは……。 また、入団した後のイルミは一人称が「オレ」から「ボク」に変化しているのも気になります。既に本物のイルミは殺されており、変装したヒソカが旅団に入り込んでいるのかもしれません。

アニメ版「ハンターハンター」でイルミ役を演じた声優は?

ハンターハンターのアニメは、1999年と2011年に全く別のキャストで制作されました。イルミはどちらにも登場しており、イルミを演じた声優も2人います。

高乃麗

1999年版でイルミを演じたのは高乃麗です。女性声優ですが、声質が低いため少年役を多く演じています。イルミは成人男性なので、珍しい配役です。イルミの声も少年のようでしたが、淡々とした無機質な話し方が非常に不気味で好評でした。 『∀ガンダム』のキャンサー・カフカや『サクラ大戦』のマリア・タチバナなど女戦士を演じることもよくあります。『ONE PIECE 倒せ!海賊ギャンザック』では、モンキー・D・ルフィを演じています。

松風雅也

2011年では松風雅也がイルミの声優をしています。1997年に、俳優として『電磁戦隊メガレンジャー』のメガブルーこと並樹瞬役でデビュー。2年後にテレビゲームの『シェンムー』の主人公芭月涼役で声優としてデビューしました。 感情の起伏を抑えてイルミを演じていましたが、前作に比べると多少人間味が感じられる雰囲気です。「セクシーな感じがする」という意見もあり、99年版とは違った魅力のあるイルミになっています。

イルミの動向から目が離せない!暗黒大陸編でヒソカと戦うのか?

唐突に幻影旅団に入団して読者を驚かせたイルミですが、本当にこれが死亡フラグになるのでしょうか。ヒソカに殺されてしまうのか、もしくは既に殺されているのか……。 しかしイルミのような重要キャラが、このまま簡単に死んでしまうというのも不自然な気がします。本格的な戦闘シーンも、まだ描かれていません。 暗黒大陸編では幻影旅団とヒソカの争いが勃発しそうな、不穏な空気が流れています。イルミの戦闘シーンが描かれる可能性は高いです。彼は本当に死んでしまうのか、それとも生き残るのか、彼の今後から目が離せません!