2019年12月18日更新

『モテキ』のフル動画を無料視聴する方法【映画&ドラマ1話~最終回】

『モテキ』

久保ミツロウ原作の漫画を実写映画、ドラマ化した『モテキ』。本記事では、『モテキ』の映画やドラマを視聴できる動画配信サービス、それぞれのあらすじやキャスト、見どころ、おすすめ関連作品について紹介していきます。

目次

『モテキ』のフル動画を無料視聴する方法【映画&ドラマ1話~最終回】

『モテキ』は「イブニング」にて連載された久保ミツロウの漫画で、2010年にドラマ化され、2011年に映画化された作品です。 2010年には新語・流行語大賞で「モテキ」が候補にノミネートされ社会現象を巻き起こした本作。主人公を演じる森山未來は、ドラマ版、映画版ともに主演を務めています。 本記事では『モテキ』のドラマと映画をフル視聴できる動画配信サービス、それぞれのあらすじとキャスト、見どころ、おすすめ関連作品について紹介します。

『モテキ』のフル動画を配信中のサービス一覧【映画&ドラマ1話~最終回】

amazon
プライムビデオ
TSUTAYA
TV/DISCAS
ビデオ
マーケット
ビデオパス FOD
プレミアム
dTV U-NEXT hulu
ドラマ
(2010)
× × × ×
映画
(2011)
× × ×

〇:無料で観られる △:有料で観られる ×:配信なし 『モテキ』のドラマ版と映画版が視聴できる動画配信サービスは、上記のようになっています。 どちらも無料で視聴できるのはamazonプライムビデオのみです。 ここからはamazonプライムビデオとTSUTAYA TV、ビデオマーケットについて紹介します。

amazonプライムビデオなら映画もドラマも無料視聴可能

サービス名 amazon プライムビデオ
無料期間 30日間
種類 年会費
料金(税込) 月500円
年4,900円
年2,450円(学生のみ)
メリット ・他サービスに比べてコスパが良い
・オリジナル作品が面白い
・amazon music等、その他特典が良い
デメリット ・アプリからビデオレンタルができない
・機能が一部あまり良くない
・クレジットカードが必須

amazonプライムビデオではドラマも映画も『モテキ』が視聴可能! 初回30日間の体験に登録すると、無料でプライム会員になれます。プライム会員にであれば、追加料金なしで本作を鑑賞できます。ドラマの1話から最終回まで、そして映画も全部無料で楽しめますよ。

TSUTAYA TVでは映画のフル動画を無料で、ドラマもお得に視聴可能

サービス名 TSUTAYA TV/DISCAS
無料期間 30日間
付与ポイント 毎月1,100ポイント
種類 月額定額
料金(税抜) 最安1,865円〜5,423円
メリット ・動画配信サービスと、宅配レンタルサービスで作品ラインナップが豊富
デメリット ・値段が高い
・宅配レンタルの場合、宅配を待たなければいけない

TSUTAYA TVでもどちらの『モテキ』も配信中です。ドラマ版は1話300円(税抜き)で、映画版は400円(税抜き)で視聴できます。 初回30日間の無料体験に登録すると、1100ポイントの付与があります。このポイントを本作の視聴に充てることで無料で楽しむこともできますよ。

ビデオマーケットでも『モテキ』どちらか1作の動画を無料で観られる

サービス名 ビデオマーケット
無料期間 初月
付与ポイント 毎月540ポイント
種類 月額定額
料金(税込) 月額500円(ポイント)
月額980円(ポイント+見放題)
メリット ・取り扱い作品数が国内最大
・月額料金が安い
・倍速再生などの機能付き
デメリット ・追加料金が多い
・無料配信数が少ない
・ダウンロード再生ができない

ビデオマーケットでもドラマ『モテキ』も映画『モテキ』も配信されています。ドラマ版は1話330ポイント、映画版も330ポイント消費することで視聴できます。 初月無料体験に登録すると540ポイントの付与され、このポイントを本作の視聴に充てることも可能。映画であれば無料で視聴できるようになりますよ。

『モテキ』のあらすじ

ドラマ『モテキ』(2010)のあらすじ

三十路手前の藤本幸世(ふじもとゆきよ/森山未來)は、この年齢にして女性経験がなく非モテな草食男子。金もなく、夢もなく絶望した人生を送っていた幸世に、ある日突然「モテキ」がやってきます。 相手は、前の派遣先の同僚・土井亜紀(野波麻帆)、飲み会で知り合った照明助手の中柴いつか(満島ひかり)、幸世が人生で一番恋した小宮山夏樹(松本莉緒)、中学の同級生・林田尚子(菊地凛子)ら魅力あふれる女性たち。彼女たちとデートを重ね、訪れた「モテキ」に恋愛を成功させようと努力する幸世ですが……。

映画『モテキ』(2011)のあらすじ

物語は、ドラマの1年後――。 ニュースサイトのライターとして正社員になった幸世(森山未來)に、再び「モテキ」が訪れます。仕事で知り合った編集者の松尾みゆき(長澤まさみ)、みゆきの友人である枡元るみ子(麻生久美子)、子持ちホステスの愛(仲里依紗)、同僚の唐木素子(真木よう子)など新たな女性たちとデートを重ねることに。 みゆきに想いを寄せつつも、彼氏がいるとのことでなかなか前に進めません。そんな中、るみ子と一夜をともにしてしまったり、愛や素子に心が揺れたり………。果たして、非モテ草食男・幸世の恋の行方は!?

主な登場人物&キャストを紹介

藤本幸世/森山未來

本作の主人公・藤本幸世は、生まれてこのかたモテたことのないアラサーの草食男子。突然やってきた「モテキ」に戸惑いながらも、異性との交遊を重ねていきます。自分に自信がなく、恋愛経験もほぼゼロなので、異性とせっかくいい雰囲気になってもなかなか上手くいきません。 そんな幸世役をドラマ、映画共に演じているのは、俳優の森山未來です。ドラマ『ウォーターボーイズ』や映画『世界の中心で、愛をさけぶ』で注目を浴び、様々なドラマや映画に出演。舞台やダンスなど、様々なシーンで活躍をみせ、2020年には海外作品映画『オルジャスの白い馬』のカイラート役で海外初主演を飾りました。

中柴いつか/満島ひかり

カメラマンの照明助手・中柴いつかは、ドラマ版のヒロインの1人。ピュアで元気な性格の持ち主で、飲み会で幸世と知り合い、音楽などの趣味も似ていることから気の置けない友人となりました。幸世の同級生の島田(新井浩文)に片想いしています。 いつか役を演じるのは、女優の満島ひかりです。女性ユニット「Folder5」の前身「Folder」のメンバーとしてデビュー。グループの活動停止後、本格的に女優業をスタートさせ映画『愛のむきだし』で注目を浴びます。映画『駆込み女と駆出し男』、ドラマ『カルテット』など様々な作品に出演する人気女優です。

松尾みゆき/長澤まさみ

映画のメインヒロインとなる松尾みゆきは、雑誌「EYESCREAM」の編集者。Twitterで幸世とやり取りをしたことをきっかけに彼と関わるようになり、幸世から好意を寄せられます。本人は、オーガナイザーである山下ダイスケ(金子ノブアキ)と不倫関係にあります。 みゆき役を演じるのは、女優の長澤まさみです。映画『世界の中心で、愛をさけぶ』では、森山未來と共演していて、この作品をきっけに映画やドラマに引っ張りだこに。ミュージカル『キャバレー』への出演、アニメ『コクリコ坂から』『君の名は。』で声優に挑戦するなど、様々な分野で活躍しています。

新語・流行語大賞にもノミネートされた『モテキ』の見どころ

流行をつかんだ笑いと胸キュン!そして音楽

本作のドラマと映画が公開されたころ、「草食系男子」という恋に奥手な男子が流行っていました。それを主人公にした『モテキ』は、当時の若者の笑いのツボに見事ハマったのです。コミカルなシーンだけでなく、恋愛の場面では女性も共感できるようなキュンとしてしまうセリフや仕草も。 さらに、作品を彩る「フジファブリック」をはじめとするアーティストたちのキャッチ―な音楽も話題となりました。物語の中にはミュージカル調の場面も組み込まれていて、またそれが面白い!一度作品を観たことがある人も、ぜひ音楽にも注目して観てみてくださいね。

ドラマも映画も!豪華なキャストが集まった『モテキ』

ストーリーの面白さだけでなく、魅力的なキャラクターを演じた豪華な俳優たちも本作の見どころの一つ。 ドラマと映画両方で主演を務めた森山未來をはじめとし、ドラマ版ヒロインに野波麻帆、満島ひかり、松本莉緒、菊地凛子、映画版ヒロインに長澤まさみ、麻生久美子、仲里依紗、真木よう子と、ドラマ版・映画版どちらをとっても引け劣らないキャスト陣が揃いました。 また新井浩文、リリー・フランキーらがドラマと映画両方に続役で共演。キャストだけでも観たくなる作品です。

この作品も無料で観られる!おすすめの類似作品

森山未來も出演!映画『フィッシュストーリー』

森山未來の出演している作品が気になる人におすすめしたいのは、映画『フィッシュストーリー』です。本作は人気作家・伊坂幸太郎の原作小説を映画『決算!忠臣蔵』の中村義洋監督が実写映画化した作品。 彗星激突による地球滅亡まで残り5時間!その中で起こる音楽の奇跡を描いた本作。森山未來をはじめ、伊藤淳史、高良健吾、多部未華子、濱田岳など注目の俳優が多数出演していることでも話題となりました。音楽と奇想天外な物語は『モテキ』にも通ずるものがあるので、ぜひチェックしてみてください!

長澤まさみがヒロインの感動ラブコメ映画『50回目のファーストキス』

長澤まさみが、映画『50回目のファーストキス』でも可愛らしいヒロインを好演しています。本作はコメディ映画の鬼才・福田雄一が、リメイクという形で初めてラブストーリーを手掛けた作品。2004年に公開されたハリウッド映画の日本版リメイクです。 1日で記憶をなくしてしまうヒロインとプレイボーイの青年の、切なくも笑えるラブストーリー。山田孝之が主演を務めるほか、ムロツヨシや佐藤二郎など福田組の面々が物語の良いスパイスとなっています。

大根監督が手掛けた映画『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』

大根監督作品をもっと観たい人におすすめなのでが、映画『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』。この長いタイトルの本作は渋谷直角(しぶやちょっかく)原作の漫画を、妻夫木聡と水原希子のW主演で実写映画化した作品です。 奥田民生を崇拝する青年と美人で小悪魔なヒロインが繰り広げる、前途多難なラブコメディが描かれています。作中には奥田民生の曲が散りばめられ、物語を鮮やかに彩るなど、音楽も楽しい作品です。

『モテキ』のフル動画は配信サービスで無料で観よう【映画&ドラマ】

ここまで、『モテキ』の映画とドラマを視聴できる動画配信サービスなどについて紹介してきました。 草食系男子の奮闘する姿を通して、恋をすることの嬉しさや勇気がもらえる作品です。ぜひ動画配信サービスで視聴してみてはいかがでしょうか。