2020年3月2日更新

『BanG Dream!(バンドリ)』メインキャラ&声優キャストを一挙紹介!【可愛い音楽ガチ勢】

バンドリ サムネイル

「バンドリ」を、単に女の子がバンドをやる話を扱った作品だと思っていませんか。違います、バンドに対する取り組み方がかつてないほど本気なのです。彼女たちがどんなバンドを作り、どう本気で取り組んでいるのか、演じる声優とともに紹介していきます。

目次

まずは「バンドリ」についておさらい!音楽への取り組みは他作品を圧倒

『BanG Dream!』、通称「バンドリ」は、ブシロードが企画するメディアミックスプロジェクト。「ガルパ」と呼ばれるリズムゲームを中心に、コミカライズやアニメ、ライブなどを展開しています。その人気は衰えることなく、ブシロードの一大コンテンツにまで成長してきました。 「バンドリ」において特徴的なのが、作中のバンドが実際にライブを行う点。この企画は、バンド活動する女子高生たちの物語を主軸に据えています。アニメや漫画に登場するキャラを演じる声優が、実際に演奏するのです。 企画の要である楽曲面には、音楽クリエイターチーム「Elements Garden」を採用するなど、力を惜しみなく注いでいます。声優陣の人選も、当初から楽器のできる者を前提にキャスティング。キャラクターと音楽の融合によるシナジーによって、確実にファンを勝ち得てきました。 アニメは2017年に第1期、2019年に第2期が放送されており、2020年1月より第3期が放送されています。

「バンドリ」のあらすじを解説!キラキラドキドキを求めて音楽の世界へ

本作は、「大ガールズバンド時代」と呼ばれる時代に生きる女子高生たちのお話。主人公は子供の頃、満天の星を見上げたときに、「星の鼓動」を聞きます。以来、そのときに感じた「キラキラドキドキ」を探し求めていました。 高校生となり、ガールズバンドのライブを見た主人公は、バンドなら「キラキラドキドキ」できると確信。メンバーを集めてバンドを結成し、ライブ経験を積み重ねながら成長していく物語です。 このようなストーリーであることから、作中には多くのバンドが登場します。また、ガールズバンドが時代の中心にあるため、キャラはみな女性でバンドも当然ガールズバンド。登場するバンドが全て5ピースバンドなのも大きな特徴です。 以下、作中に登場するガールズバントと、そのメンバーたちを紹介していきます。

【Poppin'Party(ポッピンパーティー)】

学校の同級生5人で結成されたバンド

通称「ポピパ」。本作の主人公が結成したバンドで、「バンドリ」における中心的存在の1つ。花咲川(はなさきがわ)女子学園高等部の同級生5人で結成されたバンドです。 ちなみに、メンバーの苗字は、東京都新宿区内の地名が由来となっています。

戸山香澄(とやまかすみ)/CV:愛美(あいみ)

戸山香澄(とやまかすみ)は本作の主人公で、ポピパのリーダーを務めています。担当パートはボーカル/リズムギター。明るくポジティブで、思い立ったら即行動するタイプで、よく周りを振り回しがちです。 香澄のギターは星型のようなボディ形状が特徴的。このタイプは「ランダムスター」と呼ばれ、ハイエンドギターブランドESPの実際のシリーズラインの1つです。なお、ESPは彼女のモデルを発売しています。 声を務める愛美は、「バンドリ」が企画されるきっかけとなった声優。彼女のギター演奏が目に留まり、ここまでのプロジェクトとなったのです。

花園たえ(はなぞのたえ)/CV:大塚紗英(おおつかさえ)

花園たえはポピパのリードギターを任される実力派。あだ名は「おたえ」。ギターは技巧派ですが、性格はマイペースで、時折予想外のことをしでかす天然キャラ。 たえのギターも「スナッパー」と呼ばれるESPが作るギターシリーズの1つ。香澄と同じく、彼女のモデルが販売されています。 担当声優の大塚紗英(おおつかさえ)は、幼少期から作曲を行い、路上ライブの経験もあるほどの実力者。この「バンドリ」がきっかけとなり、エレキギターと声優の仕事を始めました。

牛込りみ(うしごめりみ)/CV:西本りみ

牛込りみ(うしごめりみ)はポピパのベース担当であり、バンドの作曲担当。「りみりん」の愛称で呼ばれています。人前に出るのが苦手だったため、最初はポピパ加入を断っていました。 先の2人同様、りみのベースもESPが手掛ける「ヴァイパー」と呼ばれるシリーズの1本。ピンクのボディにチェック柄のピックガードが特徴的です。 りみ役の西本りみは、「バンドリ」に抜てきされたことによって、本格的に声優活動を始めています。なお、りみ役となるまではベースはほぼ未経験者でした。

山吹沙綾(やまぶきさあや)/CV:大橋彩香(おおはしあやか)

山吹沙綾(やまぶきさあや)はポピパのドラムス。香澄の良き相談相手で、バンドのまとめ役です。実家はパン屋の「やまぶきベーカリー」を営んでいます。ドラム経験者ですが、家の事情でドラムから距離を置いていました。 作中のドラムセットは全て、有名ドラムメーカーPearl製のもの。基本的なセット構成に、チャイナシンバルを1枚加えています。 沙綾の声を演じる大橋彩香(おおはしあやか)は、ポピパメンバーの中では最も経験のある声優。「デレマス」の島村卯月(うづき)役は、あまりにも有名でしょう。

市ヶ谷有咲(いちがやありさ)/CV:伊藤彩沙(いとうあやさ)

市ヶ谷有咲(いちがやありさ)はポピパにおいて、キーボードを担当しています。「Poppin'Party」の名付け親で、ポピパの練習場所は彼女の家の蔵。バンド内ではツッコミ役で、バンドリ2大ツンデレの1人でもあります。 趣味の盆栽を売って手に入れたキーボードは、RolandのJUNO-DSと呼ばれるもの。ライブでも同機種が用いられています。 有咲を演じる伊藤彩沙(いとうあやさ)は、オーディションを勝ち上がり、『ふたりはミルキィホームズ』でデビュー。『スロウスタート』の百地(ももち)たまてや、「レヴュスタ」の花柳香子(はなやぎかおるこ)も演じています。

【Afterglow(アフターグロウ)】

幼なじみ5人で結成されたバンド

羽丘女子学園高等部に通う幼なじみ5人で結成されたバンド。夕焼けを意味するバンド名は、5人の関係がいつまでも仲良く続いてほしいという願いの証です。略称は特にありませんが、アニメ内では花園たえが「アフロ」と呼んでいました。

美竹蘭(みたけらん)/CV:佐倉綾音(さくらあやね)

美竹蘭(みたけらん)はAfterglowのボーカル/リズムギター担当。曲の作詞作曲も手掛けます。 口ぐせは「いつも通り」。恥ずかしがり屋ですぐ照れてごまかしますが、仲間思いで5人の関係を大切にしています。バンドリ2大ツンデレのもう1人。 蘭役を演じるのは、言わずと知れた人気声優の佐倉綾音(さくらあやね)です。代表作は「ごちうさ」のココアから「俺ガイル」の一色いろはなど、数えたらキリがありません。ライブでは、ボーカル役の彼女のみが出演します。

青葉モカ/CV:三澤紗千香(みさわさちか)

青葉モカはAfterglowのリードギターを担当しています。 特徴的なしゃべり口調でマイペースですが、実際は冷静沈着。蘭との付き合いが一番長いため、彼女をよくフォローしています。「やまぶきベーカリー」の常連で、学校の先輩のリサとはバイト先が一緒です。 ゆるいモカの声を担当しているのは、三澤紗千香(みさわさちか)。『アクセル・ワールド』の黒雪姫役で知られる彼女は、『俺を好きなのはお前だけかよ』のコスモス会長の声も演じています。

上原ひまり/CV:加藤英美里(かとうえみり)

上原ひまりはAfterglowのベースを担当するバンドリーダーです。 今どきの女子高生らしい明るい性格で、バンド内のムードメーカー。屈指のナイスバディですが、太りやすいらしく、逆に太りにくいモカに嫉妬しています。その他、ハロハピの薫の大ファンです。 ひまり役の加藤英美里(かとうえみり)は、キャリア豊富な中堅女性声優です。「物語」シリーズの八九寺真宵(はちくじまよい)をはじめ、数々の主役級を務めてきました。 「グラブル」では、複数キャラを演じると同時に、同作の“ガチ勢”プレイヤーとしても有名です。

宇田川巴(うだがわともえ)/CV:日笠陽子(ひがさようこ)

宇田川巴(うだがわともえ)はAfterglowのドラム担当です。 さっぱりした性格で、考えるよりも行動する方が早いタイプ。男勝りで負けず嫌いでもあり、蘭とは意見の食い違いでぶつかることもしょっちゅう。妹のあこは、Roseliaで同じくドラムを担当しています。 巴の役を務める日笠陽子(ひがさようこ)もまた、実力派。「けいおん」の秋山澪(みお)でのブレイク以来、人気声優として走り続けています。

羽沢つぐみ(はざわつぐみ):金元寿子(かねもとひさこ)

羽沢つぐみはAfterglowのキーボード担当です。 個性的なメンバーの中では一番普通ですが、バンド結成のきっかけを作っています。没個性な自分にコンプレックスを感じていますが、実際はバンド一の努力家です。あだ名は「つぐ」で、実家は喫茶店の「羽沢珈琲店」。 つぐの声は、声優の金元寿子(かねもとひさこ)が吹き込んでいます。「イカ娘」や「ガルパン」のカチューシャなど、出演作多数。“プリキュア声優”でもあり、「スマプリ」ではキュアピース/黄瀬やよい役を務めました。

【Pastel*Palettes(パステルパレット)】

同じ事務所に所属するアイドル5人で結成されたバンド

略称は「パスパレ」。同じ芸能事務所に所属するアイドル5人で結成されたバンドです。5バンドの中で唯一、商業バンドとしてメジャーシーンで活動しています。

丸山彩(まるやまあや)/CV:前島亜美(まえしまあみ)

丸山彩(まるやまあや)はパスパレのボーカル兼リーダーを担当しています。 香澄たちの学校の先輩で、紗夜や燐子とは同級生。華やかな見た目によらず努力家で、本番前にMCで言うことも決めてくるほど真面目。頭に「まんまるお山に彩りを」と付けて自己紹介します。 彩役の前島亜美(まえしまあみ)は、彼女で本格的にデビューした声優。アイドルグループ「SUPER☆GIRLS」の元メンバーでもあります。これからが期待される若手声優の1人です。

氷川日菜(ひかわひな)/CV:小澤亜李(おざわあり)

氷川日菜(ひかわひな)はパスパレのギター担当です。 蘭たちの学校の先輩で、生徒会長も務めています。Roseliaの紗夜は双子の姉。何でも上手くやってしまう天才肌の持ち主で、真逆の彩には容赦ありません。よく言う「るんっ♪」という擬音は、非常に感覚的であるため、なかなか理解されないでいます。 日菜の声を担当するのは、声優の小澤亜李(おざわあり)。『月刊少女野崎くん』の佐倉千代や『がっこうぐらし!』の恵飛須沢胡桃(えびすざわくるみ)など、人気作品に多数出演しています。

白鷺千聖(しらさぎちさと)/CV:上坂すみれ

白鷺千聖(しらさぎちさと)はパスパレのベースを担当しています。 香澄たちの先輩にあたり、メンバーの彩は同級生です。リアリストで、できないことはできるようにするまで努力を積み重ね続けるタイプ。幼なじみで天才タイプの薫には厳しく当たります。同級の花音とは仲が良く、本音で話せる数少ない友人の1人。 白鷺千聖役は上坂すみれが担当しています。有名な役としては、「中二病」の凸守早苗(でこもりさなえ)や、「艦これ」の吹雪などでしょう。ロシア語が堪能で、「ガルパン」のノンナなどのロシア人役も多く担当しています。

大和麻弥(やまとまや)/CV:中上育実(なかがみいくみ)

大和麻弥(やまとまや)はパスパレのドラムスを担当しています。 羽丘女子学園高校に通っており、Roseliaの友希那はクラスメイト同士。重度の機材オタクで、音響機材の話となると我を忘れて夢中で話し始めます。 普段はメガネをかけていますが、外した時のビジュアルの良さは千聖のお墨付き。なお、上から読んでも下から読んでも「やまとまや」です。 麻弥に声を与えている声優は、中上育実(なかがわいくみ)。この人と言えばもちろん、「ガルパン」の秋山優花里(あきやまゆかり)役でしょう。秋山殿同様、オタク気質の演技に定評があります。

若宮イヴ/CV:秦佐和子(はたさわこ)

若宮イヴはパスパレのキーボードを担当しています。 日本とフィンランドのハーフで、香澄のクラスメイト。日本の「ブシドー」にあこがれる日本文化愛好家で、茶道部や華道部などを兼部しています。「羽沢珈琲店」でバイトするなど、なにかと多忙です。 ハーフキャラのイヴを演じているのは、声優の秦佐和子(はたさわこ)。元SKE48という異色の経歴の持ち主で、当時は声優選抜の1人として『AKB0048』に出演。 卒業してからは、『このはな綺譚』の皐(さつき)役などを担当しています。

【Roselia(ロゼリア)】

作中における人気バンド

「バンドリ」における、もう1つの中心的存在であるバンド。バンド名は、バラとツバキの英名、「Rose」と「Camallia」を合わせた造語です。 作中における人気バンドで、ポピパにとっての、追いかけるべき当面の目標でもあります。

湊友希那(みなとゆきな)/CV:相羽あいな(あいばあいな)

湊友希那(みなとゆきな)はRoseliaのボーカル兼リーダー。全ての楽曲の作詞作曲を担当しています。 真っ直ぐで、一度信じたものは疑わず、それゆえに周りが見えなくなりがち。音楽一辺倒できているため、世間知らずなところがあり、家事もさっぱり。仲間思いでもあり、最近は練習以外の交流にも積極的です。 芯の強い友希那は、相羽あいな(あいばあいな)が声優を務めています。女優や声優だけでなく、プロレスラーデビューもしているという、一風変わったキャリアの持ち主。友希那役として、精力的にライブを行っています。

氷川紗夜(ひかわさよ)/CV:工藤晴香

氷川紗夜(ひかわさよ)はRoseliaのギター担当。正確無比なプレイスタイルで魅せます。ギターは、指板にバラのインレイが入ったESPの「M-Ⅱ」シリーズモデルです。 日菜の双子の姉で、燐子や彩と同級生。生真面目で、何もするにも一切妥協しないため、神経質な一面も。友希那と同じようにメンバーともっと向き合おうとしており、バンドを支えています。 そんな繊細な紗夜の声は、工藤春香が演じています。2005年の「ハチクロ」花本はぐみ役で声優デビュー。これ以降、事務所を変えるなどしながら、アニメやゲームで活躍しています。

今井リサ/CV:中島由貴(なかしまゆき)

今井リサはRoseliaのベースを担当しています。友希那の幼なじみで、彼女が絶対的な信頼を寄せる存在。ベースはESPの「ボトムライン」シリーズのカスタムモデルで、紗夜と同じバラのインレイ入り。 社交的で友達が多く、オシャレや流行に詳しい今どきの女子高生。面倒見がよいこともあり、ロゼリアにおける精神的支柱となっています。ギャル風の見た目に反し、料理や編み物もできる高い女子力も見逃せません。 ロゼリアの“お母さん”とも言うべきリサの声は、中島由貴(なかしまゆき)が担当。声優ユニット「アース・スター・ドリーム」の元メンバーでもあります。 引き継いだリサ役のほか、「デレマス」の乙倉悠貴(おとくらゆうき)などでも活躍中です。

宇田川あこ/CV:櫻川めぐ

宇田川あこはRoseliaのドラムを担当しています。加入を何度も頼み込み、実力を認められた後にメンバーとなりました。 巴の妹で、ロゼリアの最年少メンバー。友希那の歌声に魅せられ加入しましたが、同じくらい姉にもあこがれています。リーダーや姉の持つ「かっこよさ」を追い求めていますが、中二病じみた方向にずれることも多々。燐子と仲が良く、彼女にはよく発言を通訳してもらっています。 あこの声は、歌手であり声優の桜川めぐが熱演。アニメ出演は少ないものの、『ワガママハイスペック』の桜木・R・アーシェ役などを演じています。 アーティストメインの彼女にとって、あこは適役でしょう。

白金燐子(しろかねりんこ)/CV:志崎樺音(しざきかのん)

白金燐子(しろかねりんこ)はRoseliaでキーボードを担当。小さい頃からピアノを弾いてきたため、確かな実力を持っています。また、あこのサポート役や衣装担当として不可欠の存在です。 花咲川の生徒会長を務めていますが、おとなしく、りみ以上に引っ込み思案。一方で意志が強く、1つのものを徹底的に極めるタイプです。年下のあことは、一緒にオンラインゲームで遊ぶほど仲良し。 燐子役は、明坂聡美(あけさかさとみ)に代わり、志崎樺音(しざきかのん)が担当することに。後任のオーディションで見事抜てきされ、声優デビューを果たします。 ライブではピアノで培われた実力が発揮されることでしょう。

【ハロー、ハッピーワールド!】

世界を笑顔にすることを目的とするバンド

「ハロハピ」の愛称で呼ばれています。リーダーであるこころが掲げた、「世界を笑顔にする」を目的として活動するバンドです。 5つのバンドの中で唯一キーボードがいなく、代わりに着ぐるみDJを置いています。

弦巻こころ(つるまきこころ)/CV:伊藤美来(いとうみく)

弦巻こころはハロハピのボーカル兼リーダーを担当しています。 「花咲川の異空間」の異名を持つ、ハイテンション系不思議ちゃん。“同系統”の香澄とは気が合うもの同士です。同じくメンバーの薫、はぐみとともにハロハピの3バカの一角を担っています。家がとんでもなくお金持ちで、その財力は、彼女の絵空事を実現させてしまうほど。 こころ役を担当するのは、人気声優の伊藤美来(いとうみく)。『五等分の花嫁』の中野三玖(みく)など、着実にキャリアを積み上げています。 デビューでもある「ミリマス」七尾百合子や、「プリコネ」のコッコロも忘れてはいけません。

瀬田薫(せたかおる)/CV:田所あずさ

瀬田薫(せたかおる)はハロハピのギターを担当しています。 美男子のような見た目から、女子から高い人気を得ています。演劇部所属のせいか、一挙手一投足がいちいち芝居臭く、都合が悪いとごまかすことも。幼なじみの千聖からは、今のキャラクターが気に入らないと辛辣(しんらつ)。ハロハピの3バカの1人でもあります。 薫の声は、田所あずさが演じています。「アイカツ」の霧矢あおい役や「すかすか」のクトリ役などをこれまで演じてきました。

北沢はぐみ/CV:吉田有里(よしだゆーり)

北沢はぐみはハロハピのベース担当。 香澄のクラスメイトで、ハロハピ3バカの最後の1人。家は肉屋の北沢精肉店。ボーイッシュな見た目ですが、ハロハピで一番女の子らしいと言われています。ですが、自身はその見た目がコンプレックスとなっている様子。 はぐみ役を任されたのは、吉田有里(よしだゆーり)。『未確認で進行形』の三峰真白(みつみねましろ)役として、強烈なインパクトを残しています。

松原花音(まつばらかのん)/CV:豊田萌絵(とよたもえ)

松原花音(まつばらかのん)はハロハピのドラム担当です。 クラスメイトの千聖とは仲が良く、彩と同じファーストフード店でバイトしています。ハロハピにおける常識人側の1人。我の強いメンバーをまとめるのに苦労しており、その点でこころのカリスマ性を尊敬しています。内気で弱気になりがちですが、実は一番肝が据わっているとも。 花音の声を担当する豊田萌絵(とよたもえ)は、こころ役の伊藤美来と同期。同じ事務所で同じユニットを組んでいるなど、ここまで共に歩んできました。 代表作は、『響け!ユーフォニアム』の川島緑輝(かわしまさふぁいあ)や、「人生」の九条ふみなど。

ミッシェル(奥沢美咲)/CV:黒沢ともよ

くまの着ぐるみを着たDJ。見た目も大きく、インパクト抜群です。 ハロハピのもう1人の常識人。“中の人”は、こころのクラスメイトの奥沢美咲(おくさわみさき)。 商店街のマスコットを着てバイトしていたところをこころにスカウトされ、そのままメンバーに。一度はメンバーに正体を明かすも、花音以外はミッシェル=美咲と理解できませんでした。以来3バカは、美咲は「ミッシェルの中の人」担当で、ハロハピは6人メンバーだと認識しています。 ミッシェルは、声優の黒沢ともよが声を担当しています。「デレマス」の赤城みりあや「ゆゆゆ」の犬吠埼樹(いぬぼうさきいつき)、『響け!ユーフォニアム』の主人公黄前久美子(おうまえくみこ)などで有名です。

『BanG Dream!(バンドリ)』はもはやアニメの枠を越えた一大音楽プロジェクト!

「バンドリ」という作品を彩る個性的なバンドたち。彼女たちのそれぞれのキャラクターが、バンドの“色”を作り上げています。 本作の人間関係もまた、そのバンドが基本単位。バンド内におけるメンバーの関係性を見るのが、本作の楽しみの1つです。 ただ、それだけに収まらないのが「バンドリ」。学校ではクラスメイトだったり、よく行くパン屋や肉屋で出会ったり、バイト先が一緒だったりなど、バンドの枠を超えたキャラたちの違った一面を垣間見ることができるのです。 そして、ポピパやロゼリアのように、本物のバンドとしてライブを楽しめるのも魅力でしょう。彼女たちの練習量は、普通のバンド同様並かそれ以上。ポピパやロゼリアのメンバーは基本、他作品に出演せず、「バンドリ」1本に専念しています。 このプロジェクトは、単に声優がバンド活動やってみたという規模を大きく越え、今や一大音楽プロジェクトにまで成長しています。