2020年3月18日更新

アニメに登場するうさぎキャラを一挙紹介!【集まれうさちゃんず】

うさぎ アニメ サムネイル

本記事では、アニメ作品で活躍するうさぎのキャラクターを紹介していきます。可愛いキャラから、イケメンなキャラまで……バリエーションに富んだうさぎキャラの中から、あなたのお気に入りを探してみましょう。

目次

癒し効果抜群!魅力満点なうさぎキャラクターたちを紹介

くりくりした瞳、どこか幼さを残した愛くるしい顔つき、キュートな長い耳。どこから見ても可愛いうさぎは、眺めていると癒されますよね。ペットとしても人気が根強いうさぎは、猫や犬とはまた違った魅力を持っています。 本記事では、そんなうさぎをイメージしたアニメキャラクター達を一挙紹介。アニメで活躍するうさぎキャラクターは、意外と多いです。世界的にも有名なキャラから、日本のアニメに登場するキャラまで、本記事で解説していきます。

おなじみのうさぎキャラを一挙紹介!うさちゃん界の重鎮たち

ミッフィー

日本で「うさこちゃん」という名で呼ばれることもあるミッフィー。実はオランダでは、「ナインチェ・プラウス」という名で親しまれているのを知っていましたか? ミッフィーはいたずら好きな一面もありますが、正義感が強く純真な心を持ったうさぎの女の子です。普段から着ている丸襟のワンピースと、「×」の口元がトレードマーク。1955年に出版された絵本で初めて登場してから、ミッフィーは世界中の子供たちに愛されています。

マイメロディ/クロミ

マイメロディとクロミは、うさぎをモチーフにしたサンリオの人気キャラクターです。実はマイメロディは初登場時「赤ずきんちゃん」と呼ばれていました。1976年には現在の名前に改名し、生誕30周年となった2005年には『おねがいマイメロディ』というタイトルでアニメ化。このアニメにおいて、クロミが悪役として初登場しました。 ピンク可愛いマイメロディと、小悪魔っぽさが魅力のクロミは対照的な存在。どちらも女児のみならず、大人の女性からも高い人気を得ています。

ウサハナ

ウサハナは、2000年に登場したサンリオのうさぎキャラクターで、名前は「ハナちゃん」です。夏が大好きな元気いっぱいの女の子で、耳や手足に様々な色が入ったカラフルな体をしています。 将来の夢はバレリーナで、お菓子作りや耳飾りのコレクションを趣味とするなど、女の子らしさがとても可愛いですね。2006年10月~12月には、ハナちゃんの学園生活を描いたアニメ『ウサハナ 夢見るバレリーナ』が放送されました。

バッグス・バニー

バッグス・バニーは、ワーナー・ブラザースのアニメ作品「ルーニー・テューンズ」のうさぎキャラクターです。作中でも特に有名なキャラクターで、ワーナー・ブラザースのマスコットキャラ的存在になりました。 彼の口癖は、日本では「どったのセンセー?(What's Up Doc?)」というフレーズで親しまれています。いつも明るくて頭が良く、ユーモアに富んだ彼の一挙一動は観ていて飽きません。

ピーター・ラビット

ピーター・ラビットは、イギリスの絵本作家・ビアトリクス・ポターによって生み出されたうさぎの男の子。やんちゃなピーター・ラビットは、お母さんの言いつけを守らずにマグレガーさんの畑に侵入し、野菜を沢山食べてしまいます。 マグレガーさんに見つかったピーターは命からがら逃げだしますが、母に貰った青い上着と靴を農場に忘れてしまいました。愛くるしい絵柄で語られる物語は、1902年に絵本が出版されてから現在にかけて世界中で大人気です。

ウサビッチ

日本のアニメ『ウサビッチ』に登場するプーチンとキレネンコは、どちらも囚人です。1961年、ソビエト連邦時代のロシアで2羽が獄中生活を送っているところから物語は始まります。 元マフィアのボスでキレ者なキレネンコと、少し抜けてて苦労人なプーチンの掛け合いは、爆笑必至。キャラクターが台詞を喋る事はほとんどありませんが、映像が丁寧に作り込まれてわかりやすいストーリーなので、気軽にサクサク観る事が出来ます。

キングカズマ/『サマーウォーズ』

キングカズマは、2009年8月に公開された細田守監督の映画『サマーウォーズ』に登場。中学1年生の少年・池沢佳主馬(いけざわかずま)がインターネット上の仮想世界OZ(オズ)で操っているうさぎ型のアバターです。ゴーグルと赤い上着を身につけており、強そうなキリっとした目つきやスラリとした身長が特徴。 キングカズマはゲーム内で高い戦闘能力を誇っており、格闘世界チャンピオンにも登りつめています。そのためOZでは非常に有名人で、キングカズマが登場すると周りのユーザーが歓喜や応援のメッセージを送るほどです。 ゲーム内で自在に攻撃を繰り出して闘うキングカズマは、イケメン度高し!劇中では途中で容姿が変わっており、人工知能プログラム・ラブマシーンと再戦した際には金髪姿になりました。

兎人参化(とにんじんか)/『ドラゴンボール』

鳥山明原作の『ドラゴンボール』に登場する兎人参化(とにんじんか)は、ならず者集団「ウサギ団」の団長です。悟空たちが「ウサギ団」のメンバーを数人倒したことで、兎人参化自ら報復するために姿を現します。 最初は弱そうな見た目の人参化を見下す悟空たちでしたが、彼に触られたブルマは人参に変身してしまいました。触れた相手を人参にしてしまうというのは、なんともウサギらしい攻撃です。 人参となったブルマを人質にとる人参化。しかし、陰から見ていたプーアルが鳥に変身して人参を奪い返し、ヤムチャも加わった事で形勢は逆転しました。ブルマは術が解けて元通りになり、代わりに人参化は悟空によって月送りとなってしまいます。サングラスをかけた悪役ですが、どこか憎めない風貌のキャラクターです。

キャロット/『ONE PIECE』

尾田栄一郎が手掛ける『ONE PIECE』に登場する、ミンク族のウサギ美少女・キャロット。彼女はモコモ公国の優秀な戦士で、「王の鳥」という役職に就いています。白い繊毛に覆われた体で、髪型は金髪のボブカットです。しかしそんな可愛い見た目とは裏腹に、戦闘時には爪が出たグローブを着用し、ミンク族特有の「エレクトロ」という電撃系攻撃を発揮します。 また、ウサギならではの高い跳躍力や視力を持っており、戦闘を有利に運びます。キャロットの大好物は何と言っても人参で、自分の人参を奪った相手に対しては容赦しません。島の外を見たくてルフィたちの船にコッソリ乗るほど好奇心旺盛だったり、仲の良い相手には甘嚙みする癖があるなど、可愛い一面を沢山見せてくれるキャラクターです。

ナナチ/『メイドインアビス』

つくしあきひとの『メイドインアビス』は、冒険ファンタジーがテーマの作品です。ナナチはウサギの様な長い耳が特徴の半獣人で、全身に体毛が生えています。主人公のリコとレグは、アビスの深界4層でナナチと出会いました。“んなぁ〜”が口癖で、男性的な喋り方をするなど不思議な魅力があるキャラクターです。 元々外国のストリートチルドレンだったナナチは、アビスに連れて来られて人体実験させられてしまいます。その結果ナナチは「成れ果て」と呼ばれる存在になり、友人だったミーティも異形の存在となりました。ナナチはミーティを救う手掛かりを探すため、アビス内を探索するようになります。

ティッピー/『ご注文はうさぎですか?』

ティッピーは、アニメ『ご注文はうさぎですか?』に登場するメスのアンゴラウサギです。実は「ティッピー・ゴールデンフラワリー・オレンジペコ」という立派な名前が付いています。 喫茶店「ラビットハウス」で飼われており、可愛い見た目に反して男性の声で人語を喋ります。表向きはチノの腹話術で喋っている……という事になっていますが、実は話しているのはチノの祖父。「ラビットハウス」のオーナーだった祖父が亡くなった時、ティッピーに祖父の人格が乗り移ったのです。 見た目からは想像がつかないダンディーな声はインパクト大。一頭身でいつもチノの頭の上に乗っており、もふもふした見た目は思わず触りたくなります。

うさぎが愛されるのは万国共通!あなたの一番のお気に入りは誰?

以上、様々なアニメに登場するうさぎキャラクターを紹介しました。紹介したキャラの中でもミッフィーやピーター・ラビットなどは世界的に著名であり、うさぎは万国共通で子供たちから愛されているキャラクターである事がわかります。 もちろん子供だけでなく、大人も夢中にさせるうさぎキャラクターたち。『サマーウォーズ』に登場するイケメンうさぎのキングカズマや、『ONE PIECE』に登場する美少女のキャロットなど、どのうさぎキャラもそれぞれ底抜けな魅力を持っています。