2021年12月27日更新

NHKオンデマンドを料金無料で視聴する裏技を紹介!【見逃し作品も過去作も見放題】

話題の朝ドラや大河ドラマ、年末の風物詩である紅白歌合戦など、良質なNHK番組を多数配信しているNHKオンデマンド。見逃し配信や、もう1度見たい!と思っても、ちょっと登録料が高いな……と利用をためらっている人も多いのでは。 この記事では、そんなNHKオンデマンドを無料で利用する裏技や口コミなどを徹底紹介していきます! ※本記事に記載されている情報は2021年12月現在のものです。

NHKオンデマンドとは?基本情報を紹介

NHKオンデマンド UNEXT LP スクショ
月額料金 無料期間 見放題作品数
990円(税込) なし 約7,000本以上
ラインナップのここが魅力!
  • 朝ドラや大河ドラマをはじめとする良質なドラマ作品
  • 紅白歌合戦からドキュメンタリーまで幅広いコンテンツ

おすすめポイント

  • テレビ好き大満足の質の高さ
  • ドラマからバラエティまでジャンルが幅広い
  • ここでしか観れない番組の数々

注意点

  • ジャンルによっては過去番組が少ない
  • ダウンロード非対応

NHKオンデマンドとは、NHKの番組をスマートフォンやパソコン、タブレットなどで視聴できる有料の動画配信サービスです。月々約500本の番組が新しく配信されるほか、NHKで過去に放送されたさまざまな番組を豊富に楽しめます。 大河ドラマや朝ドラ、ドキュメンタリーなど、さまざまな作品がそろっていて、NHKの番組が好きな人には必見のサービスといえるでしょう。

NHKの契約はしていないけど観れる?受信料は取られるのか

NHKオンデマンドではNHK放送受信料は使っていません。そのため、NHKの受信料を払っていない人でも本サービスを利用することが可能です。 基本的には、「見逃し見放題パック」と「特選見放題パック」の2つの料金プランがあり、後者ではそれぞれの作品や番組を単品でレンタルすることもできます。 無料のユーザー登録をして会員IDを取得し、コンテンツを購入したい時に料金が発生するサービスです。

U-NEXTなら初月無料でNHKオンデマンドを利用できる!

NHKオンデマンド自体には無料でサービスを体験できる期間がありません。しかし、実はU-NEXTを経由すると最大1ヶ月無料になるという裏技が!(但しU-NEXT初回利用者に限る)。 その手順は以下の通りです。

NHKオンデマンドを無料で利用する裏技

  1. U-NEXT初回利用限定の無料体験に加入
  2. 同日中にU-NEXT経由でNHKオンデマンドに無料会員登録すると、1,000円分のU-NEXTポイントを獲得できる
  3. この1,000ポイントで、U-NEXTのサイト内からNHKオンデマンドの「まるごと見放題パック」(月額税込990円)を購入
  4. 1ヶ月間の実質無料体験が可能に!

1つ注意しておきたいのが、この見放題パックの料金は日割りではなく月末までの月ごとの契約であるということ。 例えば1月31日に加入すると、2月1日からは新たに990円(税込)が発生することになります。そのため加入は月初めがおすすめです。

こんなに魅力的なんです!U-NEXTのメリットを紹介

上記の方法の場合、NHKオンデマンドはもちろん、経由しているU-NEXTの1ヶ月無料体験も一緒についてくるようなもの。ここではU-NEXTにどんな魅力があるのかを一部紹介します。

作品数が圧倒的!

U-NEXT 配信作品数

U-NEXTは、他のサービスに比べても圧倒的に多い作品数を誇っている、国内最大級の動画配信サービスです。 現在は、映画、ドラマ、アニメなどの動画の見放題作品数は22万本以上あり、新作などレンタル作品も非常に豊富です。

データダウンロード機能でオフラインでも視聴可能!

U-NEXT ダウンロード

U-NEXTのほとんどの作品は、利用中の端末(PCを除く)にダウンロードをすることが可能です。 そのため、移動中やWi-Fiのないオフライン環境でも自由に動画を視聴することができます。また、ダウンロードできる作品数に制限がありません。

最大4人まで子アカウントを作れる!

U-NEXT スクショ

たった1回の契約で、最大4つのアカウントを作成できることもU-NEXTの特徴の1つ。 パソコンやスマホ、テレビ、タブレット、ゲーム機と、様々な端末で利用することができるので、家にいる時と外出中で使い分けたり、家族や友人とシェアすることもできます。

AmazonプライムビデオよりU-NEXT経由がおすすめ!その理由は?

U-NEXTと同じように、Amazonプライムビデオ経由でもNHKオンデマンドの動画を視聴することができます。 しかし、お得にサービスを楽しみたい人にはU-NEXTのほうがおすすめ。というのも、Amazonプライムでは上記で解説したような初回登録ポイントの付与がないため、実質無料体験ができないからです。 またAmazonプライムビデオ経由の場合、NHKオンデマンド単体での登録ができず、Amazonプライムビデオの月額利用料と合わせて支払う必要があります。 例えばAmazonプライムビデオを年間プランで支払っている場合は年間4,900円(税込)、月額にすると408円ですので、見放題パックの990円と合わせて月々1398円(税込)が発生することになります。こうした点でも、U-NEXTのほうがお得だといえます。

NHKオンデマンドを通常利用する方法

上記で説明したようにU-NEXTなどの他媒体を経由せず、NHKオンデマンドのサービス自体から動画を視聴する場合、月額の見放題パックと動画を都度購入するという2つの選択肢があります。

まるごと見放題パック【月額990円(税込)】

まるごと見放題パックを契約すると、テレビで放送された番組を放送日から2週間視聴することができます。また、放送されたドラマやドキュメンタリーなども視聴可能です。 こちらのプランはこれまであったNHK見逃し見放題パックと、NHK特選見放題パックが統合されたもので、過去にNHKで放送された7,000本以上の動画を楽しむことができます。月額990円で利用可能です。

個別購入【1本110円〜330円(税込)】

上記のパックの他にも、番組や作品を個別に単品で購入することもできます。購入した作品は、72時間以内であれば何度でも視聴可能です。 ドラマやドキュメンタリー、バラエティ番組などを1本あたり110円〜330円で購入することができます。

NHKオンデマンドの解約手続きの方法

前述の通り、NHKオンデマンドの利用料は月末までの月ごとの契約です。月初に解約しても日割りにはならず、その月の終わりまでの分の料金は発生します。その分月末まで視聴自体も可能なので、契約を終わりにしたい月中に解約手続きを済ませれば問題ありません。 以下では、NHKオンデマンド自体のサービスから登録した場合と、U-NEXT経由で登録した場合それぞれの解約方法を紹介します。

通常利用の場合

「まるごと見放題パック」の解約

  1. ログインし、マイページ内の「マイコンテンツ」を選択
  2. 「まるごと見放題パック」を選択
  3. 青字の「解約」をクリックし、指示される手順に従う
  4. 「解約手続きが完了しました」と表示されれば手続き完了

U-NEXT経由の場合

U-NEXT経由の解約

  1. U-NEXTのwebサイトにログイン
  2. メニューから「設定・サポート」を選択
  3. 「契約内容の確認・変更」を選択
  4. 「見放題パック(自動更新)」の下部にある「自動更新の解除」を選択。
  5. 自動更新を解除しますか?と出るので「はい」を選択

実際に使ってみた本音!メリットを紹介

大河ドラマ・朝ドラが観られる

NHKで放送されている人気ジャンルといえば、やはり大河ドラマや朝ドラ。懐かしの作品から最新作までいろいろと楽しめるので、ファンにとってはたまりません。 特に大河ドラマに関しては、最も充実しているのが1970年代の作品という驚きのラインナップ。昔リアルタイムで見ていた人も、当時を知らない人にも、お気に入りの1本が見つかること間違いなし!

配信中の朝ドラ一覧

2020年代おかえりモネ/おちょやん/エール
2010年代スカーレット/なつぞら/まんぷく/わろてんか/ひよっこ/べっぴんさん/まれ/マッサン/花子とアン/あまちゃん/梅ちゃん先生/カーネーション/ゲゲゲの女房
2000年代及びそれ以前ちりとてちん/どんど晴れ 総集編/ちゅらさん/こころ/あすか 総集編/ふたりっ子 総集編/澪(みお)つくしスペシャル/おしん

配信中の大河ドラマ一覧

2020年代麒麟がくる/青天を衝け
2010年代龍馬伝/江 ~姫たちの戦国~/平清盛/八重の桜/おんな城主 直虎/西郷どん
2000年代葵 徳川三代/北条時宗 総集編/利家とまつ 加賀百万石物語/功名が辻(つじ)/風林火山/篤姫/天地人
1990年代翔ぶが如く/太平記/信長 KING OF ZIPANGU/徳川慶喜
1980年代おんな太閤記(たいこうき)/徳川家康/春の波涛(はとう)総集編/武田信玄
1970年代風と雲と虹と/黄金の日日/花神 総集編/草燃える 総集編元禄太平記 総集編/勝海舟 総集編/国盗り物語/春の坂道//樅ノ木(もみのき)は残った 総集編/天と地と/竜馬がゆく/三姉妹/太閤記/赤穂浪士

通常のドラマ作品も豊作

もちろん大河ドラマや朝ドラ以外の、通常のドラマ作品も豊富にラインナップされています。特にNHKのオリジナルドラマはドラマ好きからも質が高い!と評判が高いのが特徴です。 これまで知らなかった、新たな名作との出会いもあるかもしれませんね。

おすすめドラマ・ツレがうつになりまして。
・遥かなる絆
・坂の上の雲
・ハゲタカ
・アシガール
・これは経費で落ちません

話題のバラエティやドキュメンタリーもずらり

バラエティやドキュメンタリーといった、ドラマ以外の番組もあわせて楽しめるというのも嬉しいところです。紀行番組、教育番組、クイズ番組など、幅広いタイプのものがあるので、思わず目移りしてしまいます。 ドラマばかり観て疲れてきた……というときに気分転換するのもおすすめです。ジャンルを問わず、さまざまな作品を楽しんでみてください!

おすすめバラエティ・ブラタモリ
・ガッテン!
・100年インタビュー
・世界ふれあい街歩き
・SONGS
・チコちゃんに叱られる!
おすすめドキュメンタリー・NHKスペシャル
・プロフェッショナル 仕事の流儀
・映像の世紀
・ドキュメント72hours

注意点はある?デメリットも確認しよう

ジャンルによっては過去作が少ない

デメリットとして第1に挙げられるのが、ジャンルによっては過去作があまりないということ。バラエティ番組は特に少なく、期待している人は少しがっかりしてしまうかもしれません。 登録の際には、自分が観たいジャンルの過去作がどれくらい配信されているのか、ざっくりとでもあらかじめチェックしておくことをおすすめします。

ダウンロードは非対応

NHKオンデマンドはダウンロードには対応していないため、インターネット環境のない場所では視聴することができません。いつでもどこでも楽しめる……というわけにはいかないので、不便に感じる人も多いでしょう。 どうしてもデータを残したいという場合、ソフトを使って録画することはできますが、どうしてもダウンロード機能があるのと比べると面倒であることは否定できません。

スマホ・タブレットだと画質が悪い

スマホやタブレットで視聴すると画質が悪いというのも、デメリットのひとつ。作品を観るのに支障がないとはいえ、映像が粗いとストレスを感じる人も多いはずです。 きれいな映像で番組を楽しみたい場合には、パソコンやスマートテレビを使って視聴することをおすすめします。

実際のユーザーの口コミや評判を調査!

ここでは、ciatr編集部が実際にTwitterなどでNHKオンデマンドの利用者の声をまとめました。メリットとデメリット、それぞれどのような意見があったのか見ていきましょう。

良い口コミ:コンテンツが充実している

良い口コミとしては、ドラマやドキュメンタリー、バラエティなど、NHKオリジナルの番組が豊富に配信されているのが嬉しいという声が多数ありました。NHKの作品に特化しているため、やはり朝ドラや大河ドラマが好きな人にとっては最高のサービスだといえます。 そして特筆すべきは数に限らず、番組の質の高さ。他の動画配信サービスに比べて圧倒的にレベルが高いという意見も散見され、視聴者に評価されている番組が多数揃っていることが伺えました。

イマイチな口コミ:受信料に加えて払うのは高い

一方、マイナスな意見には、利用料が割高というものがありました。たしかに普段も受信料を支払っていることを考えると、そこにプラスしてお金を払わなくてはいけないというのはマイナスポイントですね。 その点、U-NEXT経由で利用をすれば、はじめのうちは無料で体験することができます。まずはトライアルで使い心地を確かめてから、正式に登録するかどうかをよく考えてみてはいかがでしょうか。

NHKオンデマンドはU-NEXTから利用しよう!

以上、NHKオンデマンドの視聴方法を紹介しましたが、通常利用すると無料のお試し期間がなかったり、追加料金がかかってしまったりします。 しかし、U-NEXTから本サービスに登録すると31日間は無料でサービスが利用でき、U-NEXTの豊富なサービスも楽しむことも可能です。 ぜひ、U-NEXTを利用してNHKオンデマンドを視聴してみてください。